STAR WARS – The Force Awakens.

3Dではなく標準で観てきた。冒頭の前説が流れるシーンを見ると、自然と期待がヒートアップするのは、やっぱり全てリアルタイムで観てきた STAR WARS 世代だからだろうなぁ ;)。ストーリー的には、おやぁ、こんなところまで明かしちゃって次回作に影響しないの!?なんて余計な心配しちゃうくらいストレートな演出だった。でも、1977年公開の Episodoe IV (新たなる希望)から続いているキャラクターらを拭い捨てるには、やっぱりこんな展開かなぁと観終わったら納得していた。新しいキャラクターも良かったけど、ところどころオマージュが散りばめられているところは、やはり立派。J.J Abrams は Steven Spielberg の弟子でもあるわけで、未知との遭遇やETなんかのSF映画の影響もあり尊敬の念もあったようだから、こちらの作品も見事な演出で、監督が交代しても全ての STAR WARS 世代に受け入れられたところだろう:

Episode VII

Episode VII

それにしても最後のタイトルロールでは映画のスタッフよりもILMのCGプログラマの方が数が多かったんじゃないか!?と思いたくなるくらいの人数だった。これも時代のながれなのだろうか :D

また一つ楽しみな作品が出てきた。

My Rating: ★★★★☆ (4.2)

STAR WARS – The Force Awakens.」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ROGUE ONE − A STAR WARS STORY. | Mikeforce::Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*