Liferea now supports libnotify.

Liferea のバージョン 1.2.x から libnotify をサポートするようになったので、更新するたびに通知ウィンドウがポップアップ表示されるようになった。設定ダイアログの [GUI] タブにある新しいヘッドラインをポップアップ・ウィンドウで表示する(P)というオプションを ON にする (必要に応じて再起動) と GNOME パネルの通知エリアにあるアイコンから吹き出し型の通知ウィンドウがポップアップされる。
このオプション、1.1.x では実際にヘッドラインの内容を指定した場所 (デスクトップの四隅のいずれか) にポップアップ表示する機能だったんだけれども 1.2.x では libnotify の機能に置き換わっている模様 (なので、日本語的にしっくりいかないかもしれない):
liferea-libnotify-20070208.png
ちなみに libnotify のバージョン 0.4.3 から、ポップアップがタイムアウトするまでの経過を表示する円グラフが追加された (上の画像の右下にあるパックマンがそれ)。
久々に ja.po を更新したので作者に送付しておく。

Mikeforce::Homepage will be closed in the meanwhile.

引っ越しにより 2/23 (Fri) をもって本サイト一時的に閉鎖する予定です。
引っ越し後はネットワークに接続でき次第、今の DDNS 経由の https://mikeforce.net でアクセスできるようにする予定です。
復帰は今のところ 3/初旬を予定していますが、本サイトを購読している方々にはご迷惑をおかけすることになりますが、ご容赦を。
落ち着いたら個人ドメインでも取得してみよう。

GTK+ Ref. translation progress (TAKE 7).

第三章 「GTK+ のウィジェットとオブジェクト」の Tree, List and Icon Grid Widgets まで完了:)
ツリーとリストは、テキスト・ウィジェット同様にデータとそれを表示するウィジェットは別なので最初はとまどうかもしれないけど、多彩な表現が要求されるインタフェースの一つなのでいたしかなたないか。
最初は GTK+ 2.0 Tree View Tutorial で具体的にどんなコードになるのかを理解した上で実装した方がよいかも。
See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.8.x 版の API リファレンス (未だ翻訳中)
See Also CVS リポジトリ: GTK+ リファレンスマニュアルの CVS リポジトリ (英文併記)

Nemiver translation.

最新版がリリースされたので以前翻訳したものを更新して、プロジェクトメーリングリスト経由で commit してもらった。
今回のバージョンでは Gtksourceview のC++ラッパーの API が一部変更になったのと、このエディタに検索機能が付いた。i18N 化も進んでいる。あとロゴが追加された:
nemiver.png
See Also nemiver-ja.po: 日本語メッセージカタログ