江戸時代に二本松城主・丹羽光重は石垣を多用した近世城郭に改修した

室町時代に奥州管領[a]奥州は各地方をまとめるため「守護」職の代わりに「管領」職が置かれた。を拝命していた奥州畠山《オウシュウ・ハタケヤマ》氏は観応の擾乱《カンノウノジョウラン》[b]南北朝時代、室町幕府の将軍・足利尊氏とその弟である直義《ナオヨシ》とが争った内乱。で将軍側についたが敗北し一族の多くが討死した中で、畠山国詮《ハタケヤマ・クニアキラ》が安達郡二本松《アダチグン・ニホンマツ》まで落ち延びて二本松畠山氏[c]二本松氏、または奥州畠山氏とも。の祖となった。彼の嫡子・満泰《ミツヤス》の代には白旗ヶ峰《シロハタガミネ》の麓に居館を移し、これがのちに二本松城となる。その後は怨敵・伊達政宗に攻められて開城[d]二本松氏の9代当主・義綱《ヨシツナ》は相馬義胤《ソウマ・ヨシタネ》の仲介により開城して蘆名氏のもとに落ち延びるも、のちに殺害されて二本松氏は滅亡した。享年16。し、伊達氏による対蘆名・佐竹の拠点となったが、豊臣秀吉による奥州仕置ののちに蒲生氏郷の所領となり城代が置かれた。氏郷が急死したあと會津120万石に移封された上杉景勝が城代を置いていたが関ヶ原の戦いで敗戦後、蒲生氏・加藤氏が続き、一度は天領になるが白河藩より転封されて二本松藩を立藩した丹羽光重《ニワ・ミツシゲ》[e]第六天魔王・織田信長の重臣の一人である丹羽長秀の孫。の居城となった。氏郷の時代に改修された二本松城であるが、光重の時代にはさらに大改修が施され現在、福島県二本松市郭内3丁目の霞ヶ城公園《カスミガジョウコウエン》で見る近世城郭に生まれ変わった。しかし丹羽氏10代の居城は幕末の戊辰戦争で新政府軍を迎え撃つも僅か一日で落城した。

続きを読む

参照

参照
a 奥州は各地方をまとめるため「守護」職の代わりに「管領」職が置かれた。
b 南北朝時代、室町幕府の将軍・足利尊氏とその弟である直義《ナオヨシ》とが争った内乱。
c 二本松氏、または奥州畠山氏とも。
d 二本松氏の9代当主・義綱《ヨシツナ》は相馬義胤《ソウマ・ヨシタネ》の仲介により開城して蘆名氏のもとに落ち延びるも、のちに殺害されて二本松氏は滅亡した。享年16。
e 第六天魔王・織田信長の重臣の一人である丹羽長秀の孫。