Walking around in TAITO City.

前回から4ヶ月ぶりの浅草。昨日は天気が良かったので、浅草からお茶の水まで歩いてみた:

ASAKUSA-UENO-20081123-01.jpg

まずこの三連休は絶対に混んでいると予想していたが、想像以上の激混みだった:

ASAKUSA-UENO-20081123-04.jpg
ASAKUSA-UENO-20081123-05.jpg

ということで、お賽銭した後は本堂横の鯉をみつつ

ASAKUSA-UENO-20081123-06.jpg

Google マップで位置を確認しながら

ASAKUSA-UENO-20081123-GMAP.png

影向堂 (ようごうどう) の前をとおり、境内の外に出て、さらに花やしきを横目に

ASAKUSA-UENO-20081123-07.jpg

旧六区に向かっていると何やら人混み (JRA 開催日も相まって大変な人だかり) があり、

ASAKUSA-UENO-20081123-09.jpg

なんてので、餅つきなんかあったようで、

ASAKUSA-UENO-20081123-08.jpg

並んでいそべ焼きをいただいた:

ASAKUSA-UENO-20081123-10.jpg

つきたてで温かくて美味しかった (しっかり100円とられたけれど) :o。そしてそのまま国際通りに出ようとするとつくばエキスプレスの浅草駅入り口があった:

ASAKUSA-UENO-20081123-12.jpg

そのまま国際通りを渡って合羽橋へ向かうが、お腹も空いてきたので江戸前の鮨屋に入った。ここの辺りまで来ると、ほとんど観光客はおらず地元の人らがちらほらいるだけ。で、合羽橋の交差点に到着:

ASAKUSA-UENO-20081123-13.jpg
ASAKUSA-UENO-20081123-14.jpg
ASAKUSA-UENO-20081123-15.jpg

6、7割がたはシャッターが閉まっていた (もちろん祝日なので単に営業していない問屋もある)。お目当ての (これはおそらく 10年ぶりだと思うけど) お菓子の問屋を探してみたが見つからず。残念 :|
そしてカッパ河太郎に挨拶してから

ASAKUSA-UENO-20081123-18.jpg

浅草通りに出る。そしてそのまま通り沿いに上野駅方面に移動する。銀座線の稲荷駅を越えて、一旦向こう側の下谷神社の境内を散策しているとトイレに行きたくなったので、Google マップで確認する。どうやら近くに台東区役所なるパブリックスペースがある模様。再び浅草通りを渡って行ってみたが、当然ながら閉まっていた。まぁとりあえずお腹の具合は収まってきたので

ASAKUSA-UENO-20081123-21.jpg

上野警察署を横目にみつつ昭和通りに出て、

ASAKUSA-UENO-20081123-22.jpg

さらに上野駅をながめつつアメ横方面に向かおうとすると

ASAKUSA-UENO-20081123-23.jpg
ASAKUSA-UENO-20081123-24.jpg

こんな感じで昭和通りは一触即発の状態だった (いろいろな音色のクラクションを聞くのは久しぶりだ :P)。
アメ横に入ってからはカメラ取り出している暇もすき間もなかった。アメ横焼き (250円) ってのを頬ばりながら、人混みをかき分けかき分けし、御徒町駅前へ。果物が安かったが荷物になるので諦め、JR沿いをしばし歩いて適当なところを曲がって中央通りへ進む。もう少しで秋葉原:

ASAKUSA-UENO-20081123-25.jpg

秋葉原は普段通りか。ちょっと気になったので九十九電機をのぞいてみたがやっぱり営業停止中だった。それからぶらぶらとしてから、外堀り通りを上ってお茶の水駅へ。そして、早めの夕食をとるとちょうど映画が観られそうな時間になったので JR に乗り込んだ。
距離的にはそれ程ではないけれど、この季節ならでわの「におい」や音や風景が楽しめた半日だった :)

赤壁.

たまっていたポイントを使って観てきた。Late Show 直前の回だったけれどほぼ満員だった:

movie-redcliff-20081124.png

John Woo の作品はかなり久しぶりだけど「雑っぽさ」は変わっていない。ストーリーの流れもワンパターン、戦闘シーンは雑だし、(全部作見終わっていないが) 彼なりの三国志に対する叙情詩はあの程度か (そういう面では、古いけど男達の挽歌の方がまし) :(。曹操孟徳ってそんなに嫌われ者なのかね。そもそも三国志の主人公は善玉悪玉として描かれていなかったような気がするけど (三人以外にはいたかもしれないが)。
あと毎回シーンが変わる度に人物の名前が日本語スーパーとして表示されるが、一緒に表示される原文で十分理解できる程度の漢字なんで、かなりうざかった (というか、日本語のスーパー、文字が大きすぎるような気がしたが)。
人形劇漫画、そしてPC ゲームの三国志をイメージして育ってきた自分にとっては配役も今ひとつ。関羽雲長の背は低すぎだ。個人的に、小喬役の女優のあの鼻がつまったような声は受け付けなかったです。
PART2は来年2009年4月公開らしい。

Liferea goes down.

Liferea、どうしちゃったんだろうか。
先月末にリリースされたバージョン 1.4.21 から XulRunner を正式にサポートするようになったのだけれど、FedoraCore のパッチをそのまま適用したみたいで、Debian 系のディストリビューションではデフォルトの XulRunner-1.9 を configure スクリプトで検出できず。それから数日後には実装上の別の問題があったようで、結局このバージョンは欠番になった。
それから先週末にバージョン 1.4.22 がリリースされた。configure スクリプトでの XulRunner 検出を他のアプリ (Yelp) から持ってきてうまく検出できるようになったものの、ランタイムエラーが発生して起動できず。それから連日のようにバージョン 1.4.22b、1.4.22c をリリースしたが SIGSEGV でどれもまともに起動できなかった。
で今朝みてみるとバージョン 1.4.22d なるものがリリースされていたのでダウンロード (今現在は明示的にこのバージョンを指定しないと駄目みたい) してビルド・インストールしてみるとちゃんと起動できた。今のところ動作は問題ないようだ。
しかし、ウェブサイトや ChangeLog にはまったく経緯が記録されていないし、今現在でダウンロード可能なバージョンも古いまま。ふm :/
ちなみに最新版の ja.po はここにあります。かなり前に翻訳したんだけど提出するのを忘れていた。

GLib Ref. translation progress (TAKE 3).

第二章の翻訳が完了した。
前のと比較すると、更新内容はというと「その他のマクロ」で新しいマクロが追加されたことと誤訳/誤植の修正 (最大値を最小値と翻訳していたり)。
See Also GLib リファレンスマニュアル: v2.18.1 版の API リファレンス (翻訳中)
See Also SVN リポジトリ: 翻訳作業の SVN リポジトリ