蓮爾 新町一丁目店 − An Unbelivable Jiro Type Ramen at SETAGAYA, Tokyo.

ついに先週末に食べてきた :O

「二郎系」はそれほど得意な方ではないが食べない方でもない。個人的に見た目のインパクトよりも味のインパクトの方を重視しているからだけど、それは食べることができればって話。ここ「蓮爾」にはそんな妄想は通用しないのかもしれない :|

この店の存在は一年以上前に職場の同僚からの情報で知り、忘れた頃に話題にのぼると検索して出てきた画像を眺め、見た目のインパクトがすごいのは当然ながら、麺の味を含め総合的に高評価が多いことにも驚かされていた。巷のラーメンDBでは平均94ポイント以上(執筆現在)で世田谷区内ではダントツである :O。またコメントを見る限り「中毒な人」が多いこと多いこと。「愛情」さえ感じてしまうほど。

実際のところ、ここまで高評価ならば行列必至だろうって感覚が先行してしまい、思い出しては実際に足を運ぶ機会を逸していたが、令和元年のお盆明けの先週末は、長く続いた酷暑の合間をついて雨と云う天候であったこともあり、もしかしたら行列を避けることができるかもって楽観的な思いが沸き立ち、最近の仕事の不満を「勢い」に変えてひとまず行ってみることにした[a]これ以上、話題になる度に行くか行かないか悩むのも嫌になってきたし。

今の仕事場からお店までは徒歩30分弱ってところ。R246沿いで東急田園都市線の駒沢大学駅と桜新町駅の間くらいか。駒大まで電車でも良かったが、徒歩で移動することでお腹を空かせると云う効果も期待していたわけだけど、まず店前にきて最初の驚き :O

IMG_7263.resized

R246沿いの蓮爾

店の看板や暖簾といったものは一切なし。ただガラス張りの奥に湯気がうっすらと見え、それを囲むかのように客が皆同じ方向を向いて座っているのが見えるだけである。

18:50位に店に入ってみると10個ある席は満席。クーラーと扇風機が動いているので暑い感じはしない。ちょっと高めのカウンター越しに見える厨房には二人の店員が調理していた。店内には不要なBGMは無く、客もまた誰も会話していない :O。店内は正直なところ汚いが、だからって気にはならない不思議さがあった。「無言」の空気がそうさせているのかもしれないが。

待ちは自分らを含めて3人だった。これはラッキーだったかも。入って右手奥にある食券機にはラーメンミニ(麺量200g)650円、ラーメン小(麺量370g)700円、ラーメン大(麺量は自己申告)800円だけ。食券を購入して席が空くのをしばし待つ。その間にも客が数人入ってきた。10分もたたないうちにカウンター奥の客が食べ終えて店を出て行ったので自分を含む三人が新たに席につく。

食券をカウンターの上において細かい注文[b]麺やわらかめとか。を告げて完了。そこからさらに待つ。その間にどこぞの写真で見かけた「姿」をしたラーメンが出されていく。カウンターからは厨房が丸見えで、食べている人を除いて皆、厨房を注視している光景もまた不思議だった。

茹で時間が長く10分くらい待ったあと野菜増しや肉増しなんかを聞かれた。自分は「にんにく少なめ」と注文したが見ているとドカっと入れていたなぁ :O

IMG_7260.resized

ラーメン小(700円)

まず平麺が太い。野菜は茹でもやし、豚肉は二枚、そして少なめ(?)のニンニク。スープは醤油豚骨らしいが隠れていてよく見えない。

で、麺を口に入れる。硬い。とにかく硬い。茹でが浅いような気もするが、ホント「ポキポキ麺」だ :D。でも不味くはない。小麦の味をストレートで味わえる。こんな自家製麺は初めて。

とにかくずっと噛んでいる。噛んで食べて噛んで食べてして、やっとスープが見えてきた。醤油豚骨というよりは醤油ニンニクである:

IMG_7261.resized

姿を表したスープ

豚肉は旨い。脂が旨かった。ただ、ここにきて口も胃袋もトーンダウン。噛み疲れ :D。加えてパンチの効いたニンニクにヤラれた。後半はマンネリな味に嫌気がさした[c]カウンターには一応は七味が置いてある。がなんとか完食。カウンターの上にドンブリを置いたら、しっかりと店員に残り具合を確認されたっけ :D

なるべく水は飲まないようにしたが、食べ終わったらニンニクのせいか、かなり喉が渇いたので軽く一杯飲み干す。いや〜、麺が多すぎた。次回はミニでいこう[d]次回があるかどうかは不明。。帰りにブレスケアなるものを人生で初めて購入した。

蓮爾(はすみ) 新町一丁目店
東京都世田谷区駒沢4丁目4-29-13

参照   [ + ]

a. これ以上、話題になる度に行くか行かないか悩むのも嫌になってきたし。
b. 麺やわらかめとか。
c. カウンターには一応は七味が置いてある。
d. 次回があるかどうかは不明。

1 thought on “蓮爾 新町一丁目店 − An Unbelivable Jiro Type Ramen at SETAGAYA, Tokyo.

  1. ピンバック: らーめん陸 − Another Popular Jiro Type Ramen at SETAGAYA, Tokyo. | Mikeforce::Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*