秀吉軍襲来に備えて八王子城西端に急遽築かれた詰城の背後には大堀切が残る

小田原北條氏二代目当主の氏綱《ウジツナ》の嫡子で、のちに『相模の獅子』と呼ばれた三代目当主の伊勢新九郎氏康《イセ・シンクロウ・ウジヤス》[a]初代当主である伊勢盛時《イセ・モリトキ》、号して宗瑞(「北條早雲」の呼称は正確ではない)から継承されていた「伊勢」の苗字は二代氏綱、そして三代氏康まで使用され、「北條」の苗字は氏綱の代から当主だけに使用が許され、氏康は元服時に拝承した。なお「新九郎」は伊勢(北條)氏の嫡男に与えられた仮名《ケミョウ》。の子女は一説に九男・七女とされ、その正室は駿河国守護であった今川氏親《イマガワ・ウジチカ》[b]母は伊勢新九郎盛時(号して宗瑞)の姉の北川殿《キタガワドノ》。伯父である宗瑞の後見を受けて駿河国を平定する。の娘・瑞渓院殿《ズイケイインデン》。この正室との間には長男の新九郎氏親[c]天文21(1552)年に元服直後の16歳で死去したとされる。、次男で嫡男の氏政、三男の氏照、四男の氏規《ウジノリ》、五男の氏邦《ウジクニ》、六男で『越後の龍』こと上杉輝虎の養子となった景虎がいる。女子には、氏康とは義兄弟であった北條綱成の嫡男・氏繁室、千葉親胤室、そして今川氏真《イマガワ・ウジザネ》室の早川殿らがいる。小田原北條氏は相模国の小田原城を本城として伊豆・武蔵・駿河・下総などの領国に数多くの支城を築いて整備し、いわゆる支城ネットワークを構築していた。その中で最大規模を誇っていたとされる八王子城は兄の氏政と甥の氏直を軍事と政治の両面で支えた北條陸奥守氏照の最後の居城で、現在は東京都八王子市元八王子町にて国史跡に指定されている。天正18(1590)年の小田原仕置の際は、急遽、本丸の西側に石垣で囲った詰城《ツメノシロ》を築いて豊臣勢の来襲に備えた。

続きを読む

参照

参照
a 初代当主である伊勢盛時《イセ・モリトキ》、号して宗瑞(「北條早雲」の呼称は正確ではない)から継承されていた「伊勢」の苗字は二代氏綱、そして三代氏康まで使用され、「北條」の苗字は氏綱の代から当主だけに使用が許され、氏康は元服時に拝承した。なお「新九郎」は伊勢(北條)氏の嫡男に与えられた仮名《ケミョウ》。
b 母は伊勢新九郎盛時(号して宗瑞)の姉の北川殿《キタガワドノ》。伯父である宗瑞の後見を受けて駿河国を平定する。
c 天文21(1552)年に元服直後の16歳で死去したとされる。