★★★★☆」タグアーカイブ

評価が四つ星

Watched movies to the present.

昨年最後の作品以来、今年に入って3月ぐらいまでは雪道を夜に車を走らせて劇場に時間通り到着する自信がなく、寒い中を歩いて観に行く気力もなかったのだけれど、3月に入ってからは1本/月ぐらいのペースで足を運んでいる。 ということで、せっかくこのカテゴリで続けてきたネタでもあるので、改めてここまで観てきた作品をざっと紹介してみる: The Girl with the Dragon Tattoo (2012/03/17) 今年のスタートを飾るのはリメイクもの。 この作品の舞台となった北欧の寒さや冷たさ、そして暗さが観に行った頃の季節とオーバーラップして、いろいろな意味でかなり記憶に残った良作。奥行きのあるストーリーや映画の進行(二人の主人公を交差させる演出)、役者らの演技などが秀逸。話としては重い部類に入るのだけれど、そこに独特の世界観を映像として完成させた David Fincher は流石: 0317_The_Girl_with_the_Dragon_Tattoo_00.jpg 今年1本目にして最高レート! :)My Rating: ★★★★☆ (4.6点)
Underworld Awakening (2012/03/24) シリーズ物の最新作。一応、シリーズは全て鑑賞済みで、作品ネタであるバンパイアとウルフマン系のテーマは映画と同じくらい長い歴史を持ち、期待を裏切らない由緒ある題材 (だと、自分は思っている ;)) のはずなのだが、1作目の雰囲気はどこかへ「蒸発」してしまったようで、かなりがっかりな作品だった: 0324-Underworld_Awakening.jpg 3Dでなんか観る価値はなかった :X のだけれど、やっぱり一匹狼的バンパイア役がぴったりな Kate Beckinsale、今回はどこか Aliens のリプリー役とかぶるところがあってちょっとだけボーナス付けて、次回作に期待。 My Rating: ★★★☆☆ (3.5点)
Hugo (2012/04/07) アカデミー賞5部門受賞で、巨匠 Martin Scorsese の作品ならばハズレはないということで、3Dの映像美を期待して観てきた。 確かに映像は素晴らしかったし、3Dで観る価値はあると思った。ただ、テーマとしては日本人うけしないんじゃないかな。映画の歴史、無音作品を輩出した古きよき時代の想いを後世に伝えていこうみたいな、いかにも欧風ぽい大人向けの作品だったし。邦題からして、個人的には「Dr.パルナサスの鏡」のような映像的にも作品的にもファンタジーを期待していたのだけれども: 0407-Hugo.jpg 日本では興行収入が高かったと聞いたけど、これって同じように子供づれの家族がタイトルや宣伝にだまされた系じゃないのかな :X。小さな子供が観てもわからんでしょ、この作品の意味なんか。 My Rating: ★★★☆☆ (3.7点)
劇場版SPEC〜天〜 (2012/04/14) これ、もともとがテレビドラマとは知らなかったのだけれど、ちょうどこの時期に民放で放送していたスペシャル版を観て、面白そうと思い行ってみた。戸田恵梨香と加瀬亮の二人のキャラクターは映画でも健在だけど、それだけ。特に新鮮さなどはなく、あくまでもドラマの延長レベルでした: 0414-劇場版SPEC-天.jpg ドラマ路線に拘っていると、今年の邦画はちょっと期待できない気が… My Rating: ★★★☆☆ (3.0点)
あと3作品あるけど、ひとまずここまで。

Mission:Impossible GHOST PROTOCOL.

観てきた。今年最後の作品だな。
えっと、うん、面白い。正直に楽しめた。
ただしちょっと長め。Moscow から Dubai に飛んでそこでエンディングかと思ったら、さらに Mumbai まで飛ぶもんで、このあたりかなり中だるみした。あと、最近のスパイ系活劇ではよくある東欧 (Prague とか) を舞台にしているのも、個人的にちょっと飽きたかな。
migp-20111230.jpg
シリーズ中一番面白かった前作 MI:3 よりも良かったんじゃないかな。話も登場人物もちょっとだけつながっているし。
My Rating: ★★★★☆ (4.0点)

Real Steel.

観てきた
上映時間は120分くらいかな、結構長かったような気がするけど、想像していたよりもスンナリ入り込めたので疲れた感はない。親子の絆、格闘技のすごさ、スポ根、ロボットとの友情なんていう興味を引きそうなトピックスがいろいろ盛りだくさんだったけど、なんとうか2時間の枠にスムーズにまとまっていて特に飽きはなかった。
というか、面白かった。
例の皆既月食の時間帯をねらって (おそらく空いているともって) 観に行ったんだけどしっかりと満席でした:o
REAL-STEEL-20111210.jpg
ATOMの動きがコミカルで笑いを誘いつつ、親子の絆で泪を誘いながら、リアルな格闘シーン (ほとんどワールドレスリングののり) に息をのむって感じです。
格闘ロボットがいろいろ出てくるけど、個人的には映画が始まってすぐに登場する AMBUSH がいい。
日本語のアニメ・ロボット文化の影響が色濃いのが映像のみならず会話からも受け取れます:)
My Rating: ★★★★☆ (4.0点)

CONTAGION.

観てきた。今季でもっとも期待していた作品 :)
ホント、この監督は異なる国や地域の人間たちを同時進行で演出するのが巧い。そして、この作品の、映画を観た後ではなく、観ている最中に考えさせられるテーマがいい。
ウィルスの感染・潜伏期間・死亡率の時間的経過と、人間の思惑 (金儲けや自己中心的な考え)・恐怖心・とが同時に重なり合ってリアルタイムで進行する。それがアメリカと香港を中心に (ほんの少しだけ東京とロンドンも絡むが)。
豚インフルエンザSARS といったパンデミックに対して、R-0/R-NOUGHT 理論が語られるシーンがある。1人の感染者が何人の人間に感染させてしまうかといった確率論 (Reproduction Number)。1人から2人、2人から4人、4人から16人・・・・といった2のべき乗だとR0は2という具合。映画では感染経路がはっきりしない未知のウィルスの段階でこの係数がドンドン上がっていく (= 死亡者が増加していく)。第三者的立場の人間 (映画を観ている自分も含めて) はこの数字に恐怖を抱き臨場感が揚がる心理をついた演出も秀逸。
ウィルスと (Twitter/Facebook などを経由して現状を伝えた結果) 恐怖心が同時に拡大感染していく現代的なセンスは、観る価値ありです。
Contagion-20111112.png
最後に、人間とウィルスとの戦いの中で犠牲になっていったチンパンジーらの存在も忘れてはならないと思ったり:(
My Rating: ★★★★☆ (4.5点)

Once in a blue moon.

観てきた
三谷幸喜の作品は、映画館ではかなり昔の作品以来。今作品も笑いのツボは押さえているようで、正統派コメディは健在。で、とにかく最後は全員参加の総演出も変わっていない。ただ本作は泪を誘う場面が多かったような気がする:
素敵な金縛り-20111105.png
残念な点が、今作はさっと「」で終わっていればそれはそれで余韻が残って良かったのに、なんだか未練たらしくわいわい出てきて騒ぐのはちょっといただけなかったところ :(。やっぱり演出がくどいんだよなぁ。
でも笑えます。
My Rating: ★★★★☆ (4.0点)