」タグアーカイブ

牛肉、豚肉、鶏肉、焼き物、揚げ物、生など肉がメイン、ハンバーガー、但し、焼き鳥は除く

自由軒 − Rice with Hashed Beef and Chicken Kutlets.

一昨年は平成27(2015)年のはじめに大阪へ出張した時の夕飯として、以前豚一家が完食していて気になっていた創業明治43年で、混ぜカレー発祥のお店の自由軒へ。

天王寺近くにあった宿泊先の最寄り駅の一つ、動物園駅から地下鉄新御堂線に乗って難波へ。駅を下りて地下街を歩いていたら逆へ行っていたりしてプチ迷子になってしまったが、いったん地上へ上がってアーケードのある難波センター街へ。そのまま東へ進むと「名物カレー・自由軒」の看板が見えてきた。そして店の前へ来ると、女将さんが出迎えてくれた[a]立て看板っていうのがいかにも大阪っぽい。

大衆洋食 自由軒

このお店オリジナルの「ハイシライス」(700円)とチキンカツ(700円)とビール(350円)を注文した。初めての入店ながらカレーにしようか迷った挙句[b]実は、自分は辛いのがダメなのであっさり決まったけど…・ハイシライスに。なかなか他では食べれない「ハッシュドビーフ」ライス。これはこれで美味しかったです。チキンカツのソースは昭和を思い起こさせる味(?)だった:

ハイシライスは「ハッシュドビーフライス」の略

なんとも昭和っぽいチキンカツ

自由軒 難波本店
大阪府大阪市中央区難波3-1-34


ここからオマケ。

お店を出て道頓堀の戎橋方面へ散歩してみた:

道頓堀の戎橋から

そしてLED化されてから初めて観るグリコ・サイン[c]戎橋から見える江崎グリコの屋外広告のこと。。もう六代目になるらしい:

道頓堀グリコサイン

この時の道頓堀界隈には大陸系の外国人が大量にいたなぁ:O

戎橋と道頓堀

戎橋と道頓堀

なんとも言えない雰囲気を醸し出している「道頓堀」。かって太閤秀吉の大坂城下に堀を築いた商人・安井道頓は今の様子を見て何と思うだろうかと考えてみたけど、やっぱり大阪人だから賑やかなのは嬉しんじゃないかと思ったり :D

「道頓堀」のネオン

参照

参照
a 立て看板っていうのがいかにも大阪っぽい。
b 実は、自分は辛いのがダメなのであっさり決まったけど…・
c 戎橋から見える江崎グリコの屋外広告のこと。

新世界元祖串かつ だるま − Another Fried Skewers at Osaka Shinsekai.

一昨年は平成27(2015)年のはじめに大阪へ出張した時に勧められた夜の「新世界」を歩き、通天閣近くにあった串かつ屋で飲み食いしてきた。

天王寺にあった宿泊先から徒歩で10分ほどの所に、まずは新世界総本店があったが、平日の20:00近くでも大変な行列だった:

串かつだるま 新世界総本店

どうしようか迷いつつ通天閣の辺りをウロウロしていると通天閣店があった。こちらはうまい具合にスンナリ入店できた。で、カウンター席へ通され、まずは生ビールとお通し(?)でキャベツと特製キムチをつまみながらメニューを眺め、ささっと注文したのが「通天閣セット」(1400円)。12本の串焼きと一品が付く:

その名も「通天閣」という串焼きセット

生ビールと一緒に、ソースにつけながら美味しく頂いた。それから追加で「たまねぎ」(105円)、串かつ(105円)、鶏ハラミ(210円)、あと美味しくてまた頼んだ白ネギ(105円☓2)を注文した。

こちらは通天閣セットに付いていた「どて焼き[a]焼いてもいないのに、どて焼きか。」:

どて焼き

やっぱり老舗だけあって店内は活気があって、注文から出てくるまでにスピード感もあり、当たり前だけど揚げたてで、つけソースが美味しかった。

でも値段的には高めだったなぁ。だるま以外の回りのお店は、もちろん客寄せ的なものもあるだろうけど、一本50〜80円くらいだったし :|

大阪新世界元祖串かつ だるま 通天閣店
大阪府大阪市浪速区恵美須東1-6-8


ここからはオマケ。

串かつ だるまの目の前にそびえる通天閣:

通天閣

大阪人ではない俺的に「通天閣は?」とくると、やっぱり「ビリケン」とドカベンの坂田三吉(通天閣高校)なんだよなぁ:P

新世界の入口に建っていたアーチ。もう少し小汚らしい感じを予想していたけれど、随分とコジャレた繁華街だった:

新世界のアーチ

参照

参照
a 焼いてもいないのに、どて焼きか。

あべの酒場 − Standing Drink Bar at ABENO, OSAKA.

一昨年は平成27(2015)年のはじめに仕事で一週間ほど大阪まで出張する機会があり、その時に一緒に仕事をすることになった方々と初日の夜、わざわざ宿泊先のホテルがある天王寺までご一緒いただいて立ち寄ったお店。基本は立ち飲み系居酒屋なのだけれど、若干遅めに開始したからか、お客がほとんど居なかったので椅子席を用意してもらえた。

まず、こちらはお店人気No.1の塩レバー。ごま油がよかった:

塩レバー

そしてお店の人気No.2のトンテキ:

名物トンテキ

こちらはお店人気No.3のモツ煮物:

大阪と言えばモツ煮

串焼きセット。辛子をつけて食べるのは Good だった:)

串焼きセット

大阪へ来たらこちらも忘れてはいけない。塩だれキャベツ:

塩ダレキャベツ

安くて旨くて、これぞ大阪。

こちらは翌朝にJR天王寺駅前の歩道橋から見上げたあべのハルカス。間近に見たのはこの時についで二度目:)

天王寺駅前から見たあべのハルカス

あべの酒場
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス B1F

串のきっしゃん − Osaka Fried Skewers.

一昨年は平成27(2015)年の初めに仕事で大阪まで出張する機会があって、その週末には京都にある有名な大徳寺まで足を運んだが、残念ながらお目当てを含めて大部分の塔頭は特別公開日以外は拝観できなかったが、その中で常時公開されていた肥後細川家の菩提寺である高桐院や日本庭園のある龍源院を参拝し拝見してきた。日本庭園なんて自身初めて本物を見たのだが、今でもその優美な趣は脳裏に焼き付いているって感じがする:D。他にも織田信長ゆかりの名所を見て回ってきたが、半日程度では到底見て回りきれるものではなく、これからも何度か足を運ぶことになりそうな予感がする:)。この日は京都でおみやげを買って、宿泊先の新大阪まで戻り、そこで以前教えてもらった美味しい大阪名物を食べてきた。

ちょうど新大阪の西中島近くの宿泊先から徒歩5分程のところにある「串のきっしゃん」:

串かつ・おでん・もつ鍋 「串のきっしゃん」

串かつの他に、おでんやモツ鍋もやっているとのことで、店に入った時はまだ春が来ない寒い夜だからか、モツ鍋を食べて楽しく宴会していたサラリーマンらがいたが、自分はビールに串かつセットのみというオーダーにしてみた。

このお店は、実は今回が二度目であり、これより二年前くらいに初めて連れてきてもらった覚えがある。大阪へ来て串かつを食べないで帰るのはありえない:Dということで(!?)帰りの新幹線の最寄り駅に近いこの場所で飲んだ覚えがある。

ということで、今回は生ビールと串かつの「おまかせ梅セット」(1580円)を注文した。串かつ10本がおまかせで、あとは一品としてきゅうりのピリ辛漬けを選んだ[a]他にどて、枝豆、もやしがある。
まず串かつが揚がるまでキャベツにソースを付けて頂きながら、ビールを呑む:D

そして、やってきたのがハムカツ、ウィンナー、牛ヘレ、生姜:

串かつのおまかせ梅セット(1580円)

野菜ものもできた。こちらは玉ねぎと白ねぎ。個人的に野菜の中では玉ねぎが好物なので嬉しい。玉ねぎをソースで頂くのが素晴らしい:

串かつのおまかせ梅セット

玉ねぎの串かつ

途中、「串休め(?)」;)で、きゅうりのピリ辛漬でビールが更にススム。ごま風味で良かった。と言っても、右手にあるデフォルトの「キャベツ」でもビールがススんだけど:

一品として選択したきゅうりのピリ辛漬けと、デフォルトのキャベツ

意外な発見があったのが紅しょうが:

紅しょうがの串かつ

ここの串かつは油があっさりしていて臭みが無く、揚げたてのアツアツで美味しかった。具材には海鮮ものもある:

串かつのおまかせ梅セット

こちらはホタテ。と言っても小柱だったけど;)

ホタテの串かつ

「牛ヘレ」もジューシーで美味しかった:

牛へれの串かつ

ビールと串かつセットで十分にお腹が満足した。

串のきっしゃん
大阪府大阪市淀川区西中島3-14-20 新大阪ビジネスゾーン3番館


ここからはオマケ。

こちらは大徳寺の塔頭の一つ高桐院の茶室・松向軒からみた本堂の軒先。2月末で春が間近に迫った明るく落ち着きのある日差しだった:

大徳寺塔頭・高桐院の軒先

こちらは京都御所と烏丸通を挟んで西側にあった護王神社にあった日本一のさざれ石:

国歌「君が代」に詠まれる「さざれ石」

この神社は平安京の建都に貢献した和気清麻呂(わけのきよまろ)公を祀っている。そして「君が代」で詠まれているこの石の大きさは幅3m、高さ2mメートルでまさに大きな巌(いわお)である:

君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで

この歌こそは日本の国に精神であり、末永く平和で繁栄に向かうことが盛り込まれているのだとか。

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also織田信長公墓所と本能寺の変 (フォト集)
See Also大徳寺散策と細川家墓所 (フォト集)

参照

参照
a 他にどて、枝豆、もやしがある。

洋食屋キッチン・ゴン − Pine Rice Garlic Taste.

一昨年は平成27(2015)年の初めに仕事で大阪まで出張する機会[a]それも大坂城のすぐそば。この出張は大変有意義だった。があり、自身としては二度目[b]一度目は高校時代の修学旅行だった。となる京都で、今から400年以上も前に起こった「本䏻寺の変」にまつわる織田信長のゆかり地を巡ってきた。午前中は旧本能寺で亡くなったとされる織田信長公と主従らの墓所や公の菩提寺などを見て回ってきた。残念ながら大部分が拝観謝絶だったが:|、それでも他の戦国武将の菩提寺や自身としては人生初めてとなる「本物の」日本庭園を見ることができた。

午後は京都御所近くにある旧二条城跡や旧本能寺を見る予定だったので、地下鉄烏丸線で丸太町へ。お昼にはちょっと早かったが、今回の出張で大阪の人に勧められた京都御所近くにある洋食屋で「ピネライス」なるものを食べることにした。ピネライスは京都人で知らぬ人はいないB級グルメらしい。ということで丸太町駅から広大な敷地を持つ京都御所を横切って丸太町通りと河原町通りの交差点近くにある洋食屋キッチン・ゴン 御所東店へ。肉系の洋食屋ということでメニューを見るとステーキやハンバーグが主流。ピネライスの方はと云うと、なにやら味付けいろいろあるようで、午後もしたすら歩き回る予定だったので今回はノーマルなピネライスではなくガーリック味の「テキ」が上にのっているテキ・ピネライスを選択してみた:

ガーリック・テキ・ピネライス(1380円)

この「テキ」はステーキの略らしい。こちらは数量限定だった。一般的なピネライスは、カウンター席の両脇の人が食べていたのをみるとカツカレーのようだった。まぁこっちはこっちで、がっつりと肉と炭水化物でエネルギーを補給することができた。ちなみにご飯はチキンライスではなくチャーハン。不思議と福神漬けの相性が良かった:

ガーリック風味のステーキがのったピネライス(一日限定)

キッチン・ゴン 御所東店
京都府京都市上京区河原町通丸太町下るオーキッド山下1F


ここからはオマケ。

こちらは上京区上御霊前通り近くにある御霊神社(ごりょうじんじゃ)。信長公の墓所がある阿弥陀寺へ向かう途中にあった:

御霊神社

この神社は、応仁元(1467)年に畠山政長が御霊の森に陣をおき、畠山義就と戦いを交えたのが応仁の乱の発端となった場所らしい。大乱のわりには小さな碑だった:

「応仁の乱勃発地」の碑

こちらが応仁の乱勃発の地の由緒。この乱は室町時代は応仁元(1467)年に勃発し約10年間続いた上に、京の都が灰燼に帰す元凶となった守護大名同士の内乱。その後、応仁の乱は地方にも飛び火し、関東でも古河公方と関東管領上杉氏、太田道灌、長尾景春、伊勢新九郎(北条早雲)らを巻き込んだ騒乱に影響を与えた。そして日の本の国は下剋上による戦国時代に突入していった…:

この場所が応仁の乱の勃発にゆかりがあるのだとか

そして、こちらは信長公の菩提寺である大徳寺・総見院へ向かう途中、堀川通り沿いで偶然にみかけた紫式部の墓所:

紫式部の墓所入口

平安時代中期の学者で女性作家、歌人。源氏物語の作者と考えられている。本名は不詳で、「式部」は官位と云われている。また没年も不詳で、現在伝わるのは全て推定なのだとか:

紫式部の墓所

紫式部の墓所の隣には小野篁(おの・たかむら)と云う平安時代の公卿で文人の墓もあった:

小野篁の墓所

最後に京都御苑。と言ってもキッチン・ゴンへ行く際に横切っただけだけれど、砂利の道を歩いていると不逞浪士が居ないかついつい周囲を気にしてしまう[c]お前は壬生浪士か?:D

京都御所南側の大通りから眺めた建礼門

こちらが京都御所の南門にあたる建礼門。檜皮葺、切妻造の四脚門である:

もとは平安京内裏の外郭門の一つだった建礼門

建礼門

こちらは仙洞御所附近。江戸時代の始めに皇位を退かれた後水尾上皇の御所として建てられた。現在は庭園になっている:

仙洞御所附近で、この先は大宮御所

仙洞御所附近で、この先は寺町御門

全ての御門を見てきたわけではないけれど、旧二条城の敷地近くには、かの有名な蛤御門があった:

蛤御門

元治元(1864)年、この門の周辺で長州藩と御所の警護にあたっていた會津・薩摩・桑名藩との間で激戦が行われた(禁門の変)。名前の由来は、江戸時代の大火で、それまで固く閉じられていた門が初めて開かれたため「焼けて口開く蛤」にたとえて蛤御門と呼ばれた:

蛤御門

門の梁には、禁門の変(蛤御門の変)当時の鉄砲の弾傷らしき跡が残っている:

蛤御門の柱には弾跡らしきものが残っていた

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also織田信長公墓所と本能寺の変 (フォト集)
See Also大徳寺散策と細川家墓所 (フォト集)

参照

参照
a それも大坂城のすぐそば。この出張は大変有意義だった。
b 一度目は高校時代の修学旅行だった。
c お前は壬生浪士か?