うなぎ八百徳 − Unagi YAOTOKU.

一昨々年(さきおととし)は平成27(2015)年の秋に一泊二日で静岡県の城攻めへ。初日は大雨の中、ちょっと忙しくて、まずは同じ年の夏に静岡市内にある山城を攻めた際、訪問し忘れていたとある戦国武将の菩提寺に立ち寄ってから、藤枝市にある駿州田中城跡、そして最後は榛原郡(はいばらぐん)吉田町へ移動して遠州小山城跡へ。それぞれ、それなりに見所があって良かったのだが、けっこう徒歩の時間が長くて大雨には難儀した :$

ということで藤枝駅から宿泊先がある浜松までJR東海道本線で一時間ほどかけて移動して、到着したのが午後7時前。夕食時間には丁度よかったので、駅南側にある浜松餃子として有名な「むつぎく」へ直行てみたら予想以上の行列だった :O。そのまま店の前を通ってみたけど、どうやら1時間以上は待たないと入れなさそうな雰囲気だったので諦めて駅北側にある宿泊先にチェックインした。で宿泊先オススメの食べ処・飲み処のチラシを眺めながら、最初は餃子に拘ってみたけど周辺には「むつぎく」みたいな地元店ではなくチェーン店ばかりだったので鰻料理に変更。ちょうど徒歩で行けるお店が駅前の広小路沿いにあったので行って来た:

うなぎ八百徳

創業は明治時代のうなぎ八百徳。連休中日(日曜日)の夜7半過ぎ、お座敷は一杯だったけど小さいテーブル席が空いていたので通してもらった。

まずは生ビール。雨の中を歩きまわったので身体をリラックスさせた。あと夕食時間なので口取りが二品つく:

生ビール(600円)と口取り(300円)

この日の口取りはワカサギの南蛮漬けと鱈子の煮物。ビールに合うツマミで美味しくいただけた:

冷たいグラスビールとオリジナル・コースター

そしてメインが出てくる前に気になって注文してしまったのがきも焼き:

きも焼き(620円)

うなぎの肝を10匹分串に刺し、タレ焼きしたもので、案の定、匂いがたまらなかった :D

少し焼き過ぎが良い肝

そしてビールとツマミでちょっとお腹が膨らんできたかなぁと行った頃に、メインの上うな重が登場。海の幸(もずく酢)と香の物、そして肝吸いが付いていた:

上うな重(3,100円)

お重の蓋をめくって、鰻が焼きあがった照り具合を見ると、どんなにお腹が一杯でもソソる感じが一気に放出される感じがする :D。鰻は年々減少し、仕入れ値も当然ながら年々高騰する、この時代に贅沢過ぎる料理ではある。三度のタレ付け焼きで味は濃厚、鰻の表面はカリッと中はふっくら。

しかし、そんな幸せを噛み締めつつ頂くことにした:

この照り感がたまらないうな重

この時期でも十分に脂が載っていて、それでいてシツコクないのは浜松鰻の特徴だろうか:

目で楽しんで、鼻で楽しんで、舌で楽しむ贅沢な料理

鰻と米の間に、肉汁と脂と焦げがタレによって三位一体となって口の中に入ってくる。城攻めした体を癒やしてくれ、さらに明日の城攻めのエネルギーを補給することができて良かった )"

ホント、行列に並んでまでして餃子を食べなくて良かった〜 :X。これはこれで正解だった。

ということで大雨で始まった今回の城攻めは最後は美味しい鰻で大満足して、なんとか明日も頑張ろう的な気分に復帰することができた。そんなお店は、実は現在でも浜松へ来たらちょくちょく利用している。というのも、ここのウリは「お櫃うなぎ茶漬け」であることを店を出るときに知った。これは贅沢品と分かっても堪能しないといけないなぁ感が強くなって、これ以降は二度三度と茶漬けを満喫している次第。

もう個人的に浜松餃子は選択肢には無い:D[a]宇都宮餃子にも痛い目見ている。とことん餃子とは縁が無い。と思ったが福島餃子は美味かった。

うなぎ八百徳 本店
静岡県浜松市中区板屋町655


ここからはオマケ。初日は天気が悪かったので写真も曇り空ばかりだけど。

まずは丸子路(まりこじ)の案内板。東海道五十三次の20番目の宿場であった丸子(鞠子)周辺にはいろいろと散策できる旧跡が残っていた。静岡駅前からバスで30分くらい:

「丸子路・歴史とロマン」の案内板(拡大版)

こちらが、この城攻めに合わせて訪問してきた誓願寺。ここには江戸初期、大坂冬の陣のキッカケにされた方広寺大仏鐘銘事件の弁明のため、ここ誓願寺に滞在した豊臣方の片桐且元夫妻の墓所がある:

大鑪山・誓願寺の山門

こちらは藤枝市にある田中城下屋敷に復元されていた庭園(泉水)。田中城の城主の御殿にあったとされるものをイメージしているらしい:

下屋敷内に復元された庭園(拡大版)

こちらは宅地化の波に完全に埋もれていた田中城の遺構の一つで三日月堀跡。しかしながら、こうなってしまっては、どこがどう三日月なのかさえ分からない有り様だった:

田中城三日月堀(馬出曲輪)跡

ちなみに、ここ田中城は徳川家康のお気に入りの城であった他に、大坂夏の陣に勝利して駿府へ戻る途中に訪れた際に鯛の天ぷらを食べて腹痛を起こし、その後に没したと云うエピソードでも有名である。

こちらは小山城跡(能満寺山公園)の能満寺にある国指定天然記念物のソテツ:

能満寺境内にあるソテツ

日本三大ソテツ[b]他の二つは、同じ静岡県の龍華寺、そして大阪府にある妙国寺。の一つと云われる代表的な巨樹。高さ約6m、根本の周囲約5m、五本の大枝に分かれ最も太い枝は周囲約2mにのぼり、東西約8m、南北約11mで、約50㎡の面積に広がっている雄株なのだとか:

天然記念物・能満寺のソテツ(拡大版)

能満寺の言い伝えによると、平安時代の陰陽学者・安倍晴明が中国から持ち帰って植えたものと云われ、徳川家康の所望により一時、駿府城に移植されたが、能満寺へ帰りたいと夜な夜な泣いたので哀れに思った家康が再び、ここ能満寺に戻したと云う:

天然記念物・能満寺のソテツ(拡大版)

能満寺脇にある城へ向かう石段(通称は男坂):

小山城へ向かう登城道

この上には虚空蔵堂と云うお堂があり、大日如来像が安置されている:

大日如来の祠

いうことで、この時のフォト集はこちら:

See Also片桐且元公墓所と誓願寺 (フォト集)
See Also駿河田中城攻め (フォト集)
See Also遠江小山城攻めと能満寺 (フォト集)

参照   [ + ]

a. 宇都宮餃子にも痛い目見ている。とことん餃子とは縁が無い。と思ったが福島餃子は美味かった。
b. 他の二つは、同じ静岡県の龍華寺、そして大阪府にある妙国寺。

手打そば とがくし − A Fried Shrimp Meal Set of Soba Restaurant.

今年は平成30(2018)年の、関東甲信地方の梅雨明けは観測史上初の6月末だった :O。これは、昨年より7日早く、平年だと22日も早い梅雨明け。全国では、この時点で梅雨明けしているのが沖縄・奄美を除いて、関東甲信地方だけと云うのだから、これまた凄い:$。じわりじわりと地球の環境が変化してきた前兆だろうか。

そんな週末は猛暑の中を約一ヶ月ぶりの城攻め。先月は梅雨シーズンの感覚は無かったけど、あまり良い天気に恵まれず、タイミングも悪くて、結局一度も城攻めできなかった。そういことで、この日は気温が30℃を軽く超えると予想されている中、県内にある平山城を二つ攻めてきた。午前中は藤沢市の大庭城跡。JR東海道本線で藤沢まで移動して、北口から出ている神奈川県中央交通の湘南台駅西口行きのバスに乗って20分程のところにある舟地蔵で下車。目の前が大庭城址公園。ここは綺麗に遺構が残っていたのがちょっと印象的だった。

そして、午後は平塚市にある相模岡崎城跡へ。来た時と同じバスで終点の湘南台駅西口へ移動し、そこから小田急江ノ島線で相模大野へ、さらに小田急小田原線に乗り換えて伊勢原へ。駅を降りて、お昼すぎの暑さは強烈だった。そこから普通はバスを使うが、途中で腹ごしらえするために徒歩で移動。県道R61沿いを歩いて、城址までちょうど中間点くらいの、八幡台入口なる交差点近くにある蕎麦屋へ。インターネットで偶然、同じ城攻めしたと云う方のオススメを見かけて行ってみることにした:

「手打そば とがくし」

看板は完全に蕎麦屋であるが、食べて出てきた時の感想としては、よく地元にありそうな蕎麦屋、どちらかと云うと夜は完全に飲み屋って感じの店だった:

「手打そば」がウリのようだが

で店に入った時間帯がお昼過ぎだったこともあり、テーブル3、カウンター5席はほぼ満席で、店員は客がきていることも気が付かないくらい忙しそうに見えた :O。扉の前で5分くらい立ちつくしていると、やっと声かけて貰えて、カウンターの一番端っこにある物置みたいな席に座わることに。

カウンターは正直、汚い。蜘蛛の巣が張っている厨房を覗くと、汗だくの親父さんがとんかつやエビのフライを揚げていた。そう云えば、店の入口に置かれていた看板の「今週のおすすめ」には蕎麦ではなくて、エビフライとヒレカツ盛り合わせ定食(そば、またはうどん付き) と書いてあったっけ。そういうこともあって、店の客はほぼ全員が、この盛り合わせ定食を注文していたようだ。

あと、自分の席の目の前に樽付焼酎が置かれていて、そこへ酒を注ぎにくるため、その度に自分は立ち上がる羽目になった:|。その割には、いっこうに水も出してくれないし、注文も聞きにきてくれなかった:(。結局10分ほど待たされて注文したのが、皆と同じ盛り合わせ定食:D。同じ注文だったら、忘れ去られずに出てくるかなと思ったから。
そしてエビフライが揚がるのを待っている間、500mlのペットボトルに入った冷水とコールスロー、そして漬物で凌ぐことにした:

お漬物

このお漬物は美味しくて、主食が来る前に危うく全部食べてしまうところだった。コールスローの方は、大分「温かった」が一気に食べてしまった。

そして出てきた定食がこちら。左手上に少し見えるが一人一本ずつ配られた冷水(500mlのペットボトル):

エビフライとヒレカツ盛り合わせ定食(そば、またはうどん付き) 」(780円)

エビはタルタルソース、ヒレカツにはテーブルに置いてあったトンカツソースで頂いた。残念だったのが、お蕎麦。完全に温かった。正直、蕎麦屋のくせに美味しくない[a]ってのは救いようがない感じ。

エビフライx2とヒレカツ

反対にエビフライは熱々でプリっとしていて美味しかった。ヒレカツは、ちょっと油ギトギトって感じだが、不味くはなかった。もう少し大きければと思ったが、これらと御飯を一緒に食べて、この先の炎天下を城攻めできるパワーを補給できたって感じ。

店内を見渡した感じだと、自分以外はほぼ地元の人達のようだった。
食べながら、ここは蕎麦屋なんだろうか、それとも定食屋だろうかと考えていたが、食べ終えて店を出たら、あまりの暑さでそんなことどうでもよくなっていた :D

手打そば とがくし
神奈川県伊勢原市東大竹922-1


ここからはオマケ。

これが午前中に攻めてきた大庭城址公園の遠景。結構な高さの舌状台地の上に築かれていた:

大庭城址公園

これは公園入口から園内に上がっていく際の坂で、勿論、石垣は後世の造物ではあるが、城址公園の雰囲気はあった:

公園入口

公園の管理事務所内には大庭城の他に、ここ相模国(神奈川県一帯)にあった城や歴史についての説明板が展示されていた:

大庭城に関する説明板(拡大版)

こちらは現存する本物の遺構。特に堀切と竪堀は綺麗に残っていたが予想外:

竪堀

IMGP9476.resized

竪堀

こちらは、お昼を食べて向かった相模岡崎城跡。残念ながら、城跡には殆ど足を踏み入れることができなかったので外側から眺めるだけだった。この城は北(左手)から南(右手)に向かって3つの郭が階段状につながっている:

北郭跡

中郭跡

南郭跡

最後は、岡崎城の本丸があった無量寺(むりょうじ)というお寺の前から大磯方面の眺め。正面に見えるのは高麗山公園:

大磯方面の高麗山(拡大版)

高麗山を眺めていると、その手前に走行中の東海道新幹線を目撃することができた:

東海道新幹線

東海道新幹線

いうことで、この時のフォト集はこちら:

See Also大庭城攻め (フォト集)
See Also相模岡崎城攻め (フォト集)

参照   [ + ]

a. ってのは救いようがない感じ。

味の店 田中屋 − A Handmade Wantan Ramen at SHIRAKAWA.

一昨々年(さきおととし)は平成27(2015)年の初秋に自身初の「奥州攻め」として、シルバーウィークを三日間の日程で福島県内に残る城跡を巡ってきた。
最終日は福岡県白河市にある白河小峰城跡に建てられた城山公園へ。ここは戊辰戦争(會津戦争)の激戦地だった白河口近くにあった城跡で、最後は城郭の大半を焼失して落城した。そして120年近くたった平成の時代に、ここ白河市市政40周年記念事業の一環として、かって本丸に建っていた三重櫓や前御門という遺構が木造で復元された。これは素晴らしいことである 8)。しかし平成23(2011)年の東日本大震災により、本丸の高石垣の一部が崩壊するなど大きな被害を被ったらしい。と云うのを「恥ずかしながら」当日行って初めて知った:O

実のところ、今回の旅行を計画した当初は二本松城を攻める予定だったが、ホームページをみたら震災被害と復旧工事の情報が掲載されていたので今回は諦めることにして、代わりに白河小峰城にするかと、事前にホームページを確認してみたら震災や工事情報について全く掲載されていなかったので、ここに決定した。そういうこともあって現地へ行くまでは全く知らなかったし、気にしていなかったわけである。まぁ知らない方が悪いと云われても仕方がないのだが、それにしても適切な情報をガイドしない白河市もおかしいだろうと思った。今となってみると白河市のホームページには小峰城の石垣修復状況なんてページがあるようだが、当時は無かった(または見つからなかった)。大体このページだってトップページからリンクは無いし :(。ということで、当時はかなり立腹したが、せっかく来たわけだし、震災から4年たっている(当時)にも関わらず、三重櫓をはじめとする一部の遺構を観賞することができたのはラッキーだった。というか、そう思うことにした :|


ということで城攻めを終えて帰る前に、白河ラーメンと云うご当地料理で、腹が立って逆に空いてしまった腹を満足させるため、JR白河駅から徒歩10分程のところある「手打ち中華そば」「手打ちワンタン」で名の知れている田中屋というラーメンへ:

味の店・田中屋

ご当地「白河ラーメン」

店に着いたのはお昼ちょっと過ぎだったこともあり、店内(テーブルと座敷)はほぼ満席だったが、自分は一人だったこともあって、ちゃっかり相席させてもらえた ;)

そして注文したのは、もちろんワンタンメン。他にもラーメン・塩ラーメン・味噌ラーメンやタンメン、そしてホワイトラーメンなんて名前からは想像できないものもあったが :O。そもそも「白河ラーメン」とは福島県白河市およびその周辺で食べることができるご当地ラーメン。特徴は鶏ガラや豚骨から出汁をとったスープで、味付けは醤油が一般的なのだとか。店の中には熟成醤油を使用して深みのある味にしているところもあるようだ。同じ県内の喜多方ラーメンとあまり大きな違いは無いようだ:

ワンタンメン(750/当時)

すばらしい中華そば系のレイアウト。チャーシュー(モモ)に隠れてワンタン、海苔、いんげん、メンマとネギ、そしてなると。脂っけが少なく、味は薄めながら、生姜の味があとからついてくる醤油味のスープに、手打ちのちぢれ麺は柔らかめながらコシが残っていた。トロトロのワンタンと麺のハーモニーが素晴らしい。しっかりスープを含めて完食してきた:

完食

食べ終わって一息着いたところで、ドアの外に人影が多く見えたので早々に退散してきた。にしても、店員が皆、老齢のおばちゃんだったので、この行列の対応は大変そうだった。

手打ちラーメン・わんたん
田中屋
福島県白河市横町21


ここからはオマケ。

この日は、昨日の充実した會津攻めのあとに会津若松から郡山経由で宿のある新白河へ移動。結局、チェックインできたのは20:00を過ぎていた。宿泊先の周囲はほとんど開いている店がなかったので、奥州街道R4近くの松屋でスタミナを付けてきた。
翌日は、この旅行で一番のんびりできた朝で、しっかりとホテルで朝食を摂って09:00にチェックアウトして、目の前にある新白河駅からJR東北本線・郡山行で白河へ向かった:

JR東日本のE721系の郡山行

こちらは白河駅の駅舎:

JR東北本線の白河駅

改札は、この南側だけなので、白河小峰城跡にある城山公園に行くには、駅舎脇にある地下トンネルを通って東北本線をくぐって北側に移動する必要がある。

そして城山公園は、冒頭に述べたような具合ではあったが、せっかく来たので見れるところを回ってきた。こちらは本丸跡に建つ三重櫓。平成の世になって木造復元されたものだが、今回の震災の影響は軽微であったようだ:

白河小峰城の三重櫓

そして、この三重櫓の最上階から城址西側の眺め。ちょうど東北新幹線をみることができた。その背後に見えるのは那須岳(茶臼岳と朝日岳):

東北新幹線

東北新幹線

お昼を田中屋で頂いて白河駅へ戻り、再び新白河へ移動して、そこから新幹線で帰京した。本当はもう少し白河周辺を散策してもよかったが、連休最終日は流石に混むので、早々に退散することにした。

こちらは新白河駅の新幹線ホームで見かけた東北新幹線:

E2系(はやて)

E5系(はやぶさ)

こちらは東京駅の新幹線ホーム。新白河からはE2系(なすの)で帰ってきた:

E2系(なすの)

降りた向かいのホームに停車していたE5系(はやぶさ)とE7系(あさま):

(奥から)E7系とE5系

以上で三連休使った奥州攻めは終了。自身初の街が多かったので、非常に刺激的で想い出深い旅行になった。ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also白河小峰城攻め (フォト集)

會津城下町と新選組ゆかりの地巡り − A Tour of castle towns and places associated with the Shinsengumi at Aizu-Wakamatsu.

今となっては、一昨々年は平成27(2015)年の初秋に自身初の「奥州攻め」として、シルバーウィークを三日間の日程で福島県内に残る城跡を巡ってきた。
その二日目は自身初の訪問地である会津若松市の會津若松城跡の他に、その城下町やかっての會津藩に関わりの深い松平家や新選組にゆかりある寺院を巡ってきた。城跡だけでも十分に見所が多い上に、市内各所には名所・名跡が沢山あるので、当然ながら散見できる箇所は限られてくるが、少しでも多く巡れるように今回はレンタサイクルを活用した。これが結果的には大当たりで、飯盛山や会津さざえ堂には行けなかったけど個人的には満足している ;)。二、三日、会津若松に宿泊できるのであれば十分に機会はあるだろうが、実際のところ宿泊先はどこも一杯で、この時期にしては近場の郡山になんとか確保できただけ良かった方だ 8)

ということで、限られた時間内に見て回って来たのは鶴ヶ城公園と蒲生氏の菩提寺の他に、会津藩ゆかりの名跡や新選組ゆかりの寺院、そして会津藩主松平家墓所と云ったところ:

会津若松市街図(Google Earthより)

会津若松市街図(コメント付き)

  1. 本光寺(ほんこうじ)には蒲生忠郷公の五輪塔がある。忠郷公は蒲生氏郷の嫡男・秀行の長男で、陸奥会津藩2代藩主。
  2. レオ氏郷南蛮館には再現された天主の間や呂宋茶壷(るそん・ちゃつぼ)などが展示されているらしい[a]と云うのも、着いたのが開店前だったので実際には見学できなかった。でも11:00amが開店時間とはかなり遅すぎ。
  3. 阿弥陀寺(あみだじ)には、會津若松城の本丸にあった御三階(現存)が移築されている他、新選組三番組組長・斎藤一(藤田五郎)の墓所がある。
  4. 興徳寺(こうとくじ)には蒲生氏郷公の五輪塔や、公の有名な辞世の句の碑がある。
  5. 直江山城守屋敷跡は、「日本の道徳教育の生みの親」とも云われた山鹿素行(やまが・そこう)誕生の地でもある。
  6. 日新館(にっしんかん)天文台跡は會津藩の藩校である日新館の天文台。校舎が戊辰戦争で焼失しているので、唯一の藩校の遺構である。
  7. 會津若松城(鶴ヶ城公園)と甲賀町口郭門跡については、こちらで詳しく紹介している。連休の秋晴れともあって、ホントに沢山の人達が訪れていた。
  8. 西郷頼母(さいごう・たのも)屋敷跡は幕末の會津藩家老の屋敷。頼母は會津戦争後、函館戦争にも参加した。
  9. 天寧寺(てんねいじ)は曹洞宗の寺院で、會津蘆名家の菩提寺であり、刑死した新選組局長・近藤勇の墓所がある。
  10. 會津藩主松平家墓所には会津藩2代藩主・保科正経(まさつね)公から9代藩主・松平容保(かたもり)公までが眠る御廟である。ちなみに初代藩主・保科正之公は猪苗代の土津(はにつ)神社に眠っている。
  11. 八角(やすみ)神社は會津若松城の前身にあたる鶴ヶ城の起源にあたり、會津蘆名氏の館があった。
  12. 飯盛山は云わずと知れた悲劇の場所である。滝山本陣跡やさざえ堂が近くにある
  13. 向羽黒山(むかいはぐろやま)城は會津蘆名氏を戦国大名にした中興の祖・蘆名盛氏の隠居城で、會津若松城の支城だった。こちらは、この翌年に会津若松市に宿を取って攻めてきた。
  14. 会津若松駅はJR磐越西線と只見線が乗り入れしている。今回の城攻めのスタート地点。

ここでは太字の名所・名跡について紹介する。


まずは会津若松駅。乗り入れはJR磐越西線とJR只見線、そして会津鉄道会津線。駅舎を正面からみると會津若松城の天守にある切妻造(きりつまづくり)の出窓みたいだった ;)

会津若松駅

この当時は郡山から磐越西線を使ってきたが、今となっては只見線+会津鉄道会津線も乗車済み。実は、この翌年は平成28(2016)年の夏に向羽黒山城跡を攻めた際に、ここ会津若松駅から利用した

こちらは駅前ロータリーに置かれていたオブジェで、白虎隊士の像と赤べこ:

白虎隊士の像

赤べこ

この時は駅舎の外にあるコインロッカーに荷物を預け、用を足してからそのまま北端にある駅レンタカー屋でママチャリをレンタルした(1日1,500円/当時)。

これは、駅前から国道R118へ向かう途中に目撃した地下道の出入り口は櫓風だった。石灯籠風の街灯もまた「城下町」って雰囲気があった:

櫓風の地下道の出入り口

この後は国道R118(神明通り)を南下して本光寺に立ち寄り、会津若松郵便局から国道R252に折れて七日町駅方面へ。で、これがレオ氏郷南蛮館:

レオ氏郷南蛮館

ここに到着したのが09:00ちょっと前だったが営業中ではなかった。なんと11:00にならないと開かないらしい:O。ここには氏郷公が建てた會津若松城の七層七階の天守閣にあった天守の間が再現されていたり、戦国時代に流行した呂宋茶壺(るそん・ちゃつぼ)が展示されているらしいが、さすがに二時間も待つわけには行かないので訪問は次回にスキップすることにした。

で、このまま国道R252(七日町通り)を七日町駅へ向かって行くと會津戦争の戦死者が祀られている阿弥陀寺にたどり着く:

阿弥陀寺

この日は秋の彼岸であり「会津まつり」ともあって殉難者秋季祭典とか斎藤一忌記念講演会なんかが開催されていた。

こちらは本堂で、その左手前に新選組・斎藤一の墓所、その奥には會津若松城の本丸にあった御三階(おさんがい)が移築されている:

本堂

阿弥陀寺は慶長8(1603)年に蒲生氏郷公の嫡男・秀行の時代に、下野国(しもつけのくに)からきた良然(りょうねん)和尚が開山したと云う。

會津戦争の犠牲者が眠る、いわゆる東軍墓地。会津藩戦死者が埋葬できたのは阿弥陀寺と長命寺(ちょうめいじ)だけで、ここ阿弥陀寺には1300余の亡骸が埋葬されているのだとか:

會津東軍墓地

こちらが新選組隊士・斎藤一(藤田五郎)の墓所:

新選組隊士・斎藤一の墓所(拡大版)

斎藤一は壬生浪士組の時代から参加し、のちの新選組では副長助勤、三番隊組長として活躍、隊内では沖田総司、永倉新八、吉村貫一郎と並ぶ剣客で撃剣師範も務めた。鳥羽・伏見の戦いで負傷して會津若松城に入城した副長の土方歳三にかわって隊を指揮する。新政府軍が迫る中、會津中将・松平容保のため會津に残り土方と別れる。戊辰戦争後も生き残り、藤田五郎と名前を変えて大正時代まで生きた。後半生を會津人として生きた本人の希望により、ここ阿弥陀寺に眠っている。現在、彼の剣術の流派は無外流(むがいりゅう)[b]辻月旦(つじ・げったん)により開かれた流派で、土佐藩主・山内容堂も学んでいるとか。とされている。享年72。

さらに、本堂裏には會津藩最強の武芸者の呼び名が高い黒河内伝五郎(くろこうち・でんごろう)と息子たちの墓(右手)もあった:

黒河内伝五郎の墓(右手)

伝五郎こと黒河内兼規(くろこうち・かねのり)は神夢想一刀流居合術の他に宝蔵院流槍術、柔術、手裏剣術、薙刀術、吹き針など武芸百般を極め、藩校日新館で武芸指南役を務めた。晩年は失明したが、「座頭市」を彷彿させるように武芸の技が衰えることはなかったと云う。會津戦争では長男は戦死、次男は負傷し、會津城下に新政府軍が攻めいった慶応4(1868)年に次男を介錯した後、自刃した。その際、頸を井戸に投げ込んで敵には渡すなと言い残したと云う。享年65。
右手の墓碑には伝五郎と二人の息子の法名が彫られ、左手の墓碑は母または夫人のものと思われる。

そして會津若松城の遺構(現存)として唯一残る現存櫓の御三階(おさんがい):

御三階(拡大版)

外観は三階建だが、内部は四階になっており、二階と三階の間に天井の低い部屋があるらしい。三階に上がる梯子は上から引き上げる仕組みになっており、当時は密議所に使用されていたとも。會津戦争の戦火で阿弥陀寺が焼失したために移築されて、長い間、本堂として使用されてきたらしく、正面の唐破風は本丸御殿の玄関の一部だったとか。
しかしながら、背面は傷みがかなり目立っていたが:

玄関の唐破風と葵御紋

背面

この後は再び国道R118へ戻り、蒲生氏郷公の墓所がある興徳寺へ。ここには松平容保が蒲生氏郷公「若松開市300年祭」で贈った歌碑が建っていた。公は二千首以上の和歌を残しているのだとか:

興徳寺に建っていた松平容保公の歌碑


”百年(ももとせ)を三たび重ねし若松乃 さとはいくちよ 栄え行らん”

興徳寺から鶴ヶ城公園へ向かってさらに南下していくと愛の文字が透かされた「直江兼続屋敷跡」なる案内板を見つけた:

直江兼続屋敷跡

ここは、往時は城下町の主要な道路である「本一之丁」と「大町通り」が交差する場所にあたるそうで、蒲生氏郷公が町割りして以来、重臣らの屋敷が置かれていたとか。慶長13(1598)年に越後から會津120万石で入封してきた上杉景勝は、筆頭家老の直江山城守の屋敷をここに与えたと云う。

が、この敷地内に入った先の石碑には「山鹿素行先生誕生地」と彫られていた :|(分かるように、敢えて大きな写真にしてみた):

「山鹿素行先生誕生地」の碑(拡大版)

おそらく2つとも間違いではないであろう。初めは直江山城守の屋敷が建っていたが、関ヶ原の戦後に米沢に転封となって、それから20数年後の元和8(1622)年、山鹿町と呼ばれたここで山鹿素行が誕生した。彼の偉大な功績は思想家(儒学者・古学派)として「日本道徳教育の生みの親」としての働きであるそうだ。彼の教えは、のちに武士道精神につながる。この碑は、大正時代の東郷平八郎の書によるものらしい。
山鹿素行はのちに赤穂藩に仕え、忠臣蔵で大石蔵之助が鳴らす太鼓は、山鹿流陣太鼓と呼ばれた。

それから、更に国道R118を南下し、會津若松城の西出丸跡と水濠が見えてきたありに、もしかしたら通りすぎてしまいそうな石碑が建っていた。
ここが会津藩校・日新館跡:

会津藩校・日新館跡

会津藩の最高学府である日新館に、藩士の子弟は10歳で入学し学問や武道に励み、心身の鍛錬に努めたと云う。往時は、約8千坪の敷地に武道場や天文台、日本最古の「プール」と云われる水練水馬池があったと云う。現在、ここからかなり離れたところに忠実に再現された藩校があるらしい。

この場所の裏手(西側)には會津戦争で焼失を免れた藩校の施設・日新館天文台(会津若松市指定文化財)があった:

史跡・天文台跡(拡大版)

ここは、藩校・日新館の天文方の天文観測の場として設けられたもので、主として星の観測に使われたが、その他に冬至の日には学校奉行・天文方の師範・暦家が集まり、晴雨・考暦を偏したところだったという。往時の規模は、この二倍はあったのだとか:

日新館天文台跡

日新館天文台跡

この後は、この日の目玉である會津若松城攻めへ:

日新館跡から眺めた天守(拡大版)

こちらはお昼を食べに「輪箱飯」の田季野へ向かう途中に見かけた會津藩家老・西郷頼母(さいごう・たのも)邸跡:

西郷頼母邸跡

新政府軍が會津若松城下に侵攻してくると、ここ西郷邸では頼母の留守を預かる妻やその一族の中で足手まといとなり恥辱を受ければ家名の恥になるとして、頼母の母をはじめ娘ら二十数名が自刃したと云う。これもまた會津戦争の悲劇の一つである。

遅いお昼を摂ったあとは、鶴ヶ城公園から東へ向かい県道R325(東山街道)に合流して、少し登った先にある萬松山天寧寺(てんねいじ)へ:

天寧寺の本堂

ちょっと長い階段を上がった先が本堂脇で、その前には境内案内図が建ち、ちょうど本堂裏の墓所入口があった。その入口前には、大きく「近藤勇之墓」という説明板が建っていた:

萬松山天寧寺・境内案内図(拡大版)

ここ天寧寺は會津蘆名家の11代当主・盛信の建立で、代々蘆名氏の菩提寺とされたが、のちに伊達政宗に攻められた際に焼失し、その面影は本堂の礎石に僅かに残るだけである。

境内には新選組局長の近藤勇(大久保大和)の墓所がある。近藤は戊辰戦争中に下総国(千葉県)流山で薩長に捕縛され斬首となった。享年35。亡骸は江戸の龍源寺に埋葬され、首級は京都の三条大橋下流に晒された。しかし、何者かが持ち去って、この會津の地に埋めたという伝説が残る。実際、土方歳三ら新選組の残党が會津で戦闘に参戦した際に、ここにある墓所を参詣したと云う。

 また他に會津藩城代家老で、松平容保を命がけでかばい、会津戦争の全責任を負って切腹した萱野権兵衛長修(かやの・ごんのひょうえ・ながはる)と、彼の次男で郡長正(こおり・ながまさ)の墓所、そして田中家之の墓所があるそうだが、今回は時間が無くて参詣できなかった。

こちらが近藤勇の墓所(左手)。土方歳三が持参した彼の遺髪が眠っている。その右は土方歳三の慰霊碑。毎春4月25日の命日には墓前祭が執り行われているのだとか:

近藤勇の墓所と土方歳三の慰霊碑(拡大版)

そして脇には辞世の句が彫られた句碑が建っていた:

漢詩で作られた辞世の句(拡大版)


孤軍援絶作囚俘 顧念君恩涙更流
一片丹衷能殉節 睢陽千古是吾儔
靡他今日復何言 取義捨生吾所尊
快受電光三尺劔 只將一死報君恩

天寧寺をあとにして再び県道R325に向かい、さらに会津武家屋敷の前を通って、さらに南下した:

會津武家屋敷

すると「国指定史跡・会津藩主松平家墓所」の案内板が見えてくるので、ここを左折して御廟へ向かうと「松平家塋域入口」(まつだいらけ・えいいき・いりぐち)の石碑があった:

松平家塋域入口

国道R325沿いにある

こちらは入口に建っていた案内板:

「国史跡・会津藩主松平家墓所」の案内図(拡大版)

「会津藩主松平家墓所」は会津若松市にある院内山(いんないやま)と、猪苗代町にある見禰山(みねやま)の二つの総称であり、後者は會津藩初代藩主である保科正之が眠っており、二代藩主・正経から松平姓に復名した三代・正容(まさかた)、そして九代・容保までが眠る、ここ院内山の墓所を「院内御廟」(いんない・ごびょう)と呼んでいる。院内御廟は約15ヘクタールの広さがあり、けっこう長い石段を上って行く。

院内御廟の入口には冠木門が建っていた:

院内御廟の入り口

この入口から頂部にあたる入之峰墓所(三代藩主から九代藩主が眠る墓所)までは石段となっていて、登りは20分くらいかかった:

入峰墓所へ向かう石段

こちらは藩主の墓所に向かって、それぞれ立ち並んでいた亀趺坐(きふぎ)。亀の形をした亀趺の上に乗る碑石には藩主の業績、表石には官職名と氏名、鎮石には霊神号(れいしんごう)が刻まれている:

亀趺坐(きふぎ)

亀趺坐(きふぎ)

こちら入之峰には東から三代・五代・六代・七代・九代藩主の墓所が横一列に並んでおり、それに合わせて亀趺坐も同じように並んでいた。ちなみに四代と八代の墓所は、この下の中丸山という段にある:

入之峰墓所

こちらが会津松平家の最後の当主・松平容保の墓所:

正三位・松平容保之墓(拡大版)

九代藩主で京都守護職・會津中将であった松平容保は会津戦争末期に滝沢本陣に進軍、そこで白虎隊を戦線に投入するも敗戦し若松城に撤退、籠城戦ののち、慶応4(1868)年9月に開城・降伏した。厳しい戦後処理のち明治26(1893)年に東京小石川の自邸にて死去。享年59。本来ならば、すぐにでも院内御廟に祀られるが、朝敵であったことで大正6(1917)年に、やっと他の藩主と同様の墓所が建てられた:

真新しい亀趺坐

九代藩主・松平容保

と云った感じで足早に回ってきたが、今回は残念ながら巡ることができなかった名跡が沢山あった。是非、また機会を作って訪れたい。

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also會津若松の城下町 (フォト集)
See Also會津にて新撰組ゆかりの地巡り (フォト集)

参照   [ + ]

a. と云うのも、着いたのが開店前だったので実際には見学できなかった。でも11:00amが開店時間とはかなり遅すぎ。
b. 辻月旦(つじ・げったん)により開かれた流派で、土佐藩主・山内容堂も学んでいるとか。

元祖・輪箱飯 田季野 − A Bag Lunch using Aizu Traditional Craft.

一昨々年(さきおととし)は平成27(2015)年の初秋に自身初の「奥州攻め」として、シルバーウィークを三日間の日程で福島県内に残る城跡を巡ってきた。
二日目は、今回の城攻め旅行の目玉である會津若松城。この日は、06:30には郡山駅から徒歩15分ほどの宿泊先をチェックアウトして07:00少し前のJR磐越西線の快速・会津若松行に乗車。猪苗代湖をほんの少しだけみて、猪苗代駅近くの直線で雄大な磐梯山を眺めつつ終点の会津若松駅には08:00ちょっと過ぎに到着した。駅舎を出て外にあるコインロッカーに宿泊用の荷物を預け、用を足してからそのまま駅舎の北端にある駅レンタカー会津若松営業所へ。ここで電池きのママチャリをレンタルした(1日1,500円/当時)。城攻めする前に蒲生氏郷公ゆかりの寺院を含む城下町の散策へ。
予定では會津若松城があった鶴ヶ城公園を巡る前にお昼を摂っておこうと思っていたけど、いろいろ散策していると予定をかなりオーバーしてしまった上に、この日の会津若松は見事な秋晴れということもあって観光客がものすごかった。なので、お昼どきならば人が少なくなるのではと淡い期待をして巡ってきたのだけれど大ハズレ。ホント、大勢の観光客で溢れ返っていた :O。運良く(?)「会津まつり」開催日にあたって、公園内外でのイベントが多かったので仕方がなかったが。

ということで城攻めの合間にお昼を摂ることに。最初は公園の目の前にあった蕎麦屋にしようかと思ったけど、せっかくなので会津若松市の郷土料理の一つである「輪箱飯(わっぱめし)」の老舗店である元祖・輪箱飯の田季野へ。着いたのが14:00過ぎだけど、有名店でもあるので入れなかったらどうしようかと心配をしたが、一人だったので直ぐにカウンター席に通してもらえた:

割烹・会津料理の田季野

もともとは尾瀬の玄関口にあたる南會津の山に入る男たちが「曲げわっぱ」を弁当箱にして持ち歩いていたことにヒントを得て、これと会津の食材を活かした料理を「輪箱飯」として提供したのが始まりだとか:

さじ袋

さじ袋に描かれた昔話

で、注文したのは「五種輪箱飯」と、それが出てくるまで喉の乾きを癒やすためにグラスビールを :D
そして出てきた輪箱飯は、桧を曲げた器に鮭に蟹、そして山菜が会津米の上に載せられて蒸しあげられたもの。それに前菜二品と香の物、そして味噌汁がつく:

五種輪箱(1,840円)

独特の醤油味の出汁につかった肉厚の鮭と御飯がよく合うし、ゼンマイとキノコが蒸せられて良い香りだった :)

肉厚の鮭の一身と山菜が会津米の上に載っていた

箸休めで肉ゴボウと若芽の酢物、そして浅漬。こちらも輪箱に入っていた:

前菜と香の物

この日は朝が早かったことと、ほとんど歩くかチャリに乗っているかだったので、勿論ペロリと完食してしまった:D

会津伝統工芸の一つである曲げわっぱ

これなら少しくらい冷めていても、きっと美味しい弁当だったんだろうなと想像してしまった。

元祖・輪箱飯・割烹・会津料理
田季野
会津若松市栄町5-31(鐘つき堂小路)


ここからはオマケ。

まずは郡山から乗車したJR磐越西線719系「あかべぇ塗装」。会津若松駅にて。正面の他に側面にも「あかべぇ」が描かれていた。ハリボテのあかべぇは改札口脇に展示されていた:

磐越西線719系「あかべぇ塗装」

ハリボテのあかべぇ

次は、この日の一番の功労者であるレンタルの電動ママチャリ。一日レンタルと云っても実質は9時間ほどだけどバッテリー消耗も少なく、いやーぁ、ホントに必須のアイテム;):

今回レンタルした電動自転車

こちらは會津若松城の天守で、蒲生氏の時代の七層七階の望楼型ではなく、その後に入城した加藤氏による五層五階の層塔型天守を、昭和の時代に鉄筋コンクリート製で外観だけ復元したもの:

外観復元された天守(拡大版)

ちなみに蒲生氏郷公が築いた天守は、公の死後に會津地震で傾いてしまったので、加藤明成が作りなおしたものが幕末の會津戦争まで使用された。

この日の会津若松市は本当に大勢の観光客がいたが、どうやら恒例の「会津まつり」が開催されていたようで、ここ鶴ヶ城公園では会津藩公行列の出陣式が執り行われていた:

帯郭跡に集まっていた行列参加者

会津藩公行列の出陣式

しかし、この絵を見て素直には楽しめない。會津戦争では子ども達も参戦していたのは承知の事実であるが、子供を戦争に駆り出すようになってはおしまいである。古今の歴史上で勝ったと云う話を聞いたことがない。子供は将来のために残しておくべきであり、大人共が負けを認めて責任をとるようにならないと国は存続しない。それなのに先の大戦でも日本では学徒出陣があった。『愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ』の一言に尽きる :|

こちらは福島県の開花基準となる桜の木らしい:

桜開花の基準木

再び天守。最初は瓦は黒であったが、保科氏の時代に冬にも強い赤瓦に葺き替えられた:

天守

このような赤瓦葺きの天守を持つ城は江戸時代にまでいくつかあったらしいが、現在は鶴ヶ城公園のみになっている:

天守閣博物館の入口

天守の中にある博物館では天守閣再建50周年を記念した展示があった:

昭和35(1960)年に再建された天守閣(拡大表示)

こちらは会津若松市のキャラクター「お城ボくん」。同市出身の漫画家の作品らしい:

会津若松市観光PRキャラクター「お城ボくん」

こちらは鶴ヶ城公園に移築された茶室麟閣。千宗易こと千利休の養子・千少庵が建てたものらしい:

茶室麟閣

ここで本物の抹茶を一服楽しんできた(500円/当時):

お抹茶と薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)

氷が入った冷たい抹茶は、この日の暑さもあって、とても心地よかった:

お抹茶

この茶菓子は薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)と呼ばれ、すりおろした「つくねいも」と米粉の皮で、小豆の皮を取り除き炊き上げた皮むき餡を包んだもの:

外は「つくねいも」と米粉の皮

中は皮むき餡

最後は、この鶴ヶ城公園周辺で目撃した生き物たち:

お濠で見かけた鴨

本丸跡で見かけた蜻蛉

天文台で見かけたカナヘビ

ということで、この時のフォト集はこちら:

See Also會津若松城攻め (フォト集)