The Magic Hour.

観てきた
映画館で映画観て笑ったのは何年ぶりかな。覚えているので「踊る The Movie2」だったかな。日本映画はシリアスものより、笑いを取れるものの方が良いなぁ 8)
ストリートか演出とかは至極、平凡。前評判やら飽きるほどの前宣伝なんかで予備知識があるのに加え、見え見えのストーリーに加え、さすが日本映画。ラストは想像通りの全員参加で総出演なんだけど、面白い
前半の村田大樹と天塩幸之助のボケとツッコミは絶品 :Dだった。まぁ、残念ながら後半はたんたんと進み、そのままあまりペースも変わらないままエンドへ (最後に本物の「デラ富樫」登場ですが、なんかインパクトが小さすぎて余計だったが)。
themagichour.png

Desktop System Administration Guide in Japanese.

デスクトップのユーザ・ガイド」に続いて Desktop System Administration Guide を翻訳中。今日現在で全体の 70% ほど完成。
システム管理者向けといってもユーザ個人でデスクトップを利用するのが普通だから、どちらかといういとユーザ・ガイドで説明しきれなかった「高度な使い方」みたいな内容だ。とはいえ技術的に肝心な部分を「XDGの仕様書を参照のこと…」でばっさり割愛してしまっていところもあるけれど。
そのため、このドキュメントで説明している技術的な内容は GNOME デスクトップの仕様というよりは、むしろ F.D.O の仕様が大部分で、「XDG」(X Desktop Group: X デスクトップに関する作業グループ) って文字をたくさん見かけることになる。仕様書のタイトルはもちろん、環境変数 ($XDG_DATA_DIR とか $XDG_DATA_HOME) なんてのもあるし。おまけに、今のデスクトップだと GUI ツールとして提供されていたりするので、仕様の背景とかコマンドラインからの設定方法とか特に知らなくてもなんとかなるものも多い。
ということで、このドキュメントの概要をまとめてみると:
●GConf 設定ソースで変更不可の場合とユーザ毎に変更が可能な場合との違いなんか (この辺り)
gconftool はバージョンが変わっても覚えておくべきオプションってそれほど多くない (この辺り)
●XDG のメニューの仕様に依存するけれど、どのデスクトップでも共通なメニュー定義ファイルとそこで指定できるキーワード (この辺り)
●普段はあまり目にしないけど、知っていると得しそうな XDG_CONFIG_* 系の環境変数たち
●これも XDG の仕様だけど、デスクトップファイルで指定できるキーワード (この辺り)
あと個人的には、今までちゃんと説明したドキュメントがなかったので、概要だけでも理解できた MIME 型について。データベースを構成するファイルやフォルダの説明があるので、これだけでも知っておけば MIME 型にアプリを関連付けるのも難しくないね ;)
See Also デスクトップ・システム管理者ガイド: GNOME デスクトップのシステム管理者ガイド (未だ翻訳中)

Nautilus Extensions Framework.

これもうちのブログが休止している最中に翻訳したドキュメントで、原文は4年も前の GUADEC 2004 で発表されたもの。Nautilus ファイル・ブラウザに何か拡張機能を追加するために GNOME 2.6 の時に公開された GObject のインタフェースについて書かれている。この拡張機能は プロバイダ と呼ばれるインタフェースを実装し、GTypeModule を使った動的モジュールとして提供することになる。
このドキュメントではプロバイダとして、NautilusInfoProvider 型や NautilusColumnProvider 型、NautilusMenuProvider 型、そして NautilusPropertyPageProvider 型について触れられているけれども、今現在はもう一つ NautilusLocationWidgetProvider なんていうインタフェースも追加されているようだ。
で、libnautilus-extension.so ライブラリ経由で利用するフレームワークの実装はどれも同じで、いわゆるboilerplate なコードになるようだ。
See Also Nautilus Extensions (その背景とC言語による実装): Nautuilus ファイル・マネージャの拡張機能について、その背景とC言語による実装について解説したもの。
せっかくなんで、Nautilus ファイルマネージャからフォトのファイル名を通番つきで一括付与できるようなプラグインでも作ってみようか。このブログに写真を貼り付けるときは、わざわざ gThumb を起動して変換している。やっぱり、こんな処理はファイル・マネージャからできないとねぇ :/

The MIST.

観てきた
原作もなにも読んだことも気にしたこともなく、ラストは原作と異なるなんて知らなくても楽しめる作品だと思います。
ただあんな終わり方だと、作品のほとんどの時間を費やして恐怖心をあおっていた「Creatures」や「Things」の存在感がなんとなく薄っぺらくなるというか無駄という感じも否めないが。
themist.png
そういえば、今朝、家の壁に張り付いていた蜘蛛を一匹たたきつぶしてしまったが…:|

An interleague night game in Meiji Jingu Stadium.

先月、初めて交流戦を観戦した。
東北楽天をみるのもマー君をみるのも初めて。
外苑前駅からスタジアムに来る途中で見つけたテキ屋の巨大焼きそば (500円なんで肉なんか期待はしていなかったけどホントに入っていなかった) までは良かったけれど、スタジアムで購入した缶ビール (500円)、生ビール (700円)、ミネラルウォータ (500ml/200円) はちょっと痛い。今度行くときは予めコンビニとかで買っておこう ;):
20080528-001.jpg
このご時世に似つかわしくないボリューム満点で 500 円の焼きそば (想像していたよりも美味しい)
20080528-002.jpg
楽天のスターティングメンバーらが試合直前の練習中(外野)
20080528-003.jpg
楽天のスターティングメンバーらが試合直前の練習中(内野)
20080528-004.jpg
新しくなった神宮の電光掲示板
20080528-005.jpg
20080528-006.jpg
20080528-007.jpg
20080528-008.jpg
20080528-009.jpg
20080528-010.jpg
20080528-011.jpg
以上、マー君。「神の子」が現れると人の壁ができあがるくらいの大人気。今日の先発
20080528-012.jpg
神宮だかヤクルトだか不明だけどマスコットガールズらしい
20080528-014.jpg
レフト・スタンドに陣取る東北楽天の応援団
20080528-018.jpg
始球式はEXILEの誰かだったような
20080528-021.jpg
試合開始
20080528-022.jpg
良い感じで日も落ちてきた
20080528-025.jpg
4番山崎
20080528-026.jpg
早々と2点先制
20080528-029.jpg
ライトスタンドはやや元気がない
20080528-030.jpg
20080528-031.jpg
Night Game ぽくなってきた
20080528-035.jpg
20080528-036.jpg
ラッキー7恒例の風船
20080528-038.jpg
こんな感じで楽天の勝利も目前
20080528-039.jpg
だめ押しの得点
20080528-040.jpg
楽天の勝利で3塁側は大騒ぎ
20080528-041.jpg
残りの風船もあがる
20080528-042.jpg
もつかの間、人身事故でJRはストップ。どっとどよめく
今回のシートは3塁側のやや外野寄りだったけど、ファウルボールがガンガン飛んできて、なかなか良かった。次回はグローブ持って行くぞ :D