タグ別アーカイブ: ★★☆☆☆

評価が二つ星

元祖・真田流手打ちそば佐助 − A Soba Shop has Irori Fireplace.

先週末は平成30(2018)年の晩秋、信州上田にある城攻めに行って来た。この長野県上田市は自身二度目の訪問であるのだけれど、今回は4年前の前回よりも一ヶ月遅い季節ということで寒さについてはある程度は覚悟していた。でも実際のところ、最終日に至っては晴天で気温上昇ともあって、全般的に想像していたほど寒くはなく少し拍子抜けだった[a]もちろん関東地方よりは寒いけど :)。 :)

今回のメインは真田氏ゆかりの城跡と上田原合戦場跡巡りではあったのだけど、実はその中で一番の目的は、前回はせっかくお寺まで行ったのに墓所の場所が分からずタイムアップしてしまった真田信綱公[b]真田幸綱の嫡男で、真田安房守の長兄、真田幸村にあっては伯父にあたる武将。長篠・設楽原の戦いで討ち死にした。の墓所を参拝すること。今となっては設楽原古戦場跡に遺る墓所の方は訪問済みであったので、是非とも菩提寺の方も参拝したかったという次第。

そして前回と同様にゆきむら夢工房で電動アシストサイクルをレンタル(無料)した。ここ「真田の郷」[c]長野県上田市真田町周辺。は高い山々に囲まれ、緩やかな傾斜を持つ谷にあると云うこともあって、徒歩にしても自転車にしても意外と起伏が気になる地形。そういうことで車体は重いけど、やはり電動アシストには今回も随分と助けられた 8)

で、午前中は信綱寺訪問と真田氏本城攻めに時間を優先したため、お昼は前回の行列必至だけどなかなかに美味しいお蕎麦は諦めて[d]お店の前を通った時はまだ開店時間ではないのに、すでに駐車場が満車だったっけ。、矢沢城攻めへ向か途中、県道真田東部線R4沿いにあって古民家風の建物が目についた蕎麦屋でいただくことにした:

IMG_6552.resized

元祖真田流手打そば 佐助

案内板によると囲炉裏があるお店のようだ:

案内板

時間はお昼を少し過ぎていたこともあり店内は空いていたので、好きなテーブル席に通された。周りを見ると店内はドラマ「真田丸」の余韻が未だに残っていたっけ。あと囲炉裏は囲炉裏でも囲炉裏に置いてあったのは電気ストーブだった :|

IMG_6549.resized

雰囲気のあるお店

このお店のおすすめは山菜の天ぷらがついた冷たい蕎麦だったけど、真田氏本城跡を歩き回っていたら急に雲が多くなって寒くなり体も冷えていたこともあって温かい蕎麦を選択した。

こちらが注文した鴨そば(大盛り)。プラスティック製の大きなおわん型の茶碗にてんこ盛りのお蕎麦、鴨肉はおそらく「ハム系の燻製」で、4切れほど:

IMG_6550.resized

鴨そば・大盛り(1,000+200円)

鴨肉は正直なところ不味かったけど、蕎麦とお汁は良かった。確かに煮詰めていたので蕎麦自体はぶつぶつ切れていたけど平打麺で、薄味だけど奥が深い汁にネギとの相性も良かった。結局、最後はそば湯を入れてお汁を飲み干してきた。

元祖真田流手打そば 佐助
長野県上田市真田町本原3023


こからはオマケ。

この日は朝8時前のJR北陸新幹線はくたか553号で上田へ。ちなみに4年前の前回は長野新幹線あさま561号だった:

IMG_6532.resized

東京駅・新幹線のりば20番

上田駅の改札口[e]ちなみに上田駅の在来線は「しなの鉄道」で、JRは北陸新幹線だけ。にはお決まりの六連銭ゆかりのものを見かけた:

IMG_6535.resized

六連銭と赤備え

他にも:

IMG_6536.resized

駅事務所のドアに六連銭

IMG_6539.resized

上田駅(お城口)にも六連銭

上田駅前から六連銭のロゴがついた上田バスで「幸村の郷夢工房前」まで。20分ほどで片道大人300円(当時):

IMG_6538.resized

上田バスに六連銭

IMG_6540.resized

上田バスのりばで六連銭

これがゆきむら夢工房で今回レンタルした電動自転車。料金は無料。返却時間は17:00まで:

IMG_6545.resized

「ゆきむら夢工房」レンタサクル No.J

このレンタサイクル、バッテリーの持ちは悪くないが、停車中は常に電源はOFFにしておいた方が良い。特に食事や買い物のために自転車から離れる場合はOFFにしておかないと、バッテリーの不意な減りに驚くことになる :O

ゆきむら夢工房から国道R144を上って行くと、ここにも六連銭が:

IMG_6543.resized

ここは「幸村街道」

こちらが大柏山・信綱禅寺へ向かう参道。この先にある石段の上が境内で、そこからの紅葉もまた見事であった:

IMGP2207

大柏山・信綱禅寺(拡大版)

ついに参拝できた信綱公と彼の妻、そして弟の昌輝公の墓所。設楽原決戦で昌輝と共に討ち死にした真田源太左衛門信綱(さなだ・げんたざえもん・のぶつな)は、従者で家臣の白川兄弟が介錯し、彼の首級は陣羽織に包まれ鎧と共にこの寺の山門脇に建つ桜の木の下に葬られた:

IMGP2229.resized

真田信綱夫妻・昌輝・白川兄弟の墓所

信綱寺には、それでも朝10時すぎに到着したけど周囲には霜が降りていたっけ:

IMG_6544.resized

長野県上田市の霜

この山は松尾古城跡。当初は城攻め対象として計画していたのだけれど時間の都合で今回は断念。山頂付近の鉄塔あたりまで尾根道を2時間以上登る必要があるのだそうだ:

IMGP2247

松尾古城跡の遠景(拡大版)

古城ではなく新城にあたるのが松尾城、その別名が真田氏本城を目指して県道R4の坂を登って行くと、ここ真田の郷を一望できる場所に到達した:

IMGP2251

真田の郷(拡大版)

この眺めを堪能するために自転車を置いたところがリンゴ園前で、そこのご主人からリンゴを頂いた:

IMGP2272.resized

會澤林檎園さん

IMGP2267.resized

會澤林檎園さん

IMGP2269

會澤林檎園さんの「ふじ」(拡大版)

これは嬉しい頂き物だった :)。銘柄は「サンふじ」。シナノスィートジョナゴールドは一足早く出荷を終えたとのこと。たくさん写真を撮っていって云われたので沢山撮らせてもらいました :D

IMGP2275.resized

頂き物の長野産「ふじ」

このりんご園の裏山が、ちょうど真田氏本城で、そこからの上田方面の眺めもよかった:

IMGP2278

真田の郷と上田の郷の眺望(拡大版)

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also信綱寺と河原氏墓所 (フォト集)
See Also真田氏本城攻め (フォト集)

参照   [ + ]

a. もちろん関東地方よりは寒いけど :)。
b. 真田幸綱の嫡男で、真田安房守の長兄、真田幸村にあっては伯父にあたる武将。長篠・設楽原の戦いで討ち死にした。
c. 長野県上田市真田町周辺。
d. お店の前を通った時はまだ開店時間ではないのに、すでに駐車場が満車だったっけ。
e. ちなみに上田駅の在来線は「しなの鉄道」で、JRは北陸新幹線だけ。

手打そば とがくし − A Fried Shrimp Meal Set of Soba Restaurant.

今年は平成30(2018)年の、関東甲信地方の梅雨明けは観測史上初の6月末だった :O。これは、昨年より7日早く、平年だと22日も早い梅雨明け。全国では、この時点で梅雨明けしているのが沖縄・奄美を除いて、関東甲信地方だけと云うのだから、これまた凄い:$。じわりじわりと地球の環境が変化してきた前兆だろうか。

そんな週末は猛暑の中を約一ヶ月ぶりの城攻め。先月は梅雨シーズンの感覚は無かったけど、あまり良い天気に恵まれず、タイミングも悪くて、結局一度も城攻めできなかった。そういことで、この日は気温が30℃を軽く超えると予想されている中、県内にある平山城を二つ攻めてきた。午前中は藤沢市の大庭城跡。JR東海道本線で藤沢まで移動して、北口から出ている神奈川県中央交通の湘南台駅西口行きのバスに乗って20分程のところにある舟地蔵で下車。目の前が大庭城址公園。ここは綺麗に遺構が残っていたのがちょっと印象的だった。

そして、午後は平塚市にある相模岡崎城跡へ。来た時と同じバスで終点の湘南台駅西口へ移動し、そこから小田急江ノ島線で相模大野へ、さらに小田急小田原線に乗り換えて伊勢原へ。駅を降りて、お昼すぎの暑さは強烈だった。そこから普通はバスを使うが、途中で腹ごしらえするために徒歩で移動。県道R61沿いを歩いて、城址までちょうど中間点くらいの、八幡台入口なる交差点近くにある蕎麦屋へ。インターネットで偶然、同じ城攻めしたと云う方のオススメを見かけて行ってみることにした:

「手打そば とがくし」

看板は完全に蕎麦屋であるが、食べて出てきた時の感想としては、よく地元にありそうな蕎麦屋、どちらかと云うと夜は完全に飲み屋って感じの店だった:

「手打そば」がウリのようだが

で店に入った時間帯がお昼過ぎだったこともあり、テーブル3、カウンター5席はほぼ満席で、店員は客がきていることも気が付かないくらい忙しそうに見えた :O。扉の前で5分くらい立ちつくしていると、やっと声かけて貰えて、カウンターの一番端っこにある物置みたいな席に座わることに。

カウンターは正直、汚い。蜘蛛の巣が張っている厨房を覗くと、汗だくの親父さんがとんかつやエビのフライを揚げていた。そう云えば、店の入口に置かれていた看板の「今週のおすすめ」には蕎麦ではなくて、エビフライとヒレカツ盛り合わせ定食(そば、またはうどん付き) と書いてあったっけ。そういうこともあって、店の客はほぼ全員が、この盛り合わせ定食を注文していたようだ。

あと、自分の席の目の前に樽付焼酎が置かれていて、そこへ酒を注ぎにくるため、その度に自分は立ち上がる羽目になった:|。その割には、いっこうに水も出してくれないし、注文も聞きにきてくれなかった:(。結局10分ほど待たされて注文したのが、皆と同じ盛り合わせ定食:D。同じ注文だったら、忘れ去られずに出てくるかなと思ったから。
そしてエビフライが揚がるのを待っている間、500mlのペットボトルに入った冷水とコールスロー、そして漬物で凌ぐことにした:

お漬物

このお漬物は美味しくて、主食が来る前に危うく全部食べてしまうところだった。コールスローの方は、大分「温かった」が一気に食べてしまった。

そして出てきた定食がこちら。左手上に少し見えるが一人一本ずつ配られた冷水(500mlのペットボトル):

エビフライとヒレカツ盛り合わせ定食(そば、またはうどん付き) 」(780円)

エビはタルタルソース、ヒレカツにはテーブルに置いてあったトンカツソースで頂いた。残念だったのが、お蕎麦。完全に温かった。正直、蕎麦屋のくせに美味しくない[a]ってのは救いようがない感じ。

エビフライx2とヒレカツ

反対にエビフライは熱々でプリっとしていて美味しかった。ヒレカツは、ちょっと油ギトギトって感じだが、不味くはなかった。もう少し大きければと思ったが、これらと御飯を一緒に食べて、この先の炎天下を城攻めできるパワーを補給できたって感じ。

店内を見渡した感じだと、自分以外はほぼ地元の人達のようだった。
食べながら、ここは蕎麦屋なんだろうか、それとも定食屋だろうかと考えていたが、食べ終えて店を出たら、あまりの暑さでそんなことどうでもよくなっていた :D

手打そば とがくし
神奈川県伊勢原市東大竹922-1


ここからはオマケ。

これが午前中に攻めてきた大庭城址公園の遠景。結構な高さの舌状台地の上に築かれていた:

大庭城址公園

これは公園入口から園内に上がっていく際の坂で、勿論、石垣は後世の造物ではあるが、城址公園の雰囲気はあった:

公園入口

公園の管理事務所内には大庭城の他に、ここ相模国(神奈川県一帯)にあった城や歴史についての説明板が展示されていた:

大庭城に関する説明板(拡大版)

こちらは現存する本物の遺構。特に堀切と竪堀は綺麗に残っていたが予想外:

竪堀

IMGP9476.resized

竪堀

こちらは、お昼を食べて向かった相模岡崎城跡。残念ながら、城跡には殆ど足を踏み入れることができなかったので外側から眺めるだけだった。この城は北(左手)から南(右手)に向かって3つの郭が階段状につながっている:

北郭跡

中郭跡

南郭跡

最後は、岡崎城の本丸があった無量寺(むりょうじ)というお寺の前から大磯方面の眺め。正面に見えるのは高麗山公園:

大磯方面の高麗山(拡大版)

高麗山を眺めていると、その手前に走行中の東海道新幹線を目撃することができた:

東海道新幹線

東海道新幹線

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also大庭城攻め (フォト集)
See Also相模岡崎城攻め (フォト集)

参照   [ + ]

a. ってのは救いようがない感じ。

SEKIGAHARA.

マスコット付き前売り券を購入して観てきた

映画「関ヶ原」

しかし、なんでこうなった? :O
あまりの酷さに先ほど観たばかりの映画の内容を思い出せない。思うに以下の3点で失敗している作品だと思う:

  1. キャスティング
    実際に観るまでどうだろう?と楽しみにしていたが、やはり石田三成役はダメだった。某大河ドラマの官兵衛役でもかなり疑問だったのに全く性格が違う三成役でも全くイメージできなかった。オマケに全く一貫性のない演出や歴史的事実(腹を壊すとか)が無視された三成像が良い人間なのか単なる凡将なのか全く分からん人物像になって映画が終わっていた。あと役所広司の家康は「柴田権六」なのか?58歳で、あんな猛将まがいに怒鳴り散らす家康ではないだろうよ。あと戦場での本多平八郎忠勝の出番が少ない。
  2. 歴史的背景と演出
    「関ヶ原の戦い」は美濃(岐阜・大垣)や大津の前哨戦があり、決戦が関ヶ原と云うだけである。この映画では決戦しか描いていない。佐和山城で日の本の絵図が披露されるが、なぜ柳川の立花宗茂が空白なんだ?井伊直政と福島正則の先駆け争いも無いし。結局、沢山の登場人物の中で三成視点なのか、家康視点なのか演出が散漫すぎて見終わった後に何も残らなかった。架空のくノ一との色恋がテーマだったのか?
  3. 城の扱い
    大垣城が妙な高さに建つ山城だった。唖然だ。平山城(で水城)なのに。あれは現在の彦根城の天守を山の上に重ねたものなのだろう。

それから、これは監督独特の演出だろうけど、役者が早口すぎる。かなり昔に観たクライマーズハイのように大勢の人間が同時に喋り、人のセリフの上に自分のセリフを重ねるって云う演出が売りだったようだが、今回は正直なところ役者が何を言っているのか今ひとつ分からないってケースが多かった:$

結局、この映画の主役って三成なの? それとも初芽?
観終わったあと誰が主役で、誰に対して映画の感想を求めればよいのか分からなくなってしまった。

逆に良かったのは秀吉の演出と、大坂城築城シーンのCG。そして可児才蔵が初めて映像化されていたことか;)。そうそう島津軍の薩摩弁はいい意味で何言っているのか分からなかったが、そこが良かった。

あと、こちらが前売り券購入時に一緒に合わせて付いてきたぬいぐるみ:

三成くんマスコットぬいぐるみ

これ自体は可愛いが、別に石田三成でなくてもよかった:/

あるでん亭 新宿 − Al dente at Tokyo.

今年は平成29(2017)年のお盆休み前半[a]前半しか晴れた日がなく、後半はずっと雨だった。は自身初の岐阜県へ。『酷暑』の中を山城や平城や平山城などバラエティに城攻めし、戦国時代の有名人のお墓参りなど結構ハードな旅行だった。特に気温は30度以上の日が続いて、体はもちろんのことカメラ機材なんかも、もしかしたらダメージを受けていたかも。それが原因かは分からないけど、装着していたDA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMのレンズのAFが突然動かなくなることがあった。毎回ピントが自動フォーカスしないわけでもなく、例えば背景が白っぽいと何度シャッターボタンを半押ししても、レンズのリングが云とも寸とも動かないなんてことが頻繁に発生した。この炎天下の中を持ち歩いていて機構的に逝ってしまったかなぁと思ったり :O。そんな時はMFで仕方なく両手でカメラを固定してフォーカスしていたけど。

そういうことで城攻め旅行を終えた後、以前から気になっていたリコーイメージングスクエア新宿へ行ってきた。てっきり平日しか開いていなのかと思ったら週末も大丈夫だったのか。

今回、気になったAF現象に合わせてレンズの汚れをクリーニングしてくれるらしいので併せて診てもらうことにした。新宿東口のセンタービルにあるお店に入ってみると、お客はまばらだった。すぐさま整理券をとろうとするとカウンターに居た担当者から直接声をかけられて、そのままカメラを預けた[b]カメラケースやSDカードはその場で返却される。バッテリーは入れたまま。。事情を話して1時間後にまたカウンターまで来てくれとのこと。

待ち時間はちょうどお昼時。新宿センタービルにもお食事どころが幾つかあるが、このイメージングスクエアの真向かいにあったパスタ屋がすげーぇ行列だった:O。ちょっと気になったので行列の脇をとおって覗いてみた:

あるでん亭

見た感じイタメシと云うよりはパスタ専門店だった。久しぶりにレトルトではないパスタを食べたくなったのだけれど、この行列は暫くは収まりそうもない。しかたが無いのでセンタービルを出て散歩がてら新宿アイランドタワーなど行って、仕事人がいそがしそうにお昼を摂っている風景を眺め、平日に休めた心地よさというか余裕感を堪能した。軽くパンを食べて、時間に間に合うように再びセンタービルにあるイメージングスクエアへ。

整理券を取って待っていると名前を呼ばれたのでカウンターにいる担当者のところへ。話を聞いてみると、特にAF現象は再現しなかったとのこと:/。そうかなぁと思ったけど、機材に問題ないということであれば安心か。と思ったら、「ピントがかなりズレている」らしく、其のため作業を停止しているのだとか(もちろんクリーニングもされていない):O。もうかれこれ4年以上も城攻めに使用していて、特に大きなメンテナンスなんてしてなかったからなぁ。ピント調整は「預かり」扱いなのだとか。二週間ほど預けることになった。

ということで、色々心配していたら結構、重症だったので、これを機会にしっかりとメンテナンスしてもらうことにした。と思ったら急にお腹が減ってきた・・・・。

ふと目の前のあるでん亭を見ると並んでいるのは1人だけだった。ということで、遅めのお昼はイタリア人も絶賛する(ホントかぁ?)パスタ屋で食べることにした:

一応はチェーン店らしい

並んで待っているとメニューを渡されるので、先に注文を考えておくのは、いかにもビジネス街スタイル。窮屈だねぇ :|。今回は店一番のオススメでベーシックなアマトリチアーナの大盛り(1,030円+110円)にした。狭く小汚ぃカウンター席に通されて待つこと15分ほど。出てきたパスタはこちら:

アマトリチアーナの大盛り(1140円)

上に載っているのは細切れのベーコンやソーセージ。トマトが崩れてソースに入っている、いかにもイタリア料理な一品。お腹が空いていたので、スプーンとフォークを使ってバクバクいってみたが、正直「塩っぱい」。パスタが塩っぱいのは良いとして、それを計算にいれたトマトソースではなかった:O。ソースがとにかく塩っぱかった〜。接客も今ひとつだし、ホント、こんな店がイタリア人絶賛するのかねぇ。

あるでん亭 新宿店
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル MB1F

参照   [ + ]

a. 前半しか晴れた日がなく、後半はずっと雨だった。
b. カメラケースやSDカードはその場で返却される。バッテリーは入れたまま。

風来坊・新岐阜店 − The Original Fried Wing Tips at GIFU.

今年は平成29(2017)年のお盆休みの城攻めツアーはやや強引なプランではあったが、何とか無事初日を終えることができた。しかしながら、この日の岐阜は暑かった:$〜。岐阜城攻めの後は織田信長公の墓所や『美濃の蝮』こと斎藤道三公の首塚や菩提寺を巡ってきた。運良くそれぞれ岐阜城から徒歩30分圏内ということもあって長良川を往復して渡るなどして、なんとか見て回ることができた。しかし、この辺りは日差しを遮るほど高い建物が少ないので、初日にしてかなりのエネルギーを消費し、見事に顔や腕が真っ赤に日焼けしてしまった;(

そういうこともあってJR岐阜駅から遠い宿泊先に着いて、また駅前あたりまで行って夕食を済ます気にはなれなかったので、宿泊先の目の前にあった古臭い[a]すみません。でも最初のインスピレーションはホントそんな感じ。居酒屋の暖簾をくぐった。そこは元祖手羽先唐揚の風来坊(新岐阜店)と云う全国展開のチェーン店だった。あとで知ったけど。てっきり地元のお店かと思った:P

カウンターに座って生ビールを注文すると、お通しとして元祖手羽唐揚一人前(450円)を追加で注文する羽目に。まぁ正直あまり期待していなかったが、出てきたのはタレの付いた唐揚げといった感じ。この店自慢の一品:

元祖手羽先唐揚(450円)

熱々な手羽先を手羽先の食べ方を参考にしてパクパクいってしまった。これが手羽先だねぇ。ここから鶏肉を軸に焼き系・揚げ系を注文した。

これも店オススメの一品である元祖手羽元唐揚(450円)。こちらも美味しかった:

元祖手羽元唐揚(450円)

途中、トマトスライス(300円)やかんぱち刺し(740円)を注文したけど、こちらは大したことはなかったねぇ:O。ということで、ビールと鶏肉で回すことに。

こちらは奥美濃古地鶏串(250円)。もう少し大きい肉を想像していたのだが:

奥美濃古地鶏串(250円)

五平餅みたいなつくね串をタレで。玉子が欲しかった〜。甘たるかったので:

つくね串(250円)

総合的には大した料理は無かったけど、やっぱり店自慢の手羽唐揚げは美味しかった。正直、これとビールで十分だったなぁ :|。ちなみに豚一家も同じチェーン店で完食していたようだ。

明日は西美濃(西岐阜)の垂井まで行って軍師・竹中半兵衛ゆかりの城を巡る予定。

風来坊・新岐阜店
岐阜県岐阜市長住町1-10

 

ということで、この日のフォト集はこちら:
See Also崇福寺の織田信長公父子廟 (フォト集)
See Also道三塚と斎藤家菩提寺 (フォト集)

参照   [ + ]

a. すみません。でも最初のインスピレーションはホントそんな感じ。