カテゴリー別アーカイブ: Hardware

Mikeforce server downed again.

今月初めは平成30(2018)年9月1日に発生したサーバ障害は、その週明けにはなんとか復旧できたのだけれど、残念ながら未だ「致命的な問題」が残っていたようで再びダウンしてしまった。正確にはHDD故障で重要なパーティションをマウントできなくなり、ウェブサービスは勿論、システムサービスの類が軒並み停止してしまったという次第 :$

最初の障害でサーバが強制Shutdownした際、HDD内のLVMである /var パーティションで何か処理していたのだろうか。リモートからサーバにログインできないことに気づいた時はなんとなく嫌な予感がしたが :|
で帰宅して調べてみると、案の定、朝まで動いていたサーバは最後にアクセスしてから数時間後に突然、次のようなHDD読み取りエラーが発生していた:

[711805.660457] sd 25:0:0:0: [sdh] FAILED Result: hostbyte=DID_ERROR driverbyte=DRIVER_SENSE
[711805.660465] sd 25:0:0:0: [sdh] Sense Key : Hardware Error [current]
[711805.660468] sd 25:0:0:0: [sdh] Add. Sense: No additional sense information
[711805.660471] sd 25:0:0:0: [sdh] CDB: 
[711805.660473] Read(10): 28 00 0f a9 6b 10 00 00 10 00
[711805.660484] blk_update_request: I/O error, dev sdh, sector 262761232
[711822.460908] sd 25:0:0:0: [sdh] FAILED Result: hostbyte=DID_ERROR driverbyte=DRIVER_SENSE
[711822.460916] sd 25:0:0:0: [sdh] Sense Key : Hardware Error [current]
[711822.460919] sd 25:0:0:0: [sdh] Add. Sense: No additional sense information
[711822.460922] sd 25:0:0:0: [sdh] CDB: 
[711822.460924] Read(10): 28 00 0f a9 6b 10 00 00 10 00
[711822.460936] blk_update_request: I/O error, dev sdh, sector 262761232
[711822.460982] XFS (dm-0): metadata I/O error: block 0xfa1bb10 ("xlog_recover_do..(read#2)") error 5 numblks 16
[711822.478620] XFS (dm-0): log mount/recovery failed: error -5
[711822.478680] XFS (dm-0): log mount failed
[711827.723684] XFS (dm-0): Mounting V4 Filesystem
[711827.866409] XFS (dm-0): Starting recovery (logdev: internal)
[711830.994951] sd 25:0:0:0: [sdh] FAILED Result: hostbyte=DID_ERROR driverbyte=DRIVER_SENSE
[711830.994959] sd 25:0:0:0: [sdh] Sense Key : Hardware Error [current]
[711830.994962] sd 25:0:0:0: [sdh] Add. Sense: No additional sense information
[711830.994965] sd 25:0:0:0: [sdh] CDB: 
[711830.994967] Read(10): 28 00 0f a9 6b 10 00 00 10 00
[711830.994979] blk_update_request: I/O error, dev sdh, sector 262761232
[711847.817378] sd 25:0:0:0: [sdh] FAILED Result: hostbyte=DID_ERROR driverbyte=DRIVER_SENSE
[711847.817386] sd 25:0:0:0: [sdh] Sense Key : Hardware Error [current]
[711847.817390] sd 25:0:0:0: [sdh] Add. Sense: No additional sense information
[711847.817393] sd 25:0:0:0: [sdh] CDB: 
[711847.817395] Read(10): 28 00 0f a9 6b 10 00 00 10 00
[711847.817406] blk_update_request: I/O error, dev sdh, sector 262761232
[711847.817480] XFS (dm-0): metadata I/O error: block 0xfa1bb10 ("xlog_recover_do..(read#2)") error 5 numblks 16
[711847.839055] XFS (dm-0): log mount/recovery failed: error -5
[711847.839111] XFS (dm-0): log mount 

このI/OエラーによってLVMの /var パーティションが読み込めなくなった。このパーティションが読み込めなくなるのはシステムとして致命的である :$。例えばゲートウェイ+ルータ機能、ブログなどのDBシステム、SSHなどランタイムサービスの他、apt パッケージシステムが動かない等、かなり厳しい状況だった。
特にHDD内にあるブログやウェブのデータが逝ってしまったことで、最初は心が折れそうになってしまった ;(

1日ほど塞ぎこんでしまったが、ゲートウェイ機能を復旧させないと、いつまでたってもインターネットに接続できないので、ひとまずHDDを新調してシステムの全復旧を行うことにした。それに、かなり古いけどブログのDBのバックアップが残っていた ;) ので、時間はかかるけどブログの方は再び書いていけば、いつか元に戻るであろうと前向きに考えることにした :D

ということで、まずは新規のSSD(120GB)とHDD(3TB)を注文、到着するまでの間は既存のHDDからデータの吸い上げ。この時、I/OエラーがでていたHDDについては重要なデータがストアされており、色々試すことで結局は負荷をかけてハードウェアの寿命が縮んでしまいそうなので、GNU Ddrescue なるツールでddイメージを安全かつ堅実に抜き出すことにした。これは本当に素晴らしいツール

  • 不良セクタをスキップして、良好データをまず先に復旧する
  • これによりHDDに不必要な負荷をかけることがないため、最終的に復旧できるデータ量が大きい
  • 不良セクタはログに記録できる
  • 別ツールであるddrescureviewを使うとGTK+ベースの GUI 上にセクタのマップを表示することができる

I/OエラーがでたパーティションはLVMボリュームで容量は 500GB であったが、Ddrescue は特に問題なかった。このサイズのrawイメージを保存できる空きHDDを用意して、玄人志向のHDDスタンド経由でDdrescureを実行した:

$ sudo ddrescue -n -v /dev/mikeforce-vg/vgroup-var_lv ./back-vgroup-var_lv.img back-vgroup-var_lv.log 
GNU ddrescue 1.19
About to copy 536870 MBytes from /dev/mikeforce-vg/vgroup-var_lv to ./back-vgroup-var_lv.img.
 Starting positions: infile = 0 B, outfile = 0 B
 Copy block size: 128 sectors Initial skip size: 128 sectors
Sector size: 512 Bytes

Press Ctrl-C to interrupt
rescued: 536870 MB, errsize: 12288 B, current rate: 1686 B/s
 ipos: 268691 MB, errors: 3, average rate: 16525 kB/s
 opos: 268691 MB, run time: 9.02 h, successful read: 0 s ago
Finished 

500GBのrawイメージを9時間ほどかけて取得、不良セクタは12KBと予想外に少なかった ;)。この後、XFSのfschkであるxfs_repairでファイルシステムを補修してからloopbackでマウントしてみたら、見事にパーティションを読み込むことができた:

$ sudo xfs_repair -L -f /opt/back-vgroup-var_lv.img
Phase 1 - find and verify superblock...
Cannot get host filesystem geometry.
Repair may fail if there is a sector size mismatch between
the image and the host filesystem.
Phase 2 - using internal log
 - zero log...
ALERT: The filesystem has valuable metadata changes in a log which is being
destroyed because the -L option was used.
 - scan filesystem freespace and inode maps...
out-of-order bno btree record 46 (98638 1) block 1/4
block (1,98638-98638) multiply claimed by bno space tree, state - 1
out-of-order bno btree record 47 (225432 1) block 1/4
block (1,225432-225432) multiply claimed by bno space tree, state - 1
out-of-order bno btree record 48 (292435 2) block 1/4
block (1,292435-292435) multiply claimed by bno space tree, state - 1
out-of-order bno btree record 174 (324055 3) block 1/4
block (1,324055-324055) multiply claimed by bno space tree, state - 1
out-of-order bno btree record 175 (324059 2) block 1/4
block (1,324059-324059) multiply claimed by bno space tree, state - 1
out-of-order bno btree record 176 (324096 5) block 1/4
block (1,324096-324096) multiply claimed by bno space tree, state - 1
agf_freeblks 27730912, counted 27730884 in ag 1
agf_freeblks 28437926, counted 28437911 in ag 3
block (2,5220537-5220537) multiply claimed by cnt space tree, state - 2
agf_freeblks 26476336, counted 26476369 in ag 2
agi_freecount 51, counted 52 in ag 3
agi_freecount 64, counted 65 in ag 2
agi_freecount 139, counted 142 in ag 0
sb_ifree 368, counted 335
sb_fdblocks 106740156, counted 106773627
 - found root inode chunk
Phase 3 - for each AG...
 - scan and clear agi unlinked lists...
 - process known inodes and perform inode discovery...
 - agno = 0
data fork in ino 137948 claims free block 4822
data fork in ino 137948 claims free block 4823
correcting nblocks for inode 10686304, was 1 - counted 0
 - agno = 1
Metadata corruption detected at block 0xfa1bb10/0x2000
(...)
Metadata corruption detected at block 0xfa1bb10/0x2000
Metadata corruption detected at block 0xfa1bb10/0x2000
data fork in ino 536882165 claims free block 33555077
Metadata corruption detected at block 0xfa03108/0x1000
corrupt block 0 in directory inode 536896076
 will junk block
no . entry for directory 536896076
no .. entry for directory 536896076
problem with directory contents in inode 536896076
cleared inode 536896076
bad magic number 0x0 on inode 537097760
bad version number 0x0 on inode 537097760
(...)
Phase 4 - check for duplicate blocks...
 - setting up duplicate extent list...
 - check for inodes claiming duplicate blocks...
 - agno = 0
 - agno = 1
 - agno = 2
 - agno = 3
(...)
Phase 5 - rebuild AG headers and trees...
 - reset superblock...
Phase 6 - check inode connectivity...
 - resetting contents of realtime bitmap and summary inodes
 - traversing filesystem ...
(...)
Phase 7 - verify and correct link counts...
resetting inode 61515 nlinks from 20 to 19
resetting inode 512221 nlinks from 16 to 15
Metadata corruption detected at block 0x8058/0x1000
libxfs_writebufr: write verifer failed on bno 0x8058/0x1000
Metadata corruption detected at block 0x3fe90/0x1000
libxfs_writebufr: write verifer failed on bno 0x3fe90/0x1000
Metadata corruption detected at block 0x3fe90/0x1000
libxfs_writebufr: write verifer failed on bno 0x3fe90/0x1000
Metadata corruption detected at block 0x8058/0x1000
libxfs_writebufr: write verifer failed on bno 0x8058/0x1000
done
$ sudo mount -o loop /opt/back-vgroup-var_lv.img ./mnt
$ 

こちらがddrescueviewで表示させたもの。赤色が不良セクタ:

ddrescueviewの結果

不良セクタのサイズが少なかったことが不幸中の幸いだった。これらのセクタはMySQLのデータであったけどブログには影響が無くて安心した 0:)

思えば、今夏の酷暑がHDDに与えていた影響は少なくない[a]加えて、筐体も普通のPCのタワー型だし。として、HDD間の配置を変更し、RootfsはSSDにして発熱を抑えることにした。そして、今さらながらHDDの寿命と故障率について身にしみたのでバックアップを励行することにした。

ということで、全復旧までお金と一週間ほどの時間を要したけど、素晴らしいツールと教訓を得ることができて良しとする。

この後は、自動バックアップシステムを構築し、S.M.A.R.Tで温度を監視しつつサーバを運用することにする。

参照   [ + ]

a. 加えて、筐体も普通のPCのタワー型だし。

Mikeforce server downed.

この記事をアップできている現在は復旧済みで、ことの顛末は次のような次第:

先週は平成30(2018)年9月1日[a]週末の土曜日で仏滅だった。朝、歯医者に行くために少し早めに起きて天気予報を確認しようと Web を開いたら「インターネットに接続できません」なるメッセージが表示された。日頃、常時接続な環境なので、モデムかハブか何かが落ちたかと思って見てみたが特に問題はない。あれ!?っとPCを見てみるとケースにある青色の電源ランプが点いていなかった :|。う〜m。
たしか昨晩寝る前、部屋の照明を消した時に扇風機の電源ランプ[b]これも青い色。暗い部屋では赤色と共に最も視認しやすく目につく色である。が消えていることを確認したが、同時にその背後にPCの電源ランプが見えていたのを記憶していたので、その時までは確かに動いていた。

で、ケースの電源ボタンを押してみたが全く動かない。何もしていないのに電源が落ち、さらに電源が入らないということで、まず最初に昨年春に取り替えた電源ユニットのCoolerMaster V650 Semi-Modular[c]昨年、突然 PC の電源モジュールからカラカラ音が鳴り出したので、調べたらファンの羽が折れ曲がっていた。最初は叩いたら収まっていたが、段々と音も大きくなってきたので電源ユニット本体を取り替えたと云う次第。を疑った。

ケースを開けて、歯医者に出かけるギリギリまで調べてみたが、ハードウェアが故障したような「臭い」は無く、特に電源ユニット回りに至っては焦げた跡など異常は見当たらず。加えて電源ユニットを ON するとマザーボードのP9X79上にあるStandby Power LEDが点灯するので電源ユニットからマザーボードへは通電しているっぽい。しかしケースの電源ボタンを押してもマザーボード上のChassis LEDやCPUファンは動かないし、何より電源ユニットが動いていない :$

今まで見たことの無い症状。
その昔、Windows系OSが載ったPCが立ち上がらなかった時があったが、その時はCMOSの電池切れだったり、DIMMがキチンと差さっておらず少し浮いていたのが原因だった。一応、今回は起動中に落ちているぽいので関係は無いとは思うが、念の為、予備の電池のCR2032に交換したり、メモリを挿し直したが特に変化なし:

グラフィックスボードを外したところ

これにあまり時間を割いていられないし、外(インターネット)に気安く出られないのも不便[d]このサーバはWifiなどの自宅内ネットワークのGWでもある。だし、なにより電源ユニットが問題ということであれば5年保証を要求するところだけど、そこまで原因が確定できていない。メーカーとやりとりしていたら復旧が来週一杯までかかってしまいそう。なので、ここは翌日までに入手できそうな電源ユニットをスマフォから Amazon で注文。いろいろ迷ったが昨年購入したユニットの廉価版っぽいCoolerMaster MW Semi-Modular 650Wにした。値段は半額ほど。まぁ買い捨て覚悟。

そして翌朝の日曜日、ありがたいことに午前中の早い時間に受け取ることができたので、早速マザーボードと電源ユニットを接続してみたが、一回目はケースや CPU ファンが少しだけ動いたものの、結果は同じで電源は立ち上がらない :|。 う〜m。いやはや困った。もしかしてマザーボードか!?なんて、思わず最悪な状況を想像してしまった :(

ここでPCI Expressに装着していたグラフィックスボードの陰に隠れていたLEDを確認しようと、一旦取り外して電源を入れてみると、ピポッと音がなるやいなやCPUファンが回りだして、POSTまで動き出した :O
なんと原因はグラフィックスボードだった:

これが問題の NVIDIA GeForce GTX 660Ti (2GB)

この二枚差しDuallボード、てっきりボード上部に付いていたPCI Expressコネクタに電源ケーブルを指していなければ電源は供給されないものと思っていたが、どうやら間違い。マザーボードからも電源は供給されているようだ(二枚差しだから)。以前はデスクトップとして使っていたPCを今はサーバとして使っている。なので2枚差しのグラフィックスパワーを使う機会は全く無い :D

ということで、今の時間から Amazon を利用しても無駄なので、単にVGAとして利用できる安価なグラフィックスボードを電車に乗ってヨドバシで購入して挿してみたら、あっけなく起動した:

NVIDIA GEFORCE GT710 (2GB)

購入したのはNVIDIA GEFORCE GT710(5,510円/当時)。サーバならば、この程度で十分すぎるスペック。原則的にリモート操作で、どうせ起動時のログを確認する程度にしか使わないし。

ということで、あとでsyslogのログを確認してみたら、PCが落ちたのは9月1日 05:39:16だった。早朝のクロン・ルーチン中に落ちたっぽいがKernelログには異常は無いのでハードウェア故障だ。復旧までに24時間くらいかかってしまった。初動調査で電源が怪しいと見てしまったのが原因だけど、まさかグラフィックスボードが原因で起動しないなって。だって、なくても起動するし :/

ということで不要な電源が一つできてしまった。欲しい方がいれば譲ります =)

参照   [ + ]

a. 週末の土曜日で仏滅だった。
b. これも青い色。暗い部屋では赤色と共に最も視認しやすく目につく色である。
c. 昨年、突然 PC の電源モジュールからカラカラ音が鳴り出したので、調べたらファンの羽が折れ曲がっていた。最初は叩いたら収まっていたが、段々と音も大きくなってきたので電源ユニット本体を取り替えたと云う次第。
d. このサーバはWifiなどの自宅内ネットワークのGWでもある。

Upgrade to Xenial Xerus.

サイトのHTTPS化が完了した勢いで、この間アップグレードしたばかりだけれど、16.04.01 LTSにアップグレードした。一番の強敵はPHP5からPHP7.0にアップグレードされることなので、HTTP回り(Apache2.4/PHP/MySQL)の設定は丸々バックアップを取るも、MySQLのDBは特にバックアップせず。WordPressのDBは先のHTTPS化で既に作成済。まずは既存のシステムを最新にしてから、お決まりのコマンドでアップグレードを開始した;

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo systemctl reboot
(...)
$ sudo do-release-upgrade

途中、設定ファイルの適用可否を聞かれることがあったがアップグレード自体は20分位で終了した:)。と言っても正常終了ではなく、こんな感じでMySQLサーバの起動に失敗していたけど:$

Errors were encountered while processing:
mysql-server-5.7
mysql-server
Error in function:
(...)
Could not install the upgrades

The upgrade has aborted. Your system could be in an unstable state. 
A recovery will run now (dpkg --configure -a).

Setting up mysql-server-5.7 (5.7.13-0ubuntu0.16.04.2) ...
invoke-rc.d: Unit mysql.service is masked
Renaming removed key_buffer and myisam-recover optoins (if present)
ERROR: Unable to start MySQL server:
2016-09-04T01:20:22.230428Z 0 [ERROR] unknown variable 'myisam-recover=BACKUP'
2016-09-04T01:20:22.234640Z 0 [ERROR] Aborting
(....)

こちらはMySQL-5.7になってオプション名が変更になり、mysqld.cnfを修正する必要があったことが原因。アップグレード中の設定ファイル適用可否の質問には全て(N)で答えていたのが影響したようで、MySQLは下位バージョンとは互換性がないようだ(という情報をリリースノートに期待しているんだけど・・・)。ということで、設定ファイルを修正したらあっさり起動した。ここで再びaptコマンドからupgradeを実行して、やっと16.04.01 LTSの環境になった:)

で、ここからが重要で、ウェブサービスを一つ一つ確認してくと、いろいろ問題がでてきたが代表的なものはこんな感じ。全てPHP7.0になったことが原因:

  1. MediaWikiが例外発生で起動しない
    [b6d53246] 2016-09-04 02:45:20: Fatal exception of type MWException
  2. 城攻め訪問記フォト集として使っていたO.r.i.g.i.n.a.l.が何も表示されなくなった

正直、PHPなんて「守備範囲外」なのでよくわからない。そのため最初はPHP5.6にダウングレードしようかと思ったけど、結局はいつか解決しないといけないので今やることにした。

1.の問題はデバッグログを出力するようにして実行時のバックトレースを見ると、どうやらキャッシュタイプが問題のようだった。PHP7.0になってphp-xcacheが提供されないことが原因。ということで、ここはキャッシュを無効することで解決した。

2.の問題は、error.logとPHP7.0への移植の際の注意点を見ながらDEPRECATEDなコードを一つ一つ修正した。まぁ、もともとが相当古いコードということもあって、PHP5時代からいろいろNOTICES(Warnings)が出ていたのだけれど。そういうこともあり、併せて他にも危なそうなコードを修正しておいた。

ということで半日がかりの作業になってしまったけれど、LTS+HTTPS環境の構築が完了で、やっと肩の荷が下りたといったところ:D:

 $ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description: Ubuntu 16.04.1 LTS
Release: 16.04
Codename: xenial

Upgrade to Wily Werewolf.

と言ってもサーバの方だけど。念の為、練習がてら WP と Bugzilla のバックアップを取ってから。特に大きな問題にはならず完了。Kernel 4.2、glibc 2.21 + CVE-2015-7547対策

とはいえ、 まだ LTS ではないので多少不安だけれども。次の Xenial Xerus へもアップグレードしないと。

デスクトップは・・・・どうしょうかな。まだ G3.16なんだけど、 Xenial Xerus にするなら G3.20 まで待つか。;)

Replacing of Mikeforce server has almost done.

先々月に始めた自作サーバの置き換え、先週末くらいでほぼ完了。
残っているもので大きなものはと言うとブログの移行くらい。「ついに」と言うか、「やっと」というか、ブログをMovableTypeからWordPressへ移行してみた。実はサーバ構築当初はインストールや設定に加えて、ブログ記事の移行が失敗するといろいろと嵌りそうな気がしたので、今回もMovableTypeをメインのブログにし、WordPressはテスト的にインストールしてみようと思っていたのだけれど、WordPressでもマルチサイト機能が利用できることと、MovableTypeの記事をWordPressの記事にインポートするのは想像するほど難しくないこと、そしてやはり圧倒的にテーマが充実していることが、長い目で見て「いつか移行するなら今やるか」的な感じでトライしてみた。まぁ、実際にやってみると「いろいろと嵌って」苦労し、MovableTypeに戻そうかとか考えた時はあったけれど :X。 

原則的に新サーバで提供するサービスも旧サーバと大きな変更はなし。インターネットへの公開サービスとしては:

  • 自宅LANとインターネットの間のルーター
  • SSH
  • Apache2 ウェブサーバ
  • MediaWikiサービス
  • Tracプロジェクトサーバ
  • Bugzillaサービス
  • WordPressサイト
  • gitwebサーバ

それ以外に自宅LANのサービスとして:

  • DHCPサーバ
  • IMAP/POP3/Postfixメールサービス
  • DNS
  • RKHunter
  • Webalizer

あっ、FTP忘れていた:o(まぁいいか。今は特に必要ではないし)。

OSはいつもの最新版。インストーラはdebian相当なんだけど、パーティション分割とLVM構築で何回かやり直しした。「手動」から「ディスク全体を使いLVMをセットアップする」を行うも、インストーラは物理ボリューム(PV)とボリュームグループ(VG)しか作成してくれないので、結局インストール後に論理ボリューム(LV)を自分で作成して手動でマウントさせるはめに。逆に、ここまでやっておいてから改めてインストーラを実行すればパーテーション分割の画面での操作が「選択するだけ」になるので楽になる。LVMについてはここの情報が参考になった。ファイルシステムは、一応ここを参考にしてxfsにしてみた。あとは、全体的に意味がわからん日本語翻訳で苦労した :(

OSインストール後は、古いけど前のバージョンのドキュメントこんな情報を参考に、各種サービスのインストール、旧サーバからのデータ移行、そして設定を繰り返した。ポイントとしては、debian系のインストールパスや設定ファイルのパス、設定項目がインターネットで検索した大体の情報と異なっているのでトライ&エラーは避けられないこと。加えてインターネットの情報はバージョンが古いものも多く、「わかりきった風の記事」は特に真偽が疑わしい内容なので注意が必要だった。しかし「こいつゼッテェーわかってないよなぁ」的な記事が多かった  :|。結局、こういうのも時間がかかる要因なんだよな。

ルータ兼Firewallとしてはデフォルトのufwは使わずに直接iptablesを使った。今回は攻撃モノ(IP Spoofing、Ping Of Death、SYN floodなんか)の対策も入れおき、さらに国別のIPv4アドレスで悪そうな国からのパケットは問答無用で弾くようにした。ufwではなくスクリプト化してルールを生成、保存、ロードするようにした。

ブログやWikiなんかで利用するMySQLサーバには、旧サーバでエキスポートしたsqlをそれぞれインポートしただけ。注意するのは言語設定としてuft8を指定すること。特にWordPressはマルチサイトにすると文字化けすることがあるので。

Gitで管理していたリソースも旧サーバからそのまま移動した。そして旧サーバでは最後までSubversionで管理していたPOファイルのリポジトリも順次Gitに移行していく予定で、これが完成すればオリジナルDebianパッケージのレシピとか、個人プロジェクトのソースなどを含め完全Git化できることになる。これは前から気になっていたので肩の荷が降りた感じ。だって多種多様なプロジェクト管理のコマンドの使い方を覚えておくのは大変でしょ。

ウェブサーバはApache2。こちらはブログをWordPressに移行することと、トップページとその他の静的ページの配置なんかを考えたり、自己署名による証明書でHTTPSを公開してみた。まぁログイン画面やユーザ登録時に暗号化されているだけマシか程度だけど。WordPressはUbuntu PPAパッケージから最新版をインストールしている。debianのWordPressの$WP_CONTENT_DIRは独特なので、インターネットで検索したインストール方法や設定方法といった情報はほとんど役に立たなかった。MovableTypeはデフォルトでブログの他にサイトも構築できるけど、WordPressはインストール後にいろいろ設定が必要で、この$WP_CONTENT_DIRの扱いに結構戸惑った :|。旧サーバではブログをテーマや話題ごとに複数公開していたので、WordPressでもマルチサイトの機能を利用して、同様に複数のブログを公開するようにしている(一部は予定)。そしてブログ毎に旧サーバのMovableType5でエキスポートした記事をWordPressのプラグインを使ってインポートしている。ここで、てっきり記事の文字データ以外にも写真なんかの画像データも一緒にインポートしてくれるものかと思ったら、そうではなかった :(。インターネットで検索した情報にはそんなことを明確に説明しているものがなかったので出来るものと思っていたので結構衝撃だった。ホント、いい加減な情報を公開しているサイトが多い。文体が偉そうなのでさらにムカつく。まぁ、ここでMovableTypeに戻ってしまおうかと悩んだものの、何回かやり直しをして移行できた。リンク先も検索・置換のプラグインを使えば楽だけれど、細かいところは手動で修正してやる必要はある。あと、マルチサイト+サブディレクトリによるサイト構築ではWordPressをApacheのドキュメントルートにマップできないとかで、仕方なくサイトのトップページはWordPressで作成したいわゆる「固定ページ」にしている。なのでRSSフィードなんかを動的に渡す方法がわからないので、当分は手動でフィードを更新することにする。有料もあるとはいえ、それでもテーマの数には驚いた。MovableType6なんて使えそうなのは数個くらいしかないぞ 0:)

MediaWikiTracBugzillaといたサービス系は、一応その当時現在で最新版にしている。データの移行はそれぞれ親切な移行ガイドがあるのでそれらを参考に行えば問題なし。

旧サーバのfaviconはGNOMEのロゴだったけど、最近ハマッている城や歴史モノにあやかって、自分の本家の家紋にしてみた。

他には、このバージョンのOSからsystemdによるサービス制御が導入されたので、systemctljournalctlコマンドの使い方、それからrkhunterは必須かな。

ということで、まだまだ完全ではないけれど、ひとまずは Welcome back to Mikeforce::Homepage!!

See Also Mikeforce::Homepage