東京湾埋め立てで姿を消したかっての海上砲台で残っている第三台場跡

東京都港区台場1丁目10番1号にある台場公園は、品川御台場(しながわおだいば)の一つであった第三台場の跡地を利用して昭和3(1928)年に開園し、さらに昭和50(1975)年には有明側に陸続きで連結されて、現在は砂浜や磯が広がるお台場海浜公園の一部として都会のオアシス的な憩いの場になっている[a]海のある公園という側面の他に、ドラマや映画の撮影地や花火大会の会場、都心からの充実したアクセスなどが年齢を問わず多くの人たちを呼び込む空間ともなっている。。かっての品川御台場は、江戸時代は嘉永6(1853)年に米国合衆国海軍のペリー提督[b]マシュー・ペリーは米海軍の東インド艦隊総司令官であり、蒸気船海軍の父と呼ばれた。が「黒船」を率いて来航したことに危機感を持った幕府が江戸防衛のために建造した西洋式の海上砲台[c]「台場」とは砲台を意味し、「お上」である幕府に敬意を払って「御」の字を付けて「御台場」(おだいば)と称した。廃城となった後は「お台場」と呼ばれているのはご存知のとおり。だった。ペリーが開国の猶予のために日本を去ったあと、江戸湾の品川沖に11基[d]海上は11基だが、陸上に品川の高輪台地の最南端に位置する御殿山(ごてんやま)の麓に1基を建造すると云う計画だったので合計12基となる。の台場建設を、伊豆韮山で反射炉の建造に携わった江川太郎左衛門栄達(えがわ・たろうざえもん・ひでたつ)に命じ、およそ8ヶ月で第一・第二・第三の台場が竣工、江戸湾防衛を任されていた川越藩、会津藩、忍藩がそれぞれ守備に着いた。すると翌7(1854)年に江戸湾に再来したペリーは砲台のために横浜まで引き返して上陸せざるを得なくなったと云う。同年には第五・第六の台場の他、御殿山下台場も竣工し、さらに第七台場も工事が進んでいたが、日米和親条約が締結されて以降は工事が中止となり、第七台場は未完成、第八台場以降は未着手で終わった。

今となっては一昨昨年(さおととし)は平成27(2015)年の暮れに、東京臨海副都心でご存知「お台場」と云う名で親しまれている台場公園へ行って来た。かって「鎖国」だった時代に築造された江戸湾防衛のための海上砲台の一つの第三台場が、現在は台場公園となっており、一応は国指定史跡の文化財扱いとして残っている :O。また、実際に立ち入ることはできないが第三台場跡の近くにある第六台場跡も文化財指定になっている。ということで、今回は台場公園こと第三台場跡を中心に徒歩で巡ってきた。

ちなみに都心を経由してお台場へ行く公共機関は色々あるが、今回は田町駅東口から南下し、芝浦側入口からレインボーブリッジの南側遊歩道(サウスルート)を徒歩で渡って、橋桁の上から第六台場跡を眺めつつ台場公園がある第三台場跡へ向かった:

田町駅東口を南下してレインボーブリッジ遊歩道芝浦入口から南側遊歩道(サウスルート)で台場公園へ渡った

品川台場跡巡りのルート(拡大版)

田町駅東口からレインボーブリッジの芝浦アンカレイジ[e]「アンカレイジ」とは橋のケーブルの端を固定する大きなブロックのことで、アンカーブロックとも。実際はブロックを囲う建物を含めて呼ぶようだ。までは徒歩で20分ほど。芝浦側のアプローチはループ状になっているが下から見上げるとなかなか迫力がある建造物だった 8)

芝浦側はアプローチとしてループ橋がアンカレイジに連結しており、車道の他にゆりかもめの線路も開通している

芝浦側のループ(拡大版)

橋のケーブルを地面に定着させる建物で、ここに遊歩道入口がある

芝浦アンカレイジ

こんな通路を登った先から東京湾を挟んだ東側の晴海埠頭や豊洲埠頭方面を眺めることができた:

レインボーブリッジを見上げながら右手の芝浦側入口へ向かう

芝浦側入口へ向かう

芝浦側から東京湾ごしに晴海埠頭やまだ豊洲市場がない豊洲埠頭方面を眺めることができた

東京湾ごしの眺望(拡大版)

こちらが芝浦側の入口で、館内に入ると向かって左手に南側遊歩道(サウスルート)へのエレベータがある。ちなみ右手にあるエレベータは東京スカイツリーや東京タワーを見渡すことができるノースルート(北側遊歩道)用:

ここからレインボーブリッジの遊歩道へ

芝浦側入口

エントランスから左手へ進むと南側遊歩道へ向かうエレベータがある

サウスルートの案内板

これはホールにあったレインボーブリッジと横浜ベイブリッジの比較図。橋長はベイブリッジの方が長く、橋桁もベイブリッジの方が高いが、これは橋の構造の違い[f]レインボーブリッジは吊橋式、横浜ベイブリッジは斜張橋(しゃちょうきょう)式である。

レインボーブリッジは吊橋式のため斜張橋式のベイブリッジの方が橋長と橋桁ともに規模が大きい

レインボーブリッジと横浜ベイブリッジの比較(拡大版)

サウスルート用のエレベータに乗って7Fまで上がると車道脇の遊歩道に出る。ちなみに車道の反対側にはゆりかもめの線路と北側遊歩道(ノースルート)があり、この上は首都高速11号台場線:

サウスルートの右手は台場方面、左隣は一般道、その左隣はゆりかもめ

南側遊歩道

このまま台場方面へ移動するのだけれど、密閉された場所でもないのに排気ガスがけっこう強烈だった[g]溜まっているのか、染み付いているのか不明だが、自分は風邪防止でマスクを持参していたのですかさず着用した。:$

しばらくすると台場側の橋脚部に辿りくが、ここには橋の外側に少し出っ張ったスペースがあって展望台を兼ねていたので、そこから第六台場跡を眺めてみた:

台場側の橋脚部で出っ張り部分が展望台的な空間になっていた

橋脚部

中央手前にあるのが第六台場跡、その左手奥が第三台場跡こと台場公園、さらに奥の砂浜がある周辺がお台場海浜公園

第六台場跡と台場方面の眺望(拡大版)

さらに進んで台場アンカレイジへ。丁度、この下が第六台場跡である。後にも先にも第六台場を上から俯瞰できるのは、この場所しかないのでしっかりと眺めてきた:

吊橋のアンカー部を地上に固定している台場側の場所である

台場アンカレイジ

安政元(1854)年12月に竣工した六番目の海上砲台跡は自然豊かで学術的にも貴重な史蹟として海上で保全されていた

第六台場跡(拡大版)

現在、第六台場跡は無人島化しており上陸することはできない。そのためか台場内は学術的にも東京湾の貴重な自然環境になっているのだとか。あと船着場なるものが確認できた。おそらく学者らが上陸することがあるのだろう:

学術的にも貴重な自然の宝庫らしく学者らが上陸でもするのだろう

船着場

現存する海上砲台跡の一つで、現在は東京都が管理する無人島である

第六台場跡

台場アンカレイジを通過すると鳥の島が見えてくる。こちらは全長300mほどの細長い島のような形をしているが、昭和初期まで防波堤として使われたれっきとした人工建造物である[h]現在は立入りできない無人島状態になっている。

昭和初期までは防波堤として使われていた人工建造物で、海浜公園側にそびえているのはヒルトン東京お台場

鳥の島(拡大版)

さらに進んで行くと段々と下り坂になってくるので台場公園になっている第三台場跡を横目に見つつ台場入口へ向かう:

車道は下層が一般道の臨港道路海岸青海線、上層が首都高速11号台場線である

芝浦方面

この辺りから一般道とゆりかもめ、そして首都高が分離する感じ

台場方面

現在の都立台場公園は、それまで「独立で浮いていた」第三台場跡を台場・有明側と人工的に連結して造られたもの:

第三台場跡と連結して鳥の島と共に防波堤化することで、まるでお台場海浜公園側の内海が穏やかになるような演出

第三台場跡の連結部(拡大版)

そしてレインボーブリッジの台場側入口から長いデッキの遊歩道を通って、今となっては陸繋島(りくけいとう)のようになった第三台場跡へ向かった:

上層が首都高、下層が一般道とゆりかもめと遊歩道といった構造である

レインボーブリッジ

ここが左手にある第三台場跡に繋がる台場公園へ向かう入口

台場側入口

こちらは台場入口に建っていた公園の案内図:

11基あった海上の御台場のうち現存は第三と第六台場だけである

都立台場公園とレインボーブリッジの案内図

このあたりは都会の中のオアシス的な演出がされた遊歩道だった。この先に砲台があったなんて思わないのも無理もない :|

第三台場跡と連結して陸続きにしたのが台場公園

台場公園の連結部

品川台場は明治時代には大日本帝国軍の管轄だったが大正時代に東京府に払い下げられると国指定史跡になった

第三台場跡へ向かう遊歩道(拡大版)

こちらは品川歴史館作成図面(リンクはPDF)を参考に、江戸幕府が築造および計画していた御台場を現代のGoogle Earth 3Dに重畳させたもの。凡例として、現存は青色、撤去・埋没は赤色、未完成・未着工は灰色とした:

現代の東京湾沿いにある「◯◯埠頭」は全て埋め立てであり、江戸時代には存在していなかった陸地である

東京臨海副都心エリア(Google Earthより)

第一から第三、第五と第六台場まで竣工し、第四と第七台場は未完成、それ以降の第十一台場までは未着工

品川御台場築造図

今から160年以上前の江戸時代後期には現代の芝浦埠頭とか晴海埠頭といった埋め立てエリアは存在していないので、江戸幕府が築造または計画した十一基の御台場は陸地の御殿山下台場から始まって江戸湾を封鎖するような形で一列に並んでいたのが判る。

第一台場跡と第五台場跡は東京湾沿岸の埋め立てに併せて現在は品川埠頭の一部となっている。第二台場跡には大正時代に品川燈台が建っていたが現在は海中に埋没している。第三と第六台場跡は大正時代に東京府に払い下げられ、のちに国指定史跡として現在に残る。途中で工事が中止となった第四台場跡も埋め立ての一部となり、護岸に石垣が流用されているのだとか。同じく工事が中止になった第七台場跡は海中に埋没している。

そして遊歩道を抜けた、ここから先が第三台場跡である。脇に国指定史跡としての説明板が建っていた:

奥に見える石垣で囲まれたエリアが第三台場跡

第三台場跡

これは第三台場跡の中に建っていた案内図:

外部は石垣で囲まれ、内部は土塁が外周をめぐり、野球場規模の広場があり、石積みの遺構が一部残っていた

台場公園案内図(拡大版)

御台場の外周は石垣で囲まれ、槹出(はねだし)工法による武者返しが設けられていた。内部は砲台を配置したと思われる土塁が外周を巡り、石積みの弾薬庫がいくつか残っていた他、中央にある野球場一面ほどの規模の芝生広場が江戸時代の陣屋跡に相当するらしい。しかし実際に残っていた建物の礎石等は、大正時代に国指定史跡に指定されてのちに建てられたコンクリート製の休憩所跡とのこと。ということで大正時代以降にいろいろ改変されてしまっていることから、築造当時の遺構はあまり期待できないところではある :|

まずは入口付近の石垣:

槹出工法による武者返しで、こちら側の石垣は石の大きさもそろっている布積だった

武者返し付きの石垣

台場外周の石垣は外湾側と内湾側とでは異なる積み方をしていた。外湾側は江戸城の天守台と同じく布積(ぬのづみ)で、内湾側は落とし積である。また、その上部に設けられた通称「武者返し」は近世城郭ではよく観ることができるものであるが、五稜郭の半月堡などで見たものの二倍近い厚さだった:

槹出工法による武者返し

武者返しの突端

湾の外向きと内向きで積み方が異なっていた

内湾側の石垣は落とし積み

そして御台場の内部へ。出入り口にある階段を登って土塁上へ:

現在の土塁はかなり改変されてしまっているが、往時はこの上に大砲を配置していたようだ

台場の外周を巡る土塁(拡大版)

土塁は遊歩道向けに一部が改変されていた:

土塁下には石積みの弾薬庫跡が複数あり、中央には陣屋跡があった

土塁上から中央を眺めたところ(拡大版)

土塁から下へ降りるための階段

土塁跡と遊歩道

下から周囲の土塁を見ると意外と綺麗に整備されていたが、別の意味で芸術的でもあった :O

公園的には綺麗に整備されていたが史跡としては…

土塁跡

このあとは東側の土塁下から遺構をそれぞれ観ていくことに。
まずは溜池跡。こちらは全く枯れた状態だったが、このあとに向かった西側の溜池跡には水が残っていた:

この時期、こちらは完全に枯れていた

東側の溜池跡

東側の石積みで造られた弾薬庫跡:

外部からはわからないように土塁の中に建てられた石積みの蔵

東側の弾薬庫跡

外部からはわからないように土塁の中に建てられた石積みの蔵

東側の弾薬庫跡

東側弾薬庫の隣には石垣がむき出しになった建物跡があったが詳細は不明。こちらも布積みだった:

これも土塁の中に築かれていた空間であるが入口が見つからなかった

建物跡の石垣

御台場跡の中央へ向かうと「陣屋跡」とされる場所に礎石のようなものが並んでいたが、これは江戸時代のものではなく、大正時代に東京府へ払い下げされた後に国指定史跡になったが、その際に建てられた休憩所跡(コンクリート製)である:

これらは江戸時代の陣屋の礎石ではない(コンクリート製なので)

陣屋跡

史跡に指定された後、陣屋跡に休憩所が建てられ、その礎石が残っている

陣屋跡に残るコンクリート製の礎石

最終的に完成した6基の台場からなる品川御台場は、江戸湾防備の拠点として、それぞれ徳川将軍家に近い親藩・譜代とそれに準ずる家格(かかく)を持つ大名らによって警備されることになったという。最初に警備を命じられたのは河越、會津、忍、鳥取、庄内、松代の六藩で、警備は安政2(1855)年から本格化し、のちに大名家を交代させながら慶応4(1868)年の幕府崩壊直前まで、江戸湾防備の拠点として警備が続けられたという。

次は台場西側へ。こちらにも土塁に囲われた弾薬庫跡や溜池跡が残っていた:

外部からはわからないように土塁の中に建てられた石積みの蔵

西側の弾薬庫跡

この時期なのに、こちらには水が溜まっていた

東側の溜池跡

南側にも弾薬庫跡の他に竈(かまど)跡と呼ばれる遺物があった。ただし弾薬庫跡は他とは異なり建物跡であったこと、そして竈は江戸時代には無かったことから、両方ともに大正時代に国の史跡に指定された後に造られたものと思われる:

他の弾薬庫とは異なり建物の蔵と云うことで大正時代後の遺物か

弾薬庫跡

この奥にある弾薬庫とともに大正の時代の遺物だろうか

竈跡

この後は南側の階段を登って土塁の上へ:

台場の内部には遊歩道に合わせて土塁へ上がる階段がいくつかあった

台場西側の土塁(拡大版)

こちらが西側土塁上:

台場が江戸時代に築造された際に大砲は土塁の上に置かれていた

台場西側の土塁上

土塁の上には砲台風のオブジェクトが残っていたが、これも国指定史跡に指定された後に造られたダミーである。おそらく江戸時代に築造された際も、同じように土塁の上に砲台が置かれていたと想像する:

これは江戸時代のものではなく、大正時代に造られたダミーである

砲台跡

土塁上を北側へ向かって歩いていると第六台場跡とレインボーブリッジが見えてきた:

第三台場の土塁上からみて西側に残る

第六台場跡

台場側は国指定史跡の第三台場跡を避けるように少しカーブになっていた

レインボーブリッジ

そのまま台場北側の縁へ向かうと「史蹟・品川臺場」の石碑が建っていた。これこそ国指定史蹟になった大正時代のもの:

品川台場が国の史蹟に指定された大正15(1926)年に建立された

「史蹟・品川臺場」の石碑

台場の北端には波止場が残っているが、波止場への出入り口は閉鎖されて立入禁止だった:

現在は閉鎖されており立入り禁止である

波止場への出入り口

そのため石垣の上の土塁から眺めることにした:

これもコンクリート製だったので大正時代以降のものだろう

波止場跡

両脇の石垣も布積みだった

波止場の出入口

ちなみに来るときにレインボーブリッジの上から波止場跡を見下ろしたのがこちら:

レインボーブリッジのサウスルートから見下ろしたところ

第三台場

レインボーブリッジのサウスルートから見下ろしたところ

第三台場

レインボーブリッジのサウスルートから見下ろしたところ

第三台場

遠くからみてもわかるようにコンクリート製の波止場であるから、やはり大正時代の造物のようだ。おそらく江戸時代は砂浜までであったろう:

砂浜までは江戸時代、波止場そのものは大正時代のものに見えた

第三台場の波止場跡

このあとは土塁上を歩いて、最初に上ってきた東側の入口へ戻ることにした。これは、その途中に見下ろした台場跡の中央部:

高い土塁に囲まれて、外側からは内部を伺うことはできない設計だった

台場跡中央部

そして第三台場跡とお台場海浜公園の接続部:

この辺りは大正時代以降の遺物(コンクリートや石材)が放置されていた

お台場海浜公園との接続部

以上で第三台場跡の散策は終了。台場を築造した当時の遺構がほとんど残っていなかったのが残念だった。

See Also品川台場攻め (フォト集)

【参考情報】

参照   [ + ]

a. 海のある公園という側面の他に、ドラマや映画の撮影地や花火大会の会場、都心からの充実したアクセスなどが年齢を問わず多くの人たちを呼び込む空間ともなっている。
b. マシュー・ペリーは米海軍の東インド艦隊総司令官であり、蒸気船海軍の父と呼ばれた。
c. 「台場」とは砲台を意味し、「お上」である幕府に敬意を払って「御」の字を付けて「御台場」(おだいば)と称した。廃城となった後は「お台場」と呼ばれているのはご存知のとおり。
d. 海上は11基だが、陸上に品川の高輪台地の最南端に位置する御殿山(ごてんやま)の麓に1基を建造すると云う計画だったので合計12基となる。
e. 「アンカレイジ」とは橋のケーブルの端を固定する大きなブロックのことで、アンカーブロックとも。実際はブロックを囲う建物を含めて呼ぶようだ。
f. レインボーブリッジは吊橋式、横浜ベイブリッジは斜張橋(しゃちょうきょう)式である。
g. 溜まっているのか、染み付いているのか不明だが、自分は風邪防止でマスクを持参していたのですかさず着用した。
h. 現在は立入りできない無人島状態になっている。