道寸まつりと笠懸 – Memorial Service of Yoshiatsu MIURA.

2016年5月末に、神奈川県三浦市で道寸祭り〜笠懸が開催されたので行ってきた。
本来の目的は、いつもの城攻め。その昔、源頼朝の鎌倉幕府創設に貢献した三浦氏は現在の三浦半島一帯を支配し、その最後の当主・三浦義同(よしあつ、法号は道寸)の居城だった新井城址は、本丸が東京大学三崎臨海実験所の敷地になってしまっていて普段は立ち入ることができない。しかしながら、毎年一回開催される道寸祭りでは特別に一般公開されるという貴重な機会でもある。
加えて、この2016年という年は三浦道寸・荒次郎父子が北条早雲との戦いで討死して500年が経過したという節目の年でもあり、今回の道寸祭りでは三浦一族を偲ぶ供養祭も開催され、さらに三浦氏が永らく伝えてきた「笠懸」のイベントも披露されるということで城跡以外にも見所が多く楽しめた。
この日の横須賀近辺は晴天で夏日。気温も高くて、半日を砂浜で過ごした結果かなり日に焼けてしまった。

京急三崎口からバスで20分ほどの終点の油壺で下車。そこから油壺マリンパーク方面に道沿いを5分ほど歩いて行くと道寸まつりの会場入口に到着。ここは、もともとは荒井浜海水浴場へ降りていく入口にあたるようだ:

R216沿い荒井浜海水浴場への入口

ここから左手に油壺湾を見ながら海水浴場へ降りていく:

油壺湾

そして右手にどーんと開けて見えてくるのが荒井浜海水浴場で、本日の供養祭と笠懸の会場である:

荒井浜海水浴場

荒井浜海水浴場

そのまま階段を下りて浜へ移動すると会場の設営やら準備が行われていた:

道寸祭りの会場

ちなみに、上の写真の奥にみえる森の部分が新井城跡で、海側は急崖になっていた。
そして、こちらは今回の笠懸に参加する馬たち:

笠懸に参加する馬

笠懸(かさがけ)は、平安末期から鎌倉・室町時代にかけて流行した流鏑馬(やぶさめ)、犬追物(いぬおいもの)と並ぶ日本の三大古弓馬術の一つ。源頼朝が三浦三崎遊覧の際、笠懸が催され、三浦義澄、和田義盛等、三浦一族は弓上手として知られていたとか。今回の演武は武田流弓馬道一門によるもの。そのため武田菱がたなびいていた。

これは笠懸のコース。写真中央あたりのテント内で三浦道寸・荒次郎父子と三浦一族の供養祭が執り行われるという:

設営されていた笠懸のコース

お昼すぎからの供養祭にはじまり、和太鼓演奏、横須賀開国甲冑隊披露、立身流兵法の演武などが続く。これは甲冑隊披露で、笠懸で使うコースを練り歩いていたところ。予想外の炎天下でご苦労様です:

横須賀開国甲冑隊の披露式

横須賀開国甲冑隊の披露式

ほら貝を吹くパフォーマンス

これは笠懸の的で、コースの左と右の場所に二個ずつ(立的と坐的)合計四個あり、馬に乗った射手が最初は左手から、次は右手から、あるいは馬を乗り換えたりして交互に演武を行っていた:

笠懸の的

笠懸の的

こちらは三浦一族の供養祭の模様:

道寸没後5百年忌の供養祭

そして、笠懸を行うまでの儀式がたんたんと続く。こちらは馬や射手のお披露目や、馬場のお清めなど:

笠懸が始まるまでの儀式

笠懸が始まるまでの儀式

馬が五頭、射手は八名くらいいたような。代わりばんこに演武を披露していた:

射手のお披露目

馬と射手のお披露目

射手のお披露目

射手のお披露目

お披露目が終わったら、そろそろ始まるはず・・・

お昼から始まった供養祭から、二時間ほどが経過してやっと笠懸の演武が始まった:

演武(第一回戦)

演武(第一回戦)

演武(第一回戦)

浜の左手から馬を駆けて矢を射ち右手へ、次に右手から同様に馬を駆けて矢を射って左手へ移動する演武が二回行われた。

演武に見入る観客たち

演武に見入る観客たち

砂浜で思うような演武ができていないケースが多かったけど、初めて間近にみる笠懸は迫力があった。まぁ、演武の結果は拍手喝采というよりは、どちらかと言うとため息の方が多かったような気もする :X

こちらは見事に的を射えたシーン:

お見事!!

二回戦は砂浜右手から、一回戦よりも低いところにある的を射る:

演武(第二回戦)

演武(第二回戦)

演武(第二回戦)

女性の射手も参加して健闘していた:

女性も演武していた

そして季節違いの日焼けを被って道寸祭りの会場をあとにした。

こちらは油壺湾とは逆側(北側)の小網代湾に面した胴網海岸の風景。三浦半島は長い歴史の中で陸地の隆起が激しい場所のようで、三浦道寸の時代と今の時代とはかなり地形(高さ)が異なるものだとか:

胴網海岸の急崖

この急崖の上に三浦道寸の供養塔があり、この日は参拝者が絶えなかった。北条早雲に敗れはしたものの、武勇絶倫ながらも歌道にも通じる文武両道の道寸を慕う人気は今もなお高かった8)

三浦道寸の供養塔が建つ崖

胴網海岸

See Also新井城攻め (フォト集)

 

奥籐本店(甲府駅前店) – KOSHU Katsu-Don.

こちらも、一昨年前の11月頭の連休を利用して山梨県甲府市にある城攻めへ。一日目は甲府名物を頂いて翌日の城攻めのためにパワーを付けた。その二日目の午前中は甲斐武田家最後の城である新府城を攻めてきた。こちらは長〜い石段を登ったり、藪をかき分けて曲輪の隅々まで歩きまわったので前日に付けたパワーを一気に消耗してしまった:O。ということで、午後には甲府城を攻める予定だったので更にパワーを付けるべく前日同様に奥藤本店(甲府駅前店)へ。実は前日に飲み食いした時にメニューを見て気になった「甲州流かつ丼」がお目当てだったりする:

甲州流かつ丼

ソースカツ丼が主流の甲州流かつ丼

ご飯の上に千切りキャベツで枕を築き、傾斜を付けて揚げたてのとんかつを盛りつけ、蓋がしまらないボリューム感がいっぱいの一品。一度ソースをかけてから、かつを半分だけ蓋の裏に退避させて頂くのが甲州流だとか。

午前中の城攻めから体力を回復できてよかった。午後は、ここからすぐ近くのお城を攻める予定。

奥藤本店(甲府駅前店)
山梨県甲府市丸の内1丁目7−4

こちらは、おまけでJR中央線新府駅で見かけた電車たち:

特急あずさ(E257系)

115系電車

211系電車

奥籐本店(甲府駅前店) – KOSHU Tori-motsu-ni.

一昨年前の11月頭の連休を利用して山梨県甲府市にある城攻めへ。初日は躑躅ヶ崎館跡と要害山城を攻めてきた。要害山城はその名のとおり山城で、標高770mを登り降りした上に、宿まで徒歩で6kmほど歩いて下りてきたもので、かなりの体力を消耗していたから夕食はボリュームのあるものをと考えながら、宿泊先前の大通りを歩いてお店を探してみたところ行列になっていたお店が、ここ奥藤本店(甲府駅前店)。甲府市のB級グルメの一つ「鳥もつ煮」発祥のお店だとかで、早速予約して、店前で待つこと20分。入口前からみた感じだと狭いかなと思ったけど、厨房裏の奥に入ってみたらテーブル席が沢山あってラッキーだった :)

まずはビールと、そのお通し:

ビールのお通しは蕎麦を揚げたもの

それからメニューの中から、喉の渇きを癒やしてくれる飲み物にも合いそうなおつまみから注文した。刺身こんにゃくは歯ごたえとのど越しが良く、手作り感のある舌触りがなんとも言えなかった:

芦川産 手作り刺身こんにゃく

みずみずしくて絶品だった

そして甲州名物馬刺し。臭みがなく弾力のある肉が良かった:

身が厚く、思ったより堅くなかった

想像していたほど臭みが無く、美味しかった

そして、お目当ての甲州鳥もつ煮。奥藤本店が昭和25年頃に出したのがきっかけて県内に広がったらしい。想像以上に美味しく、甘辛の醤油だれで煮込んだ鳥レバーやハツ、砂肝、玉道(生まれる前の卵) はビールにぴったり:

新鮮な鳥レバー、ハツ、砂肝、玉道

甘辛のタレにつかったレバーに七味をかけて食べる

こちらは甲府地鶏の唐揚げ。ハーフサイズにしてもらった:

甲府地鶏の唐揚げ(ハーフサイズ)

岩塩で頂いた唐揚げ

この頃放送していた大河ドラマ「軍師官兵衛」の時間を気にしつつ、締にやはり甲州流純手打ちもりそばを頂いた。喉越しよく、香りも良かった:

どちらかと言うと固めの麺

次の日も午前と午後でそれぞれ城攻めの予定だったので体力回復できてよかった。実は次の日のお昼も、ここ奥藤本店でいただいた;)

奥藤本店(甲府駅前店)
山梨県甲府市丸の内1丁目7−4

やかた製麺 – Buckwheat Noodle of Yakata-Semen.

一昨年前の11月頭の連休を利用して山梨県甲府市にある城攻めへ。初日の午前中は躑躅ヶ崎館(武田氏館)と、武田信玄公らの墓所などを巡ってきた。午後からは詰めの城であった要害山城へ行く予定だったので、その前に腹ごなし。たまたま武田通り沿いを通っていた時に目に入った「やかた製麺」で手打ち蕎麦大盛り:

手打ちざる蕎麦大盛り(850円)

自家製の山菜の和物もよかったけど、これから山登りするには、少くなかったかな ;(。ここは民家をお店にしたようで、御座敷の床の間には機山公にゆかりのあるものがいろいろ展示されていた。中にはご主人が山の中で仕留めた鹿の角だとか =)

謙信公と一騎討ちしている機山公

風林火山の軍旗

ご主人が仕留めた鹿の角らしい

やかた製麺
山梨県甲府市屋形2丁目3−17(の近くにある民家)

こちらは甲府へ移動する際に利用した特急あずさ(E257系):

甲府駅にて

甲府駅にて

オマケ。躑躅ヶ崎館こと武田神社の境内にある宝物殿の目の前にサンリオのキティちゃん像があった:

ハローキティの像

どうもサンリオの社長は甲府市の出身らしく、サンリオ発祥の地だそうで。躑躅ヶ崎館とは全く関係はないけれど :X

 

門前おやき松代店 – Shinano Monzen-Oyaki.

一昨年の秋、週末を利用して長野県長野市の松代城(海津城)を攻めた後、三の丸跡の真田邸の敷地にあった門前おやき松代店でお昼を摂った(当時は松代観光センター)。その時は、丼物にしようか麺ものにしようか、いろいろ迷った挙句に信州蕎麦のざるそばを注文した:

信州蕎麦でざるそば

トレイはやっぱり「六連銭」でした。おばちゃんから「とろろ」をオマケにつけてもらったっけ ;)

せっかくなんで、信州発で、生地に米粉を使った門前おやきも購入した。冷凍庫に入れておくと1ヶ月くらいは保つらしい:

門前おやき(つぶあん)

門前おやき(つぶあん)

門前おやき松代店
長野県長野市松代町松代2−2

そして、こちらは東京から長野へ行く時に利用した長野新幹線(当時)「あさま」:

長野駅にて

東京駅にて

E7あさまのロゴ

長野新幹線(当時)