江戸川沿いの下総台地西端に築かれた国府台城では土塁に古代古墳を利用していた

千葉県市川市国府台にある里見公園は埼玉県東部から千葉県北部一帯に走る下総台地の西端で、江戸川沿いの台地上にあり、往時は下総国の国府が置かれたことから国府台《コウノダイ》と呼ばれ、下総国の政治や文化の中心となった場所であった上に、室町から戦国時代の関東動乱の舞台ともなった国府台城が築かれていた。その由緒としては、歴史書の『鎌倉大草紙《カマクラ・オオゾウシ》』[a]室町時代の鎌倉公方・古河公方を中心とした関東地方の歴史を記した軍記物である。には文明10(1478)年に扇ヶ谷上杉氏の家宰・太田資長[b]読みは《オオタ・スケナガ》。持資《モチスケ》とも。出家したのちは道灌《ドウカン》と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。が、ここ国府台に陣城を築いたとあり、これを始まりとする説がある。他に、それより前の康正2(1456)年に武蔵千葉氏[c]武蔵千葉氏は後に下総千葉氏に分裂し、さらに下総千葉氏は小田原北條氏が継ぎ、北條氏の滅亡と同時に千葉氏も所領を没収された。宗家・千葉実胤《トバ・サネタネ》と自胤《ヨリタネ》兄弟が市川城なる砦に立て籠もって、古河公方・足利成氏《アシカガ・シゲウジ》に抵抗したと云われているが、この市川城と道灌の陣城との関係は不明である。その後、国府台は二度にわたり争乱の表舞台に立つことになる。まずは天文7(1538)年に伊勢氏綱と小弓公方《オユミ・クボウ》足利義明《アシカガ・ヨシアキ》・里見義堯《サトミ・ヨシタカ》連合軍との合戦、そして永禄6(1563)年から二年に渡る北條氏康と里見義弘との合戦で、ともに里見勢は敗退し、下総から里見氏の勢力が駆逐されていくことになった。

続きを読む

参照

参照
a 室町時代の鎌倉公方・古河公方を中心とした関東地方の歴史を記した軍記物である。
b 読みは《オオタ・スケナガ》。持資《モチスケ》とも。出家したのちは道灌《ドウカン》と号したのはもはや言わずもがな。ちなみに公称は太田備中入道道灌。本文では「道灌」で統一する。
c 武蔵千葉氏は後に下総千葉氏に分裂し、さらに下総千葉氏は小田原北條氏が継ぎ、北條氏の滅亡と同時に千葉氏も所領を没収された。