フレンド

JGUG Offline meeting.

札幌へ戻るということで、JGUG の幹事メンバが飲み会を催してくれた。有楽町駅前に集合して、とりあえず夏恒例のビアガーデンを目指すものの、台風一過で昼間の猛暑からか、バドワイザーカーニバルとか軒並み満員で予約なしでは無理だった。ということで、(自分自身、銀座界隈は疎いので) メンバに案内されるまま CRUISE CRUISE に落ち着く。店内は広く装飾も凝っているお店でした。
とりあえず、記念写真:
p7270010.jpg
p7270011.jpg
GNOME 2.12 リリース間近でもあり、最近話題の GNOME トピックや恒例のプログラム言語論なんかを肴にして盛り上がりました :D
さらに、(GTK+/Qt といったツールキット問わず) Linux アプリで足りないモノとか、プロファイリング技法として興味深いプロジェクト (G-Inspector) のデモを見せて頂いたし、肝心な日本語メッセージ翻訳作業についても意見を交換できました。UI の翻訳という意味では JKUGJGUG との間ではいくつか作業が重複するようで、それならば翻訳した日本語を共有化できれば手間が少なくなるのではと、DB なんかを使って翻訳データを一元化するバックエンドの構築とか、いろいろアイディアを出し合いました :)
正直なところ、日本での GNOME contributor が少なくなっていることは事実だし、学生のような若い力も必要だなぁと残念な感もありました。
これからは気軽に会う機会も少なくなりますが、具体的な作業とかは IRC や Blog を活用するということで。そして何かイベントがあれば海を渡って来るので、また皆一緒に飲みに行きましょう Y;)Y
ではでは、JGUG の皆さんもお元気で!

Thank you for the delicious meats in boiling day.

今週の月曜日、札幌に帰る前に、今一度思い出深い浅草を訪れた。その日はまれにみる猛暑だったので、界隈を歩き回るだけでも疲労困憊になったけど、付き合ってくれたさんが、自身も初めての米久で牛鍋をごちそうしてくれた:
p7170003.jpg
p7170004.jpg
p7170008.jpg
p7170005.jpg
p7170006.jpg
p7170007.jpg
p7170001.jpg
p7170002.jpg
p7170009.jpg
(これはさんのおみくじ。上端が切れているけど「大吉」です)
これでエネルギー充填完了と思ったものの、店を出て散策している間に軽い熱中症にかかったようで、浅草寺に参拝してお土産買って、退散することに。ちなみに、次の日みると腕と顔が日焼けしていました。
お疲れ様でした。良い思い出になりました。
また、いつか一緒に散策し (喰い) に行きましょう (時季は秋の方が良いかも) ;)

In ASAKUSA, calm before the festa.

昨年末に続いて、今年初めての浅草。
まぁ、予想どおりの混みようだったけど、今月19日から始まる三社祭が控えているせいか、言問通りや国際通りの向こう側 (かっぱ橋道具街通りとの間) は、道路も空いていたし、何となく静けさが漂っているように思えた。
いつものように、地獄のような混み具合の仲見世通りを横目に側道を歩くが、こちらも仲見世通りから追い出された人達でてんやわんや。大黒屋なんかは旧館はもちろん新館も行列だったし、花やしきも入場口の一歩先は家族連れの待ち行列 (特に、スペースショット) だった。というか、六区付近は 洋食屋 ヨシカミ (まだ一度も、ここのハヤシライス食べたことない) を含めて、全滅だね (一部、ひさご通り角のあやしげな映画館を除いて)。あと、隅田川の水上バス乗り場もすごかった (吾妻橋の歩道まで行列が飛び出していた)。
ということで、恒例の shots:
昨年8月に化粧直しされた高橋提灯作の雷門大提灯
この高橋提灯は江戸時代は8代将軍吉宗公の時代に創業したらしい。提灯の両隣には正面に雷神と風神が、背面に天竜と金竜の像がそれぞれ鎮座している:
p5040060.jpg
浅草観音堂
宝蔵門の中で撮影したのでご本堂が真っ暗。いつかこの瓦屋根の上で昼寝してみたい ;P:
p5040062.jpg
本堂の天井に描かれた画
皆、賽銭に夢中になって、天井に描かれた画壇を見る人は居なかったけど、この写真の撮影でフラッシュをたいたら、皆一斉に上を見上げたので、ちょっと驚いた;D:
p5040064.jpg
¥100おみくじ (リベンジ編)
昨年末はだったけど、今年は見事に返り咲き ;)。財布の中にしまっておいた、一昨年の大吉と交換して結び付けておく:
p5040066.jpg
静かに時を待つ神輿
浅草神社の横にある倉庫で、その時を待つ一の宮、二の宮、三の宮の神輿:
p5040067.jpg
これが例の中華屋
知っている人は知っているので、特にコメントなし…:X:
p5040068.jpg
花やしき
正面から見ると昔の面影がなくなったけど、中はあまり変わっていなかったり:
p5040069.jpg
問題です! この優雅に泳いでいる錦鯉たちは、どこにいるでしょうか?
ちなみに、浅草の老舗鰻屋では鯉こくなんかも出してくれます (5月5日にしては、残酷な気もするが…)。
p5040071.jpg
今日も、いつものように団子やら、柏餅やら、人形焼きやら、せんべいやらを片手に、隅から隅まで歩いてみたけど、数年前にあった店がいくつかリプレイスされているのに気づいた。ということで、自前のメモリ (浅草ヒープ領域) をオーバーライトしておく。
帰りは、母の日も近いということで、染絵てぬぐい ふじ屋に寄って手ぬぐいをいくつか見つくろって購入しておく (ここの看板娘のお婆ちゃん、とてもおっとりしているので、たまに会計で行列になることがある。でも、お元気そうでなにより)。
次回はもっと珍しいオブジェクトを撮ることにしよう。
浅草関連リンク
浅草い〜とこ
三社祭 (2000〜2004年までの特集。一の宮、二の宮、三の宮の渡御の地図あり)
浅草くらぶ
浅草うまいもの会
浅草絵図 (界隈の地図で、食事処などのリンクあり)
浅草の歴史と観光 (浅草寺界隈がよく分かります)

2004 忘年会 in 浅草.

先週末は級友らと共に浅草へ行って来た。俺的には今年の三社祭イベント以来だから、半年ぶりか。
見世も人混みも何も、どこも変わっていない。そんなところが良い。
さっそく米久本店へ向う。雷門や仲見世、JRA前とはがらりと雰囲気が変わるひさご通り。なにやら妙な店を横目に、明治時代に建立された古めかしい屋敷に入る。人数を告げると、人数分のドラ太鼓が鳴るのも変わっていない。地元の後輩に 14:00 以降はがら空きと言われたが、全くそのとおりで、待たされた割には、座敷の客はまばらだった。
座敷も古めかしいが、ガスコンロのべたつき具合も歴史を語っていた。一人前か?と思うような小さな鍋を四人で囲んで食べたのだけど、それほど窮屈な感じはしない。肉も美味しいし、天気も良かったせいか心地よく酔う。
それから国際通り沿いを散策して、浅草寺にお参りに行き、お土産買って甘味処で締めて、二次会の新宿までトンボ返りした。新宿もさすがに混んでいたが、浅草とは似ても似つかず、せわしない混みようだったが。
美味しい牛鍋 Gyu-Nabe でも撮ろうとカメラを持っていったが、いつもどおりカメラは鞄の中にしまったまま :0 だったけど、待っている時に数枚撮っておいたのがあった (表雷と裏雷):
asakusa-20041211.png
asakusa-20041211-02.png

昨日の晩.

は、久しぶりに級友に会って飲み食いした。いろいろ話を聞けて楽しかった。
でも、俺が座っていた席ってホント寒かった。
なんか帰り際に撮った写真、どうするかな。Assistant Inspector、顔出しはまずいかな。