Mikeforce::Castles

城攻めと古戦場巡り、そして勇将らに思いを馳せる。

カテゴリー: 肥前国

現在の佐賀県と(対馬市と壱岐市を除く)長崎県で、肥前国(ひぜんのくに)または肥州(ひしゅう)と呼ばれた

島原城 − Shimabara Castle

南東側から見た島原城の天守閣と巽櫓、そして屏風折れ高石垣
長崎県島原市にある島原城が建つ地はかっては森岳(または四壁山)と呼ばれ、肥前国大名の有馬晴信が本陣を構えて龍造寺隆信の軍を撃破した場所である。元和12(1616)年には、大和国の五条(奈良県)から入封した松倉重政が、ここに島原城を築いた。重政は、筒井家家老で島左近と共に松倉右近と呼ばれた松倉右近太夫重信の嫡男である。着工から4ないし7年の歳月を経て完成した。築城と同時に城下町の整備も行い、それまでの居所であった日之江・原城を廃城とした。島原城は、南北に本丸と二の丸と三の丸が並ぶ典型的な連格式平城で、外郭は周囲約4kmの塀を長方形に巡らし矢狭間を設け、7個の城門、33個の平櫓を配置した。内郭は堀で囲まれた本丸と二の丸を配置し、その北には藩主の居館である三の丸が設けられた。また、本丸には安土桃山式建築の粋を集めた総塗り込め式で五層の天守閣をはじめ、隅櫓として3箇所に三層櫓がそびえ立つという四万石の新興大名にしては過分にして、豪壮堅固な城構えだった。築城時の過酷な夫役(ぶやく)と重税、そして前代の有馬氏は切支丹大名で布教活動も盛んだったのに対し、時代が禁教令へと変わったことも加えて、松倉氏の厳しい切支丹弾圧の結果、重政の嫡男勝家の時代、寛永14(1637)年に島原の乱が起こったことでも有名である。

続きを読む

吉野ケ里 − Yoshinogari

吉野ヶ里遺跡にある南内郭

佐賀県の神埼郡にある吉野ケ里遺跡こと吉野ケ里歴史公園には、およそ700年も続いた弥生時代の環壕集落や、外敵に備えて集落の周囲に巡らした二重三重の濠や柵、そして物見櫓のような立柱(たてばしら)建物跡など、まさに「城」の原型とも言うべき遺構がいろいろ復元されている他、発掘調査で出土した遺跡や史跡を見学できる。公園北には北墳丘墓(きたふんきゅうぼ)と呼ばれる巨大な甕棺墓列(約3,000基)が調査結果より忠実に復元されている。

続きを読む

佐嘉城 − Saga Castle

天保9年(1838)当時の姿を残す佐嘉城の鯱の門

 

佐賀県佐賀市にある「佐嘉城」は、肥前の熊こと龍造寺隆信の居城であった佐嘉龍造寺城(村中城)を、彼の従兄弟であり義弟であり重臣の一人であった鍋島直茂とその子勝茂が拡張して、鍋島佐賀藩36万石の居城となるべく、慶長13(1608)年に普請が始まり3年後に完成した。この城は四方を堀で囲み、平地に築かれた典型的な平城であり、本丸には五層の破風のない素朴ながらも実戦向きの天守閣が建てられたが、享保11(1726)年の大火災で焼失した後は再建されなかった。それ以外に度重なる火災で本丸や二の丸が焼失しているものの、本丸跡の鯱の門や本丸御殿が再建・復元されている。また天守台とその石垣も残っており、隅檜台の石垣や水堀などを見ることができる。

続きを読む

© 2018 Mikeforce::Castles

テーマの提供は Anders NorenUp ↑