月別アーカイブ: 2015年12月

とんかつKYKアベノ地下街店 – Tonkatsu Set.

昨年は2014年のお盆の最終日、真田幸村公ゆかりの地を巡って広島の別宅にへ戻る前に、天王寺駅地下にある通称「アベ地下」のレストラン街でお昼を食べようと、うろうろしていたのだけれど流石に皆行列だったので迷っていたのだけれど、この日も曇り時々雨とか予報していおいて、お昼くらいまでは極暑。幸村公が切腹した場所として知られる天王寺の安居神社を登ったり降りたりしているうちにパワーを激しく消耗したこともあり、「今日はがっつり食べたい方におすすめです。」とうキャチフレーズでランチメニューを出していたとんかつKYKアベノ地下街店で行列することに :D
注文は沖縄県産琉香豚厚切りロースとんかつ膳と一口ビール。普通に美味しかった:

沖縄県産琉香豚厚切りロースとんかつ膳

沖縄県産琉香豚厚切りロースとんかつ

とんかつKYKアベノ地下街店
大阪府大阪市天王寺区堀越町 アベノ地下街3号

麺と心7 – White Broth Ramen.

昨年は2014年のお盆を利用して大坂城を攻めた日の夜に食べてきたラーメン。
この日の宿泊先が谷町四丁目駅近くだったので、目の前の地下鉄谷町線で阿倍野駅で降車し、あべの筋を5分ほど。最初に店の前を通った時はラーメン屋には見えなかったけど :O。このラーメン屋は、以前おにぎりあたためますかを見て記憶のどこかにあったのだけれど、この機会に行ってみた:|。どうも「第5回 最強の次世代ラーメン決定戦!」で優勝したお店らしい。知らないけど。

注文したのはお店オススメの濃厚魚介そば新味(中盛)と唐揚げ2個。麺は中太麺で、スープは魚介白湯の塩味。チャーシュー代わりにカジキマグロのたたきが載っている。スープは熱いまま麺にからみ、さっぱりして美味しいけれど、さらに柚子胡椒でがらりと味が変った。唐揚げはほぼザンギ。こちらも熱々でジューシーだった:

濃厚魚介そば新味(麺硬め)

アツアツの唐揚げ

そして食べ終わって店を出て阿倍野駅へ向かっていると、遠くに一際目立つ建物が見えてきた。ん? もしかして、あれがあべのハルカス!? ということで阿倍野を通過して、そのまま天王寺駅まで歩いて、見上げてきた:

JR天王寺駅から見たあべのハルカス

麺と心7
大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12ー13

ぼん繁 – Teppan-Yaki.

昨年は2014年のお盆休みを利用して大坂城を攻めた時のお昼に行ってきた。当時はお盆シーズンでもあり、それでも大阪の観光地でもあり、それでいて近くにはビジネス街もあって、お店の選択肢がどれだけあるのかは全くの未知だった :|。ということで、昼近くに大坂城の大手門を出て上町筋を北上して、もっとも期待できそうな(ie. お店の多そうな)天満橋駅方面へ移動した。

駅近くまでくるとランチメニューを出しているお店がちらほら見えてきたので、一旦は土佐堀通りあたりをぐるりと一周して、その中から鉄板焼屋のぼん繁を選択。こちらのランチメニューではお好み焼きがメインだったけど、ここは「肉」、特に「ぶた肉」を食べて城攻めの後半戦の備えたかったので、Wトンテキ定食を注文した:

Wトンテキ定食(ランチ)

ニンニクをトッピングしてガッツリ:)。ご飯もおかわりして、おかげで後半戦はガンガン行けた(特に、五層八階の天守閣攻めなどの階段で)。

ぼん繁
大阪府大阪市中央区大手前1丁目6-7

忘年会の日のラーメン – Eating Three Ramens a day.

その日は仕事場の忘年会の日だったのだけれど、朝から歯医者へ行ってきたので、いつものお弁当を注文できなったこともありお昼は外食。しっかし、この日はホント寒かった。体が温まるものが食べたかったので、ちょっと「すき家」の鍋系定食に心が揺れて店に入ってしまったけれど、ここで「落ち着け、落ち着け。俺はただ腹が減っているだけなんだ。」と独り言を言いながら一旦店を出て、足の赴くままにR246を渡って行き着いたのがついこないだ食べたラーメン屋。前回の戯言が頭をよぎったけれど、無性に味噌ラーメンが食べたかったので、「濃厚ねぎ味噌ラーメン」。ちょうど900円→800円とサービス期間でもあり、ついでに餃子ミニとご飯セット(170円)も注文してしまった:

濃厚ねぎ味噌ラーメン

ありがたいことに、ネギの上にショウガがトッピングされている。ホント、この日は底冷えする寒さだったので味と量ともに満足した ;)

そして忘年会。さすがにシーズンともあって店はてんてこ舞い。注文したけど、いつまでたってもやってこない。そうこうしている間にラストオーダといった具合。

そんな感じで、今ひとつお腹が満たされなかった帰り道に、こちらも以前会社帰りに食べたラーメン屋で、これも前回と同じ轍を踏まないように注文したのが「コク旨味玉ラーメン」の麺硬めで背脂多め:

コク旨味玉ラーメン(麺硬め+背脂多め)

帰りも寒かったので、スープで体が温まるラーメンにして正解。背脂多めと言っても大した量ではないと個人的には思うのだけれど、前回よりは旨かった気がする。お酒が入っていたからだろうか:|

そうそう、ちなみに忘年会の鍋の後もラーメンだったので、一日三食ラーメンは人生初の経験でした:)

Tour of San-in Region in 2014.

昨年は2014年の8月初めの週末を利用して、島根県は安来(やすぎ)市にある月山富田城と、同じく鹿足郡津和野町にある津和野城を攻めてきたのだけれど、残念ながら後半は天候に恵まれず、台風の影響のため津和野城攻めの方は中止する羽目になってしまった。
どちらも別宅のある広島からだと地理的にも交通の便が良くないので、そうそう行ける機会がないのだけれど、まぁ天気ばかりは如何ともしがたく、とても残念な思いをした;(。加えて、津和野町あたりは、その前年の大豪雨で阿武川の橋梁が流出したり、土砂崩れでトンネルが不通になったりして、当時も依然として復旧作業が続いていたということで、行きはJR山口線の益田から津和野までは電車で行くことはできたものの、帰りは津和野駅から振替高速バスで新山口まで移動した思い出がある:$

そんなことで、まずは初日は別宅のある広島から岡山を経由して島根県安来へ移動した。この時も雨が降っていてなんとも先行きが不安だった。
で、これは広島駅で目撃したJR西日本とJR九州の新幹線:

JR東日本のN700系

JR西日本+JR九州のN700系新幹線

岡山からは特急やくもで伯備線の安来まで移動した:

381系特急やくも

こちらは岡山駅で見かけた117系サンライナー。岡山と福山間の快速列車:

117系SUNLINER

山陽新幹線に乗っていた時は大雨だったけれど、安来に着くと雨は上がっていた:

JR安来駅

島根県で最も東にある安来駅で見かけたローカル列車たち:

キハ40系普通列車

キハ126系普通列車

島根県安来市は「やすぎどじょう」と「どじょうすくい」が有名で、町のキャラクターである「あらエッサくん」がアチラコチラにいた:

安来駅構内に飾ってあった「あらエッサくん」

駅前のロータリーにいた「あらエッサくん」

こちらは「すくい愛」をモチーフにした(?)「安来節の像」:

安来節のモニュメント

記憶に無いのだけれど、ゆるキャラの「しまねっこ」なんかも写真に収めていた:D

IMG_2852

で、月山富田城がある広瀬町へは駅前から安来市が運行しているイエローバスというマイクロバスで移動した。

これは広瀬町を流れる富田川こと高梨川からみた月山富田城と月山県立自然公園の案内図:

月山富田城址

月山周辺は自然公園になっている

高梨川の広い川岸は三日月公園として整備されていた:

IMGP4356

 

お昼は、隣に安来市立歴史資料館のある道の駅で済ませた。カツ丼かなにか食べた記憶がある:

道の駅に併設されていた喫茶「藍」

ひとまず一日目の富田城攻めは、なんとか天気が保ってくれたので助かった〜 8)。イエローバスで再びJR安来駅へ戻り、この日は松江市のホテルに一泊した。最上階に温泉があるホテルで、自分一人だけしか入っておらず、夜景を背景に松江城の眺望を楽しんできた。

翌朝は8:36amのスーパーまつかぜ1号で松江から益田へ移動した:

松江から益田までスーパーまつかぜ

まだこの時は雨は降っていなかったが、益田に着いたあたりから本降りになっていた。こちらは益田駅から山口線に乗り換えた時に乗ったキハ47系:

益田駅から乗り換えたキハ47系気動車

津和野に到着したキハ47系気動車

 

そして、その他の電車たち:

益田駅にて。キハ126系。

国鉄時代の小郡保線区067。津和野駅にて。

益田から40分ほどで津和野へ到着したのだけれど、こちらも本降りで止む気配が全くなかったので、この時点で城攻めを諦めた。当初の予定としては、駅前にある貸自転車屋で自転車をレンタルして鯉料理をお昼に食べて、津和野城址の入口であるリフト乗り場まで移動して城攻めする計画だった:

津和野駅の駅前。左下にあるのがレンタルサイクル屋

ということで、改札を出て駅窓口へ行き、早々にJR山口線の振替高速バス(津和野駅から新山口駅まで当時3670円)を予約購入した。バスは1時間後に出発ということで、時間をつぶすために駅前を中心にぶらぶら観光することにした。

山に囲まれた津和野の町は、山陰の「小京都」と呼ばれており、写真を見てもわかるように、ほとんどの家の屋根が朱色になっている。そして、何よりもSLの街として知られており、津和野駅前にはD51型蒸気機関車が展示されていた:

D50型の改良型であるD51型蒸気機関車

昭和11(1936)年から同19年まで製造された

現在は全国に181両が静状態で保存されている

それから駅通りを西へ歩いて、津和野郵便局あたりから青野山を眺めたところ:

正面が青野山

本通りには地元の商店街の他に観光向けのお店や、保存された武家屋敷などが立ち並んでいた。さらに、本通りの正面には津和野城址が・・・:O。うーん、つくづく恨めしい天気だと思った:

本通り。正面の山が津和野城址。

ホント、京都っぽい町並みで情緒豊かな通りだった。あと、地酒屋が多かったなぁ。こちらは老舗っぽい蔵元「古橋酒造」:

杉玉を吊った古橋酒造

古橋酒造の初陣

さらに津和野は城下町の時代から鯉が飼われていたとか。それ以来、街全体では人口を越える鯉が住んでいると云われている:

大きな鯉

大きな鯉

大きな鯉

本町通りを抜けて、殿町通りに入ると津和野川が見えてくる:

津和野川と青野山

津和野川と津和野大橋

津和野川沿いに建つ津和野共存病院

こちらにも鯉のオブジェや鷺舞の像といったものがあった:

鯉のオブジェ

津和野大橋を渡って郷土館の前に立っている松の木:

郷土館の前の道路に建っていた松の木

津和野橋と並行に走っているJR山口線:

津和野川とJR山口線

そして、その向こうに見えるは津和野城址:

石垣は津和野城の三ノ丸跡

駅に戻る時に立ち寄った「城下町の小さな農家レストラン ちしゃの木」という喫茶・軽食屋さんでは無農薬の栗を使った料理が豊富で、ここで栗モナカ(アイス)を食べた。人懐っこい店のおばさんから栗羊羹を味見させてくれた。なかなかの美味だったのでお土産に購入した。栗の木は虫がつきやすく、無農薬で育てるのは、それはもう大変なんだとか:

無農薬の栗を使った羊羹

こんな感じで、津和野川を越えたところまで行って戻ってきただけの、ちょっとした観光で時間をつぶして、JRの代行バスに乗って津和野をあとにした。

バスに乗って山陰道を走って、遠くにある津和野城の三ノ丸跡を眺めていて、城攻めできなくてホント残念だったのだけれど、実は今年は2015年の3月に一ヶ月ほど広島出張があって、そこで改めて津和野城を攻めることができた。この時はJR山口線も完全復旧し、おまけにSLやまぐち号にまで乗れるという幸運にも恵まれた=)。そう思うと、この時はこれでよかったんだなぁと思ったり。