小田原散策 2021 − Went for the Last Walk of This Year in ODAWARA.

今月は令和3(2021)年の大雪の候少し前の週末に、今年4回目にして最後の小田原市内の散策へ。こうも何度も小田原まで足を運んだ目的は、今から431年前の天正18(1590)年に関白秀吉が西国の大名ら率いて小田原北條氏が籠もる小田原城惣構《おだわらじょう・そうがまえ》を包囲した時の、秀吉方の諸将らの陣場跡を見て回ってくることであった。まぁ、さすがに相模湾封鎖時の諸軍勢[a]脇坂安治、九鬼嘉隆、菅達長、小浜隆景、間宮高則、長曾我部元親、そして加藤嘉明らの船団。の陣場を見てくることはできないので陸の上の軍勢だけ :)。ただし遺構なんてものは期待するほど無かったけど。

ということで2021年、小田原最後の散策は惣構の北西あたりに布陣したとされる宇喜多秀家や羽柴秀次ら[b]他には一柳直盛、山内一豊、堀尾吉晴、中村一氏、織田信包《おだ・のぶかね》、そして細川忠興。の陣場跡を見て回ってきた[c]と云っても、ほとんどが立ち入り出来ない場所だったので遠くから眺めるって感じだけど。

この日のスタートは小田原市荻窪[d]往時の小田原城惣構の荻窪口近く。にある辻村植物公園前。朝9時半くらいに小田和駅西口から伊豆箱根バス・いこいの森行きに乗って辻村植物公園前で下車すると、停留所の前が植物公園:

20211204-小田原城包囲戦-豊臣勢陣地跡-002.resized

辻村植物公園

さすがに早いのか誰も公園内を散策している人は居なかったが :D[e]後で分かったのだけど、実はそうではなく公園の周辺には多くの人が居たのでした。、この公園は梅林が有名らしい。ちょっと時期外れだったけど:

IMGP6280.resized

梅林

こちらは公園の駐車場。左手にみえる丘陵(尾根筋)上が羽柴秀次の本陣跡:

IMGP6234.resized

辻村植物公園の駐車場

この尾根筋を分断して架けられた鉄橋「こもれびの橋」と、別の意味にとってしまいそうな注意書き:

IMGP6288.resized

こもれびの橋

IMGP6289.resized

「夜間のご利用をお控え下さい」

この橋と反対側へ歩いていくと太陽の丘と云う広場がある:

IMGP6299.resized

大小さまざまな石が林立する広場

ちょっと不思議な広場:

IMGP6314

太陽の丘(拡大版)

ユーカリノキやホソイトスギに囲まれた広場:

IMGP6302.resized

これらの石は何を意味するのか?

そして石で出来た巨大な椅子?みたいなオブジェがあったり:

IMGP6300.resized

このオブジェ何を意味するのか?

案内図や説明板が無く、これらをどう受け止めればよいのか少し混乱したので正直なところ落ち着くどころではなかった :D

IMGP6303.resized

新手のUFO交信所?

IMGP6308.resized

青い空が清々しい

ちなみに橋の向こう側は小田原こどもの森公園・わんぱくらんどなる広大な公園があり、こちらの駐車場は早くも満車だった:

IMGP6316.resized

小田原こどもの森・わんぱくらんど

次は宇喜多秀家の本陣跡を目指して、辻村植物公園の南側へ向かったが、その途中、Forest Bike と云う森の中に MTB 向けのコースがあるエリアがあった。こちらは多くの人がライディングしていた:

IMGP6269.resized

Forest Bike

都市ではなく自然の中で楽しむスポーツらしい:

IMGP6275.resized

レンタルも可能

IMGP6277.resized

森の中で MTB を楽しむ

よく見ると初心者用から中上級社向けの本格的なコースがいくつかあった:

IMGP6266.resized

本格的なコース

IMGP6278.resized

初心者コース

こんな感じで楽しめるエリア:

IMGP6274.resized

そばにインストラクターも居た

さらに進むとトレッキングコースに分岐する。ただ、ここも Forest Bike のコースがあるんだけど特に案内板には記載されていないので注意する必要あり:

IMGP6264.resized

案内板

IMGP6239.resized

この先は人は立ち入り禁止

こんな感じの坂を上る。周囲は Forest Bike のコースの他に辻村植物公園の一部で梅林があった。ここは MTB コースではないけど面白い形をしていた:

IMGP6265.resized

ここは私道?

IMGP6263.resized

なんとなく土橋っぽい

まだまだ紅葉が綺麗な季節だった(この辺りが宇喜多秀家本陣跡):

IMGP6259

右手下はダートコースだった(拡大版)

さらに急坂を登った先には広大な斜面に太陽光パネルが設置されていた(立入禁止):

IMGP6250.resized

右手上に太陽光パネルがある

そこから先は行き止まりだったので来た途を戻ろうとするとけたたましい音が聞こえたので上空を見上げてみると CH-53系の輸送ヘリコプターが飛んでいた:

IMGP6257.resized

CH-53系ヘリコプターは何処へ?

IMGP6256.resized

米海兵隊のCH-53E?

再び辻村植物公園前まで戻り、今度は荻窪集落あたりをぐるりと周って戻ってくるコースを散策。こちら側には山内一豊や堀尾吉晴らの本陣跡がある。
しかしながら、公園から少ししか離れていないのに道路脇の森林はゴミの不法投棄が多く、全く酷いものだった :(

IMGP6323.resized

両側の森林はゴミだらけ

ちなみに、このコースの先にある分岐点は、先日これまた陣場跡巡りしてきた羽柴秀勝や黒田官兵衛らの本陣跡へ向かう道に合流する。

山内一豊の本陣跡あたりは眺望が開けており、小田原城本丸周辺を眺めることができる場所だった(この下が堀尾吉晴の本陣跡):

IMG_8253

小田原城本丸方面の眺め(拡大版)

Amazon.JP の小田原FCも見えた[f]特に意味はないけど目に入ってきたので 😐 。

IMGP6333.resized

Amazon JP 小田原FC

さきほど立ち寄った太陽の丘の脇を通って再び辻村植物公園へ戻ってきたら、今度はバスで来た時とは逆に山を下り、毘沙門橋を渡って水之尾集落方面へ:

IMGP6378.resized

毘沙門橋

このあたりもトレッキングコースの一部らしいが、すれ違った人は居なかった:O

IMGP6385.resized

案内板

ここからは国道 R271(小田原厚木道路)へ向ってひたすら下るだけだけど、その途中からの眺望は抜群に良かった。例えば、こちらは小田原城三の丸外郭新堀土塁附近の眺め。この土塁の左手奥が本丸跡(現在の小田原高校):

IMGP6416

小田原城方面の眺望(拡大版)

一方、こちらは先日行って来た箱根・箱根湯本方面の眺め:

IMGP6431

箱根方面の眺望(拡大版)

徒歩だと、国道 R271 の小田原西 IC を迂回する必要があるのでちょっと遠回りになるけど国道 R1 に入ったら、あとはみちなりに歩いて箱根登山鉄道の箱根板橋駅を目指す。

その途中、小田原行きの小田急1000形(赤)を目撃したり:

IMGP6443.resized

赤い小田急1000形

IMGP6445.resized

小田原行き

さらに途中、富士山陣城跡にも立ち寄ってきて意外と体力を消耗したが、なんとか無事に箱根板橋駅へ到着:

IMG_8256.resized

箱根板橋駅

ざっと3時間程、9.3kmほど歩いてきた 8)

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also小田原城攻め / 小田原城包囲戦 / 豊臣勢陣地跡(4) (フォト集)

参照

参照
a 脇坂安治、九鬼嘉隆、菅達長、小浜隆景、間宮高則、長曾我部元親、そして加藤嘉明らの船団。
b 他には一柳直盛、山内一豊、堀尾吉晴、中村一氏、織田信包《おだ・のぶかね》、そして細川忠興。
c と云っても、ほとんどが立ち入り出来ない場所だったので遠くから眺めるって感じだけど。
d 往時の小田原城惣構の荻窪口近く。
e 後で分かったのだけど、実はそうではなく公園の周辺には多くの人が居たのでした。
f 特に意味はないけど目に入ってきたので 😐 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*