城攻めと古戦場巡り、そして勇将らに思いを馳せる。

石田堤 − Earthworks Surrounded Oshi Castle

石田治部の本陣があった丸墓山古墳を中心に石田堤が築かれた

天正17(1589)年に、北条方の上野沼田城将・猪股邦憲が真田方の名胡桃城を奪取したことに端を発する豊臣秀吉の小田原仕置は、その翌年の天正18(1890)年正月に三河の徳川家康が先鋒となって東海道を押し進み、それから間もなく加賀の前田利家、越後の上杉景勝ら北国口勢が上野へ侵攻することで始まった。秀吉は自ら3万2千の大軍を率いて、同年3月に京都を発って小田原へ向かった。これに対して小田原の北条方は総構を備えた小田原城氏政氏直父子の他、氏照、太田氏房、佐野氏忠、成田氏長、上田憲定、松田憲秀をはじめとする領国内の主だった者たちが籠城し、さらに領国内の要所にある支城には彼らの一族や重臣らが籠城し、豊臣軍の進撃に備えていた。秀吉が小田原に向った3月頃には上杉・前田ら北国口勢が上野の松井田城を攻撃し、その翌月の4月には真田昌幸・信繁父子と佐竹義宣らの軍勢も合流した。そして松井田城主・大道寺政繁を降伏・開城させた後は、箕輪城厩橋城佐野城などの支城が次々と開城していった。同年6月には忍城攻めを仰せつかった石田治部・大谷刑部・長束大蔵らが、現在の「さきたま古墳公園」にある丸墓山古墳に本陣を構え、城を押し包むも攻めあぐね、ついには備中高松城攻めに倣って水攻めを決断した。

こちらは、一昨年は2014年の秋に攻めてきた忍城のあと、さらに片道40分かけて、石田治部が本陣を置いた丸墓山古墳と石田堤の一部(埼玉県行田市)を見てきた。そして、さらに別の日には、埼玉県吹上町(現在の鴻巣市)が中心となって石田堤を発掘・復元・整備している「石田堤史跡公園」へ行ってきた。

和田竜の小説「のぼうの城」では、成田長親が石田治部率いる豊臣軍に喧嘩を売った「でくのぼう」として描かれていた。

丸墓山古墳と石田堤

秀吉の小田原仕置では、忍城主・成田氏長が小田原城で籠城していたため、その留守を任されていた城代・成田泰季(なりた・やすすえ)とその嫡子・長親が、残った士卒・兵・農民ら3千程と、沼地を利用した天然の要害である忍城に立て篭もり、人生初の総大将を任じられた石田治部率いる豊臣軍5万と徹底抗戦が行われた。緒戦は東国一の美女と謳われ、軍猛果敢とも伝わる女武者・成田甲斐(氏長の長女)や正木丹波守利英らの予想外の奮戦もあって、忍城攻めは難航する。石田治部は一計を案じて水攻めせんと、金に糸目をつけずに人夫をかき集め、総延長14km(一説には28km)もある堤を僅か五日間で築き上げたと云う。また、実際には堤の全てを造ったのではなく、自然堤防や微高地を巧みにつなぎ合わせて盛土して造ったとも云われている。

で、こちらは石田堤のおおよその推定位置と規模を現在の地図上に重ねあわせてみたもの(写真左は現在の地図、写真右に記載した緑色の線が石田堤):

上に利根川、下に旧荒川、その間に忍城がある

埼玉県行田市附近(現在)

丸墓山古墳が石田治部の本陣、そこから西にある忍城を水攻めにしようとした

石田堤の規模(推定)

こちらは天然の要害であった忍城の鳥瞰図:

(ちなみに、これは未だ水攻めされていない時の状態)

元々が沼を巧みに利用した天然の要害であった忍城

行田市郷土博物館になっている忍城址から水城公園を経て、R77をもくもくと歩き、途中忍川を渡り、40分ほどで埼玉古墳群を中心に「さきたま風土記の丘」として整備されている「さきたま古墳公園」に到着した:

埼玉県北部を流れ利根川水系で、この辺りは水攻めで沈んでいたところ

忍川(おしかわ)

この公園の駐車場を縦断すると、埼玉古墳群の中でも円墳としては日本一の規模を誇る「丸墓山古墳」が見えてくるが、ちょうど古墳に向かって伸びている遊歩道の下が石田堤にあたるそうだ:

丸墓山古墳へ続く道筋が石田堤だった

石田堤の説明板

この桜の木が建つ土塁が石田堤の一部で、先に見えるのが丸墓山古墳

石田堤跡

この遊歩道は石田堤の上に造られており、この先の丸墓山古墳まで続いている

石田堤跡

これが丸墓山古墳。この頂上に石田治部の本陣が置かれていた:

昭和5(1930)年の航空写真にも石田堤が写っていたとか

丸墓山古墳

そしてこの階段を上って行く:

この上に石田治部が本陣を置いた

丸墓山古墳の階段

石田堤の上に遊歩道が造られている

階段から石田堤跡を見下ろしたところ

ここが丸墓山古墳の頂上部。ここが石田三成が忍城攻めの本陣を置いた陣所跡:

ここから、あたかも水に浮かぶ忍の城が見えたと云う

石田治部少輔三成の陣所跡

この陣所跡から現在の忍城(ちょうど御三階櫓)を眺めると、こんな感じだった:

忍城址方面を眺めると・・・

石田治部の本陣からの眺望

かなりズームして、なんとかわかるといった感じ (目標が小さすぎたか)

石田治部の本陣からの眺望

ちなみに、この公園、国宝の金錯銘鉄剣(きんさくめい・てっけん)なるものが出土した稲荷山古墳をはじめ9基の大型古墳が群集する東日本最大の古墳群を有する。

ということで、附近にはこんな注意書きがありました:

(ここでゴルフなんかする罰当たりな野郎が居たのか)

さきたま古墳公園にあった注意書き

 

石田堤史跡公園

それから、別の日に埼玉県鴻巣市にある石田堤史跡公園に行ってきた。こちらも最寄駅から遠いので、今回は途中までバスで移動した。JR高崎線の北鴻巣駅の東口から鴻巣市のコミュニティバス「吹上コース」に乗って「袋」というバス停で下車し、そこから10分程歩いた上越新幹線高架下に公園がある:

上越新幹線の高架下が目印

石田堤史跡公園の案内板

現在、石田堤は吹上町袋から行田市堤根にかけて300m程度残っており、旧吹上町(現在の鴻巣市)が町文化財保護を目的に、平成8(1996)年から3年かけて発掘調査・保存・修復を行って整備されたのが、この石田堤:

当時の堤を発掘・修復を行ったもの

園内の堤修復ゾーンに展示されている石田堤

江戸期には街道としても利用されていたとか

石田堤

発掘・修復されて園内の堤修復ゾーンに展示されている

石田堤

発掘・修復されて園内の堤修復ゾーンに展示されている

石田堤

さらに、窓越しに堤の実物の断面も見ることができる:

堤の土を積んだ様子を模式的に再現しているとのこと

石田堤の断面

当時は、堤が完成した後に北の利根川、南の荒川(現在の旧荒川)から水を引き込み、忍城周辺を水浸しにしたものの、結局、城が降伏することはなかった。

そして、高架下には物語風の説明板や、堤を築く際に使われた俵(土のう)のイメージオブジェがいくつか展示された上に、音声で石田堤について案内するシステムもあった(この音声は某俳優らしく、櫓の下に立つと自動的に再生される仕組みらしい):

「忍の城を囲む石田堤」

物語風の説明板1

「三成本陣から見る忍の城」

物語風の説明板2

「堤の決壊」

物語風の説明板3

これらの説明板は、どことなく映画「のぼうの城」的なシーンだったりする。

あと、同じ水攻めでも備中高松城攻めと武州忍城攻めとでは金のかけ方に雲泥の差があったようで、そんな経済的視点からの説明もあった:

この中に土を詰めて積んでいったと思われる

堤を作る際に利用したことをイメージした俵のオブジェ

同じ水攻めを経済の視点から分析(?)したようだ

こちらは備中高松城の水攻め事情

同じ水攻めを経済の視点から分析(?)したようだ

対して、こちらが忍城の水攻め事情

緒戦で攻めあぐねた忍城攻めで、石田治部は一計を案じ、その昔(黒田官兵衛の作案で)秀吉が成功させた備中高松城の水攻めに倣って忍城を水攻めしようとして、一旦秀吉にお伺いをたてて許可(朱印状)を貰っている。この時に、総大将としての不甲斐なさからか、もしかしたら解任させられるのではないかという心配をしていたそうで、秀吉本人から心配無用と云われているのが記録に残っているらしい:

水攻めにあたり注意事項が記載されている

豊臣秀吉からの水攻めに対する朱印状

三成自身は総大将を解任されるのではないかと心配していた様子があった

豊臣秀吉からの水攻めに対する朱印状

高架を越えた反対側は堤保全ゾーンとして公園化されたエリアがある:

上越新幹線の高架を挟んで東側にある

石田堤史跡公園の案内板

高架を挟んで北側にある公園

石田堤史跡公園

堤跡保全ゾーンと呼ぶらしい

石田堤史跡公園

園内にも説明板がいくつか建っていた。さらに、模擬の見張場なんかもあって当時の雰囲気を楽しめる工夫がされていた:

豊臣秀吉による小田原征伐の侵攻図

「天正18年前後の関東の様子」の説明板

公園内部

石田堤を模した土塁

奥に見えるのが堀切橋で、石田堤が決壊した場所らしい

石田堤を模した土塁

公園のさらに北側、忍川が流れるところには「堀切橋」と言う橋が架かっており、その場所で堤が決壊したらしい。この水攻めでは、連日の大雨で堤防が決壊してしまい、豊臣側に多くの死傷者が出たそうで、この時に石田治部は面目を失い、この失敗が後の関が原の戦で多くの将兵を味方に付けることができなかった遠因になったとも:

堤が決壊した場所らしい

堀切橋

堀切橋から眺めた忍川:

ここが決壊した場所だとか

忍川に架かる堀切橋

向こうに見えるのがJR上越新幹線

忍川

このまま行くと、丸墓山古墳のある「さきたま古墳公園」にたどり着く

忍川

こちらは石田堤史跡公園内にあった注意書き。この当時、ちょうどニュースで話題になっていた「蚊」:

結構、大騒ぎしていたような記憶がある

石田堤史跡公園で見かけた注意書き

See Also石田三成本陣の丸墓山と石田堤 (フォト集)
See Also忍城 (攻城記)

 

1 個のコメント

  1. ミケフォ

    石田堤史跡公園の櫓の下で聞こえる声は石田三成で、この声の主は大和田伸也という俳優だそうで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

© 2022 Mikeforce::Castles

テーマの提供は Anders Noren先頭へ ↑