カテゴリー別アーカイブ: History

宮城・笹巻きえんがわずし – Some Ekiben that I ate on the Touhoku Tour 2018.

先月は、平成30(2018)年9月最後の連休を利用して、福島県浜通りを南北に走るJR東日本の常磐線沿いにあった城攻めに行って来た。ただし未曾有の災害であった東日本大震災から七年経った今でも常磐線の完全復旧には至っておらず、一部区間[a]福島第一原発付近を通る富岡駅から浪江駅の間。予定では2020年春頃開通とのこと。が運転見合わせのため、宿がとれた仙台から南下して行ける城に限定することになったが[b]なので、いわき市にある磐城平城は別の機会にゆずることにした。

さらに、予定では仙台で牛タンとか小高で復興ラーメンとか食べたいなぁと考えていたのだけれど、実際には「連休」による超激混み状態で全くありつくことができなかった;(。ということで、今回は駅弁情報を:)

まずは東京駅から仙台駅へ向かう新幹線はやぶさ3号の車内で朝飯がわりに食べたのが「唐揚げざんまい弁当」(950円)。駅ホームの弁当屋で購入したパッケージには生姜醤油風味とニンニク醤油風味、そして南蛮黒酢たれ和えと書かれていた:

IMG_6314.resized

新幹線の中で朝弁当

IMG_6313.resized

「唐揚げざんまい弁当」(950円)

開けてみた内容は、こんな感じ。唐揚げがそれぞれの味付けで2個づつ。他に大根サラダ、香の物、そして梅干しと佃煮:

肉が冷たいので…

あと何に付けるものなのか、タルタルソースが付属していたが、お肉はそれぞれに十分に味が付いていたので自分は不要だった。で普通にパクパク頂ける弁当なのだけど、やっぱり唐揚げは温かい方が断然に美味しい(自分の最近の御用達はこちらのお店)。おそらく冷たくても美味しく頂けるように研究・工夫はされているとは思うが。

そして今回の旅行は、どこもお店は行列で、特に名物系は全くありつけず、オニギリで我慢していたが、ぜひとも帰りの駅弁くらいは希望していたものを食べたいと仙台駅構内をうろうろして運良く最後の一個を手にすることができた。
それが仙台駅で人気の駅弁、第二位(当時)の「笹巻きえんがわずし」(1,100円):

IMG_6346.resized

「笹巻きえんがわずし」(1,100円)

包装をはぐと笹の香りが広がり、さらに笹を開くと酢の香りが鼻をつくと同時に、美味しいそうな脂の香りもした:

IMG_6347.resized

笹に包まれた押し寿司風

IMG_6348.resized

脂がのった大きな「えんがわ」

ちなみに、この「えんがわ」はヒラメではなくカレイ。笹の上にあったライムを絞り、付属の専用醤油をかけて頂いた:

IMG_6349.resized

脂のりのりで美味しい

予想外の脂の多さに驚いたけど、ライムと酢飯の中のシソの葉のおかげで、柔らかいえんがわを美味しく頂けた。途中は少し脂に飽きがきたけど、くどい後味ではない ;)

しかし今回の旅行で一番美味しかったのは人気第二位の駅弁ではなく、この「ずんだシェイク」(250円)かも:

IMG_6342.resized

「ずんだシェイク」(250円)

9月最後の三連休中は、自分が訪れた東北・宮城あたりだけ晴天で、それ以外の全国的に雨だったという。これはこれで運が良かったが、おかげで横田友好祭に続いて二週連続で日焼けしてしまった :$。そういうこともあり、仙台駅構内で売っていたこのシェイクの存在はピカイチ。いろんな場所で売っていて、ほとんど行列だったし。
甘すぎず、ずんだの香りを味わえる一品だった:

IMG_6343.resized

ずんだシェイクの中身

IMG_6344.resized

暑かったので一気に飲み干せた

JR東日本・仙台駅
宮城県仙台市青葉区中央1丁目


ここからはオマケ。

初日の午前中は、まず仙台から常磐線に乗って相馬にある中村城跡へ。こちらは原ノ町行きの701系:

IMG_6316.resized

常磐線701系1000番台

そして相馬駅の駅舎。仙台駅から1時間ほど。ここから相馬中村城跡がある馬陵公園までは徒歩15分ほど。その途中、リスが出迎えてくれた:

IMGP0959.resized

JR相馬駅

IMGP0958.resized

リスのオブジェ

相馬は文字通り相馬野馬追(そうまのまおい)で有名である:

IMGP0788.resized

県道R228から相馬中村城へ向かう

IMGP0791.resized

相馬野馬追のレリーフ

馬陵公園は相馬中村城跡であり、さらに相馬中村神社と相馬神社が建立されている。ちなみに相馬中村神社には狛犬ならぬ狛馬だった:)

これは相馬中村神社境内にある北野天満宮(御祭神はご存知、菅原道真公):

IMGP0838.resized

北野天満宮

そして相馬中村城の妙見曲輪跡に建つ相馬中村神社の社殿。江戸時代の中村藩・相馬家の氏神「妙見(みょうけん)」は千葉県の千葉氏と同じ一族である:

IMGP0848.resized

相馬中村神社の社殿

さらに本丸跡には相馬神社が建つ。ちなみに相馬中村城には三層の天守が建っていたが、落雷で焼失後は藩政を優先して(お飾りの天守は)再建されず:

IMGP0889.resized

天守閣が建っていた本丸跡

本丸には御殿と庭園があったと云われ、現在はこのような石庭ならず「土庭」があった :D

IMGP0904.resized

相馬神社境内にあったオブジェ

こちらは相馬中村城周辺で目撃した(リス以外の)動植物たち:

IMGP0773.resized

IMGP0782.resized

IMGP0829.resized

彼岸花

相馬中村城のあとは更に常磐線を南下して小高(おだか)にある小高城跡へ。まずは相馬駅まで戻り原ノ町まで行って、そこから浪江行きに乗り継ぐ:

IMG_6325.resized

701系@原ノ町駅

IMG_6330.resized

719系@小高駅

こちらが小高駅の駅舎:

IMG_6329.resized

JR小高駅

小高駅近くには双葉食堂なる有名な復興ラーメン屋があるのだけれど、駅についた時には既に閉店時間だったので諦めて城跡へ向かった。で、店の前を通ると大勢の行列ができていた。閉店間際でこんなに並んでいるのかぁと、少し呆れてしまったが :X

ここ小高を歩いていると人通りが少なく、まだ震災の傷跡が残っているところもあり、なんとも言えない寂しい感じがした。

小高城の本丸跡には相馬小高神社が建っており、蜘蛛の巣がたくさんかかった社殿の裏手辺りにある土塁と空堀くらいが遺構になるが、伊達家と最後まで争った相馬家の本城であったので是非、攻めたかった城跡である。
これは城の西側から眺めたところ。現在は鬱蒼とした杜になっているが、往時は手前の田んぼが堀で、舌状台地上に築かれた平山城だった:

IMGP1017

小高城跡の遠景(拡大版)

城跡の西側にある堀跡は現在、田んぼになっており、金色に輝いた稲が沢山実っていた:

IMGP1015.resized

金色の稲

驚いたことに、この田んぼの周囲には電気が走っていて動物が近づけないようになっていた[c]もちろん人間も。 :O:

IMGP1012.resized

アニマルキラー 4300II

IMGP1013.resized

只今、通電中

9000V(無負荷時)の高電圧がかかっているらしい。危なく田んぼを横切って城跡へ向かおうとした。ホント、案内板が小さくて、広い田んぼに数カ所にしかないので、ヘタしたら危なかった :$

城攻めを終えて小高駅へ向かう途中、カマキリにガン見された:

IMG_6328.resized

ガン見してきたカマキリ

小高駅から原ノ町経由で、宿のある仙台についたのが夜6:00過ぎ。先に夕飯にと考えていた牛タン屋は駅の東口から見えるほど行列だったので、そのまま宿へ直行。近くの牛丼屋で済ませて風呂入って寝ることに。この日は朝が早かったので、すぐに眠りに入ることができた。

翌日の最終日は有名人のお墓参りへ。まずは、以前に城攻めした福島県は棚倉町にある棚倉城を調べているときに知った、戊辰戦争中の流行り唄『細谷烏と十六ささげ 無けりゃ官軍高枕』で有名な、官軍から大いに恐れられた仙台藩士・細谷十太夫の墓を訪問してきた。
お墓があるのは、仙台駅西口のバスプールからバスに乗って15分ほどのところにある龍雲院。ここには他に林子平や万城目正といった人の墓もあった。

これは細谷地蔵。細谷十太夫は戦後、自分が尊敬した林子平の墓があるここ龍雲院の住職になって、戊辰戦争で亡くなった人達の菩提を弔ったという:

IMGP1028.resized

細谷地蔵

それからバスで再び仙台駅へ戻り、そこから伊達政宗公が眠る伊達家の墓所がある経ヶ峰(きょうがみね)へ。仙台駅前からだと周遊バスであるループル仙台を使って入口まで行けるようだけど、乗り場へ行って見ると大行列だったので、片道の値段が安い市営バスを使った。市営バスの最寄りのバス停は「霊屋橋・瑞鳳殿前」。ここから経ヶ峰墓所の入口である霊屋下へは徒歩10分くらい。

停留所からまずは広瀬川に架かる御霊屋橋を渡り、橋の上から墓所の名についた経ヶ峰(は丘陵の名前)を眺めた:

IMGP1050.resized

御霊屋橋

IMG_6341

広瀬川と経ヶ峰(拡大版)

御霊屋下からは坂道になる:

IMGP1054.resized

経ヶ峰墓所の参道

伊達政宗公が眠る御霊屋「瑞鳳殿」までは坂道を登って行くことになるが、まず先に仙台藩・二代藩主で伊達政宗公の次男・忠宗公によって創建された瑞鳳寺がある:

IMGP1076.resized

正宗山・瑞鳳寺の山門

そう言えば、この瑞鳳寺を瑞鳳殿だと勘違いしていた日本人観光客を何人も見かけた :O。外国人観光客も多かったけど、ちょっと同じ日本人として恥ずかしい。この先の瑞鳳殿もそういう輩が目についた :/

再び長い坂を登って行くが、経ヶ峰の杜はとても清らかだ[d]大勢の観光客が居なければ、だけど。

IMGP1175

並木道(拡大版)

ここ経ヶ峰に政宗公は生前から墓を作ることを指示していたという。これらの木々はもしかしたら政宗公も見ていたのかも:

IMGP1177

歴史を感じる大木(拡大版)

この参道の順路では、まず伊達政宗公の墓所である瑞鳳殿(ずいほうでん)があり、その先の二代目と三代目の墓所も含めて入場料を払って観覧することになる。もし入場料を払わないと、再び登ってきた石段を降りる羽目に[e]下りの石段が別にあるので、本来は一方通行のようだけど。

ちなみに経ヶ峰墓所は大戦中の仙台空襲で全焼している。そのため現在見ることができる建築物は戦後に復元されたものであり、その一部は(予算の都合で)往時のものを簡略化して復元しているものがある。
ここでも、まるで瑞鳳殿が本物だと思っている日本人の輩が多かったっけ。まったくおめでたい連中である :$

まず手水鉢の龍の口から流れる水でお清めする:

IMG_6336.resized

手水鉢の上の龍

これは瑞鳳殿へ入る所に建つ涅槃門:

IMGP1140

復元された涅槃(拡大版)

涅槃門をくぐった先の石段脇に復元された御供所(竹楼)の内部は資料館になっている。この資料館が素晴らしい。これだけお金を払って観る価値は大いにある 8):

IMGP1137.resized

復元された御供所は、現在は資料館

資料館は特に、焼失した御霊屋の再建に先立って伊達政宗公の遺骨や副葬品を発掘し学術調査を実施した時の貴重な史料や映像を堪能できる。公は身長は189cm、血液型はB型だったらしい。

瑞鳳殿前に復元された拝殿。拝礼のために設けられた施設:

IMGP1107.resized

拝殿

この拝殿をくぐって橋廊下なる空間の上段にあるのが唐門で、この中に瑞鳳殿が復元されていた:

IMGP1113.resized

復元された唐門

こちらが伊達政宗公が眠る御霊屋・瑞鳳殿:

IMGP1121

瑞鳳殿(拡大版)

瑞鳳殿は仙台城方面を正面にして建ってた:

IMGP1132.resized

瑞鳳殿

伊達政宗公の辞世の句:

曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く

昭和20(1945)年のの米軍による仙台空襲を受け、この瑞鳳殿の他、感仙殿(二代藩主・忠宗の御霊屋)・善応殿(三代藩主・綱宗の御霊屋)は全て焼失した。それから34年後の昭和54(1979)年に瑞鳳殿が再建され、昭和60(1985)年には感仙殿と善応殿も再建された:

IMGP1117.resized

瑞鳳殿

IMGP1124.resized

瑞鳳殿

この後は感仙殿と善応殿にもお参りして、経ヶ峰を下山して、再び市営バスで仙台駅へ:

IMG_6333.resized

仙台駅

こちらは仙台駅構内で見かけたもの。珍しいところでは日本酒の自販機。あと、いろいろあった今年の楽天イーグルスは「栄冠」を勝ち取るところか「栄冠」を他球団に譲っただけだった[f]ファンには申し訳ないが。

IMG_6345.resized

日本酒の自販機

IMG_6332.resized

もっと頑張れ!!

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also相馬中村城攻め (フォト集)
See Also小高城攻め (フォト集)
See Also細谷十太夫と林子平の墓所 (フォト集)
See Also伊達政宗公墓所と伊達家経ヶ峯墓所 (フォト集)

参照   [ + ]

a. 福島第一原発付近を通る富岡駅から浪江駅の間。予定では2020年春頃開通とのこと。
b. なので、いわき市にある磐城平城は別の機会にゆずることにした。
c. もちろん人間も。
d. 大勢の観光客が居なければ、だけど。
e. 下りの石段が別にあるので、本来は一方通行のようだけど。
f. ファンには申し訳ないが。

會津城下町と新選組ゆかりの地巡り − A Tour of castle towns and places associated with the Shinsengumi at Aizu-Wakamatsu.

今となっては、一昨々年は平成27(2015)年の初秋に自身初の「奥州攻め」として、シルバーウィークを三日間の日程で福島県内に残る城跡を巡ってきた。
その二日目は自身初の訪問地である会津若松市の會津若松城跡の他に、その城下町やかっての會津藩に関わりの深い松平家や新選組にゆかりある寺院を巡ってきた。城跡だけでも十分に見所が多い上に、市内各所には名所・名跡が沢山あるので、当然ながら散見できる箇所は限られてくるが、少しでも多く巡れるように今回はレンタサイクルを活用した。これが結果的には大当たりで、飯盛山や会津さざえ堂には行けなかったけど個人的には満足している ;)。二、三日、会津若松に宿泊できるのであれば十分に機会はあるだろうが、実際のところ宿泊先はどこも一杯で、この時期にしては近場の郡山になんとか確保できただけ良かった方だ 8)

ということで、限られた時間内に見て回って来たのは鶴ヶ城公園と蒲生氏の菩提寺の他に、会津藩ゆかりの名跡や新選組ゆかりの寺院、そして会津藩主松平家墓所と云ったところ:

会津若松市街図(Google Earthより)

会津若松市街図(コメント付き)

  1. 本光寺(ほんこうじ)には蒲生忠郷公の五輪塔がある。忠郷公は蒲生氏郷の嫡男・秀行の長男で、陸奥会津藩2代藩主。
  2. レオ氏郷南蛮館には再現された天主の間や呂宋茶壷(るそん・ちゃつぼ)などが展示されているらしい[a]と云うのも、着いたのが開店前だったので実際には見学できなかった。でも11:00amが開店時間とはかなり遅すぎ。
  3. 阿弥陀寺(あみだじ)には、會津若松城の本丸にあった御三階(現存)が移築されている他、新選組三番組組長・斎藤一(藤田五郎)の墓所がある。
  4. 興徳寺(こうとくじ)には蒲生氏郷公の五輪塔や、公の有名な辞世の句の碑がある。
  5. 直江山城守屋敷跡は、「日本の道徳教育の生みの親」とも云われた山鹿素行(やまが・そこう)誕生の地でもある。
  6. 日新館(にっしんかん)天文台跡は會津藩の藩校である日新館の天文台。校舎が戊辰戦争で焼失しているので、唯一の藩校の遺構である。
  7. 會津若松城(鶴ヶ城公園)と甲賀町口郭門跡については、こちらで詳しく紹介している。連休の秋晴れともあって、ホントに沢山の人達が訪れていた。
  8. 西郷頼母(さいごう・たのも)屋敷跡は幕末の會津藩家老の屋敷。頼母は會津戦争後、函館戦争にも参加した。
  9. 天寧寺(てんねいじ)は曹洞宗の寺院で、會津蘆名家の菩提寺であり、刑死した新選組局長・近藤勇の墓所がある。
  10. 會津藩主松平家墓所には会津藩2代藩主・保科正経(まさつね)公から9代藩主・松平容保(かたもり)公までが眠る御廟である。ちなみに初代藩主・保科正之公は猪苗代の土津(はにつ)神社に眠っている。
  11. 八角(やすみ)神社は會津若松城の前身にあたる鶴ヶ城の起源にあたり、會津蘆名氏の館があった。
  12. 飯盛山は云わずと知れた悲劇の場所である。滝山本陣跡やさざえ堂が近くにある
  13. 向羽黒山(むかいはぐろやま)城は會津蘆名氏を戦国大名にした中興の祖・蘆名盛氏の隠居城で、會津若松城の支城だった。こちらは、この翌年に会津若松市に宿を取って攻めてきた。
  14. 会津若松駅はJR磐越西線と只見線が乗り入れしている。今回の城攻めのスタート地点。

ここでは太字の名所・名跡について紹介する。


まずは会津若松駅。乗り入れはJR磐越西線とJR只見線、そして会津鉄道会津線。駅舎を正面からみると會津若松城の天守にある切妻造(きりつまづくり)の出窓みたいだった ;)

会津若松駅

この当時は郡山から磐越西線を使ってきたが、今となっては只見線+会津鉄道会津線も乗車済み。実は、この翌年は平成28(2016)年の夏に向羽黒山城跡を攻めた際に、ここ会津若松駅から利用した

こちらは駅前ロータリーに置かれていたオブジェで、白虎隊士の像と赤べこ:

白虎隊士の像

赤べこ

この時は駅舎の外にあるコインロッカーに荷物を預け、用を足してからそのまま北端にある駅レンタカー屋でママチャリをレンタルした(1日1,500円/当時)。

これは、駅前から国道R118へ向かう途中に目撃した地下道の出入り口は櫓風だった。石灯籠風の街灯もまた「城下町」って雰囲気があった:

櫓風の地下道の出入り口

この後は国道R118(神明通り)を南下して本光寺に立ち寄り、会津若松郵便局から国道R252に折れて七日町駅方面へ。で、これがレオ氏郷南蛮館:

レオ氏郷南蛮館

ここに到着したのが09:00ちょっと前だったが営業中ではなかった。なんと11:00にならないと開かないらしい:O。ここには氏郷公が建てた會津若松城の七層七階の天守閣にあった天守の間が再現されていたり、戦国時代に流行した呂宋茶壺(るそん・ちゃつぼ)が展示されているらしいが、さすがに二時間も待つわけには行かないので訪問は次回にスキップすることにした。

で、このまま国道R252(七日町通り)を七日町駅へ向かって行くと會津戦争の戦死者が祀られている阿弥陀寺にたどり着く:

阿弥陀寺

この日は秋の彼岸であり「会津まつり」ともあって殉難者秋季祭典とか斎藤一忌記念講演会なんかが開催されていた。

こちらは本堂で、その左手前に新選組・斎藤一の墓所、その奥には會津若松城の本丸にあった御三階(おさんがい)が移築されている:

本堂

阿弥陀寺は慶長8(1603)年に蒲生氏郷公の嫡男・秀行の時代に、下野国(しもつけのくに)からきた良然(りょうねん)和尚が開山したと云う。

會津戦争の犠牲者が眠る、いわゆる東軍墓地。会津藩戦死者が埋葬できたのは阿弥陀寺と長命寺(ちょうめいじ)だけで、ここ阿弥陀寺には1300余の亡骸が埋葬されているのだとか:

會津東軍墓地

こちらが新選組隊士・斎藤一(藤田五郎)の墓所:

新選組隊士・斎藤一の墓所(拡大版)

斎藤一は壬生浪士組の時代から参加し、のちの新選組では副長助勤、三番隊組長として活躍、隊内では沖田総司、永倉新八、吉村貫一郎と並ぶ剣客で撃剣師範も務めた。鳥羽・伏見の戦いで負傷して會津若松城に入城した副長の土方歳三にかわって隊を指揮する。新政府軍が迫る中、會津中将・松平容保のため會津に残り土方と別れる。戊辰戦争後も生き残り、藤田五郎と名前を変えて大正時代まで生きた。後半生を會津人として生きた本人の希望により、ここ阿弥陀寺に眠っている。現在、彼の剣術の流派は無外流(むがいりゅう)[b]辻月旦(つじ・げったん)により開かれた流派で、土佐藩主・山内容堂も学んでいるとか。とされている。享年72。

さらに、本堂裏には會津藩最強の武芸者の呼び名が高い黒河内伝五郎(くろこうち・でんごろう)と息子たちの墓(右手)もあった:

黒河内伝五郎の墓(右手)

伝五郎こと黒河内兼規(くろこうち・かねのり)は神夢想一刀流居合術の他に宝蔵院流槍術、柔術、手裏剣術、薙刀術、吹き針など武芸百般を極め、藩校日新館で武芸指南役を務めた。晩年は失明したが、「座頭市」を彷彿させるように武芸の技が衰えることはなかったと云う。會津戦争では長男は戦死、次男は負傷し、會津城下に新政府軍が攻めいった慶応4(1868)年に次男を介錯した後、自刃した。その際、頸を井戸に投げ込んで敵には渡すなと言い残したと云う。享年65。
右手の墓碑には伝五郎と二人の息子の法名が彫られ、左手の墓碑は母または夫人のものと思われる。

そして會津若松城の遺構(現存)として唯一残る現存櫓の御三階(おさんがい):

御三階(拡大版)

外観は三階建だが、内部は四階になっており、二階と三階の間に天井の低い部屋があるらしい。三階に上がる梯子は上から引き上げる仕組みになっており、当時は密議所に使用されていたとも。會津戦争の戦火で阿弥陀寺が焼失したために移築されて、長い間、本堂として使用されてきたらしく、正面の唐破風は本丸御殿の玄関の一部だったとか。
しかしながら、背面は傷みがかなり目立っていたが:

玄関の唐破風と葵御紋

背面

この後は再び国道R118へ戻り、蒲生氏郷公の墓所がある興徳寺へ。ここには松平容保が蒲生氏郷公「若松開市300年祭」で贈った歌碑が建っていた。公は二千首以上の和歌を残しているのだとか:

興徳寺に建っていた松平容保公の歌碑


”百年(ももとせ)を三たび重ねし若松乃 さとはいくちよ 栄え行らん”

興徳寺から鶴ヶ城公園へ向かってさらに南下していくと愛の文字が透かされた「直江兼続屋敷跡」なる案内板を見つけた:

直江兼続屋敷跡

ここは、往時は城下町の主要な道路である「本一之丁」と「大町通り」が交差する場所にあたるそうで、蒲生氏郷公が町割りして以来、重臣らの屋敷が置かれていたとか。慶長13(1598)年に越後から會津120万石で入封してきた上杉景勝は、筆頭家老の直江山城守の屋敷をここに与えたと云う。

が、この敷地内に入った先の石碑には「山鹿素行先生誕生地」と彫られていた :|(分かるように、敢えて大きな写真にしてみた):

「山鹿素行先生誕生地」の碑(拡大版)

おそらく2つとも間違いではないであろう。初めは直江山城守の屋敷が建っていたが、関ヶ原の戦後に米沢に転封となって、それから20数年後の元和8(1622)年、山鹿町と呼ばれたここで山鹿素行が誕生した。彼の偉大な功績は思想家(儒学者・古学派)として「日本道徳教育の生みの親」としての働きであるそうだ。彼の教えは、のちに武士道精神につながる。この碑は、大正時代の東郷平八郎の書によるものらしい。
山鹿素行はのちに赤穂藩に仕え、忠臣蔵で大石蔵之助が鳴らす太鼓は、山鹿流陣太鼓と呼ばれた。

それから、更に国道R118を南下し、會津若松城の西出丸跡と水濠が見えてきたありに、もしかしたら通りすぎてしまいそうな石碑が建っていた。
ここが会津藩校・日新館跡:

会津藩校・日新館跡

会津藩の最高学府である日新館に、藩士の子弟は10歳で入学し学問や武道に励み、心身の鍛錬に努めたと云う。往時は、約8千坪の敷地に武道場や天文台、日本最古の「プール」と云われる水練水馬池があったと云う。現在、ここからかなり離れたところに忠実に再現された藩校があるらしい。

この場所の裏手(西側)には會津戦争で焼失を免れた藩校の施設・日新館天文台(会津若松市指定文化財)があった:

史跡・天文台跡(拡大版)

ここは、藩校・日新館の天文方の天文観測の場として設けられたもので、主として星の観測に使われたが、その他に冬至の日には学校奉行・天文方の師範・暦家が集まり、晴雨・考暦を偏したところだったという。往時の規模は、この二倍はあったのだとか:

日新館天文台跡

日新館天文台跡

この後は、この日の目玉である會津若松城攻めへ:

日新館跡から眺めた天守(拡大版)

こちらはお昼を食べに「輪箱飯」の田季野へ向かう途中に見かけた會津藩家老・西郷頼母(さいごう・たのも)邸跡:

西郷頼母邸跡

新政府軍が會津若松城下に侵攻してくると、ここ西郷邸では頼母の留守を預かる妻やその一族の中で足手まといとなり恥辱を受ければ家名の恥になるとして、頼母の母をはじめ娘ら二十数名が自刃したと云う。これもまた會津戦争の悲劇の一つである。

遅いお昼を摂ったあとは、鶴ヶ城公園から東へ向かい県道R325(東山街道)に合流して、少し登った先にある萬松山天寧寺(てんねいじ)へ:

天寧寺の本堂

ちょっと長い階段を上がった先が本堂脇で、その前には境内案内図が建ち、ちょうど本堂裏の墓所入口があった。その入口前には、大きく「近藤勇之墓」という説明板が建っていた:

萬松山天寧寺・境内案内図(拡大版)

ここ天寧寺は會津蘆名家の11代当主・盛信の建立で、代々蘆名氏の菩提寺とされたが、のちに伊達政宗に攻められた際に焼失し、その面影は本堂の礎石に僅かに残るだけである。

境内には新選組局長の近藤勇(大久保大和)の墓所がある。近藤は戊辰戦争中に下総国(千葉県)流山で薩長に捕縛され斬首となった。享年35。亡骸は江戸の龍源寺に埋葬され、首級は京都の三条大橋下流に晒された。しかし、何者かが持ち去って、この會津の地に埋めたという伝説が残る。実際、土方歳三ら新選組の残党が會津で戦闘に参戦した際に、ここにある墓所を参詣したと云う。

 また他に會津藩城代家老で、松平容保を命がけでかばい、会津戦争の全責任を負って切腹した萱野権兵衛長修(かやの・ごんのひょうえ・ながはる)と、彼の次男で郡長正(こおり・ながまさ)の墓所、そして田中家之の墓所があるそうだが、今回は時間が無くて参詣できなかった。

こちらが近藤勇の墓所(左手)。土方歳三が持参した彼の遺髪が眠っている。その右は土方歳三の慰霊碑。毎春4月25日の命日には墓前祭が執り行われているのだとか:

近藤勇の墓所と土方歳三の慰霊碑(拡大版)

そして脇には辞世の句が彫られた句碑が建っていた:

漢詩で作られた辞世の句(拡大版)


孤軍援絶作囚俘 顧念君恩涙更流
一片丹衷能殉節 睢陽千古是吾儔
靡他今日復何言 取義捨生吾所尊
快受電光三尺劔 只將一死報君恩

天寧寺をあとにして再び県道R325に向かい、さらに会津武家屋敷の前を通って、さらに南下した:

會津武家屋敷

すると「国指定史跡・会津藩主松平家墓所」の案内板が見えてくるので、ここを左折して御廟へ向かうと「松平家塋域入口」(まつだいらけ・えいいき・いりぐち)の石碑があった:

松平家塋域入口

国道R325沿いにある

こちらは入口に建っていた案内板:

「国史跡・会津藩主松平家墓所」の案内図(拡大版)

「会津藩主松平家墓所」は会津若松市にある院内山(いんないやま)と、猪苗代町にある見禰山(みねやま)の二つの総称であり、後者は會津藩初代藩主である保科正之が眠っており、二代藩主・正経から松平姓に復名した三代・正容(まさかた)、そして九代・容保までが眠る、ここ院内山の墓所を「院内御廟」(いんない・ごびょう)と呼んでいる。院内御廟は約15ヘクタールの広さがあり、けっこう長い石段を上って行く。

院内御廟の入口には冠木門が建っていた:

院内御廟の入り口

この入口から頂部にあたる入之峰墓所(三代藩主から九代藩主が眠る墓所)までは石段となっていて、登りは20分くらいかかった:

入峰墓所へ向かう石段

こちらは藩主の墓所に向かって、それぞれ立ち並んでいた亀趺坐(きふぎ)。亀の形をした亀趺の上に乗る碑石には藩主の業績、表石には官職名と氏名、鎮石には霊神号(れいしんごう)が刻まれている:

亀趺坐(きふぎ)

亀趺坐(きふぎ)

こちら入之峰には東から三代・五代・六代・七代・九代藩主の墓所が横一列に並んでおり、それに合わせて亀趺坐も同じように並んでいた。ちなみに四代と八代の墓所は、この下の中丸山という段にある:

入之峰墓所

こちらが会津松平家の最後の当主・松平容保の墓所:

正三位・松平容保之墓(拡大版)

九代藩主で京都守護職・會津中将であった松平容保は会津戦争末期に滝沢本陣に進軍、そこで白虎隊を戦線に投入するも敗戦し若松城に撤退、籠城戦ののち、慶応4(1868)年9月に開城・降伏した。厳しい戦後処理のち明治26(1893)年に東京小石川の自邸にて死去。享年59。本来ならば、すぐにでも院内御廟に祀られるが、朝敵であったことで大正6(1917)年に、やっと他の藩主と同様の墓所が建てられた:

真新しい亀趺坐

九代藩主・松平容保

と云った感じで足早に回ってきたが、今回は残念ながら巡ることができなかった名跡が沢山あった。是非、また機会を作って訪れたい。

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also會津若松の城下町 (フォト集)
See Also會津にて新撰組ゆかりの地巡り (フォト集)

参照   [ + ]

a. と云うのも、着いたのが開店前だったので実際には見学できなかった。でも11:00amが開店時間とはかなり遅すぎ。
b. 辻月旦(つじ・げったん)により開かれた流派で、土佐藩主・山内容堂も学んでいるとか。

とん汁たちばな − Tonjiru, A local delicasy of ARAI, NIIGATA.

今年は平成30(2018)年のGWは、昨年に続いて「越後攻め」。三日目の午前中は新潟県妙高市にある標高185mの鮫ヶ尾城跡へ。ここは今から10年前(当時)に国指定史跡に指定され、昨年には続100名城にも選定された城跡だ。
この日は長岡駅近くの宿を出て7時発のJR信越線で直江津まで移動し、直江津からえちごトキメキ鉄道妙高はねうまライン・妙高高原行に乗り換えて北新井駅に着いたのが9時くらい。無人駅だけど構内に置いてあった城址までの案内図を参考に40分くらいかけて、田園風景と遠く妙高山を眺めながら城跡へ向かった。途中、勝福寺へ立ち寄ってから東登城口から攻める予定だったが、トイレに行きたくなったので北登城口近くにある「斐太(ひだ)歴史の里・総合案内所」[a]斐太神社の裏(西側)にあり、県道R85沿いに「ようこそ鮫ヶ尾城跡」という看板があるので、そこから登ると駐車場があり、更に登ると「斐太遺跡群・斐太遺跡」の敷地に入る。そこを進むと案内所がある。へ向かった。用を足して案内所の展示物や説明板を読んでいたら、案内所のおばさんからお茶と梅干や辣韮なんかを頂いた。この日も晴天で暑さに注意していたので、このおもてなしには感謝。さらに案内所脇にある北登城口は、上信越道の工事で通行止めが延期になっていると云う現地情報も入手できた。ちょっと遠回りになったけど立ち寄っておいて良かった。これはオススメ 8)

それから2時間くらいかけて城址一帯を攻めて、大手道であった南登城口から下りて、午後の城攻めに向かうために再び北新井駅へ。ちょっとゆっくり城攻めしたため予定の時間を1時間ほど超えていた。そのため、お昼は次の城攻めの最寄りである高田あたりで摂ろうかと思ったけど、どうしても行ってみたいお店があったので、炎天下を片道20分ほど歩いて行ってきた。そのお店は豚一家も制覇したとん汁の店たちばな

国道R292沿いにある新井名物とん汁・たちばな

この日は平日だけど、GW中は平日を含めて営業中だったので助かった :)

国道R292沿いにあるとん汁の店たちばな

豚肉・玉ねぎ・豆腐・白味噌で作ったとん汁と、矢代産コシヒカリの御飯の組み合わせは城攻めでの疲れを癒やし、さらに次の城攻めのパワーの源となること間違いなかった :D。炎天下、駅前から歩いてきてお店に到着したのは昼時を過ぎた13時半。カウンターに何人か居るぐらいで、すんなりテーブル席に通してもらえた。注文した品は、店一番人気のとん汁定食(ライスは並):

とん汁定食(950円)

ライスは並だけど、丼ぷり一杯ある。コシヒカリで粘り気があり、甘く美味しい。そこに少し塩っぱ目のとん汁がベストマッチだった;)

たっぷりのとん汁(豚肉・玉ねぎ・人参・白味噌)

玉ねぎが甘かったが、玉ねぎ好きの自分としては問題ない。白味噌のコクある汁も美味しかった。

とん汁の店たちばな
新潟県妙高市栗原2丁目3-10


ここからはオマケ。

直江津から乗車した妙高はねうまラインのET127系妙高高原行きと、北新井駅から高田方面の眺め:

ET127系(直江津〜妙高高原)

北新井駅(無人駅)のホーム

こちらは城址へ向かう途中に眺めることができた妙高山・火打山。未だ雪が残っていた:

田園風景と妙高山方面の眺望(拡大版)

こちらは籠町南葉山・南葉山・青田難波山:

上新バイパスと籠町南葉山・南葉山・青田難波山(拡大版)

その手前に見える低い(150mクラスの)山が鮫ヶ尾城跡と斐太遺跡地区:

田園風景と鮫ヶ尾城跡+斐太遺跡地区

矢代川の支流と、その近くに生えていた乙吉の大けやき(妙高市指定文化財)。大けやきは高さ30m、樹齢は約500年:

矢代川(支流)

乙吉の大けやき

炎天下をとぼとぼ歩いていると出会った野鳥。物珍しそうな眼差しだった:

途中に出会った野鳥

こちらは斐太神社。うっそうとした杉にすっぽりと囲まれていた:

807年創建の斐太神社(拡大版)

鮫ヶ尾城址の麓には、弥生時代の遺跡も多数発掘されているそうで、この辺りは斐太遺跡群斐太遺跡(国指定史跡)が広がっていた:

矢代山B地区の斐太遺跡

浅い窪みとして確認できる竪穴式建物は60箇所を超え、尾根筋を分断する鋭い傾斜の空堀が二重に巡らされていた(外環濠跡):

外環濠跡

外環濠跡

こちらが鮫ヶ尾城の本丸跡:

標高185mの山頂部にある本丸跡

最後に、総合案内所で頂いたお茶と香の物:

総合案内所にて休憩

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also鮫ヶ尾城攻め (フォト集)

参照   [ + ]

a. 斐太神社の裏(西側)にあり、県道R85沿いに「ようこそ鮫ヶ尾城跡」という看板があるので、そこから登ると駐車場があり、更に登ると「斐太遺跡群・斐太遺跡」の敷地に入る。そこを進むと案内所がある。

うなぎ料理 若松屋 − An Eel Steamed in a Bamboo Steamer at YANAGAWA.

今となっては一昨々年(さきおととし)は、平成27(2015)年の夏休み明けに広島まで出張があったのに合わせて九州は福岡県にある城攻めと立花宗茂公ゆかりの地を巡ってきた。
午前中の太宰府市は生憎の天候であったが、午後に柳川市へ移動した頃には、すっかり雨は止んでくれてよかった。遺構が殆ど残っていなかった柳川城攻めは正直なところ物足りなかったけど、ほぼ徒歩での行程だったので、午後のエネルギーを補給するため、お昼は行列覚悟で柳川名物の鰻を食べることにした ;)

柳川城跡である中学校・高校の立ち入りは不可なので、その周囲をぐるりと一周してから御花(おはな)の前を通り、事前に調べておいた鰻屋がある水路沿いの場所へ向かった。そこには同じように老舗な鰻屋が軒を連ねていて、美味しそうな鰻の匂いが辺りに漂っていた :D
目的地の若松屋豚一家も完食していた安政年間創業の老舗の鰻屋で、柳川の郷土料理の一つである「鰻の蒸籠(せいろ)蒸し」が食べられる。が、しかしお店の前は予想以上の行列でごった返していて、見たところ1時間くらいは待たなければ入れそうもなかったが、ここまで来て諦めるわけにはいかないので待つことにした :|

若松屋

若松屋

それでも30分くらい辛抱強く待っていたら、二階にあるテーブル席に案内してもらえた。

席に着くやいなや、待っている時にメニューを見て既に決めていた「上鰻せいろ蒸し」(2,625円/当時)を注文。さらに出てくるまでに時間がかかるとのことで、待っている間はビール(560円/当時)で時間をつぶした。

そして、遂に待つこと15分ほど。出てきたせいろ蒸しが、こちら:

上鰻せいろ蒸し+肝吸い+香の物(2,625円)

お櫃の蓋をとると、こんな感じ。と、その瞬間に鰻とタレの絶妙な匂いが空腹をさらに刺激する:

上鰻せいろ蒸し

「焼きあがった鰻を、甘辛いタレを絡めた御飯の上にのせて蒸籠ごと蒸す」と云う若松屋が代々受け継いだ秘伝のタレと製法で造られた一品。この界隈に軒を並べる20軒を越える鰻屋が腕を競い合っていると云う。

鰻の上の錦糸卵が一際目を引いた:

錦糸卵が乗ったせいろ蒸し

危うくヤケドしそうなほど熱かったが、味はもちろんのこと、この時期でも脂がのって、湯気が出る鰻は、ハフハフと美味しかった:

味はもちろん、香りがとてもよかった

ホント、諦めずに行列してよかった 8)

若松屋
福岡県柳川市沖端町26番地


ここからはオマケ。

若松屋などの鰻屋が立ち並ぶ目の前に堀があって鴨にお目にかかれた:

堀と鴨

そして、今回の城攻めでは時間の都合で乗れなかったけど、傍から眺めているとやっぱり面白そうなお掘りめぐり(川下り):

お掘りめぐり

柳川市内2km四方に総延長60kmにも及ぶ掘割に敷かれた水路を、船頭が漕ぐ「どんこ舟」で巡る:

お掘りめぐり

お掘りめぐり

内堀に相当する水路には、往時に造られた水門が残っており、そこをくぐるのもお堀めぐりの醍醐味のようだ:

水門をくぐる「どんこ舟」

水門をくぐる「どんこ舟」

お掘りめぐり

「水のまち」柳川市は干拓地における米の栽培も地場産業の一つ。当時は夏真っ盛りで、すくすくと稲が育っていた:

田んぼの稲(拡大版)

こちらは若松屋で鰻を食べたあとに寄った柳川藩主・立花家別邸の御花(おはな)にある日本庭園の「松濤園(しょうとうえん)」:

大広間と松濤園(拡大版)

大広間に面して設けられた庭園は、黒松に囲まれた華やかな池庭。生憎の空だけれど、やはり落ち着く:

黒松に囲まれた松濤園(拡大版)

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also柳川城攻め (フォト集)
See Also立花史料館と御花 (フォト集)

太宰府天満宮 − Stopped by Dazaifu Tenmangu Shrine before Castle.

今となっては一昨々年(さきおととし)は、平成27(2015)年の夏休み明けに広島まで出張があったのに合わせて九州は福岡県にある城攻めと立花宗茂公ゆかりの地を巡ってきたが、生憎の天気ともあって、天候が回復するまでの時間を使って太宰府天満宮も参拝してきた:

太宰府天満宮の御本殿

この日のために、前日の土曜日から広島入り。当日の日曜日は早朝に飛び起きて広島から JR新幹線こだま821号に乗り、8:00am前には博多に到着していた。こちらが広島駅から乗ったJR西日本のひかりレールスター700系:

新大阪発、博多行き

JR西日本の山陽新幹線

ひかりレールスター 700系

博多駅からは地下鉄空港線で天神へ移動し、天神駅から西鉄福岡駅へ向かった。ここで自身初の西鉄に乗車。まずは大牟田線で西鉄二日市へ、そして西鉄太宰府線に乗り換えて終点の太宰府へ。
こちらが西鉄福岡駅から乗った西鉄天神大牟田線急行・花畑行き:

天神大牟田線5000系

そして西鉄二日市駅で、太宰府線の8000系。こちらの車両は昨年は、平成29(2017)年に引退してしまったのだとか:

西鉄太宰府線8000系(当時)

この時の福岡県全域は、前日が大雨で、翌日はなんとか雨は上がってくれたが、西鉄太宰府駅へ到着してみると重く低い雲が立ち込めるといった空模様だった:(
こちらが西鉄太宰府駅:

西鉄太宰府駅

まず、午前中は「嗚呼壮絶岩屋城址」の碑で有名な岩屋城高橋紹運公の墓所を巡るために、ここ太宰府駅から城址まで40分ほど歩いて登る予定であったが、なんとも天気がすぐれなく、いまにも雨が降りそうな空模様だったので、雲が南へ通り過ぎてくれるであろう30分ほどの時間を、駅近の由緒高い太宰府天満宮へ行ってきた。せっかくなので、今回の出張安全祈願、天気の快復祈願もしたかったし 0:0

まずは参道。駅からホントに近かった。日曜日の9:00amちょっと前:

駅から太宰府天満宮へ

案内所前にたつ「太宰府天満宮」の碑と、鎌倉末期に建てられた大鳥居(県指定文化財)。この奥右手には案内所とトイレがあった:

太宰府天満宮」の碑

大鳥居(県指定文化財)

鳥居をくぐって先の正面に建つのは延寿王院の山門。天保5(1834)年の建造で、切妻造り本瓦葺き。桃園天皇(1741年〜1762年)より院号を賜った現在の宮司邸で、幕末には西郷隆盛や高杉晋作、坂本龍馬らが出入りしたとか:

延寿王院の山門

この山門の手前を左折した先には心字池[a]心の文字をかたどることから「心字池」と呼ばれているのだとか。がある。本殿に参拝するに辺り、この池を渡ることで身も心も清浄になるという。それ故に、この辺一帯は神苑と呼ぶらしい。:

神苑にあたる心字池と太鼓橋

心字池には3つの橋が架かっており、手前から太鼓橋・平橋・太鼓橋となる。右手に見える社は志賀社:

太鼓橋と平橋と志賀社

心字池に架かる太鼓橋脇に建つ志賀社(重要文化財)は天満宮の末社で、長禄2(1458)年に再建されたもの。神殿は入母屋造り、祭神は海神(綿津見三柱神/わたつみ・みはしらのかみ):

志賀社(重要文化財)

心字池を渡った先に鳥居があり、その奥には楼門がある。本殿に向いている側と太鼓橋に向いている側でそれぞれ形態が異なる珍しい門で、現在建つ門は焼失後に大正3(1914)年に再建されたもの:

鳥居と楼門

楼門(太鼓橋側)

こちらが本殿側の楼門:

楼門(本殿側)

この楼門をくぐった先に鎮座しているのが御本殿。五間社流造で屋根は檜皮葺で、この本殿が菅原道真公の墓所にあたる:

筑前宰相・小早川隆景公が再建した御本殿

太宰府天満宮は、太宰府に左遷され延喜3(903)年にこの地で亡くなった菅原道真公を祀っている。幼い頃から文才に秀(ひい)でた道真公は政界での異例の昇進をにより、当時の有力者・藤原氏から疎んじられ失脚し都を追われた:

筑前宰相・小早川隆景公が再建した御本殿

御本殿は幾度の戦火で焼失したが、現在の本殿は天正19(1591)年に、関白秀吉の九州征伐後の論功行賞で筑前国を賜った筑前宰相こと小早川隆景公の尽力により造営されたもので、現在は国の重要文化財になっている。このあとに攻める予定の、かってあった岩屋城での戦いでは戦闘が始まる前に寄せ手(島津軍)と守り手(大友軍)との間で太宰府天満宮などの史跡に戦火が及ばないようにする取り決めが交わされていたとか:

御本殿

御本殿

しっかりと出張安全と城攻めと天気快復を祈願してきた。すると、雲はまだあったが雨は完全にあがったようなので城攻めを再開することに。御守をおみやげに購入して社務所側に出ると、これまた見事な大楠(おおくす)が立っていた。樹齢は1000年とも1500年とも。国指定の天然記念物らしい:

大樟

高さ39m、根廻20m、目通12mの巨木:

天然記念物の大樟

雨は上がったが、当初の予定よりも遅れていったため岩屋城址までは駅前からタクシーで移動した(10分/当時1200円くらい)。帰りは40分かけて太宰府駅までおりてきたけど :D

そして、次の城がある柳川市へ移動した。こちらは太宰府駅から西鉄二日市駅まで乗った観光列車「旅人」[b]太宰府の地で多くの歌を残したとされる歌人・大伴旅人から付けた名前らしい。

太宰府線の特別列車「旅人」

もともとは特急車両であった8000系を太宰府観光用に改造した特別車両になっていた:

太宰府線の特別列車「旅人」

西鉄二日市から西鉄天神大牟田線で西鉄柳川まで移動した。こちらは3000系:

西鉄3000系

そして西鉄柳川駅で見た7050系:

西鉄7050系

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also太宰府天満宮 (フォト集)

太宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号


こちらはオマケ。

太宰府駅で購入したサントリー天然水のラベルを見たら「阿蘇」だった。この時に初めてサントリー天然水に採水地なるものがあるのを知った。それから広島へ戻って購入したのは「大山」だった。出張から戻って、改めてサントリー天然水を買ってラベルを確認すると、当然ながら「南アルプス」[c]そう言えば、以前、長野県松本へ行った時は南アルプスのボトルに北アルプスの水を入れたっけ :Dである。
何はともあれ、今回の出張でサントリー天然水シリーズを一気に制覇してしまった;)

阿蘇の天然水

奥大山の天然水

南アルプスの天然水

参照   [ + ]

a. 心の文字をかたどることから「心字池」と呼ばれているのだとか。
b. 太宰府の地で多くの歌を残したとされる歌人・大伴旅人から付けた名前らしい。
c. そう言えば、以前、長野県松本へ行った時は南アルプスのボトルに北アルプスの水を入れたっけ :D