北斗の拳デザインマンホール − SAKU City Collaboration MC.

先々週は令和二(2020)年の正月明けに長野県佐久市と小諸市にある城を攻めてきたが、宿泊地の最寄り駅である佐久平(さくだいら)駅前には、漫画『北斗の拳』の原作者である武論尊が佐久市出身ということで、市とのコラボレーションの一つとして北斗の拳の登場人物をプリントしたデザインマンホールが昨年は令和元(2019)年9月にお披露目されたらしい。そんな情報を偶然知って、城攻めで移動する合間に観てきた 8)

まずは佐久平駅。JR北陸新幹線と在来線であるJR小海線が乗入れされており、駅ビルである佐久平駅プラザ佐久には武論尊ら漫画家たちの交流会の情報や貴重な品々が展示されていた:

IMG_7547.resized

JR佐久平駅

佐久平駅の南口前には「北斗の拳・デザインマンホール案内図」が立っていた:

IMG_7546.resized

「北斗の拳・デザインマンホール案内図」

昭和58(1983)年から少年ジャンプに連載された『北斗の拳』で、35周年を記念してコラボレーションによるデザインマンホールが作成され、主人公であるケンシロウの胸の7つの傷の形にちなんで北斗七星の形に主要なキャラクターが印刷されたマンホールの蓋が配置されている。

案内図に従って順番に並べてみる:

IMG_7545.resized

①ラオウ

IMG_7543.resized

②トキ

IMG_7544.resized

③ユリア

IMG_7542.resized

④ジャギ

IMG_7539.resized

⑤ケンシロウ

IMG_7540.resized

⑥サウザー

IMG_7541.resized

⑦レイ

こちらは駅に隣接したプラザ佐久内で展示されていたものの中から:

IMG_7548.resized

プラザ佐久内の展示コーナー

まずは「武論尊」先生の肖像画:

IMG_7550.resized

佐久市出身の武論尊

そして劇中でも有名なシーンである「わが生涯に一片の悔いなし!!」のサイン付き原画:

IMG_7549.resized

ラオウ死す

こちらはJR佐久平駅の改札前エントランスに建っていたもの。佐久市は『北斗の拳』を全面押しだった:

IMG_7537.resized

「佐久市に来い!」

こちらはオマケ。小諸市のマンホール蓋:

IMG_7570.resized

小諸城大手門

1 thought on “北斗の拳デザインマンホール − SAKU City Collaboration MC.

  1. ピンバック: 三月九日 青春食堂 − An Old Folk House Style Restaurant at IWAMURADA. | Mikeforce::Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*