富田城の御殿があったとされる山中御殿跡

島根県の安来《ヤスギ》市広瀬町の月山《ガッサン》一帯にある月山富田城[a]往時は富田城と呼ばれていた。文中では「月山城」と綴ることにする。の始まりは古く、12世紀後半に征夷大将軍の源頼朝が出雲の守護として任命した佐々木義清の築城と伝えられている。その後は山名家、そして応仁の乱の後は再び佐々木家(京極家)が治めるようになり、佐々木持久・清貞親子が守護代として着任したが、この清貞が勝手し放題の暴君で、主家の京極家と対立し戦になったものの、人望のない清貞は味方に見限られて逃亡してしまう。そして京極家は出雲の豪族を守護代として富田城を任せることにした。一方、逃亡した清貞には経久・久幸という二子がいたが、父が追い出された時はまだ幼少のため、家臣に守られて隠れ住んでいた。そして経久が成人し、文明6(1486)年に旧臣らと共に富田城奪還を計り、これを成功させた。それから、次々に国内の豪族を打ち従えて、出雲一国を回復したという。この時、経久29歳。それから、最盛期には出雲を含め、因幡・伯耆・石見《イワミ》・隠岐・播磨・美作《ミマサカ》・備前・備中・備後・安芸の山陰・山陽十一カ国を制した。この時、後に尼子家最大の敵で、ついには尼子を滅ぼすことになる毛利元就も幕閣に加わっていた。謀聖・尼子経久は84歳の長寿を保ち、家督を孫の晴久に譲って天保10(1541)年に亡くなる。そして永禄8(1565)年に、尼子家から離反した毛利元就に攻められるも、強固な富田城に一年半ものあいだ籠城してよく防いでいたが、元就の計略により内紛が起こり、翌年には毛利家の軍門に下って開城した。それから山中幸盛ら尼子残党が、尼子勝久を奉じ信長の力を借りて再興を目指し月山富田城奪取を目論むが叶わず、ついに上月城で勝久は自刃し、鹿介は謀殺される。慶長5(1600)年の関ヶ原の戦後、徳川家康に敗れた毛利家は富田城を追われることになり、代わりに堀尾吉晴が入城するが、それから11年後には居城を松江城に移したため、難攻不落と云われ、数々の武勇を生んだ名城富田城は廃城となった。

続きを読む

参照

参照
a 往時は富田城と呼ばれていた。文中では「月山城」と綴ることにする。