Some translations update and more.

バージョン 2.12.1 もきっちりリリースされ、先週末、MIT で開催された GNOME Summit を経ていろいろ新しい動きが出てきたようで、端から見ていても面白そうだ:
See Also BetterDesktop.org: ユーザビリティに関する実験的データを開発者へ提供するプロジェクト
See Also Tango Desktop Project: フリーで Open Source な GUI アプリに一貫したインタフェース (を構成するリソース) を提供するプロジェクト
See Also dogtail: GUI アプリの QA テスト・スィートを提供するプロジェクト
で、2.12.1の方は出遅れたけれど、いくつか ja.po を更新しておいた。メモリ・リークやらセキュリティやらの問題であまり使うことのなかった GDM2 だけれどメッセージの更新を兼ねてビルド・インストールしてみた。FC とか Ubuntu とか参考にしたけど、最近の Distribution は /etc/inittab から直接起動しないようになっているんだ。翻訳を更新するついでに長い文を可能な限り短く省略して、表示される設定ダイアログをコンパクトにしてみた:
gdm2-preference-20051016.png
へぇ〜、ログイン・フェイスもいろいろ変更できるようになっているんだ:
gdm2-photosetup-20051016.png
でも結構たくさんメモリリークあるねぇ
最近頻繁にリリースされている gnome-screensaver
以前よりは i18N 化も進み、DPM まわりのバグも修正され常用できるレベルまできた。
$HOME/Pictures というフォルダ (リンクも可) の中にある画像をランダムに (フェーズアウトしながら)表示してくれるのは面白い。記念に撮った画像なんかをスクリーンセーバーにするのも新鮮だ:
gnome-screensaver-prefs-20051016.png
/apps/gnome-screensaver/dpms_* なんかも有効にしておくとディスプレイの電源を OFF にしてくれるし、/apps/gnome-screensaver/logout_enabled を有効にすると、↓のダイアログにログアウト・ボタンが追加される。ユーザ名やフェイスのアイコンは G12 から追加された個人情報の内容が反映される:
gnome-screensaver-dialog-20051016.png
あとは新参者をいくつか。
Deskbar Applet
Beagle みたいに複雑な requirements を必要としないデスクトップ検索アプレット。起動時はインデックス生成/更新しているので立ち上がりが遅い。これはある程度仕方がないか。メッセージ翻訳したけど Python なんで (またか!) i18N の出来は最悪。今後のリリースに期待する:
deskbar-applet-20051016.png
Baobab
du -h の GUI 版といったところ。こちらも実行時にディスクをスキャンするので結果を表示するまで待たされる:
baobab-disktree-20051016.png
baobab-search-20051016.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*