CLIMBER’S HIGH.

観てきた
これに続く今年二本目の邦画。上映時間は 145 分の長丁場。
高校時代の夏休みの最中に飛び込んできた大事故。テレビの前から動けなかったことを今でも覚えている。そういえば、それ以来、個人的に JAL を利用することはなくなったっけ。
映画の方だけれど、原作も NHK のドラマも観たことも知ったこともなかったので、ストーリーは楽しめた。新聞社の編集局をリアルに映像に納め、それぞれ役者らも自分の役にのめり込んでいるの伝わってきたのは良かった。緊張感も一定のまま長く続くといった感じで。
ただ、大勢役者がいるもんで人間関係をつかむのがつらかったのと、海外で撮ったラストシーンはいただけなかったが :(:
climbers-high-20080719.png