Next documentation is…

基本的なドキュメントが 出揃った ところで、チュートリアル系のドキュメントを読んでみる (翻訳する) ことにした。オリジナルが結構古くなっており、現在はほとんどメンテされていなかったり、TODO とか FIXME が残ったままだったりするのが多いけれど、リファレンスマニュアルと一緒に読めばある程度推測すること (お試しコーディング) も可能かと。まぁ、この業界は常に Try & Error な世界 でもあるわけで。
まず最初は「GTK+ 2.0 Tree View Tutorial」。リファレンスマニュアルにある 解説 はごくごく一部分しか紹介していないので、面白そうなサンプルが見つかるかと期待してみる。
G20 のメッセージ・カタログ更新もそろそろ始めないと行けないので、チュートリアルは随時に翻訳ということで。あと、オリジナルの .dsl ってどうも UTF-8 エンコーディングを上手く扱えないようなので独自の .dtd を使って変換している:
See Also GTK+ 2.0 ツリー・ビューのチュートリアル: GTK+-2.0 のツリー・ウィジェットとリスト・ウィジェットのチュートリアル
See Also CVS リポジトリ: 本チュートリアルの CVS リポジトリ (英文併記)

Bingo!!

友人から飲み代のオマケとして貰った七夕スクラッチなんだけど、見事に当たった :D:
6.00001.jpg
忘れないうちに換金しておかないと。って、よく見たら平成20年だった。

GTK+ Ref. translation is completed.

残っていた「IV. 古いバージョンからの移植について」と「V. GTK+ のいろいろなツール」の翻訳が完了した。これで約8ヶ月ほどかけて翻訳してきた「GTK+ リファレンスマニュアル (バージョン2.8.20向け)」の日本語版が完成。:)Woo〜Hoo 8)!!
まだウィジェットの見本でオリジナルの画像ままのものがいくつか残っているけど、これはおいおいコード書いて貼っておくことにする。
2.8 系のGLib リファレンスマニュアルの翻訳開始が2005年11月だから、続いて GObjectGdk-PixbufGDKPangoCairo、そして GTK+ までの全リファレンスマニュアルの翻訳に1年7ヶ月もかかった計算になるぞ。すごいな、こりゃ。
しかし、良い勉強になった。ということで、まとめておく:
See Also GLib リファレンスマニュアル: v2.8.6 版の API リファレンス
See Also GObject リファレンスマニュアル: v2.8.6 版の API リファレンス
See Also gdk-pixbuf リファレンスマニュアル: v2.8.19 版の API リファレンス
See Also GDK リファレンスマニュアル: v2.8.19 版の API リファレンス
See Also Pango リファレンスマニュアル: v1.12.4 版の API リファレンス
See Also Cairo ベクトル・グラフィックス・ライブラリ: v1.2.4 版の API リファレンス
See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.8.20 版の API リファレンス
ちょっと gdk-pixbuf/GDK/GTK とバージョンが微妙に違うけど、作業中にリリースされてしまったので仕方がないな。

GTK+ Ref. translation progress (TAKE 18).

第十四章「廃止になったウィジェット」の Deprecated まで完了。大部分は、むかし翻訳した バージョン1.2のリファレンスを流用しつつ訳文の見直しを行っただけだけど。
とりあえず、これで「III. GTK+ のウィジェットとオブジェクト」の翻訳は完了。リファレンスマニュアルのコアな部分が完了したということで、かなり安心。‘Good Job’ to me! :)
今日現在の最新版 (GTK+-2.11.X) と比較してみると、
●「いろいろなウィンドウ」の GtkAssistant
●「表示計のウィジェット」の GtkStatusIcon
●「ボタン系のウィジェット」の GtkLinkButton
●「Printing
●「Recently Used Documents
なんてのが GTK+-2.8.X 以降に追加されたクラスやメソッドか。
この勢いで、残りの「IV. 古いバージョンからの移植について」と「V. GTK+ のいろいろなツール」もサクッと片付けてしまおう :D昨年の10月中から始めた翻訳だけど当初の目論見より大分短期間で完了できそうだ。
See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.8.x 版の API リファレンス (未だ翻訳中)
See Also CVS リポジトリ: GTK+ リファレンスマニュアルの CVS リポジトリ (英文併記)

GTK+ Ref. translation progress (TAKE 17).

第十三章「特殊な目的に使用する機能」の Special-purpose features まで完了。
この章の訳はバージョン1.2のリファレンスをほとんどそのまま流用した。
同じように、とりあえず次の章の「廃止になったウィジェット」もバージョン1.2の翻訳を流用することにし、割愛するのはやめることにした。
See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.8.x 版の API リファレンス (未だ翻訳中)
See Also CVS リポジトリ: GTK+ リファレンスマニュアルの CVS リポジトリ (英文併記)