笠間氏の滅亡後に蒲生郷成は笠間城を石垣を多用し天守を持つ近世城郭に改修した

茨城県笠間市笠間3616に遺る笠間城は関東地方にある山城としては珍しく石垣を多用し二層の天守を持つ近世城郭であった。この地を治めていたのは鎌倉時代初めから18代続く下野守護・宇都宮氏の一族の常陸笠間氏[a]他には下野国から安芸国に下向した安芸笠間氏、九州は筑前国の筑前笠間氏がいる。で、標高182mほどの佐白山(さしろさん)の頂上に堅固な砦を築いたのが笠間城の始まりとされている。しかし天正18(1590)年の豊臣秀吉による小田原仕置後に宗家である宇都宮国綱との対立が表面化し、18代当主・綱家が討たれて笠間一族が滅亡[b]この説の他に、小田原仕置で豊臣方についた宗家・宇都宮氏に対し、小田原方についた笠間氏は敗戦後に宇都宮国綱に攻められて滅亡したと云う説あり。すると国綱の側近が城主となった。その後、伊勢国から會津・仙道十一郡42万石で移封された蒲生氏郷の嫡子・秀行は、父亡きあとに起こった家中の騒動[c]俗に云う「蒲生騒動」。氏郷が朝鮮出兵のため留守にしていた會津若松で家臣らが対立した。その後、氏郷が急死すると死人が出るお家騒動に発展した。を収めることができなかったため、秀吉により下野国宇都宮へ減封となったが、その際に家老の一人であった蒲生郷成(がもう・さとなり)が笠間城主となった。郷成はそれまでの砦から天然の地形を巧みに利用した近世城郭へと改修した。その実際は三の丸、二の丸、帯曲輪、そして天守曲輪を設け、各曲輪には白壁の土塀をまわし、虎口には城門を、そして要所には櫓を配置して、のちに「桂城」と称えるにふさわしい要害堅固な名城となった。

一昨年は平成28(2016)年の正月明けの連休を利用して、自身としては初となる茨城県にある城攻めに行って来た。初日の午後は笠間城跡へ移動するため、お昼を摂った土浦からJR常磐線・いわき行きに乗車し友部からJR水戸線・小山(おやま)行きに乗り換えて笠間駅で下車した。駅舎を出た右手に観光案内所があるので、そこで自転車をレンタルした[d]料金は一日300円(当時)で、営業が終了する17:30までに返却する必要あり。。電動アシストもレンタルできるようだが、この時は既に出払っていて電動アシストなしをレンタルした。たしか自転車だと駅前から「大黒石」手前までおよそ30分くらいだったと思う。大抵の人たちは「千人溜り」跡にある駐車場まで車で向かっていたようだ。ちなみに観光協会で笠間城跡までのルートについはこちらからダウンロードできる『かさま観光周遊バスルートマップ』を頂いて教えてもらった[e]公衆トイレの場所も記載されているので案内所で入手することをオススメする。

こちらは Google Earth 3D を利用した笠間城跡周辺の俯瞰図:

標高180mほどの佐白山山頂付近に築かれた城跡へは、笠間駅前から自転車でおよそ30分の距離にある

笠間城跡周辺俯瞰図(Google Earthより)

自転車を大黒石手前の★に停めて城跡を巡った他に、真浄寺に移築された八幡台櫓も観てきた

笠間城跡周辺俯瞰図(コメント付き)

JR笠間駅前の観光案内所から自転車で佐白山(さしろさん)山頂付近に築かれた城跡へ向かったが、下屋敷(したやしき)跡を過ぎたところから杜になり、側道を入ったあたりに自転車を停めて、あとは徒歩で移動した。
左上を流れるのは茨城県・那珂川水系で一級河川の涸沼川(ひぬまがわ)。往時は西から北にかけて高橋川・福田川が、そして北から東へ逆川(さかさがわ)が流れ天然の外堀であったが、現在は高橋川が涸沼川となり、逆川は埋め立てられて道路になっている。

また当時は天守曲輪の天守台が五年前の東日本大震災の影響を大きく受けて補修中で立入り禁止であった他、時間の都合で三の丸跡や玉滴ノ井(ぎょくてきのい)と云う井戸を観てまわることができなかった:

(観光案内所) → (笠間稲荷神社前) → 大石邸跡 → (下屋敷跡) → 大黒石 → 笠間百坊旧跡 → 的場丸跡/千人溜り跡 → 大手門跡 → 二の丸・玄関門跡 →本丸跡 → 八幡台櫓跡 → 天守曲輪跡 → 天守台石垣 → 佐志能神社 → ・・・ → 真浄寺 → 笠間藩校跡 → (観光案内所)

江戸幕府が正保元(1644)年に城と城下町の絵図を作成するよう諸藩に命じて完成させた『正保城絵図』[f]命じられた各藩は数年で絵図を提出し、幕府はこれを江戸城内の紅葉山文庫(もみじやま・ぶんこ)に収蔵した。昭和61(1986)年に国の重要文化財に指定された。には、往時の笠間藩が作成した絵図が現存しており、国立公文書館のデジタルアーカイブ閲覧やダウンロードが可能になっている。
こちらはダウンロードした画像の一部に注釈を入れたもの。笠間城内の建造物や城下町の町割などが詳細に記されているのが分かる:

正保元(1644)年に江戸幕府が諸藩に命じて作成させた正保城絵図の一つで、これは笠間藩が作成したもの

『常陸国笠間之城絵図』

佐白山山頂に築かれた城内の建物の他に山麓の屋敷や城下町などが細かく描かれていた

『常陸国笠間之城絵図』(コメント付き)

ちなみに、この絵図に描かれている城下町から城へ続く大手道は現在の車道の位置とほぼ同じであったことには納得した。往時は道路沿いに侍屋敷や侍町が建っていたようである。


これは大手道沿いに建つ下屋敷の手前にあった「史蹟・大石邸址」。外様大名で初代の播磨赤穂藩主でもあった浅野長直(あさの・ながなお)が笠間藩主だった時代、後世に「赤穂浪士」で知られる大石内蔵助良雄(おおいし・くらのすけ・よしお)の曽祖父である大石良勝(おおうち・よしかつ)と祖父の大石良欽(おおうち・よしたか)が藩の筆頭家老を務めていたらしい。ちなみに、この敷地には大石良雄の銅像が建っていたが笠間藩とは全く関係はない:

赤穂浪士の大石内蔵助良雄とは全く関係ないのに銅像が建っていた

「史蹟・大石邸址」

次に下屋敷へ向かってみると観光バスが止まって大勢の観光客が居たのでこちらは外からみるだけにとどめ、先を急ぐことにした。緩やかな傾斜の大手道跡を登って行くと杜が深くなってくるが、歌手の坂本九氏の旧家を通り過ぎた先に分岐点があり、そこから城跡方面に折れて進んで行くと左手にちょっとした側道があったのでそこに自転車を停めた。

城跡へ向かう途中には「大黒石」なる巨石が横たわっていた。これは鎌倉時代に佐白山の麓に勢力をはっていた寺の僧兵同士が争い、一方の僧兵が山頂から転がした石がここまでころげ落ちてきたものらしい:

佐白山の僧兵と七会の徳蔵寺の僧兵が権力争いしていた時代のものらしい

大黒石

ちなみに正面左の中ほどに見える小穴は「大黒のへそ」と呼ばれ、小石を三度つづけて投げて、そのうち一つでも小穴に入れば幸せになると伝えられているのだとか。

このまま道なりに城跡方面へ向かうと再び分岐点となり、右手に折れると笠間城の的場丸跡地に造られた笠間県立自然公園の駐車場がある。
ちなにみ分岐点の左手上は笠間百坊(かさま・ひゃくぼう)旧跡。ここ佐白山には鎌倉時代から正福寺(しょうふくじ)や徳蔵寺(とjくぞうじ)などの宗教勢力が多くあり、それぞれの寺院が僧兵を囲っていたとされるが、この百坊もその一つであった:

鎌倉時代には佐白山を根城にした宗教勢力の一つだった百坊があった

笠間百坊旧跡

鎌倉時代後期は建保2(1214)年に、この正福寺と徳蔵寺との間で勢力争いが起こり、下野国守護の宇都宮氏が正福寺の後ろ盾になって佐白山の麓に砦を築いたが、これに危惧した正福寺も宇都宮氏に反抗したため当主の頼綱(よりつな)は甥の笠間時朝(かさま・ときとも)[g]鎌倉武士・塩谷朝業(しおのや・ともなり)の次男で宇都宮頼綱の養子となり、僧兵らを滅ぼして常陸国笠間を拠点とした。を派遣して両寺を焼き討ちして滅ぼし、16年もの歳月をかけて山頂に笠間城を築いたと伝わる。

こちらは本丸跡に建つ説明版に描かれていた笠間城の想像図に加筆したもの[h]加筆に加えて、本稿に合わせて名称を一部変更している。例えば「殿主櫓」は天守櫓、「二ノ丸」は二の丸など。

本丸跡に建つ説明板に描かれていたもので一部名称を変更するため加筆した

笠間城想像図

まずは千人溜り跡。今は駐車場になっているが、ここは的場丸跡でもあり、この駐車場入口は黒門跡でもある:

ここは黒門跡であり、さらに的場丸跡でもあるが、今は駐車場

史蹟・千人溜り跡

そのまま駐車場奥にある屈曲した大手道を進んで行くと、蔀(しとみ)の構えと呼ばれる目隠し用土塁が張り出していた:

的場丸(千人溜り)跡の左手奥から屈曲した大手道を進んでいくと目隠し用に土塁が右手側より伸びていた

大手道を隠す蔀の構え跡(拡大版)

そして大手門前には堀切と木橋跡(現在は土橋)が残っていた。正保城絵図によると堀の深さは3間、幅は8間あったという[i]メートル法だと堀の深さは約5.5m、幅は約14.5mとなる。

大手門側から的場丸方面を眺めたところ

堀切と大手橋跡

大手門前には堀切と大手橋(往時は木橋)跡が残っていた

堀切と大手橋跡(コメント付き)

大手口は枡形虎口であった。向かって右手には石垣が残っていた:

周辺には土塁、堀、土橋(往時は木橋)、石垣が残っていた

大手枡形虎口跡

大手門跡の土塁上に建つ石碑

「史蹟・笠間城大手門跡」の碑

こちらが正保城絵図にも描かれている大手枡形虎口の一部であった石垣:

大手道を進み大手橋を渡って大手門をくぐると枡形虎口となり、枡形を形成しているのが石垣と土塁だった

大手枡形虎口を囲む石垣(拡大版)

正保城絵図にも描かれている大手枡形虎口の石垣

『常陸国笠間之城絵図』

大手門を過ぎると中門跡がある:

この階段を登った先が中門跡

中門跡

中門跡を過ぎると二の丸へ登る石段が続き、その上が二の門虎口跡:

中門跡から二の丸跡へ続く大手道の石段を見上げたところ

二の丸跡へ続く石段

右手奥の石段が二の門跡で、その上が二の丸跡

二の門虎口跡

こちらが二の門跡。下から見ると石段上の一段目が二の丸跡で、二段目に見えるのが本丸跡になる:

二の門虎口から石段を登って二の門をくぐると二の丸だった

二の門跡

二の丸跡から本丸跡の向かう途中にあるのが玄関門跡:

表門とも呼ばれ、本丸の正門になる

玄関門跡

大手道は大手門から幾重にも折れつつ幾つかの門を潜って本丸に至る:

本丸は東西78間(約141.8m)、南北40間(約72.7m)の逆T字をしている

本丸跡

本丸は東西78間、南北40間の規模を持ち、城下町からの比高差は67間[j]メートル法だと東西約141.8m、南北約72.7m、比高差は約121.8mとなる。で、東西隅にはそれぞれ二重櫓が設けられていた他に、南側の八幡台と呼ばれた大土塁があり、その上にも二重櫓が建っていた:

逆T字の北端あたりで正面の土塁の先が二の丸跡である

本丸跡北側

また本丸よりも16間ほど高い場所[k]メートル法だと約29m。に天守を持つ天守曲輪があるので、ここ本丸は御殿といった居館が建つ、いわゆる中世城郭でいう二の丸に相当する郭であったと予想される:

御殿が建つなど中世城郭で云うと二の丸に相当する郭だった

本丸跡西側

天正18(1590)年に小田原北條氏を征伐した豊臣秀吉は、その勢いを持って下野国の宇都宮城へ入城して北関東と奥州の諸大名に対しても仕置を行い、伊勢国から奥州蘆名氏の旧領・會津黒川42万石で移封された蒲生飛騨守氏郷は、翌年の九戸政実(くのへ・まさざね)の乱の平定後にさらに加増されて92万石となる。しかし氏郷が文禄4(1595)年に急死すると嫡男の秀行が家督を相続するが、幼少のため家中を掌握できず、ついには重臣同士の対立が起こり御家騒動へと発展する。そして慶長3(1598)年に秀吉より會津92万石から宇都宮18万石に減封され、宇都宮氏から没収された笠間城には重臣の一人である蒲生源左衛門郷成(がもう・げんざえもん・さとなり)が城主として入城した。

郷成は初め坂源次郎と名乗って織田家四天王筆頭であった柴田修理亮勝家の家臣であったが、天正11(1583)年の賤ヶ岳の戦いで主家が滅亡した後に蒲生家に仕えるようになった。天正15(1587)年の豊臣秀吉による九州仕置の際、北九州に上陸した秀吉麾下で九番隊の蒲生氏郷と十番隊の前田利長は、島津方の秋月種実が城代とした熊井越中守らが籠もる巌石(がんじゃく)城を攻略することになった。氏郷自ら源左衛門郷成、横山喜内(よこやま・きない)[l]後に蒲生姓を賜り、蒲生頼郷(がもう・よりさと)と名乗る。秀行の宇都宮移封後に出奔し石田三成に仕え、関ヶ原の戦いでは島左近とともに奮戦するも討ち死にした。、寺井半左衛門、門屋助右衛門(かどや・すけうえもん)、そして岡左内定俊(おか・さない・さだとし)といった家中でも名のある勇士らを率いて攻め上がった。序盤は手こずったが、義父・信長譲りで勇猛な氏郷が陣頭指揮をとってついに巖石城は落城した。
この城攻めの一部始終を向かいの山から金の千成瓢(せんなりひさご)の馬印を打ちふらせて観ていた秀吉は愛馬を氏郷の許へひき行かせ「この馬に乗って本陣へ参れ」と口上させて氏郷の他に攻め込んだ勇士らも呼び寄せて城攻めを激賞した。特に郷成は、秀吉から「おぉ、おぉ、この指し物こそ、最も敵のかたまった中に飛び込み、四角八面に敵を追い散らしておったわ。」と褒めたてられた上に陣羽織を賜ったと云う。こうして難攻不落と謳われた巌石城の即時陥落は、九州で孤軍奮闘していた立花宗茂らを勇気づけた上に島津勢の肝を奪うことになった。
なお「蒲生郷成」の名は、こののちに氏郷から蒲生姓と偏諱を賜ったものである。

氏郷亡きあとに家老の一人として笠間城に入城した郷成は城郭の整備拡張を行い、現在観ることができる規模の近世城郭へ改修したと云う。


こちらが本丸南側にある大土塁の八幡台跡:

本丸南側に設けられた大土塁である

八幡台跡

本丸南側の大土塁で、この土塁の先端に二重櫓である八幡台櫓が建っていた

八幡台跡(拡大版)

そして、この大土塁の上に建てられた八幡台櫓跡の石碑。本丸に三基あった二重櫓の一つである八幡台櫓は、廃城後に麓にある真浄寺(しんじょうじ)の七面堂として移築され現存している:

八幡台櫓は廃城後に佐白山の麓にある真浄寺に移築された

「史蹟・笠間城八幡台櫓跡」の碑

八幡台の土塁上と、そこから見下ろした本丸跡。土塁の南側には土塀が巡らされていた:

本丸の南側に横たわる大土塁の土塁上で、往時は土塀が巡らされていた

八幡台上

八幡台跡から見下ろした本丸跡で、右手には玄関門跡、正面奥下が二の丸跡になる

本丸跡西側(拡大版)

八幡台跡の土塁上を西へ向かうと宍ヶ崎櫓跡がある:

本丸西側から振り返って見た八幡台の土塁跡

西端から見た八幡台跡

本丸西端に設けられていた二重櫓である

宍ヶ崎櫓跡

その脇には門跡があり、本丸・二の丸下の三の丸へ下りていくことが可能のようだったが、時間の都合で本丸東側の天守曲輪へ移動することにした:

ここから井戸曲輪を経由して三の丸跡へ下りて行けそうだった

本丸西側にあった門跡

本丸跡へ戻って更に進んでいくと城址の碑が建っていたが、この辺りが本丸東端で、その奥には東櫓門が建っていた:

本丸の東端で東門が建っていた

本丸東端

佐白山は古くから正福寺や百坊があって信仰の山として栄えていたがのちに城郭となり、笠間藩庁が置かれた

「笠間城跡」の石碑(拡大版)

本丸から30mほど高い小丘上に天守曲輪があったが、その前には東櫓門と堀切が設けられていた:

五年前(当時)の東日本大震災の影響うけているのが見て取れた

東櫓門跡

こちらは東櫓門と天守曲輪南側中腹との間にあった堀切で、正保城絵図によると堀の深さは3間、幅は6間あったという[m]メートル法だと堀の深さは約5.5m、幅は約10.9mとなる。。下には石垣も残っていた:

本丸と天守曲輪を隔てる堀切で石垣も残っていた

天守曲輪手前の堀切

堀切を渡るとやや急な石段が天守曲輪跡へ続いていた:

本丸と天守曲輪との比高差は30mほどで、その間には堀切と二つの櫓門で防備されていた

天守曲輪へ続く石段(拡大版)

石段を登った先に天守台石垣が見えてきた:

ブルーシートがかかっているのが天守台石垣で、その脇の石段が天守曲輪虎口である

天守台石垣と天守曲輪虎口(拡大版)

天守台石垣は打込み接ぎで、おそらく蒲生氏の會津若松城の築造で畿内から呼んだ穴太衆らの技術が生かされていると思われる:

天守曲輪の虎口すぐそばに置かれているが天守は更に奥に建っていた

天守台石垣

左手の天守台石垣右手の巨石の間が虎口で門があったとされる

天守曲輪虎口跡

そして虎口跡を過ぎた天守台上には、現在は佐志能(さしのう)神社の社殿が建っているが、そこへの立入りは禁止になっていた(当時):

東日本大震災の影響で落石や欠損の恐れがあるらしい(当時)

天守台跡は立入禁止

天守台には廃城後に天守の廃材を利用して建てられ社殿があった

天守台上の佐志能神社社殿

この佐志能神社の社殿は廃城後の天守の廃材を利用して造られているとのことだが、近づいて観ることができず残念だった :|

天守の廃材を利用して建てられたということで、柱にはホゾ穴のようなものが空いていた

佐志能神社の社殿(拡大版)

他にも天守台周辺には巨石がゴロゴロしていたが、これらが震災の影響なのかは不明。脇に建っていた案内版には天守想像図が描かれていた:

これが震災の影響で崩れたものか廃城時のものかは不明

天守台の石垣の一部

天守曲輪の天守台上に建てられていた二重櫓の天守は廃城後に破却された

天守の説明板(拡大版)

このあとはレンタサイクルに乗って真浄寺(しんじょうじ)へ:

慶長元(1596)年創建の歴史ある日蓮宗のお寺

日蓮宗・真浄寺

笠間城廃城後の明治13(1880)年に本丸にあった八幡台櫓(県指定文化財)が八面堂へ移築された:

現在は真浄寺の七面堂として現存している

八幡台櫓(現存)

側面から見ると二重櫓であることがよく分かる

八幡台櫓

他にも裏門や東門などが市内の民家へ移築されているのだとか。

最後はJR笠間駅へ戻る途中に通った笠間藩校・時習館跡。藩校跡は笠間小学校の敷地になっている:

教育理念と藩校の創設と歴史が漢文体で刻まれていた

史跡・笠間藩校・時習館跡の碑

See Also笠間城攻め (フォト集)

【参考情報】

参照   [ + ]

a. 他には下野国から安芸国に下向した安芸笠間氏、九州は筑前国の筑前笠間氏がいる。
b. この説の他に、小田原仕置で豊臣方についた宗家・宇都宮氏に対し、小田原方についた笠間氏は敗戦後に宇都宮国綱に攻められて滅亡したと云う説あり。
c. 俗に云う「蒲生騒動」。氏郷が朝鮮出兵のため留守にしていた會津若松で家臣らが対立した。その後、氏郷が急死すると死人が出るお家騒動に発展した。
d. 料金は一日300円(当時)で、営業が終了する17:30までに返却する必要あり。
e. 公衆トイレの場所も記載されているので案内所で入手することをオススメする。
f. 命じられた各藩は数年で絵図を提出し、幕府はこれを江戸城内の紅葉山文庫(もみじやま・ぶんこ)に収蔵した。昭和61(1986)年に国の重要文化財に指定された。
g. 鎌倉武士・塩谷朝業(しおのや・ともなり)の次男で宇都宮頼綱の養子となり、僧兵らを滅ぼして常陸国笠間を拠点とした。
h. 加筆に加えて、本稿に合わせて名称を一部変更している。例えば「殿主櫓」は天守櫓、「二ノ丸」は二の丸など。
i. メートル法だと堀の深さは約5.5m、幅は約14.5mとなる。
j. メートル法だと東西約141.8m、南北約72.7m、比高差は約121.8mとなる。
k. メートル法だと約29m。
l. 後に蒲生姓を賜り、蒲生頼郷(がもう・よりさと)と名乗る。秀行の宇都宮移封後に出奔し石田三成に仕え、関ヶ原の戦いでは島左近とともに奮戦するも討ち死にした。
m. メートル法だと堀の深さは約5.5m、幅は約10.9mとなる。