maemo and Japanese.

maemo-2.2/N770、maemo-3.0/N800 では通常の GNOME デスクトップ同様に fontconfig を採用しているので、日本語を表示するだけであれば $(HOME)/.fonts 配下に日本語を含むフォントをコピーすればユーザ権限でも実現できる。
フォントをコピーするには PC と USB 接続するのが手軽な方法なんだけれども、そのためには N770/N800 ともに MMC を挿入しなければならない。後発のN800は SDカード が利用できるので近くの PC ショップで 1GBの SD カード (開封未使用) を安く購入できたのでよかったものの、N770 は NOKIA の cellphone などで使用する RS-MMC のみのサポート。これって国内の市場では生産が終了しているのでネット上のショップで購入する必要があった。ということで このショップ で1GBを購入した。
これで、N770/N800 ともに Linux box と接続ができるようになったので、フォントをコピーして端末側で X Terminal を開き、フォントをコピーしてから再起動すると、見事に日本語で表示できるようになった:);
N770-maemo-japanese-01.png
N770-maemo-japanese-02.png
とは言っても、日本語表示が可能なアプリケーションが限られているので、今のところ大して便利ではないのだけれども (ウェブブラウザの Opera は日本語対応のものをインストールする必要ありそう)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*