甲斐国守護の武田信虎が躑躅ヶ崎館の詰の城として築いた要害山城の麓には積翠寺がある

山梨県甲府市上積翠寺町(かみ・せきすいじ・まち)にある標高770mの要害山は山全体が「要害山城」(または積翠寺要害城)という山城になっている。この城は、永正17(1520)年に甲斐国守護職の武田信虎が躑躅ヶ崎館の詰めの城として築いたもので、居館と政庁を兼ねていた躑躅ヶ崎館に対し、緊急時に立て籠もる要害としての役割を担っていた。翌年の大永元(1521)年には、駿河国・今川氏親の属将であった福島正成(くしま・まさしげ)[a]一説に小田原北条氏の重臣で玉縄北条氏の祖である綱成は正成の嫡男と云われている。また豊臣氏恩顧の福島正則は福島正成の流れ汲む同族とも云われている。が甲斐に侵攻して河内を占領し、迎撃してきた信虎軍を蹴散らすと、さらに富田城を陥として国中まで進撃してきた。この危機に信虎は正室・大井夫人を要害山に避難させ、自身は再び軍を率いて飯田河原で福島軍に決戦を挑み敗走させた。この直後、要害山城に避難していた大井夫人は嫡男の太郎(のちの晴信、法号は信玄)を出産した。勢いにのった武田軍はさらに上條河原の合戦で福島正成を討ち取り、今川軍を敗退させた。要害山城はその後、信虎・信玄・勝頼と三代にわたって使用されたが実戦で使われたのはこの時ぐらいである。信玄死後、天正3(1575)年の長篠設楽原の戦で敗北した勝頼は翌4(1576)年に要害山の修築を城番の駒井高白斎に命じている。天正10(1582)年に武田氏が滅亡した後は織田氏・徳川氏が甲斐を支配し、天正18(1590)年の豊臣秀吉による小田原仕置後は羽柴秀勝が入国して甲府城を完成させると、躑躅ヶ崎館は廃城、慶長5(1600)年の終りには要害山城も破却された。

続きを読む

参照

参照
a 一説に小田原北条氏の重臣で玉縄北条氏の祖である綱成は正成の嫡男と云われている。また豊臣氏恩顧の福島正則は福島正成の流れ汲む同族とも云われている。