GTK+ Ref. translation (TAKE 12).

バージョン 2.10 (2007年頃) から導入された「印刷」機能が完了。これらは全て新規の翻訳。
UNIX 向けの印刷プラットフォームである CUPS (引用は最新版のバージョン 1.7で、GTK+ バージョン 2.10 の頃の CUPS はバージョン 1.2) が十分に実用的になってきた時期だったのか、ここで実装されているクラスも CUPS のそれに近いものがあるけど、ベースはそれまで印刷機能を GNOME デスクトップに提供していた libgnomeprint ライブラリかな。
GTK+ にマージされた APIとして、印刷対象を CUPS のような印刷プラットフォームに渡したり、印刷ステータスを監視するといった印刷操作、将来の機能向けに拡張可能な印刷コンテキスト、用紙の規格、印刷用の設定 (クライアントとサーバ側の両方)、使用するプリンタ、印刷ジョブなどのオブジェクトが提供されている。
しかしながら、原文の英語がひどかった。単語の choice が何か変で、そのまま訳すと意味不明な文になってしまうケースが多く、結局コードをみながら訳文が妥当かどうかを確認した。そういえば、昔翻訳した GIO の時もそうだったよなぁ。ホント、彼の書いたドキュメントは苦労する :(
See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.14.7 版の API リファレンス
See Also GIT リポジトリ: 作業用の GIT リポジトリ (英文併記)
See Also 誤植/誤訳の報告はメールの他にこちらにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください