志村城の二ノ丸跡には熊野神社があり、社殿は古墳の上に建てられていた

武蔵千葉氏ゆかりの城である志村城は、康正2(1456)年に千葉自胤《チバ・ヨリタネ》が扇ヶ谷上杉氏の家宰・太田資長[a]読みは《オオタ・スケナガ》。持資《モチスケ》とも。出家したのちは道灌《ドウカン》と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。の助けを借りて赤塚城に入城した際に、彼の一族である千葉隠岐守信胤《チバ・オキノカミ・ノブタネ》を配して赤塚城の前衛拠点としていたと云う。ここ東京都板橋区志村にある丘陵地に築かれていた志村城の築城時期は不詳であるが、一説に南武蔵の石神井城を居城として勢力をふるい、のちに長尾景春[b]伊藤潤作の『叛鬼《ハンキ》』(講談社文庫)の主人公である。の乱に乗じて小机城で太田道灌と対峙した豊島泰経《トシマ・ヤスツネ》の先祖が築いたとも。この城の本丸は、現在の区立志村小学校を中心とした比高20mほどの舌状台地上にあったとされ、周囲に出井川《デイガワ》[c]かって東京都板橋区に流れていた河川であるが、現在は全区間暗渠化されている。と荒川をめぐらせ、城の北・西・南側は急崖のうえに湿地帯であったため「守るに易く攻めるに難し」と云われた堅城であった。しかし大永4(1524)年に相模小田原の新興勢力・伊勢氏綱[d]のちの北條氏綱。に攻められて落城し、北條氏配下に入ったが、太閤秀吉の小田原仕置後に志村城は廃城となった。現在は宅地化の波に埋もれ遺構は殆どといってよいほど期待できないが、城山と云う台地の上にある城山熊野神社はかっての二ノ丸跡で、その社殿は古墳の上に建ち、境内には横矢掛かりの空堀の一部が残っていた。

続きを読む

参照

参照
a 読みは《オオタ・スケナガ》。持資《モチスケ》とも。出家したのちは道灌《ドウカン》と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。
b 伊藤潤作の『叛鬼《ハンキ》』(講談社文庫)の主人公である。
c かって東京都板橋区に流れていた河川であるが、現在は全区間暗渠化されている。
d のちの北條氏綱。