河岸段丘に築かれた沼田城本丸から眞田氏時代の西櫓台石垣が見つかった

群馬県の北部に位置し、皇海山《スカイサン》・赤城山・武尊山《ホタカヤマ》などの山々に四方を囲まれ、利根川とその支流の片品川、蓮根川により形成された河岸段丘の上に広がる沼田市には、天文元(1532)年に三浦系沼田氏十二代・万鬼斎顕泰《マンキサイ・アキヤス》[a]万鬼斎の娘には、先日城攻めした箕輪城主・長野業政の側室がいる。が約三カ年の歳月を費やして、急崖の台地上に築いた沼田城(蔵内城)がある。その後、関東管領山内上杉氏と小田原北條氏との覇権争いに巻き込まれて家中で内紛が起こり、万鬼斎は會津へ逃亡した。そして天正6(1578)年、上杉謙信死後の御館の乱《オタテノラン》に乗じて北條氏邦が沼田城を支配し、弟で氏康の七男・上杉景虎を援護しつつ上杉景勝を牽制したものの、翌年には景勝方勝利と景虎自刃で沼田城内は動揺、天正8(1580)年にはその隙をついて武田勝頼の命で上野支配に動いていた眞田昌幸の計略により、疑心暗鬼になった城将・藤田信吉[b]鉢形城主・北條氏邦は藤田康邦の婿養子であり、信吉《ノブヨシ》は康邦の孫にあたる(諸説あり)。の内応を誘い開城させ武田氏の城となると、沼田城と呼ばれるようになる。翌9(1581)年には、沼田万鬼斎の子・平八郎景義《カゲヨシ》[c]摩利支天の再来と云われた勇将だったらしい。が悲願の沼田城奪回を計って挙兵するも、戦では叶わないとみた昌幸の策略で謀殺された。さらに同10(1582)年に武田家が滅亡し、天正壬午の乱を経て、同18(1590)年の関白秀吉による小田原仕置後は、昌幸の嫡男・信幸が城主となり城下町の整備を行った。

続きを読む

参照

参照
a 万鬼斎の娘には、先日城攻めした箕輪城主・長野業政の側室がいる。
b 鉢形城主・北條氏邦は藤田康邦の婿養子であり、信吉《ノブヨシ》は康邦の孫にあたる(諸説あり)。
c 摩利支天の再来と云われた勇将だったらしい。