雉ヶ岡城の南ノ郭南側にある土塁は上下二段の構造になっていた

埼玉県本庄市児玉町八幡山446にある城山公園は、戦国時代初期に関東管領職[a]幕府から関東へ下向した幼い鎌倉公方を補佐する役職で、山ノ内、扇ヶ谷《オウギガヤツ》、そして犬懸《イヌガケ》の上杉家が入れ替わって世襲した。一時期、公方が二人居た時は小田原北條家(北條氏綱)が拝命したと云う説あり。に就いていた山ノ内上杉家八代当主・憲実《ノリザネ》の居城として築かれた雉ヶ岡城[b]あるいは八幡山城とも。現在は「雉岡」と綴るのが一般的のようだが、本稿では説明板や案内板での表記以外は往時の地名に由来する「雉ヶ岡」と綴る。跡である[c]もともとは、鎌倉から室町時代にかけて武蔵国を中心として勢力を保持していた武蔵七党《ムサシシチトウ》と呼ばれた同族武士団の中で最大勢力を誇った児玉党の当主・児玉時国《コダマ・トキクニ》の居館跡だったと云う説あり。。しかし城域が狭く守り難いことから、憲実は上野国の上州平井城を居城とし、この城は家臣の有田豊後守定基《アリタ・ブンゴノカミ・サダモト》[d]こののちに「夏目」姓を名乗った。に与え、交通の要衝であった鎌倉街道の押さえとした。こののち相模・伊豆二ヵ国を平定し、ここ武蔵国へも積極的に手を伸ばしていた新興勢力・小田原北條氏の圧迫を受け、天文15(1546)年の河越夜戦《カワゴエヨイクサ》[e]合戦があった地名から砂窪合戦《スナクボ・ガッセン》とも。「日本三大奇襲」と称されるが、これは江戸時代に作り上げられた話であり、実際には夜戦ではなく夕暮れに始まった戦であると云う説がある。以後は北條氏の傘下に入って鉢形城の支城となった。天正18(1590)年の関白秀吉による小田原仕置では、加賀の前田利家、越後の上杉景勝らが率いる北国口勢が攻囲して開城させたと云う。仕置後は関八州を拝領した徳川家康の家臣・松平清宗《マツダイラ・キヨムネ》が入城するも、慶長6(1601)年に嫡男の家清[f]竹谷松平家六代当主で、三河国吉田藩の初代藩主。の代で三河国吉田城に転封され、雉ヶ岡城は廃城となった。

今となっては五年前は、平成28(2016)年の小雪の候の週末を利用して雉ヶ岡城跡を攻めてきた。この日は朝10時すぎくらいに最寄り駅のJR八高線・児玉駅に到着するように移動したのだけれど、途中の東武東上線・森林公園駅で濃霧のため電車が動かず足止めを喰らった。この先の小川町《オガワチョウ》駅でJR八高線に乗り換えて児玉駅へ向かう予定だったのだけれど、10分ほど遅れて発車、小川町駅での乗り換えは少し走ることになったけどギリギリ間に合ったと記憶している;)。あとで調べてみたら、この日の埼玉県全域は前日の大雨とそのあとの暖気流の影響で広範囲に濃霧が発生したらしい。それでも目的地の児玉町に着いた時には寒かったけど青空が広がっていたっけ。

JR児玉駅から雉ヶ岡城跡の城山公園までは徒歩15分ほど。駅から国道R462へ向って西へ進み、「児玉駅入口」交差点を渡ってさらに西へ道形に進んで行くと公園入口が見えてくる:

往時、ここは城の大手口や木戸の類ではなく土塁があった

城山公園の入口

園内に置かれていた『県指定史跡・雉岡城跡』なる説明板の『雉岡城縄張り推定復元図』によると、この公園入口周辺は土塁があった場所らしいので後世に改変されていたことが分かる:

園内にあった『埼玉県指定史跡・雉岡城跡』という説明板より

『雉岡城縄張り推定復元図』

廃城後の雉ヶ岡城跡は幕末から明治時代にかけて田畑化が進み、三ノ郭跡には児玉高等女学校が建てられたらしい。昭和の時代に入るとさらに改変が進んで、城攻めした当時は二ノ郭跡と本郭跡の大部分は市立児玉中学校、三ノ郭跡は県立児玉高等学校の敷地になっていた。また城郭に巡らされていた水堀の大部分は埋め立てられていたが、園内には、その面影を残す池や井戸跡があった。ちなみ生野山は小田原仕置の際に上杉景勝が陣を置いたとされる古墳群で、JR八高線を越えてゴルフ場の先、関越道より少し手前にある:

主な遺構は城山公園の中と児玉高校の校門周辺に残っていた

城跡周辺図(Google Earthより)

現在は南ノ郭跡とその他一部の郭跡が城山公園として残されている

推定縄張図

そんな環境ではあるが、昭和の時代に埼玉県の史跡として本郭跡とニノ郭跡の一部、そして東ノ郭跡と南ノ郭跡が城山公園として整備・復元されたようで、それらの遺構は堀や土塁が主体であるものの、天正時代に施行されたとされる北條流築城術の一部を見ることができた[g]江戸時代の城主であった松平清宗・家清父子は1万石の身であり、城を改修ほどの余力はなかったため、北條流築城術がそのまま残ったと考えられる。。なお児玉高等学校の校門周辺にも土塁が残っていた[h]当然ながら各学校の敷地内への立ち入りは禁止。

こちらは城山公園前を通る道路であるが、往時は水堀(手前)と空堀(奥)だった:

道路が堀跡(手前が水堀、奥が空堀)だった

堀跡

公園入口から入った先が南ノ郭跡で、この郭を巡るように公園の外へ向って土塁が残っていた。これらの土塁は二段になっていた:

南ノ郭と二段構えの土塁

南ノ郭南側の土塁

この南ノ郭は平坦ではなく斜度がついた郭で、中央に土居があって二段構えになっていた:

左手(南側)には大手口へ向って長い土塁が残っていた

南ノ郭跡

一部は公園化されているが、土塁や土居は良好に残っていた

南ノ郭跡

手前が下段、右手の城址碑の先が上段の二段構え

南ノ郭(下段)跡

こちらは南ノ郭東側の土塁上から見下ろした水堀跡。東側の土塁はだいぶ低くなっていた:

南側の土塁と違い、だいぶ低くなった土塁

南ノ郭東側の土塁上

堀跡の手前に生えているのは桜の木(城山公園は桜の名所らしい)

南ノ郭東側の水堀跡

ちなみに園内に生えているのは桜の木[i]約300本ものソメイヨシノで、春の季節は公園全体が桜色に包まれ、夜は提灯が灯り、夜桜を楽しめるらしいが、城攻め当時は季節外れだった 😕 。あり、「雉岡城跡の桜」として埼玉県本庄市の名所として知られている。

公園を北へ進むと池として整備された水堀跡がある:

現在は池になっていた

南ノ郭北側の水堀跡

園内には大きな池があり、それらは雉ヶ岡城の水堀跡であり、往時の規模を想像することができる

南ノ郭北側の水堀跡(拡大版)

こちらは土居の上にある南ノ郭上段跡:

公園化されており四阿《あずまや》やベンチがあった

南ノ郭(上段)跡

南ノ郭西側から公園入口方面を眺めたところ。二段になった南側土塁と緩やかな斜度がついた郭であることが分かる:

この先が城山公園の入口

南ノ郭跡

それから南側土塁上へあがって:

ベンチなどがあるので改変されていると思われる

南ノ郭南側の土塁上

現在は道路になっている城址南側の堀跡を見下ろす:

下に見える道路が堀跡で、ここは空堀だった

堀跡

こちらは城の南西の方位(坤《ヒツジサル》)に設けられた大手門跡。往時は土塁が切れて大手門が建っていたようだが、廃城後に破壊された上、後世にだいぶ埋められたようだ:

土塁が少し凹んでいるあたり(後世に埋められたと考えられる)

大手門跡

昭和の時代に建てられたものだろうか、大手門土塁上には騎馬像が建っていた[j]特に説明はするものは見つからなかったが、最後の城主であった松平家清あたりだろうか。

特に説明するものは建っていなかったが案内板には「石仏」とあった

謎の騎馬武者像(石仏?)

往時は大手門の西側も南ノ郭であったが、現在は中学校の敷地になっていた:

現在は児玉中学校の駐車場になっている

南ノ郭西側跡

こちらは南ノ郭西側の一角に残っていた角馬出跡:

堀と馬出が復元されていた

角馬出跡

昨年まで(当時)は「盲目の国学者」と呼ばれた塙保己一《ハナワ・ホキイチ》[k]埼玉の三偉人の一人。他に、近代日本における最初の女性医師・荻野吟子《オギノ・ギンコ》、日本近代経済の父と呼ばれた渋沢栄一がいる。記念館が建っていたらしい。

角馬出跡の奥には金毘羅社の参道入口があるが、ここが馬出とニノ郭をつなぐ土橋と空堀だった:

現在は金比羅神社の参道になっていた

土橋跡

土橋が架かっていた空堀は南ノ郭と二ノ郭の間に設けられたもの:

南ノ郭(手前)と二ノ郭の間の空堀で、堀底に「夜泣き石」がある

空堀

このまま金毘羅神社へ向かった。こちらは途中に眺めたニノ郭跡と本郭跡。ともに中学校の敷地になっている:

手前が二ノ郭、奥が本郭跡、ここが土塁の上で、右手は南ノ郭方面

二ノ郭・本郭跡

金毘羅神社と芭蕉句碑はニノ郭と南ノ郭の間に設けられた土塁上に建っていた:

二ノ郭東側の土塁上で、金比羅神社の参道になっていた

土塁上

社の前には芭蕉句碑が建っていた

金毘羅神社

このまま神社の拝殿の裏を進んでいくと二ノ郭と本郭との間にある空堀があった:

手前がニノ郭跡、空堀を挟んだ向こうが本郭跡

空堀

この時期でもだいぶ藪化していた

空堀(コメント付き)

空堀の堀底から本郭の土塁を見上げたところ:

堀底跡から本郭の東側土塁を見上げたところ

本郭の土塁

こちらは本郭の土塁に上がって先程の空堀を振り返って見下ろしたもの。予想外に幅広な空堀だった:

手前が本郭跡、空堀を挟んだ向こうが二ノ郭跡

空堀

本郭側から見ると空堀の幅広さがよく分かる

空堀(コメント付き)

ここ雉ヶ岡城は、鉢形城の支城として小田原北條氏によって大規模に改修され、堀と土塁を駆使して数多くの郭《クルワ》を設け、大手門と角馬出を装備した非常に複雑な縄張りを持つ平山城である。城代は鉢形城主・藤田(北條)氏邦の家臣・横地左近忠晴《ヨコチ・サコン・タダハル》で、雉ヶ岡城を北武蔵と西上野支配の拠点の一つとした。ちなみに城山公園の南にある天龍寺は横地左近の開基とされる。

天正18(1590)年に秀吉の怒りに触れた小田原北條氏は総勢20万もの大軍を相手に防衛戦を挑んだ。このうち豊臣方で前田利家と上杉景勝が率いる北国口勢3万が上野から武蔵へ侵攻、北條方の各拠点を平定しながら小田原城へ向けて南下してきた。雉ヶ岡城攻囲戦では利家ら加賀勢は女堀川《オンナボリガワ》を挟んで北側に、そして景勝ら越後勢は生野山のある東側にそれぞれ布陣した。この時、雉ヶ岡城代の横地は戦わずに開城し、氏邦が籠城する鉢形城へ逃げ去ったと云う。またこの城攻めで、雉ヶ岡城の南東にある真福寺の御本尊が失われたと伝わっているようで、雉ヶ岡城の落城後、利家は児玉の豪族の久米氏に、この戦で離散した農民らが児玉の土地に戻れるよう計らわせたのだと云う。

小田原北條氏が滅亡した後、武蔵国に転封となった徳川家康は、ここ児玉の地に一族の竹谷松平清宗を1万石で配した。この時に雉ヶ岡城は八幡山城と改名したと云う。清宗の嫡男・家清が城主となると城下町の町割りなどを行っているが、城の改修まで行う余裕は無かったようである。慶長6(1600)年の関ヶ原の戦後は三河国吉田に転封となり、八幡山城(雉ヶ岡城)は廃城となった。


このまま土塁上を高等学校の敷地へ向って移動する:

左手が本郭跡(中学校の敷地)、この先が三ノ郭跡(高等学校の敷地)

本郭東側の土塁

高等学校のグランドが三ノ郭跡。さらに奥に見える校舎が建っている場所が北ノ郭跡:

現在は県立児玉高等学校のグラウンド

三ノ郭跡

ここから先へは立ち入れないので、再び城山公園内へ。この辺りには水堀跡の池が残っていた:

本郭(右手)脇の内堀(水堀)跡

水堀跡

堀跡は池以外にも残っていた。この空堀の先は先程みた金毘羅神社や角馬出跡:

二ノ郭土塁(左手)と本郭土塁(右手)との間にある空掘

空堀

実際に堀底を歩いてみると400年以上経っているのに、現在でもこれほどの規模であることに驚かされた:

南ノ郭(左手)と二ノ郭(右手)との間にある空堀で、正面に見えるのは角馬出とニノ郭の土橋

空堀(拡大版)

こちらは「水道の井戸」跡。大正時代に造られ、児玉町の上水道に使用されていたそうで、この場所が選定されたのは湧き水があった水堀跡だったからだろうか:

ここから汲み上げられた井戸水は上水道として利用されていたと云う

水道の井戸跡

この後は散策路を通って公園外にある東ノ郭方面へ:

城山公園は雉ヶ岡城跡の一部を整備し、水堀跡や空堀、そして土塁など遺構が良好な状態で残っていた

城山公園(拡大版)

こちらが東ノ郭跡。位置的には高等学校のグランドの東側であり宅地化されているが、土塁が民家の脇を抜けていた:

左手のグラウンドが三ノ郭跡、民家を挟んで右手に土塁が伸びていた

東ノ郭跡

ここは公園の外で、長く土塁が良好に残っていた

東ノ郭東側の土塁

県立児玉高校の校門周辺も東ノ郭跡であり、土塁が良好に残っていた:

県立児玉高校の校門周辺も東ノ郭跡だった

東ノ郭跡

県立児玉高校の校門の東側にも土塁が良好に残っていた

東ノ郭の土塁

道路を挟んで南側には民家の脇に水堀跡が残っていた:

民家の脇に残っていた

東ノ郭東側の水堀跡

以上で雉ヶ岡城攻めは終了。このあとはお昼を摂りに、いったん公園入口側へ戻った。

こちらは児玉中学校側から眺めた南ノ郭の土塁と水堀跡。しかしながら、この土塁の高さもすごい。比高差は30mほどあろうか:

左手は中学校の敷地、道路が水堀跡である

南ノ郭南側の土塁と水堀跡

See Also雉ヶ岡城攻め (フォト集)

【参考情報】

参照

参照
a 幕府から関東へ下向した幼い鎌倉公方を補佐する役職で、山ノ内、扇ヶ谷《オウギガヤツ》、そして犬懸《イヌガケ》の上杉家が入れ替わって世襲した。一時期、公方が二人居た時は小田原北條家(北條氏綱)が拝命したと云う説あり。
b あるいは八幡山城とも。現在は「雉岡」と綴るのが一般的のようだが、本稿では説明板や案内板での表記以外は往時の地名に由来する「雉ヶ岡」と綴る。
c もともとは、鎌倉から室町時代にかけて武蔵国を中心として勢力を保持していた武蔵七党《ムサシシチトウ》と呼ばれた同族武士団の中で最大勢力を誇った児玉党の当主・児玉時国《コダマ・トキクニ》の居館跡だったと云う説あり。
d こののちに「夏目」姓を名乗った。
e 合戦があった地名から砂窪合戦《スナクボ・ガッセン》とも。「日本三大奇襲」と称されるが、これは江戸時代に作り上げられた話であり、実際には夜戦ではなく夕暮れに始まった戦であると云う説がある。
f 竹谷松平家六代当主で、三河国吉田藩の初代藩主。
g 江戸時代の城主であった松平清宗・家清父子は1万石の身であり、城を改修ほどの余力はなかったため、北條流築城術がそのまま残ったと考えられる。
h 当然ながら各学校の敷地内への立ち入りは禁止。
i 約300本ものソメイヨシノで、春の季節は公園全体が桜色に包まれ、夜は提灯が灯り、夜桜を楽しめるらしいが、城攻め当時は季節外れだった 😕 。
j 特に説明はするものは見つからなかったが、最後の城主であった松平家清あたりだろうか。
k 埼玉の三偉人の一人。他に、近代日本における最初の女性医師・荻野吟子《オギノ・ギンコ》、日本近代経済の父と呼ばれた渋沢栄一がいる。