GTK+ Ref. translation is finally finished.

残っていた「GTK+ のいろいろなツール」と「用語集」が完了し、GTK+ バージョン 2.14.7 のリファレンスマニュアルの翻訳がすべて完了した。
最初に gdk-pixbuf の翻訳に着手したのが 2011年6月なのでかれこれ4年近くかかったわけだ。GLib を含めたドキュメント・ファミリーの場合だと GLib の翻訳開始が 2008年10月なので、こちらもかれこれ7年近くかかったことになる。いや~、長かった~。実際、GTK+ の2系は既にバージョン 2.24.27 までリリースされてしまっているので、新規ないし変更された仕様もあるだろうから、あまり役にたたないかもしれないけど。おまけにメインストリームは GTK+ 3 になっているし。
とはいえ、正直なところ感無量。よくぞ最後まで続けることができたものだと。次の翻訳作業は未定。ひとまず GTK+ 関連の翻訳は終了する。城攻めブログも新たに再開したいので、早いとこ自宅サーバをリプレイスしないといけないし。
ということで、この際だから他の関連するドキュメントも一旦、最新版の gtk-doc でコンパイルしなおしてアップロードしておいた:
See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.14.7 版の API リファレンス
See Also GIT リポジトリ: 作業用の GIT リポジトリ (英文併記)
See Also 誤植/誤訳の報告はメールの他にこちらにて。
この GTK+ バージョン 2.14.7 をドキュメント・ファミリーとして相互参照する日本語ドキュメントは:
See Also GLib リファレンスマニュアル: v2.18.4 版の API リファレンス
See Also GObject リファレンスマニュアル: v2.18.4 版の API リファレンス
See Also GIO リファレンスマニュアル: v2.18.4 版の API リファレンス
See Also Cairo リファレンスマニュアル: v1.8.6 版の API リファレンス
See Also Pango リファレンスマニュアル: v1.22.4 版の API リファレンス
See Also gdk-pixbuf リファレンスマニュアル: v2.14.7 版の API リファレンス
See Also GDK リファレンスマニュアル: v2.14.7 版の API リファレンス
まぁ今回も ATK のリファレンスマニュアルは翻訳していないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*