Mikeforce::Castles

城攻めと古戦場巡り、そして勇将らに思いを馳せる。

師戸城 − Moroto Castle

師戸城は利根川下流に形成された印旛沼の中に浮かんでいるように見えた

縄文時代に太平洋から関東東部へ湾入し、内海として下総(しもうさ)国一之宮にあたる香取神宮[a]関東地方を含む全国にある「香取神社」の総本社。茨城県の鹿島神宮と息栖(いきす)神社と共に東国三社の一つ。の目の前まで広がっていた香取海(かとりのうみ)[b]地学的には古鬼怒湾(ふるきど・わん)と呼ばれる。は奈良時代に入ると海退[c]読みは「かいたい」。土地の隆起により海岸線が後退し海面下のにあった地面が陸上に現れること。し、鬼怒川からの土砂が流れこむことで出口が堰き止められて沼が形成された。これが印旛沼(いんばぬま)の始まりとされる。この沼を天然の外堀として築かれた砦が師戸城であるが築城の経緯は不明であり、一説には下総国を拠点として千葉介(ちばのすけ)を名乗っていた千葉氏の一族とされる臼井(うすい)氏が居城とした下総臼井城の支城として、室町時代初期に築かれたと云われている。また江戸時代初期に編纂された『臼井家由来抜書(うすいけ・ゆらい・ぬけがき)』によると臼井氏四天王の一人、師戸四朗なる人物が城主を務めたとある。その後、戦国時代に至るまで何度か改修され、千葉県は印西(いんざい)市師戸の印旛沼公園に現存する規模になったと推定されている。永禄9(1566)年、関東管領・上杉輝虎[d]のちの上杉謙信。「輝」の字は足利幕府第13代将軍・足利義輝からの偏諱。が小田原北條氏の勢力を駆逐するため安房の里見義堯・義弘父子らと千葉氏の家臣・原胤貞(はら・たねさだ)らが籠もる臼井城を攻め、師戸城もまた越後の精兵らの猛攻にさらされた。

今となっては一昨年は平成28(2016)年、巷でいう「黄金週間」が明けたとある週末近くの平日に、千葉県にあったとされる城を攻めてきた[e]私事ながら、この年のGWは仕事だった上に、ほかにも休日出勤も重なっていたが、ここいらで少し落ち着いてきたので天気の良い平日に代休をとったという次第。最後の城攻めのあとに体調を崩したこともあって約3ヶ月ぶりの城攻めとなった。。印旛沼公園は、その昔に攻めた臼井城跡と印旛沼を境に北側に位置することもあって、その時と同様に船橋を経由して京成臼井駅へ到着したのが朝の9時半くらい。ここから県道R64に沿って徒歩で公園へ向かうことも可能であるが、この当時は平日のみ京成成田空港線の印旛日本医大駅までバスが運行されていた。これにより公園入口近くの「師戸」バス停まで10分弱で行くことができた[f]これは今から二年前の話。本稿執筆時点だと平成30(2018)年12月から大成交通さんの「宗像路線」の青ルートが利用できるようだ。バス停も「印旛沼公園入口」そのもの。。ただ帰りはバスの時刻が合わなかったので30分くらいかけて徒歩で戻ってきたけど :|。ちなみに公園へのアクセスについては大分古いがこちらにも情報あり。

R64沿いのバス停から師戸川を渡り、緩い坂を歩いていった先に公園入口があった:

この坂を登った先に駐車場がある

「都市公園・県立印旛沼公園」の入口

こちらが駐車場に建っていた公園案内図(左が北方面):

『豊かな水と緑に囲まれた歴史公園』は、かっては師戸城であり、印旛沼を挟んで臼井城とは「渡」で連絡されていたという

「印旛沼公園案内」(拡大版)

この案内図にあるように師戸城跡の一部は「自由広場」とか「芝生広場」なんてのに改変されてはいるが、特に灰色で示された空堀跡は良好に残っていた。印旛沼に面する公園南端には展望台が設けられており、そこから臼井城跡や臼井田宿内砦跡を眺めることができた。

こちらは Google Earth 3D を利用した師戸城跡の俯瞰図。コメント部分は先の案内図の他に、こちらも公園内に建っていた「師戸城跡模式図」を参考にした(黄色線は土塁、水色線は堀を示す):

左が北方面で、現在は「郭跡」を「広場」に改変した印旛沼公園として整備されていた

師戸城跡俯瞰図(Google Earthより)

主郭を印旛沼に面した城の南端に配置し、それを幾重かの郭で囲んだ連郭式平山城であった

師戸城跡俯瞰図(コメント付き)

現在、公園の南側(写真右側)には印旛沼との間に用水路を含む水田が設けられているが、この公園の周囲に作られた水田を含めて往時は湿地あるいは泥地であったと予想され、印旛沼とともに天然の外堀的防御施設として使われていたと思われる。

主郭跡が城の南端に配置されていることから、主郭下に渡(わたし)を設け、印旛沼対岸にある臼井城との連絡や防衛上の連携(物資の搬入や退却時の収容など)を想定していた縄張であったろうと予想する。

今回の城攻めルートはこちら。公園入口から時計回りにぐるりと回ってきた:

(公園入口) → 道場台の土塁 → (公園駐車場) → 三郭の空堀 → 三郭の土塁 → 三郭の虎口跡 → 中堀跡 → ニ郭虎口跡 → 二郭跡 →  公園展望台 → 主郭虎口跡 → 主郭跡 → 三郭跡 → 三郭の土塁と空堀 → 土盛り跡 → 三郭虎口跡と土橋 → 道場台跡 → (公園駐車場)

公園内にいくつかある「〇〇広場」は郭(くるわ)跡に相当し、その周囲には土塁が残っている他に広場と広場の間に設けられた遊歩道は空堀や堀底道に相当すると考えられる。

公園入口を進んでいくと右手上に道場台北側の土塁が見えてくる。この外堀跡に作られた車道からの比高差8m以上はあるであろう:

駐車場へ向かう途中に見る土塁はかなりの高さがあった

道場台の土塁

公園駐車場を抜け「展望台」方面の案内板の先には道場台と三郭との間にある空堀が見えてくる:

正面が城址南側(展望台)方面、右手上が三郭跡

三郭の空堀

左手上の三郭と右手奥の四郭に相当する道場台の間にある空堀

三郭の空堀

このまま城址の南側へ向かって進んで行くと遊歩道と空堀が合流し、堀底道から三郭の高い切岸を見上げることができた。季節柄、蒼々を茂った藪が多かったが:

堀が遊歩道に合流しており、正の土塁の上が三郭跡

堀底から見上げた三郭の切岸

そして城址の真東あたりにある公園の入口は三郭の虎口跡らしい:

ここから公園東の田んぼ(根古屋)に下りることができるようだ

三郭の虎口跡

というのを公園をぐるりと巡って最後の道場台跡に建っていた「師戸城跡模式図」なる説明図で知った :D:

道場台跡あたりに建っていた説明板で左手が北方面(公園案内図を含め、どうしてこの向きの絵なんだろうか?)

「師戸城跡模式図」(拡大版)

そして虎口から城址南側に広がる印旛沼を眺めたところ。往時は、民家が建つているあたりも沼だった:

この日は穏やかな晴天だったので眼下に広がる印旛沼に加え、その対岸の佐倉市あたりまで眺めることができた

印旛沼(拡大版)

さらに城址を南下していくと「展望台」方向との分岐点に到達するが、展望台ではなく中堀跡の堀底をたどる階段を登ることにした。階段を登ると三郭と主郭・ニ郭との間ある中堀跡が見えてきた:

主郭・二郭と三郭を隔てる空堀で、一部が横矢掛かりになっていた

中堀跡

師戸城の中央を東西に分断する中堀跡が遊歩道になっていたが、歩きながらでも横矢掛かりになっているのが分かる:

二郭と三郭を結ぶ橋から見下ろすと横矢が掛っているのが分かる

中堀跡

堀底道である遊歩道を歩いても横矢が掛かっているのがわかる

中堀跡

こちらは薬研堀である中堀跡の堀底から城址西側を眺めたところ。左手前がニ郭跡、左手奥が主郭跡、右手が三郭跡:

V字形をした薬研堀である中堀を境に、左手の土塁の上が主郭と二郭、右手の土塁の上が三郭

中堀跡と遊歩道(拡大版)

一度、中堀跡の西端まで行ってから引き返し、この遊歩道の上に架かっていた橋を三郭跡から渡る。そのため、この先がニ郭虎口跡になる:

現在は鉄橋であるが、往時は木橋が架けられていたと想像する

二郭虎口跡

木橋ならぬ鉄橋を渡り虎口を抜けると、台地の最南端に設けられたニ郭跡となる:

この先が花木園・展望台で、右手にある小堀跡の更に奥が主郭跡となる

二郭跡(拡大版)

そして、この先には花木園と公園展望台がある:

現在は一部が花木園となって公開されている

二郭跡と花木園

台地の縁に設けられた展望台は往時の物見台跡と思われる

公園展望台

往時は物見台であったと思われる二郭南端の展望台から印旛沼の眺め:

往時、城址の南端であるここには物見櫓が建ち、この下の田んぼ辺りまで沼が侵入して舟入場があったと思われる

展望台から印旛沼の眺め(拡大版)

この下の田んぼもまた往時は沼が侵食して湿地となり、対岸にある臼井城との渡(わたし)に使う舟入場などが設けられていたと考えられる:

往時は眼下まで沼あるいは湿地であったと考えられる

印旛沼

沼を挟んで正面が臼井城・臼井田宿内砦方面である

印旛沼

そして印旛沼を挟んで臼井城跡臼井田宿内砦跡も眺めることができた。実際のところ展望台から城跡まで1.5kmほどであるが、遮蔽物がなく沼のおかげで意外と近く感じた:

展望台から臼井城本丸跡まで直線距離で1.5kmほどで遮蔽物が無い分近く感じた

臼井城跡方面の眺め

印旛沼の対岸にある臼井城とは「渡(わたし)」で連絡されていた

(コメント付き)

師戸城と臼井城との関係は不明であるが、一説に臼井城の支城として印旛沼の水運掌握を担い、兵站基地として14世紀ころには存在していたと云われる。戦国時代の改修を経て、永禄9(1566)年春の上杉輝虎ら越軍との臼井城攻防戦でもその猛攻をしのいだとされる。

さらに天正18(1590)年の関白秀吉による小田原仕置では、諸軍が相模国の小田原城を包囲している中、徳川勢を主力する東海道北上軍[g]主な武将は徳川家康、内藤家長、羽柴秀次、織田信雄、浅野長政ら。が武蔵国へ侵攻して玉縄城や江戸城を次々に陥落させ、そこから軍勢を岩付城河越城攻略方と下総国の臼井城・佐倉城本佐倉城攻略方の二手に分けて、それぞれ進撃した。この時に浅野長政や内藤家長(ないとう・いえなが)らが率いる軍勢により師戸城は臼井城と共に開城、その後に廃城となったと云う:

緑円内が臼井城・師戸城(石田堤公園に置かれていた説明図より)

「小田原征伐時の関東」(拡大版)

このあとは主郭跡へ移動した。
主郭は城の南端に二郭と隣り合う状態で設けられていたが、往時は主郭虎口へ続く土橋の左右に「小堀」と呼ばれる空堀が設けられていた:

手前が二郭跡、小堀跡を挟んで奥が主郭跡

主郭虎口跡

遊歩道が土橋に相当し、虎口脇の左右に空堀(小堀)が残っていた

主郭虎口跡(コメント付き)

こちらが二郭跡(左手)と主郭跡(右手)との間に残る小堀跡:

小堀跡の向こうに見えるのが土橋で、左手が二郭跡、右手が主郭跡

小堀跡

現在は芝生広場になっていた主郭跡。主郭北側には土塁が残っていた:

正面奥が郭の南側であり、その先に印旛沼がある

主郭跡

主郭北側に残る土塁は高く、この下には中堀跡に作られた遊歩道がある

主郭を囲む土塁

室町時代中期に京都を中心に勃発した応仁の乱が終息した文明10(1478)年、京から遠くはなれた東国では長尾景春の乱が各地へ飛び火し、関東管領勢と地方の豪族との間で対立が続いていた。そんな中、扇谷上杉氏家宰で江戸城を居城としていた太田資長(おおた・すけなが)[h]持資(もちすけ)とも。出家したのちは道灌(どうかん)と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。室町時代稀代の軍略家。は臼井城に籠もる千葉孝胤(ちば・たかたね)を攻めたが、本城である臼井城と支城の師戸城による印旛沼を利用した二元攻撃に苦戦を強いられ、味方に多くの損害が出る中[i]この戦いで道灌は実弟の資忠を失った。、辛くも落城にこぎつけることができた。
しかし太田資長が謀殺されると、逃亡していた孝胤は再び臼井城を奪取して家臣の臼井景胤(うすい・かげたね)を入城させ、代々臼井家が城主となった。

そして戦国時代初めの永禄4(1561)年には、臼井家16代当主・久胤(ひさたね)の時代に臼井城は里見家の正木大膳信茂に攻められて落城したが、のちに里見氏が小田原北條氏との第二次国府台合戦で敗れ下総国における支配力が弱まった隙に、千葉氏の家老・原胤貞(はら・たねさだ)が奪還した。この際に臼井城と師戸城は北条流築城術で一部が改修されたとも。

ここで『房総の雄』里見義堯(さとみ・よしあき)・義弘(よしひろ)父子は小田原北條氏に対抗するために『越後の龍』上杉輝虎に関東出陣を要請、輝虎もまた水運が盛んな下総の船橋を関東制覇の拠点とすべく、永禄9(1566)年春に精兵を率いて北條氏に与した千葉胤富(ちば・たねとむ)の家臣・原胤貞(はら・たねさだ)らが守備する臼井城・師戸城を攻めた。緒戦は、ここまでに攻略し降伏させた下野国の豪族らを先鋒にした上杉勢が有利に進め、本丸堀一重を残すばかりに追い込んだものの、たまたま諸国行脚の修行で立ち寄った臼井城で軍配を任されることとなった軍師・白井胤治(しらい・たねはる)[j]出家して白井入道浄三(しらい・にゅうどう・じょうさん)とも。圧倒的有利の上杉輝虎ら越軍を2千の兵で迎え撃ち、撃退した「無双軍配名人」(名軍師のことで、諸葛亮孔明に因んで「今孔明」)として知られる。鉄仮面を被って軍配を執ったと云う。による奇策と小田原北條氏からの援軍で『赤鬼』こと松田康郷(まつだ・やすさと)[k]小田原北条氏綱の家臣。たった百騎で臼井城の援軍に駆けつけ、朱色の甲冑・具足の赤備で越軍本陣まで斬り込んで暴れ回り、越軍に撤退を余儀なくさせた。後に謙信も『鬼孫太郎』と感嘆したという猛将。の活躍により形勢が逆転し、輝虎ら越軍は撤退を余儀なくされたと云う。


こちらはGoogle Earth 3Dに師戸城跡と印旛沼、そして周辺の遺構を重畳させたもの。マップの縮尺の都合で、千葉氏の居城であった本佐倉城跡まで収めることができなかったが :|

千葉氏の居城・本佐倉城は東にすこし離れたところにある

師戸城跡周辺図(Google Earthより)

主郭跡を出て、次は中堀跡の北側にあり、現在は自由広場[l]文字通り「自由」に楽しめるグラウンド規模の広場だった  :-)になっている三郭跡へ:

一見するとグラウンドだが、周囲は土塁に囲まれていた

三郭跡

この郭もまた土塁で囲まれており、しっかりと遺構として残っていた:

左手が三郭で、右手下は急崖で空堀になっている

三郭跡に残る土塁

土塁の上から急斜面の下にある空堀を見下ろしたところ

三郭下の空堀

三郭の西側には梅園があり、その近くに土盛りした(土塁)跡が残る:

この先には休息場があり印旛沼越しに臼井城を眺めることが可能だった

梅園

往時は非常に重厚な土塁だったと想像できる

遊歩道脇に残る土盛り跡

さらに遊歩道を北側へ向かうと三郭から道場台との間の土橋跡が見えてきた。その両脇の空堀も、だいぶ埋まってはいるが良好に残っていた:

土橋跡から見た三郭と道場台との間にある空堀

空堀

遊歩道になっているが、手前が三郭跡、奥が道場台跡

土橋跡

土橋跡から見た三郭と道場台との間にある空堀

空堀

そして四郭にあたる道場台跡。現在はちびっこ広場:

現在は一部がちびっこ広場、一部が芝生広場になっていた

道場台跡

こちらも道場台跡で、現在は芝生広場:

現在は一部がちびっこ広場、一部が芝生広場になっていた

道場台跡

この後は公園を出て県道R64を南下し、船戸橋を渡って京成臼井駅まで徒歩で移動した:

県道R64にあるバス停前から師戸川を挟んで眺めた師戸城跡こと印旛沼公園で、左手奥が公園入口となる

師戸城跡の遠景(拡大版)

船戸橋を渡るところから眺めた印旛沼と臼井城跡。印旛沼は利根川水系の湖沼(こしょう)である:

この先には臼井田宿内砦跡と臼井城跡がある

印旛沼

See Also師戸城攻め (フォト集)

【参考情報】

参照   [ + ]

a. 関東地方を含む全国にある「香取神社」の総本社。茨城県の鹿島神宮と息栖(いきす)神社と共に東国三社の一つ。
b. 地学的には古鬼怒湾(ふるきど・わん)と呼ばれる。
c. 読みは「かいたい」。土地の隆起により海岸線が後退し海面下のにあった地面が陸上に現れること。
d. のちの上杉謙信。「輝」の字は足利幕府第13代将軍・足利義輝からの偏諱。
e. 私事ながら、この年のGWは仕事だった上に、ほかにも休日出勤も重なっていたが、ここいらで少し落ち着いてきたので天気の良い平日に代休をとったという次第。最後の城攻めのあとに体調を崩したこともあって約3ヶ月ぶりの城攻めとなった。
f. これは今から二年前の話。本稿執筆時点だと平成30(2018)年12月から大成交通さんの「宗像路線」の青ルートが利用できるようだ。バス停も「印旛沼公園入口」そのもの。
g. 主な武将は徳川家康、内藤家長、羽柴秀次、織田信雄、浅野長政ら。
h. 持資(もちすけ)とも。出家したのちは道灌(どうかん)と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。室町時代稀代の軍略家。
i. この戦いで道灌は実弟の資忠を失った。
j. 出家して白井入道浄三(しらい・にゅうどう・じょうさん)とも。圧倒的有利の上杉輝虎ら越軍を2千の兵で迎え撃ち、撃退した「無双軍配名人」(名軍師のことで、諸葛亮孔明に因んで「今孔明」)として知られる。鉄仮面を被って軍配を執ったと云う。
k. 小田原北条氏綱の家臣。たった百騎で臼井城の援軍に駆けつけ、朱色の甲冑・具足の赤備で越軍本陣まで斬り込んで暴れ回り、越軍に撤退を余儀なくさせた。後に謙信も『鬼孫太郎』と感嘆したという猛将。
l. 文字通り「自由」に楽しめるグラウンド規模の広場だった  :-)

1 個のコメント

  1. 最後の城攻めから3ヶ月も空いてしまった。春先に体調を崩してしばらくは城攻めを休むことに。そんな時に限って仕事がたてこんでくるという次第。休日返上でこなして落ち着いてきた時期に、やや抑え気味に規模の小さい平城跡をゆっくりと時間をかけて回ってきた。そして、なんとか城攻めの勘をとりもどすことができた :)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

© 2019 Mikeforce::Castles

テーマの提供は Anders Noren先頭へ ↑