Mikeforce::Castles

城攻めと古戦場巡り、そして勇将らに思いを馳せる。

月別: 2019年1月

深大寺城 − Jindaiji Castle

深大寺城の第二郭跡からは九棟の掘立柱建物が発見され一部が平面復元されていた

関東平野南部に広がる武蔵野台地の南縁辺部[a]読みは「みなみ・えんぺん・ぶ」。台地を囲む外周のうち南側の縁(へり)の部分のこと。で標高50mほどの舌状(ぜつじょう)台地上に築かれていた深大寺城は現在の東京都調布市深大寺元町にあり、三つの郭(くるわ)が直線的に連なった連郭式平山城であった。戦国時代初期、関東の覇権を巡って小田原北条氏と争っていた扇ヶ谷上杉氏が南武蔵の防衛ラインを強化するため、往時「深大寺のふるき郭」と呼ばれていた砦跡を修築し、重臣の難波田憲重(なんばだのりしげ)[b]弾正とも。憲重は武蔵松山城代でもある。を城主として反抗拠点とした。城の西側を除く三方は開折谷(かいせきだに)[c]地形が侵食などにより小さな谷が複数形成され、地形面が細分化される現象のこと。によって形成された沼沢地(しょうたくち)が広がり、その西側にも湧水を集めた支谷(しこく)を持ち、南側はさらに比高15mをほどの国分寺崖線(こくぶんじ・がいせん)によって多摩川と画され、その対岸をも望見することができたと云う。城内は横矢掛(よこやがかり)の虎口や郭を囲む土塁、郭を分断する空堀など防衛設備が強化されていた。戦国時代初期にあって名将の誉高く、扇ヶ谷上杉氏の勢力拡大の先鋒を担っていた太田道灌が謀殺されて以来、扇ヶ谷上杉氏の権勢は振るわず、山内上杉氏・古河公方との三つ巴の争いで互いに疲弊しきっていた間隙をついて、三浦道寸[d]相模三浦氏の最後の当主で、北条早雲との戦いに敗北し自刃した。を滅ぼし相模国を奪った小田原北条氏による武蔵国への侵攻が始まった。

続きを読む

参照   [ + ]

a. 読みは「みなみ・えんぺん・ぶ」。台地を囲む外周のうち南側の縁(へり)の部分のこと。
b. 弾正とも。憲重は武蔵松山城代でもある。
c. 地形が侵食などにより小さな谷が複数形成され、地形面が細分化される現象のこと。
d. 相模三浦氏の最後の当主で、北条早雲との戦いに敗北し自刃した。

柳河藩立花家江戸屋敷跡 − Tachibana’s Edo Residences of the Yanagawa Domain

東京都台東区界隈にあった柳河藩・立花家の江戸藩邸跡には太郎稲荷が建っていた

九州は福岡県南部の筑紫地方南西部に位置する柳川市は、明治の初めの廃藩置県までは12万石の柳河藩[a]ここでは、藩名を「柳河」、城や町を「柳川」と記す。柳河藩は廃藩置県で柳川県、そして三瀦(みずま)県を経て福岡県に編入された。にあたり、その起藩にあたっては、今から430年以上前の天正15(1587)年に豊臣秀吉が九州平定に功績のあった立花宗茂に下筑後四郡13万2200石を与え、山門郡柳川を城地として定めたところまで遡る。しかし秀吉死後の慶長5(1600)年におこった関ヶ原の戦いでは豊臣恩顧の一人として西軍につき敗戦、徳川家康により改易・牢人となる。そのあとを継いだ田中吉政は石田三成捕縛の功により筑後一国を拝領し同じく柳川を本拠地として領内統治を行った。吉政は掘割と用水路、そして街道[b]田中街道とも呼ばれた福岡県道R23など。を整備し、現代の柳川市の基礎となる近代的な街作りに貢献したと云う。その後、田中家は無嗣断絶のために二代で改易となり、その翌年は元和7(1621)年に奥州棚倉は赤館で大名に復帰していた宗茂が20年ぶりに10万9647石余で柳川の領主に返り咲くと、明治まで柳河藩・立花家12代が治めるに至った。宗茂公はその翌年に二代将軍・秀忠への御礼言上のため江戸へ参府し、併せて江戸藩邸の普請を開始した。この藩邸は上屋敷・中屋敷・下屋敷から成り、それらは現在の東京都台東区千束(せんぞく)から下谷(したや)、そして三筋(みすじ)周辺にあたる。

続きを読む

参照   [ + ]

a. ここでは、藩名を「柳河」、城や町を「柳川」と記す。柳河藩は廃藩置県で柳川県、そして三瀦(みずま)県を経て福岡県に編入された。
b. 田中街道とも呼ばれた福岡県道R23など。

© 2019 Mikeforce::Castles

テーマの提供は Anders NorenUp ↑