GTK+ Ref. translation (TAKE 3).

表示系のウィジェット」が完了。と比較すると:

  • GtkStatusIcon クラスが追加されている。システム・トレイとか通知スペースにアイコンを表示して、ツールチップやコンテキスト・メニューを利用するといったもの。
  • その他のクラスには大きな変更はないものの、アイコンや画像データとして GIO から GIcon のサポートが追加された。
  • はシグナルの説明がすっぽり抜けていたけれど、この版ではウェブ等のリソースから可能な限り埋めるようにした。
  • あとは他と同様に、gtk-doc の最新版でビルドした。

See Also GTK+ リファレンスマニュアル: v2.14.7 版の API リファレンス
See Also GIT リポジトリ: 作業用の GIT リポジトリ (英文併記)
See Also 誤植/誤訳の報告はメールの他にこちらにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください