はじめ見性寺、再興後は高安寺と改めた寺院は藤原秀郷の居館跡だった

武蔵野台地[a]約200万年前の東京多摩エリアは海であり、海底に堆積した泥や火山灰(ローム層)からなる地盤が隆起したものの一部が武蔵野台地。にあって多摩川の流れによって侵食された段丘崖《ダンキュウガイ》[b]崖地《ガケチ》とも。の連なりとして形成された崖線《ガイセン》のうち、現在の東京都立川市や国立市あたりから東京都府中市をとおり、東京都調布市や狛江市までの東西十数キロに渡って伸びた府中崖線[c]一部は立川崖線とも。他に国分寺崖線がある。の南縁辺部には、平安時代に藤原秀郷《フジワラ・ノ・ヒデサト》[d]平安時代中期の武士。田原藤太《タワラ・ノ・トウタ》とも。近江三上山の百足退治の伝説が有名。源氏・平氏と並ぶ武家の棟梁として、関東中央部を支配する武家諸氏の祖となる。の居館があり、その後跡地に市川山・見性寺[e]宗派は不明とのこと。が建立されたと云う。鎌倉時代末期の正慶2(1333)年には、新田義貞がこの寺の三方に堀を設けて城砦化し、本陣を構えて分倍河原で鎌倉幕府・執権北條氏ら幕府勢との決戦[f]義貞勢は緒戦は撃退されたが、のちに執権北條氏を見限った御家人らが合流し、最後は奇襲で大勝し幕府勢を敗走させた。に勝利した。室町時代初期、征夷大将軍の足利尊氏は「安国利生」の祈願所として見性寺を龍門山・高安護国禅寺に改称、その寺領は幕府の庇護を受けて拡大し大刹《タイセツ》[g]大きな規模を持つ立派な寺院と云う意味。に成長した。応仁の乱後、関東が騒乱の嵐に飲み込まれると鎌倉公方[h]鎌倉殿とも。室町幕府が関東を統治するために設置した鎌倉府の長で、天下の副将軍に相当する。の陣所として高安寺館[i]戦国時代まで、本来の「館《ダテ》」は「やかた」ではなく「城」を指すものとされている。は一段と要害化が進んだ。一方で寺としては戦乱の度に荒廃し、本格的に復興されたのは江戸時代に入ってからだと云う。

今となっては七年前は、平成29(2017)年の白露の候ちかくの週末に東京都下にある城跡をいくつか攻めてきた。この日の最後は府中市片町にあった高安寺館(見性寺館)[j]他に高安寺城、または高安寺塁とも。跡の高安寺へ。京王線・分倍河原駅を出て都道R229(旧甲州街道)沿いを新宿方面へ歩いて行くと高安寺が見えてくる。

なお、今回この訪問記を書くにあたり当時は未確認だった城塁らしき箇所を探しに、昨年は令和5(2023)年の冬至の候を過ぎたとある日に再訪してきた。と云うことで、本稿では主に二度目に攻めた高安寺館跡を紹介する[k]一部は初回の城攻め時の情報が含まれるが、特に表記として区別はしない。

こちらは国土地理院が公開している地理院地図(白地図)を利用して、東京都府中市の高安寺や新田義貞公像の他に、新たに巡ってきた分倍河原古戦場跡などにを書き入れたもの(範囲位置は推定を含む):

多摩川は分倍河原古戦場よりも更に南にある

分倍河原古戦場跡周辺図(拡大版)

この周辺図にあるJR南武線の沿線部[l]谷保駅から西府駅、分倍河原駅、そして府中本町駅あたりまでの区間。府中崖線の縁辺部にあたり、電車に乗っているとちょうど谷の中を線路が走っているように感じるエリアである。この崖線は多摩川により形成された河岸段丘の一つで、西は立川あたりから府中を通り、調布あたりまで伸びている。なお府中市は大きな段丘が二つの崖線(国分寺崖線と府中崖線)によって区分された地形になっている。地形学的には、市の北端から国分寺崖線までが武蔵野段丘、国分寺崖線から府中崖線までが立川段丘、府中崖線から多摩川までが多摩川低地と呼んでいる。これら段丘周辺には湧水が多く、人が集まってさまざまな交流が発生することで土地の要になり、勢力の拠点が作られた。そのような中で、ここ高安寺(見性寺)館[m]これ以降は、特に断りがない限り「高安寺館」で表記を統一する。三田氏館(東京都国立市)は立川段丘上に、武蔵野段丘上には深大寺城が築かれていることが知られている。共に籠城に有利な水の手が豊富な土壌であった。また、この館の南に広がる多摩川低地と多摩川河川あたりは、勢力同士が激突した戦場でもあり、この館には本陣が置かれるなどして城塞化され、その兵火によりたびたび荒廃したと云う。

今回の城攻めでトレースしたGPSアクティビティを先の周辺図上に重畳したものが、こちら。Garmin Instinct® で計測した総移動距離は3.04km、所要時間は1時間11分(うち移動時間は40分)ほど:

古戦場跡から府中崖線沿いに北上して高安寺へ向かった

My GPS Activity

こちらは下河川緑道から見下ろした府中崖線跡。段丘上の杜部が高安寺館跡。段丘からは水が湧いていたので、現在のJR南武線はおそらく水堀跡と推測される:

崖線の北側の段丘部(正面の杜)が館跡(高安寺)

JR南武線沿いは府中崖線

線路附設や宅地化で水堀が埋められ、段丘も削られた

(コメント付き)

旧甲州街道に面した総門前には境内案内図が建っていた。この図からでも段丘縁辺部に高安寺が建っている雰囲気が分かる:

(七年前には無かった案内板)初め見性寺、のちに足利尊氏が開基して高安寺となる

曹洞宗・龍門山・高安寺

総門をくぐって境内に入ると本堂へ向かって鈎の字に曲がった参道上に巨大な山門が見えてくる:

明治5(1872)年の再建で、都選定歴史的建造物の一つ

山門(正面)

東京都選定歴史的建造物。二階建てで、一階にも屋根(下屋)を持つ二重門形式。寺院では最も格式の高い門の一つ。建材は全て欅《ケヤキ》の木造で、入母屋造銅板板葺、柱は円柱。初層正面には仁王像が置かれている一方で、背面には地蔵尊と奪衣婆《ダツエバ》が安置されている:

初層の天井には乱れ龍が描かれていた

初層(正面)は仁王門

明治に入り再建を開始し、明治5(1872)年の廃仏毀釈《ハイブツ・キシャク》[n]仏教寺院・仏像・経巻を破棄し、仏教を廃すことを意味する。神道国家である日本でも大政奉還後に解釈を捻じ曲げ暴走した民衆によって仏教施設が次々と破壊された。により工事は中断したが、その後に完成した。

さらに参道を進むと脇に鐘楼が建っていた[o]二度目の城攻め時は老朽化した鐘楼の修理中だったので観覧できず。

正面が本堂、右手に鐘楼、左手が墓地

参道

安政3(1856)年の建立で、都選定歴史的建造物の一つ

鐘楼

東京都選定歴史的建造物。建材は全て欅《ケヤキ》の木造。袴腰《ハカマゴシ》付きで、屋根は宝形造銅板葺。虹梁型頭貫《コウリョウガタ・カシラヌキ》の木鼻には龍の丸彫を配し、支輪板《シリンイタ》には鶴の浮彫彫刻を施す。この鐘は江戸幕府が指定した「時の鐘」であり、近隣四方の村々へ時を報する役目があったと云う。創建時の鐘は享和元(1801)年の火災で焼失し、現在の鐘は安政3(1856)年の改鋳。

さらに奥に建っているのが本堂。こちらも東京都選定歴史的建造物。木造平屋建、屋根は寄棟造銅板葺(以前は茅葺)、六つ間取で内部正面に広縁、両側面に入側縁から構成されている。正面に掲げられた扁額「等持院」は、開基となった足利尊氏公の法嗣名[p]戒名は「等持院殿仁山妙義大居士長寿寺殿」。

享和3(1803)の再建、都選定歴史的建造物の一つ

本堂

足利家の「丸に内二つ引き」紋があしらわれた仏具

本堂

本堂近くには、かっての城砦跡を思わせる井戸が残っていた。

寛永元(1624)年に火災で焼失した後、享和3(1803)年の再建。本堂の至る所に足利家の「丸に内二つ引き」紋があしらわれていた。なお「五七桐」紋は後醍醐天皇から賜ったもの:

「足利二つ引き」紋と「五七桐」紋が掲げられていた。

本堂屋根の棟

高安寺の前身・見性寺は暦応年間(14世紀)に創設され、建長年間(17世紀)に室町幕府の征夷大将軍・足利尊氏が再興した。尊氏は聖武天皇に倣い、国ごとに「安国寺利生塔《アンコクジ・リショウトウ》」を建立しようと計画[q]聖武天皇が、後醍醐天皇崩御に際して天皇を含む全国の戦没者を弔うために国(66ヶ国2島)ごとに一寺一塔を建立すると云う計画。現在、全国にある「安国寺」が該当する。し、見性寺を武蔵国の安国寺に取り立てて、龍門山・高安護国禅寺に改称した。

その後、室町幕府の将軍足利氏直轄となると、関東へ派遣された鎌倉公方[r]鎌倉殿とも。室町幕府が関東を統治するために設置した鎌倉府の長で、天下の副将軍に相当する。がその立地と見性寺時代から周囲が水堀で囲まれた城砦であることから、地方でおこった反乱征伐のために陣所(本陣)を置くことがしばしばあった:

  • 応安元(1368)年、武蔵平一揆の乱の鎮定(二代鎌倉公方・足利氏満)
  • 永徳元(1381)年、小山義政の乱の討伐(二代鎌倉公方・足利氏満)
  • 応永6(1399)年、大内義弘の乱(三代鎌倉公方・足利満兼)
  • 応永30(1423)年、小栗満重・宇都宮時綱の乱の討伐(四代鎌倉公方・足利持氏)
  • 永享10(1438)年、関東管領・上杉憲実の討伐(四代鎌倉公方・足利持氏)永享の乱
  • 享徳4(1455)年、関東管領・相模守護の両上杉の討伐(五代鎌倉公方・足利成氏)享徳の乱

戦国時代になって関東管領・上杉氏や小田原北條氏の下でも軍事拠点として利用され、兵火の渦に巻き込まれると大刹の姿を失い荒廃した。

江戸時代の慶長年間に海禅寺[s]武蔵国辛垣城《カラカイジョウ》主・三田氏の菩提寺。(東京都青梅市)の徳光禅師が高安寺を曹洞宗に改めて再興し、今日に至る。

本堂脇から入った墓地周辺には崖線の縁や水堀の名残をいくつか見かけた。たとえば弁慶硯の井の周辺には城砦化した時の城塁らしきものがあった:

府中崖線ではなく城砦化した際の名残りであろう

保育園脇の城塁

「弁慶硯の井戸」前から眺めた城塁も城砦時のものか

井戸の周囲の城塁

JR南武線に面す境内南側の清水下小路なる遊歩道からは、おそらく破壊されたであろう城塁らしきものを確認できた。清水下小路はおそらく水堀跡:

散策路の附設で破壊されているが城塁の面影が残る

崖線側の城塁

往時は散策路あたりは堀であったろうと推測する

崖線北側の立川段丘

境内には伝承・伝来とする史跡や旧跡がいくつかあった:

まずは秀郷稲荷大明神。社は西側城塁跡に建っている。かって見性寺は藤原秀郷の居館跡であり、現在の高安寺も秀郷公を鎮守として祀っている:

田原藤太秀郷公を当山鎮守として裏山に祀っていた

秀郷稲荷大明神

この大明神脇から境内(城塁跡)を下りたところには弁慶覗の井戸跡がある:

境内下に残っている武蔵坊弁慶ゆかりの井

弁慶硯の井

(竹の保護柵は鍵で固定されていて開けることはできない)

弁慶硯の井

段丘によって水が豊富であるから、境内にたくさんあった井戸の一つであろう。平家滅亡後、兄の源頼朝に鎌倉入りを許されなかった源義経は、やむなく京へ戻る途中、ここ見性寺で武蔵坊弁慶と共に赦免祈願のため大般若経を写したが、その際に弁慶が裏山から清水を汲みとったので弁慶硯の井という遺蹟になった。

境内には著名人の墓碑があったが、その中には木曽源太郎《キソ・ゲンタロウ》なる幕末の志士の墓がある:

木曾義仲二十五代目の末裔を称した熊本藩士

木曽源太郎墓

熊本藩士。木曾義仲二十五代目の末裔を称し、兵学の研究に従じ、のちに藩の兵法師範を務めたが脱藩して倒幕運動に参加した。明治維新後は湊川神社や鎌倉宮、護王神社等の宮司を歴任した。晩年は北多摩府中町(東京都府中市)に隠棲した。

最後は境内にあった注意書き:

IMGP8947.resized

「山内の犬以外」犬の散歩は禁止

以上で高安寺館攻めは終了。

See Also高安寺館攻め (フォト集)
See Also高安寺館攻め (2) (フォト集)

【参考情報】

分倍河原古戦場跡

武蔵国府中の多摩川河畔(多摩川低地)にある分倍河原《ブバイガワラ》で関東の行く末を決めるような戦いが二度あった:

鎌倉時代後期(元弘の乱)

二度に渡る元寇の襲来(文永の役と弘安の役)を経験し、多くの負担を強いられた鎌倉幕府の御家人は困窮した。幕府を支える根底が揺らぎはじめた北條執権政治は、彼らを救済するために徳政令を発するが、さらに社会的な混乱を招き、幕府の弱体化を加速させる結果になった。

元弘3(1333)年、倒幕の意を固めた上野国新田荘の新田義貞は執権・北條高時《ホウジョウ・タカトキ》を鎌倉に攻めるため、上野国、武蔵国、越後国の御家人を率いて一路南下し、小手指ヶ原《コテサシガハラ》(埼玉県所沢市)で幕府軍3万を激戦の末に破り、その勢いをもって久米川の戦い(東京都東村山市)で勝利して優位に立った。逆に勢いを失った幕府軍は分倍河原まで撤退し、そこで高時の実弟・北條泰家《ホウジョウ・ヤスイエ》を大将とする総勢15万の援軍と合流し、南下する新田勢を迎撃した。増援を知らずに攻撃を開始した新田勢であるが多勢に無勢で全滅に近い状態で敗走した。その後、三浦義勝《ミウラ・ヨシカツ》が幕府に反旗を翻し、相模国の御家人らを率いて新田勢に加勢した。勝利に酔った幕府軍を、新田勢は分倍河原で奇襲して大勝利した。その後、鎌倉幕府は滅亡した。

こちらは新田緑道(東京都府中市)沿いに建つ古戦場碑。新田氏の末裔の題字が刻まれている(東京都指定文化財):

新田川分梅公園に建つ石碑(都指定旧跡)

「分倍河原古戦場」碑

新田氏の名を冠した新田川緑道と新田川分梅公園が古戦場跡とされるが特に遺構はない。ただ、この場所も水が豊富な土壌であることが分かる:

東京都府中市にたくさんある緑道の一つ

新田川緑道

水が豊富な多摩川低地の公園

新田川分梅公園

分倍河原の駅前ローターリーにある新田義貞公之像。鎌倉方面を向いている:

20231227-分倍河原古戦場跡-009.resized

新田義貞公之像

新田義貞は、正安2(1300)年に鎌倉幕府後期の御家人であった新田朝氏《ニッタ・トモウジ》の嫡男として誕生した[t]生年には諸説あり、。文保2(1318)年に父の死去をもって家督と継承し、新田氏本宗家の八代当主となる。元弘3(1333)年には、北條執権時代の鎌倉幕府軍に属し河内国の千早城《チハヤジョウ》に篭った楠木正成《クスノキ・マサシゲ》を攻撃するも、対陣中は密かに倒幕の機会を伺っており、ついに戦線離脱して上野国新田荘(現在の群馬県太田市)で倒幕の兵を挙げた。利根川を渡って八幡原(現在の高崎市八幡町)より鎌倉街道を南下、武蔵国に入るころ鎌倉から脱出してきた足利尊氏の嫡男・千寿王(のちの足利義詮《アシカガ・ヨシアキラ》)と合流。これを契機に各地から義貞の軍に加わろうとする者が増え、『太平記』によると20万を超える軍勢になったと云う。鎌倉街道を南進した義貞軍は小手指原《コテサシガハラ》(現在の埼玉県所沢市)と分倍河原と関戸(共に現在の東京都府中市)で幕府軍を破り、稲村ヶ崎(現在の神奈川県鎌倉市南西部にある岬)の干潟《ヒガタ》から鎌倉へ侵攻、ついに鎌倉を落とし北條執権時代の鎌倉幕府を滅亡させた。

補足情報として、三年前は令和3(2021)年に小田原城攻囲戦の陣場跡を巡っていた時に公の(伝)首塚なる場所(神奈川県小田原市)を参詣した:

周囲には五輪塔がいくつか建っていた

「新田義貞公黍塚」の石碑

討死した公の首級を上野国へ葬る途中、この地に埋葬した

新田義貞公の首塚

公は越前国で討死し、その首級が晒されていたのを家臣(三河武士)が奪還し、公の本国である上野国にて葬るために東海道を下っていたところ、この地(小田原市)で病にかかってしまい再起できなくなってしまったため、やむなく公の首級を埋葬したと云う。当の本人も、この地で没したのだとか。その後、荒廃したが近年、地元の有志らによって復興されたとのこと。

See Also分倍河原古戦場巡り (フォト集)
See Also新田義貞公首塚 (フォト集)

【参考情報】

室町時代後期(享徳の乱)

室町幕府の六代征夷大将軍・足利義教《アシカガ・ヨシノリ》[u]「悪将軍」とか「万人恐怖」の異名を持ち、強権的な政治を展開した。後に家臣に討たれた。に討伐された四代鎌倉公方・足利持氏の遺児・永寿王丸が五代鎌倉公方に選ばれ足利成氏として即位すると、父の仇である関東管領・山内上杉氏と相模国守護・扇ヶ谷上上杉氏(両上杉氏)らの勢力を敵視、永享の乱や結城合戦で鎌倉公方勢に加わった東関東の諸勢(結城氏・簗田氏・里見氏ら)を味方に付けて対立した。ついには関東管領の山内上杉憲忠《ヤマノウチ・ウエスギ・ノリタダ》とその家宰・長尾実景《ナガオ・サネカゲ》を鎌倉にて討ち取り、関東を二分する騒乱が勃発した。

享徳4(1455)年、成氏は山内上杉氏の本国である上野を攻略するため鎌倉を進発して武蔵国府中の高安寺館に入った。これに大して両上杉氏も成氏討伐の軍を挙げて府中へ向けて進撃、分倍河原にて対峙した。成氏ら公方勢は精鋭部隊を先鋒として突撃を敢行、不意を突かれた両上杉と太田勢は混乱し、犬懸上杉憲秋(憲顕)《イヌガケ・ウエスギ・ノリアキ》は公方勢にあって歴戦の雄である武田信長《タケダ・ノブナガ》の攻撃を受けて持ちこたえることができず、崩れて敗走した。この時に憲秋は深手を負い、金剛寺(高幡城)まで逃れて自刃した。

こののち公方勢の結城成朝《ユウキ・シゲトモ》ら東関東の諸将が、両上杉氏の虚を付いて本陣を攻め、上杉勢は潰走、公方勢の追撃により扇ヶ谷上杉顕房《オウギガヤツ・ウエスギ・アキフサ》は自刃した。これ以降、およそ28年間に渡る享徳の乱が始まった。

【参考情報】

参照

参照
a 約200万年前の東京多摩エリアは海であり、海底に堆積した泥や火山灰(ローム層)からなる地盤が隆起したものの一部が武蔵野台地。
b 崖地《ガケチ》とも。
c 一部は立川崖線とも。他に国分寺崖線がある。
d 平安時代中期の武士。田原藤太《タワラ・ノ・トウタ》とも。近江三上山の百足退治の伝説が有名。源氏・平氏と並ぶ武家の棟梁として、関東中央部を支配する武家諸氏の祖となる。
e 宗派は不明とのこと。
f 義貞勢は緒戦は撃退されたが、のちに執権北條氏を見限った御家人らが合流し、最後は奇襲で大勝し幕府勢を敗走させた。
g 大きな規模を持つ立派な寺院と云う意味。
h, r 鎌倉殿とも。室町幕府が関東を統治するために設置した鎌倉府の長で、天下の副将軍に相当する。
i 戦国時代まで、本来の「館《ダテ》」は「やかた」ではなく「城」を指すものとされている。
j 他に高安寺城、または高安寺塁とも。
k 一部は初回の城攻め時の情報が含まれるが、特に表記として区別はしない。
l 谷保駅から西府駅、分倍河原駅、そして府中本町駅あたりまでの区間。
m これ以降は、特に断りがない限り「高安寺館」で表記を統一する。
n 仏教寺院・仏像・経巻を破棄し、仏教を廃すことを意味する。神道国家である日本でも大政奉還後に解釈を捻じ曲げ暴走した民衆によって仏教施設が次々と破壊された。
o 二度目の城攻め時は老朽化した鐘楼の修理中だったので観覧できず。
p 戒名は「等持院殿仁山妙義大居士長寿寺殿」。
q 聖武天皇が、後醍醐天皇崩御に際して天皇を含む全国の戦没者を弔うために国(66ヶ国2島)ごとに一寺一塔を建立すると云う計画。現在、全国にある「安国寺」が該当する。
s 武蔵国辛垣城《カラカイジョウ》主・三田氏の菩提寺。
t 生年には諸説あり、
u 「悪将軍」とか「万人恐怖」の異名を持ち、強権的な政治を展開した。後に家臣に討たれた。