ふざけるな

Brasero crashes S-J.

今回 GNOME Family 入りを果たした Brasero だけど個人的にはかなり疑問。このアプリ、bonfire という名称の時に日本語訳を初めたんだけど、実際にフル・オプション (beagle を使った検索や D-Bus を使った通知機能付き) でビルドすると起動しなかったり、「CD/DVDを焼く」程度の操作さえも満足に機能しない「出来損ない」の印象が強かった。
そんなこんなでメッセージ翻訳もやる気無くして放置していたが、G26 入りになったもので (仕方なく) ビルドとメッセージ翻訳を繰り返したが、やっぱり採用された理由が分からない。UI がごちゃごちゃしていて、ウィンドウを大きくしないとまともな操作ができないし。昨年末の new-module-proposal のやりとりで既に「こなれた機能」 (Nautilus-CD-Burner) なのにリプレイスが必要なのかの疑問には同意できる (N-C-B にも不満な点があるらしいが)。ここまで主張されるのは Ubuntu でこのアプリが採用されたからだろうとは思うが。
で、G26 になって CD/DVD 作成機能が GObject を使って他の言語やアプリ向けにエキスポートされるようになった (libbrasero-media ライブラリ)。このライブラリを使っているアプリの1つに Sound-Juicer があるんだけど、この G26 版が起動しない。バージョンアップしても起動しない:

$ sound-juicer
(sound-juicer:19434): GLib-GObject-CRITICAL **:
g_param_spec_internal: assertion `(name[0] >= 'A' && name[0] <= 'Z') || (name[0] >= 'a' && name[0] <= 'z')' failed
$

gdb で backtracing してみると、この libbrasero-media ライブラリに問題があったが、これまた情けない実装だった:

--- brasero-2.26.0/libbrasero-media/brasero-drive-selection.c.org   2009-04-11 08:47:01.000000000 +0900
+++ brasero-2.26.0/libbrasero-media/brasero-drive-selection.c   2009-04-11 08:47:52.000000000 +0900
@@ -623,7 +623,7 @@
combo_class->changed = brasero_drive_selection_changed;
g_object_class_install_property (object_class, PROP_DRIVE,
-                    g_param_spec_object (_("Drive"),
+                    g_param_spec_object ("Drive",
"Selected drive",
"The currently selected drive",
BRASERO_TYPE_DRIVE, G_PARAM_READWRITE));

ここで登録しているプロパティの名前 (Drive)が、なんと実行時に日本語になってしまい、妥当なプロパティ名かチェックするアサーションにひっかかるという具合 :o。英語版では発生しない問題なので、あとで GIT リポジトリを確認して、未だ修正されていなければ、このパッチと共に報告しておく予定報告しておいた

Liferea goes down.

Liferea、どうしちゃったんだろうか。
先月末にリリースされたバージョン 1.4.21 から XulRunner を正式にサポートするようになったのだけれど、FedoraCore のパッチをそのまま適用したみたいで、Debian 系のディストリビューションではデフォルトの XulRunner-1.9 を configure スクリプトで検出できず。それから数日後には実装上の別の問題があったようで、結局このバージョンは欠番になった。
それから先週末にバージョン 1.4.22 がリリースされた。configure スクリプトでの XulRunner 検出を他のアプリ (Yelp) から持ってきてうまく検出できるようになったものの、ランタイムエラーが発生して起動できず。それから連日のようにバージョン 1.4.22b、1.4.22c をリリースしたが SIGSEGV でどれもまともに起動できなかった。
で今朝みてみるとバージョン 1.4.22d なるものがリリースされていたのでダウンロード (今現在は明示的にこのバージョンを指定しないと駄目みたい) してビルド・インストールしてみるとちゃんと起動できた。今のところ動作は問題ないようだ。
しかし、ウェブサイトや ChangeLog にはまったく経緯が記録されていないし、今現在でダウンロード可能なバージョンも古いまま。ふm :/
ちなみに最新版の ja.po はここにあります。かなり前に翻訳したんだけど提出するのを忘れていた。