小牧山城の大手道は戦国時代は屈曲していたが江戸時代に直線になった

愛知県小牧市堀の内1丁目1番地にある小牧山城跡は、戦国時代の永禄6(1563)年に尾張国をほぼ統一した織田信長が隣国の美濃攻略のために築いた城で、標高85mほどの独立丘陵に位置し、山頂部の主郭は巨石で囲われていたと云う。信長は清州城から居城を移し、城の南西麓に東西約1km四方に及ぶ城下町を整備、併せて重臣らの屋敷を城下に配した。四年後に美濃・斎藤龍興を攻略したあと居城を稲葉山城に移し、城下町を整備した上で岐阜城に改め、ここ小牧山城は廃城とした。それから十七年後の天正12(1584)年、信長亡きあとの織田家と関係が悪化した羽柴秀吉は織田信雄と対立、その信雄と同盟を結んだ三河国の徳川家康を相手に尾張で対峙した。この小牧の戦い[a]現代では「小牧・長久手の戦い」とまとめて表記されることが多いが、それぞれ別の場所での戦いなので区別して表記すべき(「小牧長久手」なんて表記は歴史について何も分かっていない 😞️。)。小牧の戦いは羽柴勢と徳川・織田勢が緒戦から対峙した戦い。犬山城から楽田城へ本陣を移した秀吉に対し、家康は廃城となっていた小牧山城跡を修築して本陣とした[b]城としては廃城のまま。ただの山(小牧山)を陣地として利用しただけ。。この時、家康は土塁を高め、堀を深くするなどの防御工事をわずか五日間で完成させたとされ、現在はこの時代の姿が小牧山史跡公園として残っている。

今となっては六年前は、平成29(2017)年のお盆休みを利用して岐阜県と愛知県にある城跡をいくつか攻めてきた。最終日の三日目は愛知県での城攻め。午前中は天守が國寳に指定されている犬山城跡、午後は小牧山城跡を攻めてきた。午前中の城攻めを終えたあと最寄り駅の犬山から名鉄小牧線・平安通行に乗って小牧で下車、駅西口から徒歩で小牧山史跡公園へ。

こちらは公園東側の入口(山北橋口跡)へ向かっていた時に見上げた小牧山城跡。主郭跡である山頂に見える建物は小牧市歴史館(当時):

比高50m程だが、木々で遮られて意外と高い感じがする

小牧山城近景

執筆時現在は小牧山歴史館(実業家の平松氏が建設・寄贈した)

旧・小牧市歴史館

小牧山は比高50mほどの丘であるが、当時は鬱蒼とした木々によって大きく見えた上に意外と高く感じた。

こちらは国土地理院が公開している地理院地図(白地図)を利用して今回巡ってきた史跡公園の施設と小牧山城跡の主な遺構をで重畳させたもの:

ベースは公園内に立っていた公園案内図

小牧山史跡公園周辺図

ベースは公園内に立っていた「小牧山城地区区分図」

小牧山城跡

なお六年前の城攻め時はれきしるこまき(小牧山城史跡情報館)なる施設や市役所別館跡に復元された二重土塁と堀は存在していなかったが、後者の二重土塁と堀は、今年は令和5(2023)年にあらためて巡ってきた。

主郭跡に建つ小牧市歴史博物館(当時)には城下町を含む信長時代の縄張模型(信長時代の永禄期)が展示されていた:

信長が四年間だけ本拠地としていた永禄期の縄張(推定)

小牧山城縄張模型

信長は小牧山の南西山麓に城下町を整備した。その規模は南北1.3km✕東西1kmで、碁盤の目状に通りを設けて町割りし、城下町の南端に土塁と堀を築いて惣構とした。仔細は不明であるが、大手道を挟むように連枝《レンシ》衆(親族衆)や重臣らの屋敷を配していたと思われる:

城の南西側には城下町も整備され惣構となっていた

小牧山城縄張模型

城下町の範囲と主な通り

「小牧城下町」

公園手前(城址東側)には合瀬川《アイセガワ》が流れているが、往時は堀だったと云う説あり:

現在はの農業用水として使われているが、往時は堀であった?

合瀬川

合瀬川に架かる山北橋を渡って虎口g(山北橋口)から公園内へ入る。目の前にある遊歩道は帯曲輪跡であり、道路側には土塁が残っていた:

小牧の戦いの際に徳川家康が築いた虎口

虎口g

小牧の戦いの際に徳川家康が築いた土塁

帯曲輪跡と土塁

このまま帯曲輪跡を搦手口跡へ向かって行くと信長時代の武家屋敷にあった井戸跡があり、さらにその先には土塁の断面展示があった:

このあたりは信長時代の武家屋敷跡である

井戸跡

信長時代の武家屋敷跡を整地し、その上に土を積み上げていた

土塁断面の土層

解説板によると一番下にあるのが黒色土層で、この土塁が作られる前の土層。その上が信長時代の地表。その上に何種類かの土を敷いて叩き固め、さらに堀を穿った《ウガッタ》際に出た土砂(褐色系の層)を積み上げているのだとか[c]穿った土は元々は層になっていたので、積み上げるともちろん層になる。逆層だけど 😉️。

発掘調査によると、この帯曲輪を取り巻いていた土塁も家康によって築かれたとされ、特に虎口h(搦手口)から虎口g(山北橋口)、そして虎口f(御幸橋口)に至る城の北麓から東麓にかけては信長時代に武家屋敷が建っていたが、家康はその跡地に堀を挟んだ二重土塁を築いたと云う。また、その構造から小牧の戦いで土塁や堀が「急造されていた」ことも伺えるのだとか。

こちらが虎口hの搦手口。ここから小牧山山頂にある主郭跡を目指して搦手道《カラメテ・ミチ》を登った:

織田信長が築いた虎口で搦手口

虎口h

大手道とは異なり、くねくねを曲がりくねっていた

搦手道

大手道《オオテ・ミチ》ほど急坂ではないが曲がりくねった搦手道を登って行くと、主郭下の帯郭跡[d]当時はさくらの園。に到達する。ここにあった虎口aは守りの要衝であった:

主郭と西側にある帯郭とを隔てる堀と土塁から構成される

虎口aの土塁跡

平成時代の試掘調査によると、箱堀の堀底から土塁までは約6.5m、斜面は最もキツイところで50度もあり、ここが土塁と堀で堅固に守られていた虎口であることが推測される。

土塁+空堀(堀切)+土橋からなる、この虎口は信長時代(永禄期)に築かれた:

土橋跡の左右に空堀(堀切)があり、この先(上)が主郭跡

土橋跡

いわゆる堀切であり、それが竪堀になって落ち込んだ先で横掘に変化する

空堀(堀切)

小牧の戦い(天正期)の修築では土橋が封鎖されたらしく、江戸時代の古絵図には土橋は描かれておらず、高い土塁が帯曲輪の北側まで続いているらしい。現在の土橋跡は、明治時代の公園化で遊歩道を設けた際に造られた後世の造物である。空堀(堀切)は竪堀の下で横堀へ変化していた。

こちらが主郭下の帯郭跡。周囲は土塁が巡っていた。この郭《クルワ》で巨石を見かけたが、それは主郭を巡っていたものの一部であろう:

主郭下にある帯郭跡で、現在名は「さくらの園」

帯郭跡

このあとは土橋跡を渡って主郭跡へ。信長時代の永禄期には、主郭の切岸に上下二段(一部は三段)の石垣が70度ほどの勾配で配置されていたと云う:

信長が主郭切岸に設けた巨石からなる石垣の一部

主郭切岸の石垣の一部

主郭切岸を取り巻く石垣の一部は崩落していた(転落石)

崩落した石材

城攻め当時、主郭下周辺には崩落した石材の一部(転落石)を見ることができた。

発掘調査の成果により、信長が築いた永禄期の小牧山城は、それまでの城の形態であった「土の城」から「石垣の城」に改められ、安土城に始まるとされていた中世城郭における石垣の活用が、それより十年以上前から採られていたことが判明した:

こちらは主郭へ続く大手道脇に残る巨石・石垣の露頭

主郭切岸の石垣(現存)

往時、この主郭を取り囲むように段築《ダンチク》[e]もともとは古墳の築造で使用する用語。墳丘や石垣の大きさを段々と小さくしながら上へ積み重ねていく手法。状に二ないし三段の石垣が築かれていた。鈍角の入隅《イリスミ》・出隅《デスミ》を繰り返しながら石材が主郭切岸を取り囲んでいたと云う。しかしながら石材を積み上げる技術は未だ未熟で、一気に最上段まで積み上げることできなかったため、セットバックしながら積まれていた[f]石垣の上部を下部よりも切岸側に後退させる積み方。らしい。

これらの石材は、この小牧山にあるチャート[g]堆積岩の一種。を主体として、小牧山以外から運び込まれた花崗岩や河原石も発見された。これら自然石を野面積され、隅石は算木積であった。最上段の石材は一個だけで2t以上の巨石を用い、斜面に沿って緩やかな屈曲を繰り返しながら配置されていたのだとか。

石垣の内部で排水の役目を持ってた裏込め石《ウラゴメイシ》が一時的に保管されていた:

平成23(2011)年度発掘調査で出土したもの

石垣の裏込石(現存)

これらは必要な調査を行い、将来の整備工事で石垣が復元された際に利用されるのだとか。

このあとは大手道に合流し山頂にある主郭跡へ向かって登っていく。ここには尾張徳川家十九代当主・徳川義親《トクガワ・ヨシチカ》之像があるが、その土台は主郭切岸の石垣として使われた花崗岩[h]矢穴の付いた作業中の石材で使われることが無かった、いわゆる残念石。だった:

小牧山山頂の土塁上には天守風の小牧市歴史館が建つ

主郭跡

徳川義親氏之像の土台石として使わていた石材(残念石)

花崗岩の石材

この花崗岩は小牧山から北東2.5kmの岩崎山から運ばれてきたと推測されている。信長が築いた永禄期に、主郭の虎口に据えられていたもので重さは23tに及ぶ。発掘調査で、虎口に置かれた石垣がL字型に屈曲していたことが判明し、枡形虎口の原型と推定されている:

銅像の先が鈎の字に折れているが、そこが虎口だった

主郭と虎口

主郭跡最頂部に建っているのが三層四階の小牧歴史館(当時):

執筆時現在は小牧山歴史館(実業家の平松氏が建設・寄贈した)

旧・小牧市歴史館

名古屋市在住の実業家・平松茂(故人)氏が私財を投じて建設し、昭和43(1968)年に完成したあと小牧市に寄贈された。建物のモデルは天守の類ではなく、京都の西本願寺・飛雲閣[i]國寳。三層の楼閣建築で、豊臣秀吉が築いた聚楽第《ジュラクテイ》の遺構とされる。《ヒウンカク》らしい。この鉄筋コンクリート造りの建物には小牧市の歴史民族史料が展示され、最上階の4階は展望室になっていた。なお令和5(2023)年にリニューアルして小牧歴史館に改称している。

この歴史館の見どころ(当時)としては、先に紹介した信長時代の縄張模型の他に、最上階から小牧山の周囲の遠望。たとえば北西方面は岐阜城跡の金華山が見えた:

眼下を横切っているのは名古屋高速R11(小牧線)

北西方面(拡大版)

木曽川の先には金華山が聳え、岐阜城跡が見えた

岐阜城跡

北方面には小牧の戦いで家康が対峙した秀吉側の支配下にあった城跡などがある:

正面を横切っているのが東名高速道路、遥か彼方には御嶽山や乗鞍岳がある

北方面(拡大版)

南方面は名古屋市街で名古屋城の天守を見ることができた:

名古屋市街地では名古屋テレビ塔やJRセントラルタワーズが見えた

南方面(拡大版)

名古屋市街地を拡大すると小さく天守が見えた

名古屋城の天守

このあとは歴史館を出て主郭跡を下り、虎口aの前を通って帯郭跡に入り虎口eの大手口方面へ。

こちらは虎口aの堀切が竪堀に変化した部分。さらに、ここから右手に折れて横掘に変化していた:

虎口aの堀切が変化して大手道方向に落ち込む竪堀となった

竪堀

そして大手道の中間あたりにある桜の馬場跡

平坦で横長の郭だった

桜の馬場跡

さらに大手道を下りていく。こちらは山頂方面を振り返って大手道を見上げたところ:

麓の虎口eから山頂へ向かってすぐ伸びているのは江戸時代から

大手道

大手道沿いには尾張藩中興の祖と云われた尾張徳川家九代藩主の徳川宗睦《トクガワ・ムネチカ》公の墓所。元は尾張徳川家の菩提寺である建中寺にあったが昭和の時代の区画整理のため、ここ小牧山に移転された:

従二位・権大納言で、尾張藩中興の名君と称された

徳川宗睦源明公墓碑

宝暦11(1761)年に父で八代藩主・宗勝《ムネカツ》の死去で家督を継ぐ。多くの優秀な藩士を登用して藩政改革を推し進め、新田開発や治水工事で多くの成功を収めた。藩校を創設し教育にも力を注いだ。しかしながら晩年は改革が行き過ぎて財政赤字から経済が混乱したと云う。寛政11(1799)年に死去。享年67。

さらに大手道を下り、再び山頂方面を振り返って大手道を見上げたところ:

天正期はこの上に土塁と堀があって大手道は直進できなかった

大手道

ちなみに大手道は、信長の時代である永禄期には大手口から主郭下あたりまで直進していた。そして小牧の戦いがあった天正期には、家康が改修して小牧山の周囲に新たに二重の土塁と堀を増設したが、それがこの上あたりにあって大手道は屈曲していて直進できなかった。それからのち江戸時代に入ると、増設されていた土塁が壊されて、再び直進した大手道になったと云う。

ここが大手口にあたる虎口e

信長の時代である永禄期は山の途中までまっすぐな道だった

大手口跡

信長の時代である永禄期は、ここ大手口から南側に城下町があった。現在は県道R197を挟んで小牧市役所があるが、往時は城下から大手口へ向かう道があったことが発掘調査で判明したらしい。そのため市役所の一階から入口前まで道の平面復元(赤色太線枠)が施されている。道幅は2.7〜3.6mあったと云う:

赤色太線枠が本来の道幅、その中心の線が道の場所を示す

小牧市役所

城の南側の麓にあって、現在の県道R197沿いに残る横掘:

城の南側に残る横堀で、左手が城下町方面、右手上が城方面

横掘

城の南側に残る横堀で、左手が城下町方面、右手上が城方面

横掘

城の東側は帯郭跡。信長が平時に政務を執った御殿があったとされる。さらに、その周囲には信長の馬廻衆の屋敷が配置されていた:

帯郭跡の周囲は土塁が巡っていた

帯郭跡

こちらは虎口f(御幸橋口)跡。虎口gと同様に、小牧の戦いの際に城の東に造られた虎口:

小牧の戦いの際に徳川家康が築いた虎口

虎口f

右手から土塁が内側へ屈曲し、さらに左手に向かって屈曲し、その先で直線状の土塁と合流することで虎口を形成していた[j]写真に見える木の柵が示すとおり。。虎口は大変に狭く、幅は2mほど。堀の幅は12m、深さは3.5m以上であった。そのため一度に多くの寄手が侵入できない構造であった。また寄手は折れに従って進む必要があったため、城側から横矢掛けで攻撃される上に、土塁が屈曲しているので進む先や城内を垣間見ることができなかった。なお現在ある木橋は後世の造物である。

小牧の戦いの二重土塁と堀

六年前の城攻め当時は、まだ市役所が移転した跡地の整備・復元が終わっていなかったが、今年は令和5(2023)年3月に、徳川家康が小牧の戦いの際に巡らせた二重土塁と堀としての復元が完了したとのことで行って来た。今回は小牧駅東口からこまき巡回バス「こまくる」に乗車して「小牧山前」で下車[k]大人200円(当時)。前払いして運転手から利用券を受け取るシステム。。バス停から県道R197越しに復元された遺構を臨むことができた:

令和元(2019)年から始まった復元作業は令和5(2023)に完了

県道R197越しに眺めた復元土塁

羽柴秀吉は、信長が天正10(1582)年に本䏻寺で斃れたあと明智光秀を討ち、更にその翌年には織田家筆頭家老である柴田勝家を討って信長の後継者の地位を確実なものにしたが、これを良しとしない信長の次男・織田信雄《オダ・ノブカツ》が三河の徳川家康を頼り、秀吉と家康との関係が悪化した。はじめ織田(信雄)勢に与すると見られていた池田勝入《イケダ・ショウニュウ》[l]信長とは乳兄弟である池田恒興。が秀吉勢に寝返って犬山城に入城した。これを聞いた家康は清州城を出て濃尾平野を北進し、廃城になっていた小牧山に入って山頂を本陣とした。

家康は小牧山の麓に二重の土塁と堀を築いて山を囲み、城の東にある山北橋口から御幸橋口にかけて深さ5.5mもある深い堀を築いた他、城跡にも新たな土塁を設けるなどして秀吉勢に備えた。

これらの土塁と堀の一部が発掘調査のあとに小牧山南側に復元された:

山を一周するほどの堀を穿って出た土を盛って土塁とした

二重土塁と堀(下が北方面)

県道がある南側から見ると一個の土塁にしか見えない。高さはおよそ9m:

南側からだと一個の土塁にしか見えない

土塁(復元)

南側からだと一個の土塁にしか見えない

土塁(復元)

土塁に架けられた見学用の階段を登って見ると二重土塁の全貌が見えてくる。堀の深さはおよそ8m:

堀を穿って出た土を両側に盛ってくことで土塁を築く

二重土塁と堀(復元)

こちらは桜の馬場に設けられた展望エリアから見下ろした二重土塁と堀(パノラマ):

桜の馬場に整備された展望エリアから市役所方面を眺めたところ

二重土塁と堀(復元)

こちらは大手道から眺めたところ。羽柴勢の侵入を防ぐため、榊原康政に命じて小牧山一周に土塁と堀を巡らせた。小牧山の地形から南側の防御力を高める必要があったので、土塁は最も高いところで8m[m]たとえて云うと、3階建てのビルを2度越えないと城跡に入れなかった。に及んだ:

堀の深さは約8m、土塁の高さは約8〜9m

二重土塁と堀(復元)

大坂城を出陣した秀吉は尾張へ向かい犬山城に入城した。このとき羽柴勢は一説に10万。一方、ここ小牧山城跡にあった徳川・織田勢は8万と云われている。両軍は一転して膠着状態となり、楽田城に本陣を移した羽柴郡は戦機の熟すのを待った。そして小牧山の東麓姥ケ懐に出撃、家康勢がこれに応戦するといった小競り合いを繰り返しながら大戦には至らず持久戦となった(小牧の戦い):

羽柴勢は10万、徳川・織田勢は8万(ともに推定)が対峙した

小牧周辺における両軍の布陣

その後、秀吉が羽柴秀次を大将として池田勝入・森長可・堀秀政らを三河国へ侵入させると、家康勢がこれを追撃することで長久手の戦いとなり激戦の末に池田・森らは討死、羽柴勢は敗走した。秀吉が率いる本隊は南進するも、小牧山城跡の本陣を預かっていた酒井忠次・本多忠勝・松平家忠らに牽制されて楽田城に戻り、最後は両軍が講和することで八ヶ月に及ぶ戦いが終結した。

以上で小牧山城攻めは終了。

See Also小牧山城攻め (フォト集)
See Also小牧山城攻め(2)(フォト集)

【参考情報】

参照

参照
a 現代では「小牧・長久手の戦い」とまとめて表記されることが多いが、それぞれ別の場所での戦いなので区別して表記すべき(「小牧長久手」なんて表記は歴史について何も分かっていない 😞️。)。小牧の戦いは羽柴勢と徳川・織田勢が緒戦から対峙した戦い。
b 城としては廃城のまま。ただの山(小牧山)を陣地として利用しただけ。
c 穿った土は元々は層になっていたので、積み上げるともちろん層になる。逆層だけど 😉️。
d 当時はさくらの園。
e もともとは古墳の築造で使用する用語。墳丘や石垣の大きさを段々と小さくしながら上へ積み重ねていく手法。
f 石垣の上部を下部よりも切岸側に後退させる積み方。
g 堆積岩の一種。
h 矢穴の付いた作業中の石材で使われることが無かった、いわゆる残念石。
i 國寳。三層の楼閣建築で、豊臣秀吉が築いた聚楽第《ジュラクテイ》の遺構とされる。
j 写真に見える木の柵が示すとおり。
k 大人200円(当時)。前払いして運転手から利用券を受け取るシステム。
l 信長とは乳兄弟である池田恒興。
m たとえて云うと、3階建てのビルを2度越えないと城跡に入れなかった。