投稿者「ミケフォ」のアーカイブ

あつた蓬莱軒 神宮店 − My Second Time to the Local Delicasy Here.

先週は、令和元(2019)年の暑いお盆休みは三泊四日の日程で、愛知県にある城攻めの他、前々から気になっていた『桶狭間古戦場』を歩いて巡ってきた。何もわざわざ「暑い所」へ行くこともないのに :$ と思ってしまいそうだけど、今年は北海道を含めて日本全国どこも異常な暑さ[a]云わずとしれたオゾン層破壊による地球温暖化である。間違いなく 😯 であり、結局はどこへ行っても変わりはないと云う訳であったが、やっぱり名古屋周辺は暑かった :O

初日は、主に信長が率いる織田勢の砦跡の他に松平元康が兵糧を運び入れた大高城跡、今川勢にあって猛将の誉高い岡部元信が守備していた鳴海城跡[b]と云ってもほぼ完全に児童公園に変わっていたが。を徒歩で巡ってきたのだけど、平均気温は36℃(当時)で肌に突き刺ささんばかりの強い日差しのおかげで、かなり難儀した ;(。今思えば城跡(公園とか)で自分以外の人に出会ったのは皆無だったっけ。

この日は前夜から旅行の準備やらで寝不足のまま朝9時過ぎには名古屋駅に到着し、それから金山を経由して最初の目的地である大高へ。ここから大高城跡、丸根砦跡、鷲津砦跡、そしてお昼を摂って中嶋砦跡、鳴海城跡、丹下砦跡、善照寺砦跡など6時間くらい[c]暑さのための小休止も含む。小刻みに。あと大型スーパーとかコインランドリーなんかはクーラーがかかっていて快適なので、見かけたらなるべく入るようにした。かけて巡り、最後は名鉄で鳴海から神宮前へ移動して熱田神宮へ。ここには桶狭間で勝利を得た信長が御礼言上のために奉納したと云う「信長塀」なるものがある。これで初日の日程は終了。

このあと宿泊先の三河安城へ移動する前に、その昔に神宮近くの鰻屋さんで食べた名物「ひつまぶし」を再び食べてみたくなった[d]「ひつまぶし」は「あつた蓬莱軒」の登録商標なのだとか。

IMG_7150.resized

あつた蓬莱軒・神宮店 〜 待ち時間は1時間

夕餉の刻前とはいえ行列必至であると覚悟して店前まで行ってみると、実際には行列はなく、玄関に「お席の待ち時間は1時間」とあった。ここまできて小一時間待つのはどうかと思ったが、行列ではなかったのでとりあえず店内へ。諦めて予約をとろうとしたら、運良くカウンター席でよければ一人分が空いているとのことで、早速とおしてもらった 0:)

1Fの調理場が目の前にあるカウンター席にに通してもらい、ビール中瓶と肝焼、そしてひつまぶしを注文した。混んでいるから時間差ででてくるだろうと先にビールに手を付ける:

IMG_7137.resized

うなぎにはYEBISUビール(750円)

なにせ半日とはいえ37℃の炎天下を歩きまわって火照った体をクールダウンさせる必要があったけど酔いすぎると美味しい鰻を味わえなくなりそうなので中瓶でちびちびいくことにした :)。それでも半分くらい飲んだところで薬味と香の物が目の前に並べられた:

IMG_7139.resized

「ひつまぶし」用の薬味と香の物

IMG_7138.resized

薬味(ネギ+わさび+海苔)

ビールを飲み干す前に肝焼き来ないかとまっていたら、ひつまぶしと一緒に登場 :O。ちなみに、左奥の土瓶の中はお茶漬け用の出汁:

IMG_7140.resized

ひつまぶし(3,900円)+肝焼(950円)

肝焼のためにビールを残しておいたが、メインが登場してしまったので冷めないうち食べたいから、そそくさと肝焼をいただいた:

IMG_7141.resized

肝焼

甘辛いタレは「140年継ぎ足しの秘伝タレ」らしい。ビールの苦味と相まって口の中一杯に旨みが広がった。もう少しゆっくりと味わいたいところだが、メインがお待ちのようなので美味しい間に食べ終えた。

そして、ついにお櫃の蓋をあける

IMG_7142.resized

お店自慢の名物「ひつまぶし」

蓋をあけると漂う甘辛タレと鰻の脂が融合(?)した匂いが漂い、目の前には食べやすく刻まれた鰻がびっしりと載っていた。

ビールを飲みながら眺めた「ひつまぶしのお召し上がり方」に従い、まずお櫃の中に埋もれた鰻とご飯を上から十字形に四等分する。そして一膳目は薬味は入れずに、脂ののった鰻本来の味を味わえた:

IMG_7143.resized

一膳目は鰻丼

IMG_7144.resized

吸い物

肝焼もそうだったけどタレがうまい :)。ご飯によくあうし。二膳目は三種の薬味を加えて食べる:

IMG_7146.resized

鰻丼(薬味あり)

わさびによって秘伝のタレがいっそう引き立つ感じ。自分はこれが一番美味しいと思った。

三膳目はお茶漬け。ちょっと時間がたっちゃて出汁が温るなっていたのが気になったが、猫舌の自分としてはさらさらいけたので悪くはない:

IMG_7147.resized

三膳目はお茶漬け

最後の四膳目は悩んだ挙句に、お茶漬けで頂いた。薬味が残りすぎていたので全部入れたら見た感じ分からない食べ物になっていたけど :D。さらに、さっきまで鰻で一杯だったお櫃が空っぽに。当たり前だけど:

IMG_7149.resized

最後もお茶漬け

IMG_7148.resized

完食

この翌日も炎天下の中、桶狭間古戦場巡りをする予定であったこともあり十分にエネルギーを補給することができた :)。ちなみに、このお店で豚一家も完食している。

あつた蓬莱軒 神宮店
愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26


ここからはオマケ。

まずは熱田神宮の正門(南門)。このそば近くにあつた蓬莱軒神宮店がある:

IMG_7136

熱田神宮の正門(拡大版)

そして弘法大師のお手植えと伝えられている大楠。樹齢は約1000年だとか:

IMGP7374

大楠(拡大版)

こちらが熱田神宮でのお目当てである信長塀。桶狭間出陣の際に熱田神宮に願文を奏し勝利したので、その御礼として奉納した塀。本宮を囲むように建っていた:

IMGP7348.resized

信長塀

次は大高駅ホームからJR東海の在来線「キハ313形」豊橋行き:

IMG_7127.resized

JR東海のキハ313形

これは、この日一番に攻めた大高城址。今から460年近く前の桶狭間の戦いの時、織田領内で今川勢に寝返り、織田勢に包囲されている中を徳川家康こと松平元康が兵糧を運び入れることに成功したという。現在は公園になっていたが藪の奥には見事な空堀が残っていた:

IMGP7190.resized

大高城跡

そして丸根砦跡の遠景。信長が今川義元の上洛に備えて築いた砦の一つで、大高城の監視の任についていた。佐久間大学盛重が守備していたが松平元康に攻められて落城した。現在、周囲は宅地化されているが砦跡は国指定史蹟として残されていた:

IMGP7250.resized

丸根砦跡

これは鳴海城跡近くに復元されていた「東海道・鳴海宿高札場」。桶狭間合戦とは関係はないが、江戸時代の宿場に建っていた屋根付きの高札場で、さまざまな高札が掲げられていた:

IMGP7288.resized

東海道・鳴海宿高札場(復元)

これも桶狭間の戦時に築かれた織田勢の砦の一つであった丹下砦跡:

IMGP7326.resized

丹下砦跡

現在は光明禅寺が建っているが、山門の風神雷神両像はインパクトが強い彫り物だった:

IMGP7322.resized

雷神像

IMGP7323.resized

風神像

最後は同じく織田勢の砦の一つであった善照寺砦跡。こちらは完全に児童公園となっていたが、結構な高台の上にあった:

IMGP7330.resized

善照寺砦跡

この時のフォト集はこちら:

See Also大高城攻め (フォト集)
See Also桶狭間古戦場(織田勢)巡り (フォト集)

参照   [ + ]

a. 云わずとしれたオゾン層破壊による地球温暖化である。間違いなく 😯
b. と云ってもほぼ完全に児童公園に変わっていたが。
c. 暑さのための小休止も含む。小刻みに。あと大型スーパーとかコインランドリーなんかはクーラーがかかっていて快適なので、見かけたらなるべく入るようにした。
d. 「ひつまぶし」は「あつた蓬莱軒」の登録商標なのだとか。

Finally, I got it.

今から二年前の平成29(2017)年末に、自身初めて Kickstarter プロジェクトで pledge した品物が二つあり、そのうち既に入手しお気に入りになった「カメラバッグ」は3ヶ月ほどで手元に届いたのだけれど、もう一つの「簡易椅子」の方は遅れに遅れて二年目に突入し :$、当初に思い描いていた「利用シーン」[a]もちろん「城攻め」旅行で使うシーン。なんかが忘却の彼方に消えそうになっていた、そんな矢先の令和元(2019)年8月やっと入手することができた。ホント「遂に来たか」って感じ :|

一応はこのプロジェクトは毎月1回は Progress Report を送ってくれていたのだけど、生産ラインに乗るまで何回かスケジュールが押してきた系の Negative な報告が入ってくるようになり、サポーターのコメント欄でもやり玉に上がっていたりして、それに対してプロジェクト側は “KS is not a store” (Kickstarter は物売りする「お店」じゃないよ。)なんて返したりして、開発や仕様変更に伴う遅延が酷かった。まぁ、前作(Sitpack 2.0)では品質が悪すぎて返品が多かったらしいので、プロジェクト側もかなり神経質になっていたのかもしれないけど。

そして一年が過ぎた今年の始めあたりに2タイプあるファウンド品のうち X-I なるタイプ(重い方)の出荷がやっと始まったと云う報せがあって、おおぉっと期待したのもの、自分が pledge した X-II タイプ(軽い方)は材料となるカーボンの生産が遅延するとかの報せがあって一喜一憂していたのが今年は令和元(2019)年5月初め。

もう待ち疲れして、当初あった期待感がすっかり消えてしまっていた先月中頃に

“Your items for Sitpack ZEN the world’s most compact chair + perfect posture have shipped!”

 なるトラッカー付きメールを受け取った :)。それからトラッカーをチェックしながら待つこと半月(!?)、その間に

“いよいよ本日7月26日午前9:00より、MakuakeにてSitpack Zenプロジェクトがスタートしたしました!!!”

なんて Subject が日本語のメールを受け取ったりしもしたが、ついに再配達で先週末に受け取った。ちなみに受け取った時一番の感想が想像以上に「軽るかった」ってこと:

IMG_7109.resized

実際の到着は先月末(7月31日)

IMG_7110.resized

差出国は中国の香港

 

工場は中国の深圳(しんせん)だったと記憶しているけど、差出国は香港だった。こちらが外箱:

IMG_7111.resized

外箱

IMG_7112.resized

外箱のラベル

そして内箱とラベルがこちら:

IMG_7113.resized

底部がすこし凹んでいた内箱

IMG_7114.resized

注意書きのラベル

ちょっと底部が凹んでいたけど内容物には影響なし:

IMG_7115.resized

内箱と内容物

同梱されていたカタログと免責事項をさらっと眺め、まずは同社が Dropbox 経由で公開している使い方の動画をじっくりと観た[b]自分は未だ「禅マスター」ではないけど :-)

まず「第一形態」。ポイントは、タクテイックメッシュ製のシートの両端に付いているフックがそれぞれのウィングにハマるように広げる。最初は動画みたいにはかっこよくいかないけど :O

IMG_7116.resized

アルミニウム製のウィングを広げる

ボディ部にあるリングでシートに付いているケプラー製の紐のテンションを固定してから、カーボンファイバー製のチューブを伸ばす:

IMG_7118.resized

ツイストしながらチューブを伸ばす

IMG_7117.resized

伸ばしたら再びツイストして固定する

そして出来上がりの「第二形態」。これはチューブを一番長く伸ばした状態。但し、自分の身長だとこの高さでは座わることができなかったので3段階ある中の1段階目までチューブを縮めて使用するとフィットした:

IMG_7119.resized

SITPACK ZEN II

これからアウトドアで使用してみないと実際は分からないけど、ちょっと気づいた難点が、収納する際に二つあるウィングを完全に閉じることができず浮いた感じになること。ちょっと持ち方がおかしいと収納サイズでなくなるって感じ。

まぁ、それでも無事に入手できてよかった。ホント軽い。

参照   [ + ]

a. もちろん「城攻め」旅行で使うシーン。
b. 自分は未だ「禅マスター」ではないけど :-)

My first wireless keyboard is the Taptek has a lot of RGB backlits.

国内の Crowdfounding の一つ Makuake で Pledge して入手した Bluetooth 対応+薄型+小型+メカニカルなキーボードが届いて一ヶ月。今まで個人的に無線キーボードを使うのは初めてで、届くまで使用感をすごく期待していたんだけど、出先で使用しているNotePC の Lenovo Thinkpad L570 + Ubuntu 18.04 で Bluetooth 接続はペアリングまでは正常だったのにキートップにプリントされたものとは異なるキャラクタが入力される[a]それも、なぜか数字と Backspace のみ。といった現象が発生したため、仕方なく USB Type-c ケーブルで接続して使用するはめに :$。自宅の PC + Ubuntu 15.04 では全く問題なかったのに〜。

そんなこんなでかなり不便さを感じていた頃、Makuake の活動レポートでファームウェアのアップデート[b]IndioGoGo といった World-Wide な Crowdfounding では早々にファームウェアの公式展開が発表されていたのに国内の Makuake では全く無しと云うお粗末さ 😕 。についてコメントを発見した。早速キーボードを USB 接続し、眠っていた Win10 を叩き起こしてファームウェアをアップデートしてみたのだけど全く変化なし :|[c]正確云うと、いわゆる提供元によるキーボード側の機能は修正されていた。

Ubuntu Linux のバージョンは関係ないと思うのでおそらくはキーボードまたは NotePC 側のファームウェアの問題だと思ったのだけど :/。ということで無念感が漂っていた中、最近小うるさくなっていた NotePC のファームウェアアップデート通知(GUI の fwupdmgr)に対応し、めったに電源 OFF しない NotePC を再起動してみると、なんと見事に Bluetooth 接続でキーボードを正常に利用できるようになった ;)

めでたしめでたし。

参照   [ + ]

a. それも、なぜか数字と Backspace のみ。
b. IndioGoGo といった World-Wide な Crowdfounding では早々にファームウェアの公式展開が発表されていたのに国内の Makuake では全く無しと云うお粗末さ 😕 。
c. 正確云うと、いわゆる提供元によるキーボード側の機能は修正されていた。

帯広ぶた丼 − An OBIHIRO Grilled Pork Rice Bowl at KANAGAWA.

個人的に、史上初の10連休の余韻が今だに残る先週末は令和元(2019)年5月中、自宅から電車で一本と云うローカルな場所にある城攻めへ。
実のところ、連休が終わってからの週末は大河ドラマの再放送(二話連続もの)を観てしまう習慣ができてしまい、日曜日は朝早くから移動するのことが無くなったことに加えて、近場にある城跡はほとんど「攻め落としてしまった」[a]もちろん規模の大小や遺構の有無の違いはあるが。ことも一因ではあるのだけど :|

と云うことで大河ドラマを見終わったあとに自宅を出てJR南武線の稲田堤駅で下車し、そこから歩いて川崎市が管理する多摩自然遊歩道の中にある城跡へ。この城跡周辺は小沢城址里山の会というボランティアの方が整備して下さっていて何の不自由もなく[b]城攻めの最中にボランティアの方に出会い、いろいろお話を頂いた。自分らが城攻めできるのはボランティアの方々のおかげということで 😉 。城攻めすることができた。城攻めを終え京王よみうりランド駅から京王相模原線で今度は京王稲田堤駅で下車し、再びJR南武線に乗り継ぐ。この駅は京王線とJRの乗り換え案内があるけど「乗り換え」って感覚の連絡距離じゃないよねぇ、どう歩いても :/

それから午後に攻める城跡へ向かうために登戸で小田急小田原線に乗り換えて、これまたお隣の向ヶ丘遊園駅で下車。城跡のある生田緑地公園へ行く前に駅ちかにある「帯広ぶた丼」って云うお店で腹ごなししてきた:

IMG_7040.resized

帯広ぶた丼

IMG_7039.resized

全てを喰らえ!

店に入ると、どこぞの牛丼チェイン店みたいに券売機があり、U字型のカウンターがあった。お昼時は過ぎていたからか自分の他に先客は一人だけ。豚バラや豚ロースなどの他に大・並・小とサイズの違いがあって迷ったけど、あっさり系で「ぶた丼(ロース)並」(650円)にした。

カウンターに座って食券を渡すと、店員からタレの味[c]「醤油タレ」、「生姜」、「ニンニク」の三種類。とタレの量を聞かれた。初めてなので「醤油」タレで量は普通で注文した。

10分ほど待って出てきたのがこちら:

IMG_7038.resized

ぶた丼(ロース)並 + 醤油ダレ (650円)

タレの量が普通の割りには飯がびしょびしょだったけど悪い味ではない。お肉も柔らかいし、量も普通だし、山椒で風味を変えたりして食べることができた。本物の帯広ぶた丼の肉の厚さには及ばないものの、この値段ならこんなものかとも :)

あとで調べてみたけど、その昔に食べたのようにチェイン店ではなさそう。

帯広ぶた丼
神奈川県川崎市多摩区登戸2066-103


ここからはオマケ。

こちらは稲田堤駅から三沢川沿いに歩いていくと多摩自然遊歩道の三沢川入口があるが、そこから撮った小沢城址の遠景:

IMGP6542.resized

小沢城址と三沢川

三沢川入口から登る多摩自然遊歩道は尾根道で、両側が急斜面になっていた:

IMGP6568.resized

多摩自然遊歩道

小沢城址の主郭跡が現在の浅間山にあたる:

IMGP6591.resized

浅間山

井戸跡:

IMGP6637.resized

水は枯れていた

物見台跡の西側には大きな堀切跡があった:

IMGP6644.resized

堀切跡

馬場跡に造られた馬場公園からは東京都稲城市、府中市あたりを眺望できた:

IMGP6672

小沢城址からの眺望(拡大版)

こちらは京王よみうりランド駅のホームからの眺め。結構に眺めがよい:

IMG_7037.resized

京王よみうりランド駅ホーム

帯広ぶた丼を食べたあとに向かった先が生田緑地公園内にある城跡。ここが公園の北口:

IMGP6697.resized

生田緑地公園北口

ここには長者穴横穴墓群なる史跡が残っていた。鬱蒼とした杜の中にあるので、ちょっと不気味な感じがした:

IMGP6702

「長者穴横穴墓群の位置」(拡大版)

こちらが、その一つ:

IMGP6703.resized

長者穴横穴墓群

こんな階段をしばらく上って行くことになる。階段は約360段とのこと:

IMGP6704.resized

遊歩道

すると小高い場所に飯室山広場なる削平地に到着する。ここには展望台が建っていた:

20190519-枡形山城攻め-011.resized

飯室山広場の展望台

新宿・渋谷・品川方面の眺望:

IMGP6721

展望台から眺望(拡大版)

IMGP6718.resized

東京スカイツリー

さらに遊歩道を進んでいくと、今度は枡形山広場に到着する。ここにはエレベータ付きの展望台が建っていた:

IMGP6763.resized

枡形山展望台

ちょっと城跡とはかけ離れた雰囲気を醸し出していた:

IMGP6770.resized

枡形山展望台

IMGP6766.resized

枡形山展望台

展望台からの眺望:

IMGP6746

新宿副都心方面(拡大版)

この広い敷地には展望台の他に幼児用の遊具、トイレ、ベンチ、そして自販機などがあり大勢の家族連れや学生らが楽しんでいた。と云うか、ただの普通の公園だった :O

IMGP6740.resized

枡形山広場

「枡形門」と掲げられた冠木門。こういう間違いは早々に正した方がよいと思うが。。。:$

IMGP6793.resized

「枡形門」ではなく「冠木門」

いろいろ歩き回っていた時に枯葉の中に埋もれた猫を見かけた。最初は死んでいるのかと思ったら、寝ていただけだった :D

IMGP6787.resized

寝ていた野良猫

IMGP6789.resized

起きた野良猫

こちらは城攻めを終えて麓のお寺で見かけた猫:

IMGP6810.resized

立ち去る野良猫

こちらは北野天神社。別名は韋駄天神社:

IMGP6817.resized

北野天神社

結構な高さと長い階段:

IMGP6812.resized

北野天神社の参道(上り)

IMGP6818.resized

北野天神社の参道(下り)

最後は北野天神社の境内で目撃した鳩:

IMGP6815.resized

人間が近くに居るのに

IMGP6816.resized

食べるのに夢中な鳩

この時のフォト集はこちら:

See Also小沢城攻め (フォト集)
See Also枡形山城攻め (フォト集)

参照   [ + ]

a. もちろん規模の大小や遺構の有無の違いはあるが。
b. 城攻めの最中にボランティアの方に出会い、いろいろお話を頂いた。自分らが城攻めできるのはボランティアの方々のおかげということで 😉 。
c. 「醤油タレ」、「生姜」、「ニンニク」の三種類。