Mikeforce::Castles

城攻めと古戦場巡り、そして勇将らに思いを馳せる。

カテゴリー: 下総国

現在の千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東辺、そして東京東辺で、下総国(しもうさのくに/しもふさのくに)または総州と呼ばれた

亥鼻城 − Inohana Castle

「千葉城」の通称を持つ亥鼻城の2郭跡には四層五階の天守閣風な郷土博物館が建っている

千葉県千葉市中央区亥鼻の猪鼻(いのはな)台地の上にあった亥鼻城は、平安時代の終り頃の大治元(1126)年に、桓武天皇を祖とする平家支流の千葉常重(ちば・つねしげ)が、当時の大椎(おおじ)城[a]現在の千葉県千葉氏緑区大椎町にあった城。から居城を移転して築城したものであり、現在はその跡地に四層五階の天守閣を形を模した千葉市立郷土博物館[b]昭和42(1967)年の開館で、昭和58(1983)年に現在の館名を改められた。が建っている。ここ亥鼻城を本拠としたあとは常重の嫡子・常胤(つねたね)が源頼朝を助けて源平合戦や奥州合戦に参戦し、鎌倉幕府樹立に大きく貢献することで下総国の他に奥州や九州[c]奥州の所領は現在の福島県、九州の所領は現在の佐賀県である。に所領を拡げて千葉氏の最盛期を創った[d]常胤は拝領した所領を胤正(たねまさ、千葉介)、師常(もろつね)、胤盛(たねもり)、胤信(たねのぶ)、胤通(たねみち)、胤頼(たねより)といった6人の息子に割譲してそれぞれ治めさせ、「千葉六党(ちばりくとう)」として一族が団結した。こののちに『上総千葉氏』、『下総千葉氏』、そして『九州千葉氏』となる。。しかし、鎌倉公方(足利成氏)による関東管領(山内上杉憲忠)の謀殺を発端として、享徳3(1454)年から28年間、関東一円の国衆・地侍らを巻き込んだ享徳の乱(きょうとくのらん)では千葉家中で内紛が勃発、公方派だった馬加(千葉)康胤や原胤房は関東管領派であった千葉介胤直が籠もる亥鼻城を攻め、城は落城、多古に逃れた胤直一族を滅ぼして下総千葉氏で千葉氏本宗家を継承した。それから康胤の孫である輔胤は関東管領上杉氏や太田道灌、さらには一族である武蔵千葉氏と抗争しつつ、印旛沼と利根川の水運を掌握でき古河公方勢と連携できる地に本佐倉城を築き、亥鼻城を廃城して居城を移した。

続きを読む

参照   [ + ]

a. 現在の千葉県千葉氏緑区大椎町にあった城。
b. 昭和42(1967)年の開館で、昭和58(1983)年に現在の館名を改められた。
c. 奥州の所領は現在の福島県、九州の所領は現在の佐賀県である。
d. 常胤は拝領した所領を胤正(たねまさ、千葉介)、師常(もろつね)、胤盛(たねもり)、胤信(たねのぶ)、胤通(たねみち)、胤頼(たねより)といった6人の息子に割譲してそれぞれ治めさせ、「千葉六党(ちばりくとう)」として一族が団結した。こののちに『上総千葉氏』、『下総千葉氏』、そして『九州千葉氏』となる。

国府台城 − Kounodai Castle

江戸川沿いの下総台地西端に築かれた国府台城では土塁に古代古墳を利用していた

千葉県市川市国府台にある里見公園は埼玉県東部から千葉県北部一帯に走る下総台地の西端で、江戸川沿いの台地上にあり、往時は下総国の国府が置かれたことから国府台(こうのだい)と呼ばれ、下総国の政治や文化の中心となった場所であった上に、室町から戦国時代の関東動乱の舞台ともなった国府台城が築かれていた。その由緒としては、歴史書の『鎌倉大草紙』(かまくらおおぞうし)[a]室町時代の鎌倉公方・古河公方を中心とした関東地方の歴史を記した軍記物である。には文明10(1478)年に扇ヶ谷上杉氏の家宰・太田資長[b]読みは「おおた・すけなが」。持資(もちすけ)とも。出家したのちは道灌(どうかん)と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。が、ここ国府台に陣城を築いたとあり、これを始まりとする説がある。他に、それより前の康正2(1456)年に武蔵千葉氏[c]武蔵千葉氏は後に下総千葉氏に分裂し、さらに下総千葉氏は小田原北条氏が継ぎ、北条氏の滅亡と同時に千葉氏も所領を没収された。宗家・千葉実胤(ちば・さねたね)と自胤(よりたね)兄弟が市川城なる砦に立て籠もって、古河公方・足利成氏(あしかが・しげうじ)に抵抗したと云われているが、この市川城と道灌の陣城との関係は不明である。その後、国府台は二度にわたり争乱の表舞台に立つことになる。まずは天文7(1538)年に伊勢氏綱[d]北条氏綱。小田原北条氏二代目当主で、北条早雲の嫡子であり、北条氏康の父である。と小弓公方(おゆみくぼう)足利義明(あしかが・よしあき)・里見義堯(さとみ・よしたか)連合軍との合戦、そして永禄6(1563)年から二年に渡る北条氏康と里見義弘との合戦で、ともに里見勢は敗退し、下総から里見氏の勢力が駆逐されていくことになった。

続きを読む

参照   [ + ]

a. 室町時代の鎌倉公方・古河公方を中心とした関東地方の歴史を記した軍記物である。
b. 読みは「おおた・すけなが」。持資(もちすけ)とも。出家したのちは道灌(どうかん)と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。
c. 武蔵千葉氏は後に下総千葉氏に分裂し、さらに下総千葉氏は小田原北条氏が継ぎ、北条氏の滅亡と同時に千葉氏も所領を没収された。
d. 北条氏綱。小田原北条氏二代目当主で、北条早雲の嫡子であり、北条氏康の父である。

本佐倉城 − Moto Sakura Castle

半島状台地上に築かれた本佐倉城は三方が湿地帯に囲まれた要害だった

千葉県の印旛郡酒々井(いんばぐん・しすい)町にある本佐倉城[a]別名は将門山城。「将門」は俵籐太(たわらとうた)こと藤原秀郷が討伐した平将門の怨念伝説からきているとも。は室町時代後期の文明年間(1469〜1486年)に千葉輔胤(ちば・すけたね)が印旛沼を望む標高約36mほどの将門山上に築いた連郭式平山城で、南西面を除く三方は湿地帯に囲まれた要害の地にあった。この輔胤は、享徳3(1455)年に始まった『応仁の乱の関東版』とも云うべき享徳の乱の最中に起こった下総守護千葉家の内乱を制して宗家を継ぎ、のちには古河公方足利氏や長尾景春[b]伊藤潤作の『叛鬼(はんき)』(講談社文庫)の主人公である。と連携して、関東管領山内上杉氏や太田道灌、武蔵千葉氏らにたびたび抗してきた。下総千葉氏二十一代当主となった輔胤は内乱で荒廃した宗家の居城・亥鼻城を廃城とし、ここに築いた本佐倉城を、天正18(1590)年に太閤秀吉の小田原仕置によって後北条氏と共に滅亡するまでの九代、百有余年にわたり宗家の居城とした。千葉家が断絶した後は徳川家康の譜代家臣の内藤家長が入封し、本佐倉城は一旦は破却されたが、慶長15(1610)年に土井利勝が佐倉藩を起藩すると城跡に藩庁が置れた。そして元和元(1615)年には、滅亡前の千葉氏が築城に着手し未完成のままだった鹿島城を整備拡張した佐倉城へ藩庁を移転すると、本佐倉城は一国一城令に従って完全に廃城となった。

続きを読む

参照   [ + ]

a. 別名は将門山城。「将門」は俵籐太(たわらとうた)こと藤原秀郷が討伐した平将門の怨念伝説からきているとも。
b. 伊藤潤作の『叛鬼(はんき)』(講談社文庫)の主人公である。

佐倉城 − Sakura Castle

江戸幕府の重職を数多く輩出した佐倉城の本丸南には角馬出のような出丸がある

千葉県佐倉市城内町にある佐倉城は、印旛沼へ注ぐ鹿島川、高崎川を天然の外堀とし、周囲が湿地帯である台地の上に土塁を穿って築城した連郭式平山城で、戦国時代の中頃に本佐倉城を居城としていた下総国の戦国大名・千葉親胤(ちば・ちかたね)[a]その先祖は、千葉氏宗家・千葉自胤(ちば・よりたね)と関東管領山内上杉氏に反抗し、名将・太田道灌と幾度か合戦した千葉輔胤(ちば・すけたね)・孝胤(たかたね)父子である。が大叔父にあたる鹿島幹胤(かしま・みきたね)に命じて築城が始まり、鹿島城と呼ばれていたものの、親胤が暗殺(享年17)されたために一時中断となった。その後、親胤の直系にあたる千葉氏第29代当主・千葉邦胤(ちば・くにたね)は上総の雄・里見義弘の圧迫を受けることになったため築城を急ぎ再開したものの、邦胤もまた暗殺[b]天正13(1985)年の新年の祝賀の席にて近習の放屁を叱責したところ、恨みを持たれて就寝中に短刀で刺され死亡した。享年39。嫡男は幼少だったため、小田原北条氏政の実子が千葉家を継いだ。されて再び中断となり、城が完成せぬまま天正18(1590)の豊臣秀吉による小田原仕置を迎えた。この時の当主が、北条氏政の実子で氏直の弟である直重であったため、ここに下総千葉氏は滅亡した。その後、徳川家康が関東八州に入封した際に、その要害に着目し、慶長15(1610)年に土井利勝に命じて未完の鹿島城を整備拡張し七年の歳月を経て佐倉城として完成した。六世126年間11万石を領有した堀田氏による佐倉藩は、明治維新を迎えて廃城となったのち、帝国陸軍の佐倉連隊が駐屯して施設はことごとく破却されてしまった。

続きを読む

参照   [ + ]

a. その先祖は、千葉氏宗家・千葉自胤(ちば・よりたね)と関東管領山内上杉氏に反抗し、名将・太田道灌と幾度か合戦した千葉輔胤(ちば・すけたね)・孝胤(たかたね)父子である。
b. 天正13(1985)年の新年の祝賀の席にて近習の放屁を叱責したところ、恨みを持たれて就寝中に短刀で刺され死亡した。享年39。嫡男は幼少だったため、小田原北条氏政の実子が千葉家を継いだ。

臼井城と臼井田宿内砦 − Usui Castle and Usuida Shukuuchi Fort

臼井城の本丸からは臼井田宿内砦や師戸城などの支城を眺めることができる

永久2(1114)年に坂東平氏である下総国の豪族は千葉一族の臼井六郎常康(うすい・ろくろう・つねやす)が居を構えた千葉県佐倉市臼井田には、のちに臼井氏の中興の祖と云われる臼井興胤(うすい・おきたね)の代の14世紀中頃に、臼井城の基礎がおかれたと伝えられている。今から500年以上も前の文明10(1478)年に関東管領の重臣の一人だった長尾左衛門尉景春[a]伊藤潤作の『叛鬼(はんき)』(講談社文庫)の主人公である。が起こした反乱に乗じて古河公方と共に関東管領山内上杉氏と対立した千葉孝胤を討つべく、江戸城を発った扇谷上杉氏家宰の太田道灌資長と千葉自胤(ちば・よりたね)[b]自胤(よりたね)に反攻して、下総国千葉氏当主を自称した孝胤(たかたね)は分家筋にあたり、のちに自胤は室町幕府から千葉氏の当主として認められた。らは国府台城に布陣、境根原古戦場(さかいねはら・こせんじょう)で激戦となり、そこで敗北した孝胤はここ臼井城に籠城しなおも抵抗する。さすがの名将道灌も攻めあぐねたが、なんとか周囲にある砦や支城を攻め落とし最後の決戦で臼井城を陥落させて孝胤を父・千葉輔胤(ちば・すけたね)の居城である本佐倉城へ敗走させたが、その決戦で道灌は弟の太田図書資忠と太田家譜代の勇士らを失ってしまった。そして翌年の和議ののち文明18(1486)年に道灌が謀殺されると、孝胤は再び臼井城を奪取し、家臣の臼井景胤(うすい・かげたね)が城主となった。

続きを読む

参照   [ + ]

a. 伊藤潤作の『叛鬼(はんき)』(講談社文庫)の主人公である。
b. 自胤(よりたね)に反攻して、下総国千葉氏当主を自称した孝胤(たかたね)は分家筋にあたり、のちに自胤は室町幕府から千葉氏の当主として認められた。

© 2018 Mikeforce::Castles

テーマの提供は Anders NorenUp ↑