Creating a web album via gThumb.

最近、デジカメで撮った写真を upload して公開するのが面倒だなと思う時がある。特にフォト専用のインタフェースを持っていないような場所に upload するのはつらい。例えば会社にある Wiki やうちのブログなんかは一枚一枚指定してあげないといけないので、結構な数のフォトを upload するには時間もかかるし手も痛くなる ;(
今の環境だと F-Spot なんかが最適なんだと思うんだけど、一度 USB 経由の取り込んだ後に妙なエラーが発生したことがあり、それ以来使っていない (そういえば日本語メッセージも更新していないな:X)。で、GNOME-1.x から使用していた gThumb。普通に画像/動画ビューアとして利用していた gThumb にはバージョン 2.x から拡張機能としてフォト・アルバムを生成してくれる機能があり、意外とコレが便利なのに最近気づいた。
このフォト・アルバムの機能は任意の写真をまとめた「目録」(Index) の画像を生成するだけなんだけれど、その目録から HTML へ変換して簡易ウェブ・アルバムにすることも可能。なのでビューア上で選んで生成ボタンをクリックするだけでウェブからアクセスできるアルバムができあがる。まさに Quick & Easy
●gThumb には2種類のフォト・アルバムがある:
gthumb-20070902-01.png
「目録画像」(Index Image) とは写真のサムネイルを並べたものを画像にしたもの。「ウェブ・アルバム」(Web Album) は文字通り HTML 形式でサムネイルと写真をリンクしたアルバムのこと。
●「目録画像の作成」ダイアログ:
gthumb-20070902-02.png
目録の画像を保存する場所を指定して [保存(S)] ボタンをクリックするだけ。index.html ファイルも生成する を ON にしておくと、目録画像上のサムネイルをクリックすると写真を表示するような HTML を出力してくれる。
●「目録画像」そのもののスタイルもいろいろカスタマイズできる:
gthumb-20070902-03.png
目録となるサムネイルの並べ方や背景、影を付けたり、並べ替えもできる。
●例えばこんな感じ (ファイル名は ):
001.jpeg
ビューで選択した画像を並べて 001.jpeg という目録画像に変換したもの。
●あるいは、こんな感じ:
gthumb-20070902-004.jpeg
スタイルを変更すると、変更していた保存先のフォルダがデフォルトに戻るという問題があるので[保存(S)] ボタンをクリックする前に確認した方がよい。
●「ウェブ・アルバムの作成」ダイアログ:
gthumb-20070902-05.png
選択した写真からサムネイルを生成し、閲覧用の index.html を自動生成してくれる。設定項目は「目録画像の作成」とほぼ同じ。元の画像を格納場所へコピーするを ON にしておかないと index.html のリンク先はオリジナルの写真を指したままになるので注意。
●ウェブのスタイルもいくつか提供されている:
gthumb-20070902-06.png
ダイアログの下の方にあるアルバムのスタイルのテーマ(T)の右端にあるボタンをクリックすると6種類のスタイルをプレビューで選択できる。
●ウェブ・ブラウザで見るとこんな感じ:
gthumb-20070902-07.png
ちなみに今の環境ではカメラを USB で接続すると自動的に gthumb が起動されるようにしている:
gthumb-20070401.png
こんな感じで特にプロっぽい機能は無いのだけれど、手軽に upload して公開できるメディアに変換できる機能が気に入った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*