多賀柵跡の正門・外郭南門からは政庁まで真っ直ぐに延びた南大路が残っていた

宮城県多賀市市川にある多賀城跡は、天平9(737)年に「多賀柵《たがさく》」[a]古代日本の大和朝廷が東北地方に築いた古代城柵《こだい・じょうさく》の一つ。本稿では「多賀城」と「多賀柵」の両方を特に区別なく使用している。として初めて『続日本紀[b]平安時代初期に菅原道真らによって編纂された史書。六国史《りっこくし》の中では『日本書紀』に続く二作目にあたる。』に登場し、以降その他の史書では「多賀城」と記されていた。この城は、奈良時代に陸奥国の国府及び鎮守府《ちんじゅふ》が置かれた行政と軍事の拠点の一つで、神亀元(724)年に大和朝廷の命を受けた大野東人《おおの・あずまひと》が蝦夷[c]読みは「えみし」。朝廷のある京都から見て、北方または東方に住む人々の総称。勢力との境界線で、松島方面から南西に伸びる低丘陵の先端に位置し仙台平野を一望できる、ここ多賀に築いたのが始まりとされる。不整形な方形の外郭には築地《ついじ》[d]土を突き固めながら積み上げ、上に屋根をかけた塀の一種。を巡らし、中央部に政務や儀式を行う政庁が建ち、その周囲には行政実務を担う役所や兵舎、工房などが併設された。天平宝字6(762)年には藤原南家の四男・朝狩《あさかり》が改修し、城外には道路で区画された町並みが形成された。しかし宝亀11(780)年には伊治呰麻呂《これはり・の・あざまろ》の反乱により城は焼失、後に復興されたが貞観11(869)年に大地震が発生して建物は全て倒壊するも、これも再興した。最後は室町時代の南北朝争乱で落城し廃城となった。大正11(1922)年に国史跡に、そして昭和41(1966)年には特別史跡に指定され、現在に至る。

今となっては一昨々年《さきおととし》は平成28(2016)年のお盆休み、その前年の夏とその年の春に続く「奥州攻め」へ[e]それまで東北地方は宮城県仙台市しか行ったことがなかった自身にとって、一年弱の短期間で三回目の訪問となる。。今回は、4日間の日程のうち前半を宮城県、後半は福島県の城跡と勇将らの墓所を巡ってきた。ところどころ雨に遭遇するなど、すべて晴天に恵まれた訳ではなかったけど、一応は予定どおり攻めることができた:)

初日は日本三代史跡の一つ[f]他には平城京(奈良県奈良市)と太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。に数えられ、国の特別史跡でもある宮城県多賀城市の多賀城跡。事前の調査でかなり広大な敷地を歩きまわる可能性がありそうだったので余裕をもって半日をあてたのだけど、噂に違わぬ規模だったので後半はヘトヘトになってしまった:O。レンタサイクルっていう手もあったけど、駅に着くなりポツリポツリと雨が降っていたので残念ながら諦めて徒歩で移動することにした。

この日は朝8時くらいの東京発はJR新幹線はやぶさ101号・盛岡行に乗車して仙台に着いたのが朝9時半。コインロッカーに荷物を預けて昼飯を調達し、JR東北本線・小牛田《こごた》行に乗り換えて国府多賀城《こくふたがじょう》駅で下車。朝10時過ぎには北口出口前にある観光案内所で情報を入手して城攻め開始。

まず、こちらはGoogle Earth 3Dで俯瞰した多賀城跡の周辺図に主要な地名()を重畳したもの。城跡の西を流れるのは砂押川《すなおしがわ》と勿来川《なこそがわ》、北にあるのは加瀬沼《かせぬま》:

あずき色で囲ったエリアが特別史跡・多賀城跡で、かっての東北古代城柵の一つである多賀柵

多賀城跡周辺図(Google Earthより)

濃赤色の線で囲ったエリア(一部は推測)が特別史跡・多賀城跡[g]正確には外郭東門は奈良時代と平安時代とでは位置が異なっている。で、JR東北本線を挟んで北側がかっての古代城柵である多賀柵、南側の多賀神社近くあるのが廃寺跡《はいじあと》。前者と同時期に創建された多賀柵付属の寺院の跡。

同じく、こちらもGoogle Earth 3Dを利用して、今回の城攻めで巡ってきた遺構の位置()とそのラベルを地図上に重畳させたもの:

小雨が降るなかを半日かけて多賀城跡と廃寺跡をそれぞれ番号順に徒歩で巡ってきた

多賀城攻めルート

駅の北口から多賀城跡へ向かい、南門跡から南大路、政庁跡を巡り、それから作貫地区から北上して外郭北東隅、陸奥総社宮まで足を伸ばした。途中、雨に遭遇したので東屋に避難し、ついでに昼飯を摂ったあとに雨が止んでくれたので駅前へ戻り、南口へ渡って特別史跡である廃寺跡を巡ってきた。城攻めを終了した後は宿泊先の仙台へ戻る電車待ちの間、東北歴史博物館のまわりをうろうろしたり、そこに併築・整備されていた江戸時代の屋敷の「今野家住宅」を観覧してきた:

(国府多賀城駅・北口) → ①館前遺跡 → ②壺碑(多賀城碑) → ③外郭南門跡 → ④南大路跡 → ⑤政庁南門跡・西翼廊跡・東翼廊跡 → ⑥石敷広場跡・政庁正殿跡・後殿跡 → ⑦作貫地区(空掘覆屋・役所跡・空堀) → ⑧大畑地区(掘立柱式建築物跡) → ⑨外郭東門跡(奈良時代と平安時代) → ⑩外郭北東隅(加瀬沼) → ⑪陸奥総社宮 → ・・・ →  ⑫多賀神社 → ⑬多賀城跡附寺跡(講堂跡・三重塔跡・金堂跡) → (東北歴史博物館) → (今野家住宅)→ (国府多賀城駅・南口)

朝10時過ぎから始めた城攻めは、お昼と中休みを挟んで夕方4時くらいまで。午後には雨は止んで気温も高くなり湿気がすごかったが、いや〜予想以上に歩き回った一日だった :|


こちらは駅舎北側から多賀城跡の眺望。往時、周囲は湿地帯に囲まれた緩やかな丘陵上に政庁が建っていた:

正面に見える緩やかな丘陵上に国府である政庁の他、役所・工房・兵舎が築地塀に囲まれた中に建っていた

国府多賀城駅からの眺望(拡大版)

そして駅のすぐ側に復元整備されていたのが①館前遺跡:

ここから掘立柱建物跡や溝跡、整地層が発見された

館前遺跡

昭和時代の発掘調査では平安時代の初め(9世紀前半)のものと推測される掘立柱建物《ほったてばしら・たてもの》跡が6棟発見された。その中には四面に廟《ひさし》がつく格式の高い建物もあり、その規模はこれから見に行く多賀城の政庁正殿に匹敵するものだったとか。中央から多賀柵に赴任した国司《こくし》と呼ばれる上級役人の邸宅か、もしくは役所の一部と考えられるのだとか。

このあとは多賀城市中央公園を横断して県道R35・泉塩釜線を渡り、多賀城跡へ向かった。
こちらは南門が建っていた丘陵の遠景。広大な敷地であるがため今ひとつ全体像が掴みづらいが、きちんと案内板が建っていたので予想したほど苦労はなかった:

往時は丘陵を横切りるように築地塀が建っていたと考えられている

多賀城南門跡の遠景

「あやめ園」が併設された遊歩道を使って壺碑がある南門跡へ向かう

南門跡入口

多賀城南門《たがじょう・なんもん》跡に残る②壺碑こと多賀城碑。日本三代古碑の一つ[h]他には那須国造碑(栃木県大田原市)と多胡碑(群馬県高崎市)がある。で、神亀元(724)年の創建時と天平宝字6(762)年の改修時を伝える貴重な史料で、国の重要文化財:

国の重要文化財で、正面の覆屋の中にある石版が壺碑

那須国造碑

この碑面には平城京や国境からの距離や多賀城の歴史が綴られている

多賀城壺碑

多賀城の正門にあたる南門から城内に少し入ったあたり建っている。江戸時代に土中から発見された。硬い花崗岩でできた高さ196cm、幅92cmの碑面には「多賀城の位置」と「大野東人による724年の城の創建」、そして「藤原朝狩による762年の改修」が刻まれており、当時の記念碑と考えられている。

ここが多賀城の正門であった③外郭南門跡:

外郭南辺のほぼ中央に位置する多賀柵の正門であった

外郭南門跡

多賀柵の正門にあたる南門は格式の高い二層の八脚門だった

推定復元図

多賀城の南・東・西の外郭辺で確認されている門の一つで、発掘調査の結果、最終的には礎石式の格式の高い朱塗り総瓦葺二層の八脚門が建っていたと推定されている。多賀城市は将来、復元する予定らしい。

「築地塀」は、現在は全て埋没保存されているため石碑があるだけ。往時の南門脇には土をつき固めて高く築き上げた築地が建っていたと云う。推定でも高さ4m以上あったらしい:

築地塀とは土を丁寧につき固めて高く築き上げた塀のこと

築地塀跡

さらに多賀柵は、政庁を中心に約1㎞四方を築地塀で囲まれていたと云う。但し、地盤が緩い場所では、築地の代わりに丸材や角材を密に並べた材木塀《ざいもくべい》が建っていた。

そして多賀柵の正門であった外郭南門跡から政庁方面を眺めたところ。南門から城の中枢部である政庁まで南北に真っ直ぐ延びた道路が南大路であった:

南門から政庁まで南北に真っ直ぐ通じる道路が南大路である

南門跡からの眺め

多賀柵の南大路を分断する道路を渡ると「多賀城・政庁跡入口」の案内板が建っていたので、ここから政庁跡へ向かった。現在の多賀柵跡内は便宜的に六つの地区[i]城前地区、作貫地区、大畑地区、六月坂地区、金堀地区、五万崎地区の六地区。に分けられているようで、政庁南大路《せいちょう・みなみおおじ》あたりは「城前地区」と云うのだそうだ:

ここを折れて南大路跡の石段を登って政庁跡へ向かう

「多賀城・政庁跡入口」

奥に見えるのが政庁へ続く南大路の石段

「城前地区」

こちらが外郭南門から政庁南門まで一直線に延びていた政庁南大路の推定復原。ちなみに時代によって道幅が異なっていたらしい(奈良時代は約13m / 平安時代は約23m):

外郭南門をくぐり、この丘の上にある政庁の南門まで一直線に伸びていた道路は時代によって道幅が異なっていた

政庁南門へ向かって伸びる南大路跡

南大路の石段から政庁南大路を振り返って見たところ

外郭南門方面

政庁跡に置かれていた「政庁復元模型1/200」:

多賀城のほぼ中央い置かれていた政庁は約100m四方を築地塀で囲み、建物が建っていた空間は広場を形成していた

第II期の政庁復元模型・縮尺1/200(拡大版)

政庁は築城後に何回か(第I期〜第IV期)改修され、そのたびに建築物が増えていったらしい。特に第IV期の政庁は陸奥国大地震後に復興されたものである。ここでは政務の他に、重要な儀式などが行われていたと云う。

今から13百年以上前の飛鳥時代から平安時代にかけて大和朝廷は行政施設+軍事施設である「古代城柵《こだい・じょうさく》」を日本の各地に築いたが、特に蝦夷対策として東北には数多くの柵が作られた:

位置が特定された城柵、日本書紀等に記載あるが実際は不明な城柵、全く不明な城柵がある

東北古代城柵

こちらはGoogle Earth 3Dを利用して現在の政庁跡を俯瞰し、主な建物跡にコメントを付与したもの。現在、これらの建物跡は発掘等調査後に埋没保存され、その上に建物の一部が平面復原されていた:

多賀城跡では建物礎石などで平面復元されていた

南側から俯瞰した政庁跡

いわゆる第IV期の時代の政庁跡

コメント付き

多賀柵の政庁は、現代の福島県・宮城県・岩手県の地域を含めた陸奥国府であり、さらに山形県・秋田県に相当する出羽国まで監督する広域の地方府であり、蝦夷対策を勧める鎮守府《ちんじゅふ》でもあった。

政庁がその存在と機能を最大限に兼ね備えた時期が天平宝字6(762)年に藤原朝狩が全面的に改修した時代である。このときは正殿・東西脇殿の他に、翼廊《よくろう》の付いた南門・東西楼・後殿《こうでん》が全て礎石式《そせき・しき》で建てられ、築地塀の各辺には東殿《とうでん》・西殿《せいでん》・北殿《ほくでん》が追加されたほか、政庁前の中央広場は石敷《いしじき》とされ、石組溝《いしくみみぞ》も敷設された。

こちらが南大路跡を上がった先にある⑤政庁南門《せいちょう・なんもん》跡。外郭南門と同様に、礎石の上に柱を載せた八脚門と、その門を飾るために東西に翼廊が取り付けられ、更にその外側には土居の上に建てられた築地塀があったと云う:

築地塀と南門との間に置かれた翼廊

西翼廊跡

政庁の南正面の門で礎石式の八脚門が建っていたと推測される

南門跡

築地塀と南門との間に置かれた翼廊

東翼廊跡

正門である外郭南門をくぐり南大路の石段を上がってくると、あたかも鳥が羽を広げたかのような雄大で巨大な政庁南門が登城者の眼前に現れたと云う。

こちらは南門の石組溝(現存):

政庁の外周に巡っていた排水路である

政庁南門の石組溝

そして⑥石敷広場跡:

政庁正殿前に置かれた石敷のエリア

石敷広場跡

この先は⑥政庁正殿跡:

政庁の中心となる礎石式の四面廂付《しめん・ひさしつき》建物であった

政庁正殿跡

現在は建物の基壇のみを復元している(礎石の一部は現存)

政庁正殿跡

政庁の中心に建っていた礎石《そせき》式の四面廂付建物《しめん・ひさしつき・たてもの》である。政務や儀式の際には陸奥国のトップである国司が在所する。現在は建物の基壇だけ復原されているが、その一部は発掘調査で検出したもので現存である。

正殿跡の背後(北側)にあるのが⑥政庁後殿跡:

奥に見える正殿跡と同様に、礎石を使って平面復元されていた

政庁後殿跡

あと政庁東殿跡。政庁東門の位置に建てられていたもので、築地塀を飾った建物だったとか:

政庁南門と同様に、政庁を囲む築地塀のこちらは東側の門であった

政庁東殿跡

政庁跡を土塀跡に沿ってぐるりと巡りながら他の建物跡を見たあとは、政庁跡から東へ移動して⑦作貫《さっかん》地区へ:

主屋を中心にコの字型に配置された役所の建物があったと云う

作貫地区

奈良〜平安時代にかけて主屋を中心にコの字型に配置された役所の建物があったしく、城攻め当時もその発掘現場があった:

建屋で覆われた発掘現場からは空堀跡が検出された

作貫地区発掘現場

こちらは役所跡と空堀。役所の建物は時代に応じて建て替えが何度かあったらしい。また空堀といっても中世時代のような防備のためではなく、自然の地形を活かして生活に役立てるものだったらしい:

政庁の周辺には役所や工房が建っていたと云う

役所跡

政庁域外と外郭の間には部分的に空堀が設けられていたが用途は不明

空堀

ここから北上したところが政庁の東側にあたる⑧大畑地区:

政庁の外郭東門近くのエリアで、時代によって一部の城域が異なる

大畑地区

大畑地区に残る掘立柱式建物跡:

建物の両脇には廂《ひさし》が設けられた城内で最大規模の建物

掘立柱式建物跡

高い柱が身舎《もや》の柱、短いのが廂《ひさし》の柱を表している

復原模式図

この規模は南北45m以上、東西12m以上とされ城内で最も大きな建築物で、東西に廂《ひさし》が張り出していた。現在の平面復原では南北45m文の身舎《もや》と廂の柱の位置が示されていた。

こちらが⑨外郭東門跡【奈良時代】。門の一部が推定復原されている:

国府多賀城と国府の津(塩釜港)を結ぶ門だった

奈良時代の外郭東門跡

外郭東隅あたりにあった礎石式の八脚門で、国府多賀城と国府の津[j]湊《みなと》のこと。現在の塩釜港。を結ぶ最も往来が多かった門。平安時代に入ると、ここから西(写真手前)へ約80m移築された。

こちらが、その⑨外郭東門跡【平安時代】。推定復原図はあくまでも「推定」であり正確なものではない:

左右の土居の上に櫓、手前が石敷道路で、奥に東門が建っていた

平安時代の外郭東門跡

両脇の櫓は防御以外に東門を飾る効果があったと云う(あくまでも推定)

推定復原図

平安時代になると、多賀城を囲む築地塀や材木塀には櫓が設けられるようになり、この東門の前面には瓦葺き屋根の櫓が南北対象に建てられた上に、後年には何度か建替えがあったらしい:

この土居の上に瓦葺き屋根を持つ櫓が建っていたという推定

東門南櫓跡

ここに正面9.4m、奥行5.5mの瓦葺の八脚門が建っていたと云う推定

平安時代の外郭東門跡

また南北の櫓の前には石敷の道路があった。小石や瓦の破片が敷き詰められたのは平安時代から:

平安時代、東門と西門と間には幅約16mの道路が通っていた

復原された石敷道路

東門跡から西へ向かう道幅約16mの石敷道路跡を歩いて行った先には北門跡があった:

平安時代には城内で最も広い役所群の北側にあった出入口だった

役所群の北門と築地塀跡

北門の両脇には丸太材を立て並べた材木塀が設けられていた

推定復原図

政庁の北側にあった役所の出入口にあたり、門の両側には材木塀《ざいもくべい》が付設されていた。現在は門の柱や材木塀の位置、役所の大きさを表す標柱が建っていた。往時は政務を司る役所の他に、木工や鍛冶などの工房、兵士らの宿舎などがあったという。

それから現代のアスファルト製の道路を渡って政庁の北にある加瀬沼方面へ。ここは⑩外郭北東隅にあたる場所:

この森の先には加瀬沼がある

外郭北東隅

ここから現代の道路に沿って東へ少し移動した所には⑪陸奥総社宮《むつそうしゃのみや》がある:

陸奥国百社を合祀する神社であるが、創建年月日は不明だとか

陸奥総社宮

ここいらで雨が降ってきたので大畑地区にあった東屋で雨宿りを兼ねて昼食を摂りエネルギーを補給する。それから外郭南東隅を経由して南下し再び国府多賀城駅へ戻った。南東隅は雀山《すずめやま》と呼ばれた小高い丘の上に位置し、周囲は低湿地帯だった:

ここでは材木塀が設置されていた

外郭南東隅の碑

そして南口から歩いて多賀城廃寺《たがじょう・はいじ》跡へ。その途中には⑫多賀神社があった;

当時赴任してきた国司や開拓移民が崇拝していたとされる社

多賀神社

ここから道路を挟んで南側が⑬多賀城跡附寺跡。往時、多賀城から南東1㎞ほどのこの場所には陸奥国経営の無事と成功を祈願して寺院が建てられていた:

多賀城と同時期に創建された多賀城の附属寺院の伽藍があった

多賀城跡附寺跡

多賀城と同時期に創建された付属寺院は、昭和時代の発掘調査で、太宰府付属寺院の観世音寺と似た伽藍配置を持つていたことが判明した。中門から伸びる築地は東側の三重塔と西側の金堂を囲み、北側の講堂に取り付いて中心伽藍を形成していた。さらに講堂の北側には僧房・経蔵・鐘楼・倉が配置されいたと云う:

左から金堂・講堂・中門・三重塔、手前には築地が巡らされていた

多賀城廃寺復元図

こちらが中門跡:

この門の脇には築地塀が巡らされていた

中門跡

この門の先が寺院の境内。こちらが講堂跡:

奥にある盛土部分が三重塔跡、右手に金堂跡がある

講堂跡

そして三重塔跡:

塔の基壇が埋没保存されている

三重塔跡

これは現存

礎石

以上で多賀柵/多賀城攻めは終了。

See Also多賀城攻め (フォト集)

【参考情報】

参照   [ + ]

a. 古代日本の大和朝廷が東北地方に築いた古代城柵《こだい・じょうさく》の一つ。本稿では「多賀城」と「多賀柵」の両方を特に区別なく使用している。
b. 平安時代初期に菅原道真らによって編纂された史書。六国史《りっこくし》の中では『日本書紀』に続く二作目にあたる。
c. 読みは「えみし」。朝廷のある京都から見て、北方または東方に住む人々の総称。
d. 土を突き固めながら積み上げ、上に屋根をかけた塀の一種。
e. それまで東北地方は宮城県仙台市しか行ったことがなかった自身にとって、一年弱の短期間で三回目の訪問となる。
f. 他には平城京(奈良県奈良市)と太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。
g. 正確には外郭東門は奈良時代と平安時代とでは位置が異なっている。
h. 他には那須国造碑(栃木県大田原市)と多胡碑(群馬県高崎市)がある。
i. 城前地区、作貫地区、大畑地区、六月坂地区、金堀地区、五万崎地区の六地区。
j. 湊《みなと》のこと。現在の塩釜港。