黒目川が取り巻く舌状台地に築かれた岡城は太田道灌が関与しているとも

かって「岡の城山《オカ・ノ・シロヤマ》」とも呼ばれていた埼玉県朝霞市岡にある城山公園は、今から約8000〜4500年前の縄文時代から遺る遺跡[a]貝塚が発見されている。であり、戦国時代前期には黒目川(《クロメガワ》[b]東京都および埼玉県を流れる荒川水系の一級河川である。を真下に見る舌状《ゼツジョウ》台地の先端部を利用した岡城[c]朝霞城《アサカジョウ》とも呼ばれていた。なる連郭式平山城が築かれていたとされる。この当時の築城者や城主については現在のところ不詳であるが、文化・文政期の地誌『新編武蔵風土記稿《シンペン・ムサシ・フドキコウ》』の中には名将・太田資長[d]読みは《オオタ・スケナガ》。持資《モチスケ》とも。出家したのちに道灌《ドウカン》と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。や、その曾孫・太田新六郎康資[e]読みは《オオタ・シンクロウ・ヤススケ》。もとは太田源六郎で、太田道灌の孫・太田資高の次男。小田原の伊勢新九郎氏康(のちの北條氏康)の麾下にあった頃、氏康より幼名「新」の字を賜り新六郎に、さらに偏諱で「康」の字を賜り康資と名乗った。との関係ついて記述があると云う。築城の才が豊かな道灌は稲付城の例にあるように、台地の先端が「舌」のような形になっている舌状台地を利用して城を築くことが多いようで、北は河越城岩付城、南は赤塚城志村城、稲付城といった規模の大小を問わずに江戸城の防衛線を構築していたのではないかと見ることができる。岡城が築かれた台地は西から東へ延びており、西側にある日蓮宗・本仙寺《ホンセンジ》付近で細く括れた独立丘陵状を呈しており、標高は約19mで周囲の低地との比高は12〜14mほどで、城内は堀切や「折れひずみ」と呼ばれる空堀、そして土壇によって区分けされた郭が連なっていたとされる。

続きを読む

参照

参照
a 貝塚が発見されている。
b 東京都および埼玉県を流れる荒川水系の一級河川である。
c 朝霞城《アサカジョウ》とも呼ばれていた。
d 読みは《オオタ・スケナガ》。持資《モチスケ》とも。出家したのちに道灌《ドウカン》と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。
e 読みは《オオタ・シンクロウ・ヤススケ》。もとは太田源六郎で、太田道灌の孫・太田資高の次男。小田原の伊勢新九郎氏康(のちの北條氏康)の麾下にあった頃、氏康より幼名「新」の字を賜り新六郎に、さらに偏諱で「康」の字を賜り康資と名乗った。