ラーメン屋あす流 − The Salt Ramen is the Standard One Here.

こちらは、先週は平成29(2017)年のまだ寒い時期に大阪へ出張し、そのついでに大阪府高槻市と京都府長岡京市にある城を攻めた際に食べたラーメン。 残念ながら前日からの願い虚しく、城攻め当日の天気は激しい雨に加えて極寒だった;(。とは言っても、せっかく来たので城攻めは決行。午前中は大阪の高槻城、午後は京都の勝龍寺城。共に宅地化の波にのまれて、ほとんどと言ってよいほど遺構は残っていない城跡。しかしながらボランティアの方々の案内もあって、それぞれ貴重な話を聞くことができたのは良かった;)。 で、高槻城址公園から次の城がある長岡京市まで移動する合間にお昼を摂ろうと、ちょうどJR高槻駅と阪急高槻市駅との中間にあるラーメン屋あす流へ。前評判が高いラーメン屋で、平日は夜のみの営業ながら日曜日のみ昼間の営業といった具合に、もし知らずに行ったら後悔しそうなかなり変則的なお店:|。さらに目立った看板が無くて、若干迷ってしまい開店直後には辿りつけなかったが、ありがたいことにさほど行列にはなっていなかった。 そしてこちらがお店。店名の「あす流」の文字はなく、ラーメン印の看板だけだったので、列に並んだ時は焦ったけど:O

ラーメン屋 あす流

それでも自分の前には3名ほど並んでいた。ドア越しに店内を見てみるとカウンタ席のみっぽい:

IMG_5072.resized

ただ一言「ラーメン屋」とだけ

待つこと20分ほどで、中から食べ終わった客が出てくるのだけれど一向に呼ばれない。なんか大丈夫かなぁと思っていると自分を含めた4名が一気に呼ばれて店内へ。見ると店員が一人だけで、調理と接客とで大変な忙しさだった:O。納得。で、メニューを見ると書かれていたのは塩ラーメンと醤油ラーメンの他には叉焼丼くらいだった。麺の具合や大盛り[a]替え玉はOKらしい。はお断りとのこと。そして「当店の基本の品は塩ラーメンです」という文字が。それならばと塩ラーメン(750円)を注文した:

塩ラーメン(750円)

二種類の叉焼がのったホントにシンプルな塩ラーメンだけれど旨い。スープが旨い。デフォルトで麺細めの固めなので、自分としては特に注文をつける必要はなかった。この寒い日にしっかりと最後までスープを飲み干すことができたので、このまま温かい気持ちで次の城攻めに行くことができた;)。あと忙しそうだったので、お代を払うタイミングが難しかったけど。 で、更にありがたいことに店を出ると雨が上がっていた。

ラーメン屋 あす流
大阪府高槻市紺屋町8-30 2F


ここからはオマケ。
JR東海道線の高槻駅ホームにはホームドアが設置されていたのだけれど、なにか踏切みたいに上下に昇降するタイプで、さらに接近センサーが付いていて近づき過ぎると声とアラームで警告される仕組みだった:

珍しいホームドアのタイプ

そして今年の干支である鳥たちにもいろいろ出会った。これは雨の高槻城址公園で見かけたアオサギ:

アオサギ

こちらは勝龍寺城公園で見かけた鳥。名前は不明。何かの幼鳥だろうか?:

これは何という鳥だろう?

最後に善峰川に架かる大門橋:

大門橋

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also高槻城攻め (フォト集)
See Also勝龍寺城攻め (フォト集)

参照   [ + ]

a. 替え玉はOKらしい。

アイリッシュカレー − Irish Curry at Nakatsu Osaka.

大阪ネタが続くけど、こちらは先週は平成29(2017)年のまだ寒い時期に仕事で出張してきた時のもの。いつもの通り早めに現地入りして、次の日はまるまる一日使って城攻めするというパタン。初日の宿泊先は、仕事の荷物が多いので新大阪からの移動に手間をかけたくないのと、次の日は朝から城攻めする予定だったので梅田界隈の最寄り駅は御堂筋線・中津駅近くにしてみた。 そして夕食は宿泊先近くにあったカレー屋にした。と言ってもお店の佇まいは Irish Bar そのものだったけど。勿論、Guinness Beer だけ飲んでいてもぜんぜん構わない雰囲気。 初めてのお店なので、今回はベーシックな Irish Pork Curry と Mini Salad、そして Guinness Beer 1/2 pint を注文。ちなみにカレーは欧風。ホントは辛いのが全くダメなんだけれど、この時はなぜか迷わずこのお店に決めてしまった;):

Irish Pork Curry (900円)

このカレーの Pork は Guinness Beer でコトコト煮込んでいて、ホントとろけるような肉だった:

とろけるポークとフライドオニオンが絶妙

普通の人であれば辛さはおそらくそれ程ではないとは思うけれど、食べている最中にジワ〜っとくる辛さで、かなり汗をかいてしまった:$。でも、コクがあって美味しいカレーで、ビールと一緒に食べても問題なし。また食べたくなるカレーだった。 アイリッシュカレー中津店 大阪府大阪市北区豊崎3-6-11 エイトビル1F

 


ここからはオマケ。 この日は午後に移動を開始したので、お昼は駅弁にした。早朝ならばお決まりの「しうまい弁当」にするのだけれど、今回は以前も食べたことのある「品川名物・貝づくし弁当」(960円)にしてみた:

品川名物 貝づくし (960円)

明日からの城攻めは楽しみなのだけれど、かなり天気が怪しいと云う予報が。なんとか晴れてくれないものかと願いつつ早めに就寝した:|

ぼて茶屋 − Taste of Osaka!?.

こちらは一昨年は平成27(2015)年のはじめに大阪へ出張した時のとある日のランチ。この時は再びIMPの1Fにあるテナントの中から、お好み焼き20年の歴史を持つぼて茶屋(ぼてじゃや)を選択してみた。

大阪のお好み焼きは御飯と味噌汁のおかずになるらしいということで、ランチのお好み焼きセット(900円)を注文した:

大阪風お好み焼きと…

御飯+味噌汁+香物

個人的に(ラーメンや焼きそばを除く)「粉物」と「御飯」が合うとは、現在でも全く認めることはできないが、やっぱり大阪の味ということで美味しいものは美味しいな:D

こちらのお好み焼きはマスタードが付いているのと、中の具に「こんにゃく」なんかが入っているのが特徴だろうか:

こんにゃくが入っていたお好み焼き

ぼて茶屋 IMP店
大阪府大阪市中央区城見1-3-7 松下IMPビル 1F


ここからオマケ。

出張の最終日の夜は、プロジェクトに携わった方々と一緒に京橋近くの居酒屋で打ち上げ。お疲れ様でした:

これらが…

こんな感じになりました

こちらは大阪のモダン焼き。ほんと、大阪人はマヨネーズが好きだなと:

モダン焼き

ということで、次の日の週末は京都まで足をはこんで本䏻寺の変とゆかりの地由緒ある日本庭園などをみてくる予定(当時)。

自由軒 − Rice with Hashed Beef and Chicken Kutlets.

一昨年は平成27(2015)年のはじめに大阪へ出張した時の夕飯として、以前豚一家が完食していて気になっていた創業明治43年で、混ぜカレー発祥のお店の自由軒へ。

天王寺近くにあった宿泊先の最寄り駅の一つ、動物園駅から地下鉄新御堂線に乗って難波へ。駅を下りて地下街を歩いていたら逆へ行っていたりしてプチ迷子になってしまったが、いったん地上へ上がってアーケードのある難波センター街へ。そのまま東へ進むと「名物カレー・自由軒」の看板が見えてきた。そして店の前へ来ると、女将さんが出迎えてくれた[a]立て看板っていうのがいかにも大阪っぽい。

大衆洋食 自由軒

このお店オリジナルの「ハイシライス」(700円)とチキンカツ(700円)とビール(350円)を注文した。初めての入店ながらカレーにしようか迷った挙句[b]実は、自分は辛いのがダメなのであっさり決まったけど…・ハイシライスに。なかなか他では食べれない「ハッシュドビーフ」ライス。これはこれで美味しかったです。チキンカツのソースは昭和を思い起こさせる味(?)だった:

ハイシライスは「ハッシュドビーフライス」の略

なんとも昭和っぽいチキンカツ

自由軒 難波本店
大阪府大阪市中央区難波3-1-34


ここからオマケ。

お店を出て道頓堀の戎橋方面へ散歩してみた:

道頓堀の戎橋から

そしてLED化されてから初めて観るグリコ・サイン[c]戎橋から見える江崎グリコの屋外広告のこと。。もう六代目になるらしい:

道頓堀グリコサイン

この時の道頓堀界隈には大陸系の外国人が大量にいたなぁ:O

戎橋と道頓堀

戎橋と道頓堀

なんとも言えない雰囲気を醸し出している「道頓堀」。かって太閤秀吉の大坂城下に堀を築いた商人・安井道頓は今の様子を見て何と思うだろうかと考えてみたけど、やっぱり大阪人だから賑やかなのは嬉しんじゃないかと思ったり :D

「道頓堀」のネオン

参照   [ + ]

a. 立て看板っていうのがいかにも大阪っぽい。
b. 実は、自分は辛いのがダメなのであっさり決まったけど…・
c. 戎橋から見える江崎グリコの屋外広告のこと。

新世界元祖串かつ だるま − Another Fried Skewers at Osaka Shinsekai.

一昨年は平成27(2015)年のはじめに大阪へ出張した時に勧められた夜の「新世界」を歩き、通天閣近くにあった串かつ屋で飲み食いしてきた。

天王寺にあった宿泊先から徒歩で10分ほどの所に、まずは新世界総本店があったが、平日の20:00近くでも大変な行列だった:

串かつだるま 新世界総本店

どうしようか迷いつつ通天閣の辺りをウロウロしていると通天閣店があった。こちらはうまい具合にスンナリ入店できた。で、カウンター席へ通され、まずは生ビールとお通し(?)でキャベツと特製キムチをつまみながらメニューを眺め、ささっと注文したのが「通天閣セット」(1400円)。12本の串焼きと一品が付く:

その名も「通天閣」という串焼きセット

生ビールと一緒に、ソースにつけながら美味しく頂いた。それから追加で「たまねぎ」(105円)、串かつ(105円)、鶏ハラミ(210円)、あと美味しくてまた頼んだ白ネギ(105円☓2)を注文した。

こちらは通天閣セットに付いていた「どて焼き[a]焼いてもいないのに、どて焼きか。」:

どて焼き

やっぱり老舗だけあって店内は活気があって、注文から出てくるまでにスピード感もあり、当たり前だけど揚げたてで、つけソースが美味しかった。

でも値段的には高めだったなぁ。だるま以外の回りのお店は、もちろん客寄せ的なものもあるだろうけど、一本50〜80円くらいだったし :|

大阪新世界元祖串かつ だるま 通天閣店
大阪府大阪市浪速区恵美須東1-6-8


ここからはオマケ。

串かつ だるまの目の前にそびえる通天閣:

通天閣

大阪人ではない俺的に「通天閣は?」とくると、やっぱり「ビリケン」とドカベンの坂田三吉(通天閣高校)なんだよなぁ:P

新世界の入口に建っていたアーチ。もう少し小汚らしい感じを予想していたけれど、随分とコジャレた繁華街だった:

新世界のアーチ

参照   [ + ]

a. 焼いてもいないのに、どて焼きか。