深大寺城の第二郭跡からは九棟の掘立柱建物が発見され一部が平面復元されていた

関東平野南部に広がる武蔵野台地の南縁辺部[a]読みは《ミナミ・エンペン・ブ》。台地を囲む外周のうち南側の縁《ヘリ》の部分のこと。で標高50mほどの舌状《ゼツジョウ》台地上に築かれていた深大寺城は現在の東京都調布市深大寺元町にあり、三つの郭《クルワ》が直線的に連なった連郭式平山城であった。戦国時代初期、関東の覇権を巡って小田原北條氏と争っていた扇ヶ谷上杉氏が南武蔵の防衛ラインを強化するため、往時「深大寺のふるき郭」と呼ばれていた砦跡を修築し、重臣の難波田憲重《ナンバダ・ノリシゲ》[b]弾正とも。憲重は武蔵松山城代でもある。を城主として反抗拠点とした。城の西側を除く三方は開折谷《カイセキダニ》[c]地形が侵食などにより小さな谷が複数形成され、地形面が細分化される現象のこと。によって形成された沼沢地《ショウタクチ》が広がり、その西側にも湧水を集めた支谷《シコク》を持ち、南側はさらに比高15mをほどの国分寺崖線《コクブンジ・ガイセン》によって多摩川と画され、その対岸をも望見することができたと云う。城内は横矢掛《ヨコヤガカリ》の虎口や郭を囲む土塁、郭を分断する空堀など防衛設備が強化されていた。戦国時代初期にあって名将の誉高く、扇ヶ谷上杉氏の勢力拡大の先鋒を担っていた太田道灌が謀殺されて以来、扇ヶ谷上杉氏の権勢は振るわず、山内上杉氏・古河公方との三つ巴の争いで互いに疲弊しきっていた間隙をついて三浦道寸[d]相模三浦氏の最後の当主で、北條早雲との戦いに敗北し自刃した。を滅ぼし相模国を奪った小田原北條氏による武蔵国への侵攻が始まった。

続きを読む

参照

参照
a 読みは《ミナミ・エンペン・ブ》。台地を囲む外周のうち南側の縁《ヘリ》の部分のこと。
b 弾正とも。憲重は武蔵松山城代でもある。
c 地形が侵食などにより小さな谷が複数形成され、地形面が細分化される現象のこと。
d 相模三浦氏の最後の当主で、北條早雲との戦いに敗北し自刃した。