The first Asakusa visit in 2016.

今年は三賀日の2日目に「皇居の一般参賀」に行き、その帰りに平将門公の首塚をお参りしてきた。この首塚は、実は神田明神の分祀にあたり、これがまさに2016年の初詣にあたるのだけれど、恒例の年初めのおみくじは引けなかったので、翌日の3日目にお馴染みの浅草寺へ行ってきた。初詣は済ませていることもあり、気持ち的には例年のような朝8:00くらいに到着するスケジュールではなく、お昼過ぎに到着するような感じで行ってみたんだけど、これは想像を絶する混雑具合で、雷門から並ばないと浅草寺では参拝できない有り様だった :$。ある程度は予想していたのだけれども、これほどとは思わなかった :O

ということで、仲見世の脇道(これも混雑していた)から境内にはいり、御籤を引いてきた。今年は「大吉」。自分を磨くことでさらに飛躍する年になるだろうということで、がんばろうと気合が入る。写真に納めたけど、公開するとご利益が減りそうなので非公開 :X。浅草寺に来てお参りしないのはまずいのだけれども、どこのお堂も長蛇の列なので、なんとか空いていた影向堂(ようごうどう)にて七福神の皆さんに参拝してきた。

雷門から並ばないと参拝できない

本堂とスカイツリー

お昼を浅草の老舗の天ぷら屋でと考えていたけれど無理なのがわかったので、早々に上野方面へ移動。途中、東本願寺にて参拝。ここはよく通るのだけれど初めて境内に入った。上野駅前からアメ横に入り、御徒町駅までいって、そこから中央通りに出て末広町へ。さすがにお腹が減ってきたので、蔵前橋通りとの交差点にあった神田達磨で羽根つきたい焼きにぱくつく。

神田達磨 粒あん 150円

しかしながら、これが美味しくて、逆に空きっ腹に火が付いてしまったので飯屋を探すも、この界隈も行列だらけ。仕方がないので淡路坂を登って御茶ノ水へ。駅前のビルにある牛タンねぎしに入ってなんとか持ち直すことができた。というか、毎年ここで「牛たん三種盛りSP」を食べているな :P

という2016年の初春でした。

STAR WARS – The Force Awakens.

3Dではなく標準で観てきた。冒頭の前説が流れるシーンを見ると、自然と期待がヒートアップするのは、やっぱり全てリアルタイムで観てきた STAR WARS 世代だからだろうなぁ ;)。ストーリー的には、おやぁ、こんなところまで明かしちゃって次回作に影響しないの!?なんて余計な心配しちゃうくらいストレートな演出だった。でも、1977年公開の Episodoe IV (新たなる希望)から続いているキャラクターらを拭い捨てるには、やっぱりこんな展開かなぁと観終わったら納得していた。新しいキャラクターも良かったけど、ところどころオマージュが散りばめられているところは、やはり立派。J.J Abrams は Steven Spielberg の弟子でもあるわけで、未知との遭遇やETなんかのSF映画の影響もあり尊敬の念もあったようだから、こちらの作品も見事な演出で、監督が交代しても全ての STAR WARS 世代に受け入れられたところだろう:

Episode VII

Episode VII

それにしても最後のタイトルロールでは映画のスタッフよりもILMのCGプログラマの方が数が多かったんじゃないか!?と思いたくなるくらいの人数だった。これも時代のながれなのだろうか :D

また一つ楽しみな作品が出てきた。

My Rating: ★★★★☆ (4.2)

お食事処 ほづみ亭 – Uwajima Local Dishes Hozumitei.

一昨年の夏、大洲城を攻めた後に宇和島へ移動したその夜、ここ宇和島へ来たら「鯛めし」(Rice with Sliced Raw Red Sea Bream)って言うことで、市内でも有名な郷土料理・割烹のお店へ。カウンターに座ってまずは宇和島の海の幸とビールを注文。晴天の中での大洲城攻めだったのでイイ感じに酔っ払っていると、隣にはこれまたイイ感じで酔っ払っていた地元のおじさんと日本語ペラペラの米国人が鯛めしにについて語っていたので一緒に混ぜてもらい、三人で本日のおすすめ品を注文しながら宇和島話などで盛り上がった。ホント、四国人は陽気で気さくで話好きで楽しかった。最後は、さつまめしをお勧めされたけど、やっぱり宇和島鯛めしでシメた。宇和島は卵かけご飯のように丼ぶりが基本だそらしい 8)

宇和島でとれた海の幸を刺し身で。アジとイサギ。それに近海マグロ。

ほずみ亭自家製のらっきょ。うまい。

ぶり大根。

鮑の蒸し焼き。米国人が注文していたものを頂いた。

お店おすすめの、スルメイカのわた一味焼き。ビールにピッタリ。

せい貝。

写真右のこれが目の前の大皿に盛られていたので気になっていたら板さんからおすそ分けしてもらった。「せい貝」という貝の仲間らしく、岩礁なんかに苔のように生えているらしい。最初は食えるのかと思ったけど、地元のおじちゃんに食べ方を教えてもらった。緑の部分をはがすと貝の中身が出てくる。美味 ;)

そして、最後の〆にお目当ての宇和島鯛めし。

どーんと宇和島鯛めし。

なんと生の鯛をご飯にぶっかけて食べる。

鯛の刺身を卵かけご飯のようにアツアツのご飯にかけて食べるのが宇和島流。

すごい人だったけど、並ばずに入れたのはラッキー。

こちらがメニューの一部、本日のおすすめ:

日替わりメニュー

これはおまけで、大洲のまちの駅「あさもや」でたべたさつま揚げ(100円)。坂本龍馬が長州藩へ行く際に通過して食事したところでもあり、それに因んだ名前が付いていたようだけど忘れた :/

あつあつのさつま揚げ。

あつあつのさつま揚げ。

ほづみ亭
愛媛県宇和島市新町2-3-8

ぐるめ亭 JR松山駅店 – DicedStake Lanch of ‘Gourmet-i’.

2014年の8月末の松山にて。大洲城へ行く前に、本当はスカイホテルの「飯台」レストランで有名な鯛釜飯でも食べようかと思ったのだけれど未だ開店していなかったので、派手な看板に惹かれて入ってみた。大盛り系のメニューがすごい。自分は朝からサイコロ10個とエビフライ大は流石に無理だったのでスーパーサイコロ定食(サイコロステーキ10個)にした。想像していたより肉が旨かった 8):

肉、サラダ、白米、味噌汁、昆布佃煮。タレが二種類あって、これも良かった

肉厚のサイコロステーキが10個の通称「スーパー」

ぐるめ亭 JR松山駅店
愛媛県松山市南江戸1-14-1

Tour of Kinki Region in 2014.

一昨年は2014年のお盆休みを利用して、出張先から近畿地方まで足を伸ばし、大坂城岸和田城和歌山城、そして眞田幸村ゆかりの地を巡ってきた。大阪はこれまでに三度、岸和田と和歌山は初めての訪問。

08:00amの新幹線のぞみ120号に乗って09:28amに新大阪に到着。降車ホームで見かけたJR西日本の新幹線たち:

のぞみ700系

のぞみ700系(奥)とN700系(手前)

のぞみ700系(奥)とN700系(手前)

のぞみ700系

まずは大坂城攻めということで、新大阪から東海道本線で大阪へ移動し、そこから大阪環状線外周り(京橋/舞橋行)で大阪城公園で下車:

大阪環状線

で、大阪ビジネスパークのクリスタルタワーへ行くために、大阪城ホールを横目に水上バスのりばを横切って第二寝屋川を渡った:

大阪城ホール

結局は、今回はお盆休みでクリスタルタワー21Fにあるカフェからの大坂城縄張展望はできず、かなり残念だったけど;(、なんとか持ち直して青屋門から大坂城攻めを開始した。で、今だから言えるのだけれど、この大阪城攻めの翌年の2015年の2月に運良く大阪出張があり、それも大阪城公園近くで仕事していたおかげで、平日にクリスタルタワー21Fのキャッスルカフェなるお店に入ることができ;)、確かに縄張具合を拝めることが出来たけど、皆窓側に座っていたので写真には収められなかった。その上、半分以上はブラインドが降ろされていて、今思うとそんなに期待するほどのものではなかったかなぁと:X

そして青屋門へ行く途中に、始めて間近見た鷹匠。なんとも大坂城にぴったりな動物:

青屋門の手前で遭遇した鷹匠

他には、猫が沢山住み着いていたなぁ。別にこれは大坂城に限ったことではないけど。それも、カメラを向けるとプイと顔を隠す恥ずかしがり屋で人懐っこそうな猫が多かった:

大手多聞櫓付近で見た猫

東内堀付近で見た猫

東内堀付近で見た猫

東内堀付近で見た猫

あと、山里丸にはこんな立て札があった。城攻めするようになって、「まむしに注意」だとか「崖に注意」なんていう注意書きをよく見てきたけど、なんとも大阪っぽいなぁ:D:

マムシではなく痴漢に注意!!

大阪市のマンホール蓋。このレリーフ以外に無いよねぇ、やっぱり:

大阪市のマンホール蓋

一日目の夕食は天王寺の先の市営阿倍野駅近くでラーメンを食べてきたのだけれど、阪神高速14号松原線の下は「熊野かいどう」なんだねぇ:

熊野かいどうの碑とゴミ

夕食を終えて来た道を戻っていたら、なんとも空高くそびえるビルが気になった。これが、噂の(?)あべのハルカスかと。もちろん観るのは初めて:

天王寺駅前から見たあべのハルカス

あべのハルカス

あべのハルカス

あべのハルカス

結局、天王寺まで歩いて、そこから地下鉄で宿泊先へ戻った。その際に、あべの筋で目撃した阪堺電軌上町線の路面電車:

阪堺電気軌道の路面電車

そして、これは大阪市交通局の地下鉄:

大阪市営交通の谷町線

大阪市営交通の谷町線

二日目は岸和田市へ。宿泊先から天王寺まで大阪市営地下鉄。天王寺からJR大阪環状線で新今宮へ移動し、新今宮からは南海電鉄に乗り換えて岸和田まで移動した。初めて見た南海電鉄のラピートも:

JR大阪環状線

南海電鉄

南海電鉄

「ラピート」はドイツ語で「速い」という意味らしい:

特急ラピート

特急ラピート

特急ラピート

岸和田駅を降りて直ぐ正面に観光案内所があり、親切な案内係のおじいさんから岸和田城周辺の街歩きマップやデザイナーで有名なコシノファミリーゆかり地マップなどをもらい(直筆でオススメコースも教えてい頂いた)、だんじり祭りやご当地グルメなどの情報も入手した。先に岸和田城を攻めて、駅へ戻る際に見た物など。まずは岸和田城でみた亀:

岸和田城の堀にて

これは、だんじり祭りのロゴの付いた鉄柵。まぁ、岸和田ではこれは外せないんだろうねぇ:

だんじり祭りのロゴの付いた柵

こちらはコシノファミリーゆかりの地。駅前の商店街の中にあった:

コシノ洋装店(復元)

朝ドラ「カーネーション」の衣装

本物のコシノファミリー跡地

商店街で、こんなラムネを飲んでみたけど、味はごくごく普通のラムネだった:

だんじりラムネ(味は普通)

岸和田城の次は和歌山城ということで、これも南海電鉄に乗って和歌山市駅へ移動した。和歌山に着いた時は、それまではっきりしない天気だったのがカラリと晴天になり、気温も高かったので、水分補給でいろいろ飲んだなぁ:

ミカンは外せない

一本300円の水

「大師の水」は、予想外に美味しかった :)。そして和歌山城攻めを終えて大阪市内の宿泊先へ戻る際に乗った電車:

南海電鉄の特急サザン

JR片町線

JR大阪環状線

宿泊先近くのコンビニで買ったガリガリ君は当りだった:

ガリガリ君は当りだった

最終日は宿泊先をチェックアウトして、眞田幸村公ゆかりの地を巡った。これは玉造駅から三光神社へ向かう途中の商店街の幟で、六連銭がロゴとして付いていた:

日之出通商店街

天王寺にある安居神社へ行く途中には愛染堂や清水寺に因んだ坂があった:

天王寺七坂の一つ愛染坂(あいぜんざか)

天王寺七坂の一つ

天王寺七坂の一つ清水坂(きよみずざか)

そして天王寺付近の有名な建物:

まだまだ現役の通天閣

あべのハルカス

天王寺のシンボルと言ったら通天閣

こちらは天王寺のシンボル?

やはりこちらがシンボルか

やはりこちらがシンボルか

やはりこちらがシンボルか

天王寺からは、来た時と同じように環状線と東海道を使って新大阪まで移動し、新幹線で別宅へ帰宅した:

JR天王寺駅のホームから

といった2014年の暑い夏の小旅行でした。